遊戯王のおすすめのレベル12シンクロモンスターを一覧で紹介!最高レベルだけにその威力は高い!!




様々なレベルに存在するシンクロモンスターですが、レベル12には実質最高値でありその性能は切り札と呼ぶに相応しい物になっています。

そこで今回はそんなレベル12のシンクロモンスターの中からおすすめの物を紹介していきます。

オススメのレベル12シンクロモンスター一覧!

「シューティング・クェーサー・ドラゴン」

シューティング・クェーサー・ドラゴン

シンクロモンスターのチューナー+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上でシンクロ召喚が出来ます。

召喚難易度は高いですが、シンクロ召喚するだけで攻撃力4000で最低2回は攻撃できる上にカード効果の発動を無効にして破壊出来て除去されても後続を出せるという非常に強力な性能です。

その効果の都合上攻撃を通しやすく、連続攻撃もあるので状況次第では相手のライフが4000以上あっても削り切れます。

スポンサーリンク

「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」

コズミック・ブレイザー・ドラゴン

シンクロモンスターのチューナー+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上でシンクロ召喚が出来ます。

こちらも召喚難易度は高いですが、カード効果の発動だけでなく召喚や攻撃の無効化も図れるため対応範囲においては同じ素材で出せる「シューティング・クェーサー・ドラゴン」を上回ります。

とはいえ連続攻撃や後続展開など、あちらが攻撃的な性能を持つのに対してこちらは防御的と言えます。

そのため相手ターン中に「水晶機巧-ハリファイバー」で出すならこちらの方が制圧力を発揮できる場合もあります。

エンドフェイズまで除外するのはコストであるため大抵の場合は帰ってきますが、フィールドがガラ空きになるような場合には使用に気を付けましょう。

「聖珖神竜 スターダスト・シフル」

聖珖神竜 スターダスト・シフル

召喚条件は「シューティング・クェーサー・ドラゴン」「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」と同じで、こちらは2体と比べて防御よりの効果となっております。

一撃で決める制圧はありませんが、場をキープしながら戦いたいデッキであれば、採用が見込めます。

スポンサーリンク

「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン

チューナー2体+「レッド・デーモンズ・ドラゴン」でシンクロ召喚ができます。

自己強化効果によって攻撃力5000を超えることも珍しくなく、更に効果破壊耐性と攻撃無効効果も備わっているため場持ちの良さでも高い性能を持っています。

高い攻撃力を狙えることからも戦闘で負けることはほとんどないので、シンプルに戦闘で大ダメージを狙いに行くことが出来ます。

「琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ」

琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ

チューナー2体+ドラゴン族・闇属性シンクロモンスターでシンクロ召喚ができます。

シンクロ召喚したターンにフィールドで発動する効果を封じながらも戦闘でモンスターを破壊したときにその元々の攻撃力分のダメージを与える効果があり、更に相手に破壊された場合に墓地から後続を出す効果もあります。

シンクロ素材の指定が「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」より緩いのであちらよりは出しやすくなっています。

効果によって攻撃を通しやすく戦闘ダメージと効果ダメージの合計で4000近いダメージを相手に与えることが出来るためフィニッシャーとしてはかなり有能です。

破壊されても後続を出せるのでシンクロ素材にはその点も踏まえたモンスターを選ぶと良いでしょう。

A BF-神立のオニマル」

A BF-神立のオニマル

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上でシンクロ召喚ができます。

BFデッキ以外で使う場合は24の効果を使うことになるので、カード効果では破壊されずシンクロモンスターのみを使ってシンクロ召喚したこのカードはダメージステップの間攻撃力が3000上がるシンクロモンスターとして紹介します。

元々の攻撃力が3000であり、汎用素材なので他のレベル12シンクロモンスターよりも出しやすい点も魅力です。

シンクロモンスターのみを素材にすることで、破壊耐性を持ちつつダメージステップの間攻撃力が6000になるため場持ちと火力面で期待できます。

前述した「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」と似た役割をすることが出来ますが、要求するシンクロ素材が異なるためどちらが出しやすいかはデッキの構成次第になります。

スポンサーリンク

「炎斬機ファイナルシグマ」

炎斬機ファイナルシグマ

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上でシンクロ召喚ができます。

「斬機」デッキ以外で使う際には12の効果を目的とすることになります。エクストラモンスターゾーンの自身は「斬機」以外のカード効果を受けず、エクストラモンスターゾーンの自身が相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になります。

エクストラモンスターゾーンに出すことが前提にはなりますが、カード効果を受けないという強力な耐性効果に加えて相手に与えるモンスターとの戦闘ダメージを倍にするため、相手モンスターの攻撃力次第では大ダメージを狙うことが出来ます。

強力な耐性効果を持つ反面、戦闘では攻撃力3000としての運用になるので相手は戦闘で攻めてくる可能性が高いです。そのためフリーチェーンの除去効果や攻撃反応型の罠カード等をセットしておくと盤石でしょう。

まとめ!!

当然ではありますが、レベル12シンクロモンスターはレベルが高いためシンクロ召喚のための消費枚数も多くなりやすいです。

どれだけ消費を少なくしてシンクロ召喚をするかが重要なポイントにもなっているので、採用する場合は出したいレベル12シンクロモンスターを絞った専用構築にするか、デュエルの内容次第で出せたらいいな程度にするかになると思います。

なんにせよ出すことさえ出来れば切り札としてその高い性能を発揮できるのでデュエルを有利に進められるでしょう。

またコチラでは、各レベルの汎用シンクロモンスターを紹介しております!

数多く存在するシンクロモンスターですが、今回はその中でもレベル9シンクロモンスターに注目してしたいと思います。 今回は...
遊戯王では数多くの種類のシンクロモンスターが存在します。そんなシンクロモンスターの中でもエース級であるレベル8シンクロモンスターは強...
シンクロ召喚が浸透して既に長く、シンクロモンスターのバリエーションもかなり増えました。 そこで今回は汎用性の高いレベル...
遊戯王では次々と新しいカードが増えており、シンクロモンスターも例外ではありません。 そこで今回は汎用性があるレベル6シ...
月日を経るごとに確実にその数を増やしているシンクロモンスターですが、今回はその中でもレベル5シンクロモンスターに注目していきます。 ...
モンスター2体以上のレベルの合計という特性もあって、シンクロモンスターの主流となるレベルは5以上になっています。 今回...
シンクロモンスターは出しやすさ等の都合もあってか高レベルの方が強力な効果を持つことが多いです。 とはいえ低レベルのシン...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする