遊戯王 初期の懐かしいカード集!「モンスター、原作、アニメ編」遊戯王世代よ集まれ!




出典:カーナベル

社会人男性なら誰しも、一度は遊んだり、アニメを見た事がある遊戯王!!

遊戯王も現在ではスマホアプリになったり、様々な召喚方法だったり、ルール変更があったり

「今の遊戯王わかんねーよ(笑)」って方も多いはず!

そこで今回は現在の遊戯王ではなく、原作アニメで活躍していた、懐かしのカード達を

私の独断と偏見で選ばしていただきました!

今回はモンスター編です!社会人の皆さんも少年に戻ったつもりで見て参りましょう。

懐かしい、魔法、罠カードの特集はコチラ!

前作、遊戯王懐かしいカード特集!「モンスター、原作、アニメ編」遊戯王世代よ集まれ!に引き続き今回は、原作、アニメに出できた懐かしい魔...

遊戯王懐かしのカード集「モンスター編」

遊戯王と言えば少年の頃、誰もが主人公、武藤遊戯やライバルである海馬瀬人に憧れて

ブラックマジシャン青眼の白龍「ブルーアイズホワイトドラゴン」を使って遊ぶ、

いわゆる、ごっこ遊びの最高のツールだったと思います。

遊戯王にはその他にも、魅力的なカードが沢山ありましたよね?

これからそのカード達を思い出に浸りながら、見ていきましょう!!

出典:カーナベル

ブラックマジシャン

言わずと知れた、主人公、武藤遊戯エースモンスター!

またアニメ、原作のマリク率いるグールズのメンバーのパンドラも使用していたことから

ブラックマジシャンVSブラックマジシャンはどちらがブラックマジシャン使いにふさわしいか?

お互いにマジシャン使いにふさわしいトリッキーな戦術の攻防に印象が強かったデュエリストも多いはず!!

武藤遊戯になりたかった、少年達は間違いなく、このカードをデッキに入れていたはず!

「私もその一人」

しかし当初はなかなかサポートカードが少なく、青眼の白龍に押され気味だった印象が強かった、一枚とも思えます。

ですが今では専用のサポートカードが増え、武藤遊戯みたいにテクニカルに戦うことが出来るようになった為、武藤遊戯みたいに戦いたいデュエリストは是非デッキを組んで頂く事を、強くオススメします!

当サイトのブラックマジシャンデッキのレシピはこちら↓

現在デュエリストの人も過去に遊戯王にハマっていた社会人なら誰でも知っているであろう超有名モンスターブラックマジシャン! 武藤遊...

青眼の白龍

出典:カーナベル

青眼の白龍「ブルーアイズホワイトドラゴン」

こちらもかつての遊戯王ファンなら知らない人はいない、武藤遊戯のライバル

海馬瀬人の「エースモンスター」

当時、圧倒的な攻撃力を誇り、使っていたデュエリストも多いはず!

こちらもキャラ人気に比例して、圧倒的な人気を誇っていたカードでもあります。

このモンスターを召喚した時の海馬瀬人の圧倒的なテンションの高さ

「強靭!無敵!最強!」「ワーハッハッ!」「ふつくしい・・・」

この様にデュエルの度に召喚しては、テンションの荒ぶる海馬社長は今でも

トップに入る程の人気を保持しており、原作から1年後を描いた映画でも

そのテンションは収まるどころか、むしろ好き放題な海馬社長。

だが最強のカードだからこそ、海馬瀬人の様な男が使うのがふさわしいのかもしれませんね!

こちらも現在、サポートカードが増え、さらにパワーを挙げており、一時期は大会に結果を残すくらいになりました!

こちらのページで青眼の白龍のデッキ紹介を行っておりますのでよろしければどうぞ!↓

青眼の白龍と言えば、初代遊戯王の原作、アニメの連載が終了したのにも関わらず、高い人気を誇るかつ、青眼の亜白龍始めとする、青眼の白龍関...
劇場版遊戯王で登場してなお現在でも強力なパワーと効果を持つブルーアイズカオスMAXドラゴン! 大会でも結果を出したこと...

真紅眼の黒竜

出典:カーナベル

真紅眼の黒龍

武藤遊戯の親友、城之内克也のエースモンスターであり、友情の象徴でもあるこのカードは

何度も城之内を支えてきたカードであります!

昔の遊戯王のドラゴン族といえば、青眼の白龍か真紅眼の黒竜の二大モンスターなのではと

私自身推測しております。

こちらも根強い人気を持っており、昔デッキに入れていたファンは多いはず!

しかしこのカードも当時は中々強いサポートカードが少ないかつ、ブラックマジシャンに勝てない、火力不足の割りに効果がないなどから、憧れだけで終わってしまったデュエリストも多いはず!

ですが、こちらも、現在ではサポートカードが増え、大会とまではいきませんが、

真紅眼の黒龍が活躍し、普通に楽しく戦えるまでにカードプールが増えました!

遊戯王復帰してキャラクターになりきって戦いたいデュエリストは一度デッキを組んで戦って見るといいかもしれませんね!

またこちらの記事では城之内になりきってリアルファイト(?)できる真紅眼の黒竜デッキ、ロード・オブ・ザ・レッドデッキの紹介もおこなっておりますのでよろしければコチラを参考にしてみてください!↓

現在再放送中、遊戯王ドーマ編で、城之内のリアルファイトを覚えていますでしょうか? 現在再放送中の遊戯王ドーマ編で彼が、真紅眼の...

スポンサーリンク



デーモンの召喚

出典:カーナベル

原作、アニメの遊戯王デュエルモンスターズの世界で悪魔族モンスタートップ5に君臨する激レアカード!

王国編では、様々な活躍を見せたモンスターで、グレートモスを轟沈させたり、城之内の真紅眼の黒竜と融合したりし、遊戯を勝利に導いてきたモンスターです!

またペガサスのトゥーンワールドに吸い込まれて、原型をとどめていないコミカルなトゥーンデーモンは当時印象に残った方も多いはずです!

「デーモンの召喚を召喚!」と叫んだことは誰もが一度はあるのではないでしょうか?

このサイトではそんな「デーモンの召喚を召喚!」と叫べる様なデッキを紹介しております!

現在ではリメイク版のデーモンの召喚ならぬデーモンの降臨とデーモンの顕現が新規で登場しており、初代遊戯王ファンにとっては、とても面白いカードとなっておりますので、気になった方はこちらでデッキ紹介をしておりますのでよろしくお願いします。↓

2018年6月9日から2018年7月13日まで実施されるキャンペーン、 SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY...

ブラック・マジシャン・ガール

出典:カーナベル

ブラックマジシャンガール

遊戯王で恐らく、トップ人気に入るヒロインモンスター!

ブラックマジシャンの弟子パンドラ編で初登場したモンスター

その後は何度もデュエルで登場し、武藤遊戯のデッキには、なくてはならない存在になりました!

現在では、「マジシャンガール」というカテゴリーも増え、ブラックマジシャンガールの他も違うマジシャンガールが登場しており、マジシャンガールらしい、トリッキーな女の子デッキを構築することができます。

ブラックマジシャンガールが大好きな男性諸君、是非組んで遊びましょう!!

ブラックマジシャンガールデッキの紹介はコチラ!↓

遊戯のデッキで大活躍、みんな大好きヒロインモンスター、ブラックマジシャンガール! 原作が終わってもなお、その人気は衰え...

青眼の究極竜

出典:カーナベル

青眼の究極竜

青眼の白龍が三体融合した姿、

迫力はあるのですが、海馬がこのカードを召喚すると死亡フラグとファンの間では話題になっている一枚です。

現在ではリメイク版の真青眼の究極竜が出でおります!

スポンサーリンク



ブラッド・ヴォルス

出典:カーナベル

ブラッドヴォルス

当時のレベル4の攻撃力1900

当時は手に入れる手段が限られており、このカードを3枚入れていた子供はごく少数だと

思われるカードだと思います。

またライバルである海馬瀬人は原作で、収縮死のデッキ破壊ウイルスのコンボで相手のデッキを容赦なく、削り落としてました!

スポンサーリンク



クリボー

出典:カーナベル

クリボー

武藤遊戯が使うマスコット的存在のモンスター

よく増殖してましたね(笑)

時の魔術師

出典:カーナベル

時の魔術師

城之内と言えば真紅眼に続く、看板モンスターなのではと思います!

杖のルーレットで当たりが出ると、1000年後くらいにタイムジャンプして、

ハーピィレディおばさん化させたり、ダイナソー竜崎との戦いで、真紅眼の黒龍化石にしたりしてました。

もちろんデメリットもあり、外れを引くと、自分のモンスターが全滅して、その攻撃力の合計の半分のライフを失うという、正に一発逆転デュエルをする城之内にふさわしいカードだったと思います。

ハーピィ・レディ出典:カーナベル

ハーピィレディ

武藤遊戯達のライバルである、女性デュエリスト孔雀舞の看板モンスター

単体では決して強くない、このカードに毎ターン、装備や分身させたりして、華麗にデュエルをしてましたね!

現在では、ハーピィの種類が増えたのとサポートカードが増えたかつ、色々なエクシーズ召喚にも対応することが出来き、戦術が大幅に増えたカテゴリーでもあります!

スポンサーリンク



究極完全態・グレート・モス

出典:カーナベル

究極完全態グレートモス

インセクター羽蛾の使うエース級、上級モンスター

遊戯とのデュエルの際は後一歩の所で、羽化を止められ、あえなく完全態の手前のグレートモスで召喚されましたが、アニメのバトルシティー予選の城之内のデュエルでは、完全態に羽化しフィールドに召喚されます。

攻撃力は青眼の白龍超えるパワーを持っており、王国編で遊戯に「完全に羽化したら俺に勝ち目はない」とあの遊戯でさえ警戒させる、パワーを持っていました。

召喚方法はかなり厳しく、プチモス進化の繭を装備させ、6ターン待たなければ召喚出来ないという、なんとも現実で使うには厳しすぎるモンスターで長年、ネタカードとしての立ち 位置でした。

しかし今は新しく出た魔法カード、超進化の繭を使って瞬時に召喚することができます。

「記事の内容とズレるので詳しいコンボの方法の説明は今回省略します。汗」

現在昆虫族もカードプールが増え、インセクター羽蛾みたいに「ヒョッヒョッヒョ」と笑いながら、相手のモンスターを昆虫族に変更させ、相手の行動を邪魔する、インセクター羽蛾みたいなトリッキーな戦術が楽しめるようになっております。

また、気になるカード単体の値段も他と比べて安くデッキを構築することも出来るので、

インセクター羽蛾のモノマネが大好きな方に是非オススメです(笑)

スポンサーリンク



人造人間-サイコ・ショッカー

出典:カーナベル

人造人間サイコショッカー

通称ハゲ

すみません、真面目に書きます「汗」

元々はエスパー絽場のエースモンスターで、バトルシティーの予選のアンティールール「カードの賭け」で城之内が絽場に勝ち、このカードを託されます。

罠カードの使用を封じる強力な能力で城之内のデュエルで何度も活躍している、主力カードの一枚でもあります。

このカード昔、子供達の間で猛威を振るっていたのではないでしょうか?

私の小学生、中学生の頃はとにかく、このカードの強さは半端じゃなかったですね!

スポンサーリンク



伝説のフィッシャーマン

出典:カーナベル

伝説のフィッシャーマン

梶木漁太のエースモンスター

海の中に隠れ、攻撃する姿はまさに、獲物を狙う狩りそのもの。

バトルシティー予選では、シーステルスアタックという戦法で城之内を苦しめます。

しかし最後はシーステルスアタックを攻略し、梶木からこのカードを託されます。

また梶木は過去の水上事故で父親を亡くし、長い間このカードと自分の父親を重ね合わせていました。

しかしデュエルの終盤それが災いし、デュエルで敗北しました。

現在では伝説のフィッシャーマン2世、3世と種類が増え、ファンにとっては、梶木親子を連想されるものがあります。

ダーク・ネクロフィア

出典:カーナベル

ダーク・ネクロフィア

遊戯の宿敵、闇獏良の使うオカルトモンスター

このカードは通常召喚することが出来ず、墓地の悪魔族三体を除外して、召喚する、当時では少し変わった、召喚方法でした。

また原作では、フィールド魔法、ダークサンクチュアリの発動条件に必要なモンスターでした。

当時の小さい子供にとってはトラウマだったのではないでしょうか?

スポンサーリンク



溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム

出典:カーナベル

溶岩魔人ラヴァゴーレム

こちらも覚えている方も多いのでは、ないかと思い、今回選ばせて、いただきました。

このカードも召喚条件が特殊で相手のモンスターを二体生贄にして相手フィールドに特殊召喚するというものでした。

攻撃力3000のモンスターが使える代わりに、スタンバイフェイズ毎に1000ライフのダメージを受ける効果「原作だと700ダメージ」で城之内を苦しめました。

闇マリクがバトルシップ準決勝で使い、城之内をラヴァゴーレムの檻に閉じ込め、灼熱の身体を溶かす演出は、印象に残っているファンも多いのではないでしょうか?

そしてこのカードの攻撃名、ゴーレムボルケーノならぬ城之内ファイヤーと言う迷言を残したカードでもあります(笑)

スポンサーリンク



オシリスの天空竜

出典:カーナベル

オシリスの天空竜

3枚ある中の神のカードの一枚で最初はグールズの人形が所持しており、人形に勝利したことにより遊戯の手に渡ります。

召喚されたモンスターの攻撃力を2000下げ、0になった場合「攻撃力2000以下は破壊」召喚モンスターを破壊する効果と攻撃力が手札一枚につき+1000と言う効果を持ち

また原作では強力な耐性を持ち、あまりの強さに遊戯が「勝てない・・」とデュエル中に跪く程でした。

しかし遊戯は、途中から駆け付けた海馬の激励もありオシリスの弱点を見抜いた事により勝利を納めます。

攻撃力を2000下げる、召雷弾が強制効果なのが災いし、幾度もなく、攻略されている 「一回目は人形の時、その次は表遊戯に」事と、原作、アニメの闇遊戯vs表遊戯では終盤のシーンで死者蘇生での特殊召喚に失敗していることからデュエリストの間では、

ドジリスの天空竜となんとも神の威厳もなにもない、レッテルを張られてしまった、ネタ要素の強いカードでもあります。

ゲームボーイの特典カードで公式では、使えない使用でしたが、Vジャンプ(2012年2月号) 付属カードでOCG化されました。

オベリスクの巨神兵

出典:カーナベル

オベリスクの巨神兵

海馬瀬人がイシズ・イシュタールから託された神のカードの一枚。

またデュエリストやファンからは愛人の名で親しまれています。

「オベリスクを手にしてからは青眼の白龍がそっちのけ気味「?」だった為」

ゴッドハンドクラッシャーと高らかに叫ぶ海馬社長の印象が強かったファンやデュエリストも多いはず!

原作・アニメの効果は、自分、相手のターン問わず、二体のモンスターを生贄にすることで攻撃力がそのターン無限になるもの。

バトルシップの準決勝で遊戯が海馬に勝ち、海馬からオベリスクを託されます。

三幻神の中で一番早くにOCG化「 Vジャンプ(2009年2月号) 付属カード」したカードであり、当時すごく話題になりました!

OCG化したものも、生まれた時期が悪く、「シンクロ召喚全盛期」で、色々なカードで攻略されて、3体生贄に出した割りには・・・となんとも現実は厳しく、不遇感が否めないカードの一枚だと私自身感じました「汗」

またアニメでは、「無駄だー!」と言ってミラーフォースを割るシーンも現実では、出来ず

対象を取っていない、破壊効果の為、破壊されてしまいます。

神のカードの割りに、そのゴリゴリのボディーはどうした(笑)とツッコミたくなりますね(苦笑)

ラーの翼神竜

出典:カーナベル

ラーの翼神竜

マリク・イシュタールが使用する、神のカードの一枚であり、神のカードの中で最高ランクに君臨する神。

原作、アニメでは召喚する際、まずスフェアモード「球体の状態」を解除しなくてはならず、解除条件はカードに記載されているヒエラティックテキスト「古代神官文字」を詠唱しなくてはならず、ヒエラティックテキストを解読できないと、召喚してもバトルモード「戦闘態勢」にする事が出来ないという、限られたデュエリストのみが使うことを許されたカードでした。

またマリクの詠唱するヒエラティックテキストはデュエリストの間では「ゴリラ語」の愛称で尚親しまれております。

ラーの翼神竜もVジャンプ(2010年2月号)で原作終了から長い時を得てOCG化しました!

しかし、喜びもつかの間、原作では墓地から特殊召喚できたのにも、関わらず、現実では、

一切の特殊召喚が出来ず、攻撃力も原作、アニメでは生贄にした3体の攻撃力の合計でしたが、実際は召喚時にライフが100になるように払い、その払った分が攻撃力に加算されるというなんとも、使い勝手の悪いカードでした。

おまけに1000ライフを払ってフィールドのモンスターを破壊する、効果も、召喚時にライフを払ってしまえば効果は発動できず、「ライフを1000以上になるよう回復すれば使えますが・・」とうとう付いたあだ名が

ヲーの翼神竜と言われる始末「苦笑」

最高ランクに君臨していた神が、現実では、神のカードの中で最弱となってしまいました。

ただ現在では、ラーの翼神竜の球体形不死鳥の二体がカード化したことで、上手くデッキを組めばラーの翼神竜を生かして戦うことはできます。

まとめ

今回はアニメ、原作に出てきた懐かしのカード「モンスター」を私個人で厳選して書いたので、もっと紹介したいカードもまだまだあるのですが、今回は私の中で、特に印象の強かったものを選ばせていただきました。

このカードは?と言う声も聞こえてきますが、紹介しきれなかったカードは、いずれまた紹介する機会があるかもしれません。

もし久々に紹介したカードが押し入れの中に眠っていましたら、掘り出して見たりするのも面白いかもしれませんね!

コチラの記事では、掘り出したカードで遊べる、とっておきのワンデッキデュエルの紹介もしていますので、懐かしいと感じた方はコチラの記事もよろしくお願いします↓

皆さん突然ですが、自宅や実家に昔遊んだ遊戯王の初期のカードが眠っていたりしませんか? 現役のデュエリストも子供の頃遊戯王で遊ん...

懐かしいと感じた方、遊戯王に再び興味もった方は、コチラに遊戯王のキャラクター達が使ったモンスターで戦えるデッキ達の紹介がされておりますので、再び復帰を考えている方、興味のある方は是非こちらもよろしくお願いします!↓

皆さん、最近遊戯王をしていると、「ブラックマジシャンは分かる(笑)」や「ブルーアイズって今強いの?」やギリギリGXの世代です...

コチラの記事では今回紹介したモンスターを収録した初期パックの紹介も行っております!

カード以上に懐かしいと思う方も多いこと間違いない記事です!

2019年2月に20周年を迎える遊戯王OCGにはこれまで数多くのカードが登場しています。 それに応じてパックも発売し、ルールを変えたり...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする