遊戯王の汎用性が高いレベル7シンクロモンスターを紹介!




シンクロ召喚が浸透して既に長く、シンクロモンスターのバリエーションもかなり増えました。

そこで今回は汎用性の高いレベル7シンクロモンスターに注目して紹介していきたいと思います。

汎用レベル7シンクロモンスター一覧

「オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン」

オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン

特殊召喚成功時にペンデュラムゾーンのカード1枚を特殊召喚する効果、バトルフェイズ中に相手モンスターの効果発動を封じる効果を持ちます。

汎用としては2つ目の効果に期待することになります。

永続効果であるため、バトルフェイズ中に入るだけで相手はモンスター効果の発動が出来なくなります。

リバース効果などはもちろんのこと、「オネスト」等の手札誘発効果のモンスターも発動できなくなるため制圧力が高いです。

スポンサーリンク

「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」

クリアウィング・シンクロ・ドラゴン

レベル5以上のモンスター効果の発動を無効にして破壊する効果、レベル5以上のモンスター1体のみを対象とするモンスター効果の発動を無効にして破壊する効果、自身の効果で破壊したモンスターの攻撃力分ターン終了時まで自己強化する効果を持ちます。

相手のデッキ次第では牽制としてかなり期待できる効果であるため、相手がレベル5以上の効果モンスターやシンクロモンスター、融合モンスターを主軸としている場合は特に刺さります。

このカードがいる以上相手が無策でモンスター効果を使ってくることはまず無いため、できれば罠カード等で二段構えにすると相手の戦術を崩せます。

「サイバース・クアンタム・ドラゴン」

サイバース・クアンタム・ドラゴン

リンクモンスターがいる場合に自身以外の自分のモンスターを守る効果、自身と戦闘を行う相手モンスターをバウンスしもう1度攻撃する効果を持ちます。

このカードとリンクモンスターを並べられるかは採用するデッキ次第ではありますが、2つ目の効果は汎用性が高く強力です。

対象を取らないバウンス効果であるため防ぎにくく、除去をしつつももう一度攻撃できるためダメージにも期待することが出来ます。

「ダーク・ダイブ・ボンバー」

ダーク・ダイブ・ボンバー

自分のメインフェイズ1に自分フィールドのモンスター1体をリリースすることでそのモンスターのレベル×200ダメージを相手に与える効果を持っています。

エラッタによって効果発動はメインフェイズ1でしか出来なくなりましたが、自身をリリースすれば1400のダメージを狙えます。相手のライフが少ない場合のフィニッシャーにするのも良いですし、「ドラゴエディア」等の特殊召喚しやすい高レベルモンスターを採用している場合にはそちらをリリースしてダメージを狙うのも良いでしょう。

「ブラック・ローズ・ドラゴン」

ブラック・ローズ・ドラゴン

シンクロ召喚時にフィールドのカード全てを破壊できる効果、自分の墓地の植物族モンスター1体を除外して相手の守備表示モンスターを攻撃表示にして攻撃力を0にする効果を持ちます。

汎用性ということなので1つ目の効果になりますが、自身を含めたフィールドのカード全てを破壊できるため不利な状況から戦況を一変させることも可能です。

自分のターンに使うのも良いですが、相手ターン中にシンクロ召喚ができるカードを採用しているならもしもの時のためにこのカードを採用しておくことはおすすめです。

「鬼動武者」

鬼動武者

相手モンスターと戦闘を行う場合にダメージステップ終了時まで相手の効果発動を封じ、バトルフェイズの間戦闘を行う相手モンスターの効果を無効化する効果。

相手の効果でフィールドから離れた場合に墓地の機械族モンスターを蘇生する効果を持ちます。

前述した「オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン」と違う点としては、発動を封じれるカードの種類や戦闘を行う相手モンスターの効果の無効化ではこちらの方が優位である代わりに、モンスターと戦闘を行うダメージステップ終了時までに限っているためタイミングがあちらより短いという差があります。

2の効果はターン1制限だ無く蘇生するのは自身も選べますので、相手の破壊や墓地へ送るという除去に対しては滅法強いです。

「月華竜 ブラックローズ」

月華竜 ブラック・ローズ

自身の特殊召喚成功時または相手フィールドにレベル5以上のモンスターが特殊召喚された場合に相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体をバウンスする効果を持ちます。

相手がシンクロや融合モンスターを使う場合には牽制として働きます。自身の特殊召喚成功時にも使えるため、シンクロ召喚時はもちろんのこと蘇生制限を満たしたこのカードを蘇生した場合などにも使えるため蘇生カードがバウンスカードに変わるという使い方も出来ます。

「邪竜星-ガイザー」

邪竜星-ガイザー

相手の効果の対象にならない耐性効果、自分フィールドの「竜星」モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を破壊する効果、自身が戦闘・効果で破壊された時にデッキから幻竜族モンスター1体をリクルートする効果を持ちます。

対象耐性はシンプルに優秀であり、除去効果としても汎用性で言えば自身を選ぶことになりますが相手フィールドのカードなら何でも1枚破壊できるため使いやすいです。

またリクルート効果ですが、最近では主張採用も考えられている「天威龍-ヴィシュダ」等も候補となるかと思います。

まとめ

チューナーを採用していてレベル7シンクロを出せるデッキは意外と多く、チューナーモンスターの出現頻度次第ではエクストラデッキに採用しておくというのも一つの手かと思います。

紹介したように汎用ランク7シンクロモンスターは種類も多く、対応できる状況も変わってきますのでデッキコンセプトや想定する相手のデッキのよって変えると良いでしょう。

こちらでは別途他のレベルで汎用性の高いシンクロモンスターを紹介しております!

シンクロテーマを組みたい方は是非参考にしてみてください!

遊戯王では数多くの種類のシンクロモンスターが存在します。そんなシンクロモンスターの中でもエース級であるレベル8シンクロモンスターは強...
月日を経るごとに確実にその数を増やしているシンクロモンスターですが、今回はその中でもレベル5シンクロモンスターに注目していきます。 ...
遊戯王では次々と新しいカードが増えており、シンクロモンスターも例外ではありません。 そこで今回は汎用性があるレベル6シ...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする