シンクロフェスティバルがつまらないと話題に!?クソと言われる理由と次回の改善点は?【遊戯王マスターデュエル】

遊戯王マスターデュエルにて先日からイベント シンクロフェスティバルが開催されています。

シンクロフェスティバルでは固有のレギュレーションが適用されており、シンクロ召喚を推進するイベントとなっています。

そんなシンクロフェスティバルですが、SNSなどでは否定的な意見が多く見られます。

そういった意見は目に付きやすいというのが世の常ではあるものの、今回はシンクロフェスティバルがつまらないと言われる理由などについて考えていきたいと思います。

既にクソイベント化?シンクロフェスティバルがつまらないと言われる理由は?

まずはシンクロフェスティバルに対してどのような否定的な意見があるのか挙げていきます。

  • 先攻制圧をするかされるかだけでつまらない
  • もはやソリティアフェスと化しててテンポが悪い
  • クソ長い展開に飽きる
  • リンク召喚とかの別の召喚方法に頼るシンクロテーマは大幅弱体化で強いテーマが限られてる
  • 手札誘発を使ったら勝てるし使われたら負ける
  • シンクロフェスなのにシンクロ召喚しないメタビデッキがいてうざい
  • サレンダーが多過ぎる
  • 即サレばかりなせいでミッションをクリアできない

調査したところ上記のような声が多いようです。

先攻制圧やソリティアという言葉が挙がっているように、展開力の高いデッキでは先攻1ターン目での大量展開やそれによる連続シンクロによって制圧盤面を構築し、次のターンの相手の動きを抑えることで勝ちにいくということが多いです。

ジャンク・スピーダー

例えば「ジャンク・スピーダー」SRベイゴマックス」からの展開コンボも長くなりやすいですし、例として挙げたデッキはどちらもレンタルデッキで使用できるためそれらのデッキを持っていない人でも長い展開コンボをすることが出来ます。

ただ初手での制圧盤面やそれに対しての手札誘発などは、ガチデッキ同士が戦うこととなるランク戦の高ランク帯でも同じようなことが起きているためシンクロフェスに限った話ではないような気もします。

シンクロ召喚をメインとする場合少ない召喚・特殊召喚回数で制圧盤面を作ることが難しいため、それ故に「原始生命態ニビル」がトップメタとなるほど展開が長引きやすいというのは事実でしょう。

シンクロ召喚しないデッキについてですが、「真竜」や「幻煌龍」等のテーマや「壊獣」モンスターを主軸としたメタビート軸(略称:メタビ)のデッキが使用されているのも頻繁に見かけます。

シンクロ召喚を推進するイベントでシンクロ召喚をしないデッキを使用することに対して良い感情を覚えない人も多く、「真竜」等はもっと規制すべきだったのではないかといいう意見もあります。

時間がかかるのが嫌だからという理由でメタビート軸のデッキを使っている人もいるようですが、メタビート軸側の盤面が甘い場合や対する側の展開力が高いことも珍しくないこともあってか、どちらかが即サレンダーや長考でもしない限りは1デュエルにかかる時間はそこまで大きく変わらないようにも感じます。

サレンダーの多さについてですが、これに関しては難しい問題だと思います。

上記のようにレンタルデッキでも大量展開が出来ることもあって1デュエルにかかる時間が長くなりやすいため、負けを確信した人がサレンダーしてさっさと次のデュエルに行こうと思うのは仕方ない部分もあるように感じています。

中には諦めが早いように感じる人もいますが、シンクロフェスティバルでサレンダーが頻繁に行われているのは紛れもない事実です。

すぐにサレンダーすること(通称:即サレ)が多くなれば、相手にダメージを与える・相手モンスターを戦闘破壊するといったミッションをクリアすることが難しくなるため、そういった理由から報酬を目当てにイベントに参加している人からも否定的な意見が挙がっています。

これらの理由もあってか、今回のシンクロフェスティバルが今までのイベントで1番つまらないという声もあります。

スポンサーリンク

次回のシンクロフェスティバルをやるなら?改善点は?


今回のシンクロフェスティバルに参加したり他のユーザーの意見を聞いたことを元に、改善点を考えていきます。

とはいえイベントの趣旨や運営のこと等も考えると、一概にここをこうすれば良くなるとというような明確な改善点を上げるのは難しいです。

そこでケース別、目的別にして改善点を挙げていきたいと思います。

シンクロ召喚をより推進したいのであれば、他のシンクロ召喚に頼らずに戦えるデッキ(特に環境での実績があるもの)は今よりも更に厳しく規制にした方が良いです。

今回のイベントでよく見かける「真竜」デッキ等がそうですが、融合・エクシーズ・リンク等を規制してまでシンクロ専用のイベントにしたいのであれば、シンクロ召喚を使わずに戦えるデッキやテーマに対しても厳しく規制をかける方がよりイベントの趣旨が明確になるでしょう。

他にも、

1度でもシンクロモンスターを特殊召喚したデュエルは勝利した時の取得ポイントが多くなる

というのも有りかもしれません。

ソリティアと呼ばれている長く複雑な展開などを抑制したいのであれば、

持ち時間の短縮化

をするというのも1つの案かと思います。

持ち時間が短くなれば実質的に出来る展開コンボに制限がつけられるため、ソリティアと言われるような長いコンボ自体が難しくなる可能性も高いです。

ただ、シンクロ召喚を活用した展開は連続シンクロ等の都合から長くなりやすいため、それらを抑制するというのはいかがなものかとも思えるので難しい所です。

ミッションについては、シンクロフェスティバルに限らずダメージや戦闘破壊といったミッションは別の内容のものに変えた方が良いかと思います。

後日にミッションを追加することに関しては完全に止めた方が良いでしょう。

上記のシンクロの推進も踏まえるのであれば、

『シンクロモンスターを特殊召喚したデュエル回数』

といったミッションにするのも良いでしょう。

シンクロ召喚に限定しないのは「ベアルクティ」テーマ等の例外的な存在があるためであり、シンクロ召喚した回数ではなくデュエル回数にしたのはミッションのクリアを目的として延々と展開してシンクロ召喚するデッキが現れ得るためです。

まとめ!

遊戯王マスターデュエルで開催されております、シンクロフェスティバルがつまらない理由と改善点について紹介してきましたが、おそらく多くのプレイヤーが今回のイベントに何かしらの不満やストレスを感じていることかと思います。

今回のイベントについては、「事前にこうなることは知っていた」という声も多く、私自身も何かしらの問題は起こるだろうとは思っていただけあり、「やっぱりか・・・」というのが正直な意見です。

個人的な意見にはなってしまいますが、今回自爆デッキは少なくなったものの、前回のNRフェスティバルに比べると、今までのイベントの中で一番不満が多いイベントなのではないか?というのが正直なところです。

恐らく次に行われるのは融合フェスかリンクフェスといったところかと思いますが、改善が難しいところはあれど、次回のイベントが少しでも改善し、良い方向に行くことを願うばかりです。

今回の記事に関してに別途関連記事はコチラ↓

遊戯王マスターデュエルでは2022年3月23日からイベント、N・Rレアリティフェスティバルが始まっています。 レアリテ...
遊戯王マスターデュエルでは昨今、「チートの被害に遭った」という報告が多数挙がっています。 そこで今回は遊戯王マスターデ...
遊戯王マスターデュエルでは2022年2月20日現在イベントとしてエクシーズフェスティバルが開催しています。 独...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする