汎用永続罠カード一覧!妨害やサポートなどデュエルを有利に運ぶカード集!【遊戯王】

遊戯王の罠カードには永続罠カードという種類があります。

発動後フィールドに残り続け、条件を満たした場合あるいは永続的にその効果が適用されるのが特徴があります。

今回はそんな永続罠カードの中でも汎用性がある優秀な効果のカードを紹介していきます。

汎用性の高い永続罠カードを一覧で紹介!

「安全地帯」

安全地帯

フィールドの攻撃表示モンスター1体に相手からの対象耐性、戦闘耐性、相手からの効果破壊耐性、直接攻撃できなくなるデメリットを付与できる効果を持ちます。

3つの耐性を付与できるため、自分フィールドのモンスターに使えば場持ちが飛躍的に向上します。

このカードがフィールドを離れた時そのモンスターは破壊されてしまうため、相手の魔法・罠除去カードには気を付けましょう。

スポンサーリンク

「大捕り物」

大捕り物

相手フィールドの表側表示モンスター1体のコントロールを奪う効果があります。

そのモンスターは攻撃できず効果も発動出来ないため、各種召喚素材に使うことで間接的に相手の強力モンスターを除去することが狙えます。

あくまで効果の発動が出来ないというデメリットであるため、発動を介さない永続効果などは適用され続けている点を利用するのも一つの手です。

「強制終了」

強制終了

自分フィールドのこのカード以外のカード1枚を墓地へ送ることでバトルフェイズを終了する効果を持ちます。

相手フィールドにどんな強力なモンスターが何体いようとバトルフェイズを終了してしまえば攻撃出来ないため、相手からの攻撃を完封出来ます。

このカードがフィールドに存在する限り複数回の効果使用を狙うことが出来ますが、コストが必要なことと既に発動された状態のこのカードを相手が放置するとは考えにくいため使うタイミングはよく見極めましょう。

「醒めない悪夢」

醒めない悪夢

1000ライフをコストにしてフィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を破壊できる効果です。

表側表示の魔法・罠カード限定ではありますが自分のライフがある限り複数回の使用が出来るため、相手のフィールド魔法・永続魔法・永続罠カードやペンデュラムゾーンにセットされたペンデュラムモンスターを破壊することで盤面崩壊を狙えます。

ライフコストは1000と決して軽くないため、使いどころには気を付けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

「死霊ゾーマ」

死霊ゾーマ

攻撃力1800守備力500の効果モンスターとなる罠モンスターです。

このカードを戦闘で破壊された場合、このカードを破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える効果を持っています。

その効果から相手の高火力モンスターの攻撃に対しての壁として使ったり、守備表示で特殊召喚されるため相手エンドフェイズに出して自分のターンで自爆特攻からの大ダメージを狙うという運用も出来ます。

またレベル4の闇属性としても扱うため、各種召喚素材にも使いやすいのは利点です。

「深淵のスタングレイ」

深淵のスタングレイ

攻撃力1900守備力0の効果モンスターとなる罠モンスターです。

このモンスターは戦闘耐性を持っているので、壁として機能させることが出来ます。

また自分のターンにはレベル5・光属性・雷族というステータスを活かして各種召喚素材に使うと良いでしょう。

「メタル・リフレクト・スライム」

メタル・リフレクト・スライム

発動後に水族・水属性・レベル10の攻撃力0・守備力3000のモンスターになるカードです。

ステータスだけでいうのであれば、単なる壁モンスターにしかなりませんが、レベル10という点で相性の良いカードがいくつか存在する点と「神・スライム」の素材になれる点がこのカードにはあります。

また「リアクター・スライム」でこのカードをセットし、セットしたターンにこのカードを発動できるので、このカードを使う際は「リアクター・スライム」とセットで使うのも悪くないでしょう。

「魔封じの芳香」

魔封じの芳香

このカードが存在する限り、お互いは魔法カードをセットした次のターンしか発動することが出来なくなる永続罠カードです。

魔法・罠カードゾーンのカードの枚数が多いほど力を発揮するカードや魔法・罠カードゾーンのカードを破壊するカードと相性が良い他に、ペンデュラム召喚を封じることの出来るメタカードとして、ペンデュラム召喚が流行った時にはこのカードをメタカードとしてサイドデッキに入れる形が流行りました。

魔法カード主体のデッキにとってこのカードは天敵であり、このカード維持する工夫をしていけば、デュエルを優位に運ぶことも難しくないでしょう。

「王宮の勅命」

王宮の勅命

ライフコストに700ライフポイント支払う維持コストがあるものの、お互いにフィールドの魔法カードの効果が無効になります。

制限カードではあるものの、魔法カードの効果を無効にする効果は、相手のデッキによってはこのカードが致命的に刺さるデッキもいくつかあり、このカードを維持することができれば、デュエルを優位に進めていくこのも可能です。

「王宮のお触れ」

王宮のお触れ

このカードが存在する限り、このカード以外の罠カードの効果をすべて無効にする永続罠カードです。

罠カードを封じる永続罠カードのため、相手とのデッキの相性を選ぶカードではありますが、相手のデッキが罠カード中心のパーミッションデッキであれば、このカードが相手にとっては天敵となるでしょう。

似たカードとして通常罠カードの「トラップ・スタン」がありますが、あちらは発動したターンのみではありますが、このカードにない利点「サイクロン」などで破壊されて、無効にならない利点があります。

どちらを採用するかは、環境や自分のデッキタイプと相談して決めると良いでしょう。

「王宮の鉄壁」

王宮の鉄壁

このカードが存在する限り、お互いにカードを除外することが出来なくなる永続罠カードです。

最近のデッキ環境では墓地の魔法・罠カードを除外することで効果を発動するカードやテーマが多いので、ほとんどのデッキがこのカードが刺さります。

自身の動きも制限してしまうカードではあるものの、除外できないという効果を逆に利用することも可能です。

例えば、フィールドを離れた時に除外されるモンスターなどと組み合わせれば、除外されることなく、再利用しやすくなったりと、相手の動きを制限しつつ、コチラはデュエルを優位に進めることも可能であります。

「スキルドレイン」

スキルドレイン

1000ライフポイントを払うことで、発動できる永続罠カードで、フィールドの全てのモンスターの効果を無効化することが出来ます。

大抵のデッキの場合、モンスターの効果を主体に動くデッキテーマがほとんどなので、このカードが刺さるテーマは多いです。

効果が無効になる点を逆にメリットとして扱うこともでき、自身のモンスターのデメリット効果を無効化しつつ、相手のモンスターの効果を無効化しながら戦うデッキタイプのデッキであれば、このカードの存在は必須となります。

「群雄割拠」

群雄割拠

お互いにフィールドにそれぞれ種族が1種類のモンスターしか表側表示で存在できなくなる効果と、フィールドに2種類以上モンスターのいるプレイヤーは1種類になる様に墓地に送る効果を持っております。

種族が統一されているデッキには効果は薄いものの、相手が様々な種族を使うテーマであったり、EXデッキを多用するテーマであれば、このカードが突き刺さることでしょう。

自分のテーマが種族統一だったり、モンスターをあまり展開しないデッキやモンスターを相手に送ったりするデッキと相性が良いカードです。

「御前試合」

御前試合

コチラは「群雄割拠」の属性版と言えるカードで、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性しかモンスターを表側表示で存在できない効果を持ちます。

種族統一テーマが多い中、このカードは「群雄割拠」ほどは刺さりにくいものの、相手のエクストラデッキからの特殊召喚などに対しては、相変わらずの妨害性能を誇る永続罠カードです。

「群雄割拠」を使うか、このカードを使うかは自分のデッキタイプや環境に合わせて採用すると良いでしょう。

「マクロコスモス」

マクロコスモス

「原子太陽ヘリオス」を特殊召喚する効果はあくまでもおまけで、大事なのはこのカードが存在する限り墓地に送られるカードは全て除外されると言った効果です。

墓地を多様する遊戯王の環境では、このカードが天敵であるデッキが多く、このカードを出されて積んでしまうデッキも少なからずあります。

メタカードとしては非常に有効で、自分はほとんど墓地を使用しないデッキだったり、除外をメインにしたデッキテーマであればこのカードの採用は十分に検討出来るでしょう。

罠カードという点も優秀で、相手の動きを妨害する形でこのカードを発動すると言った動きも非常に厄介です。

「旅人の試練」

旅人の試練

自分の手札のカード1枚の種類を相手に問い、ハズレの場合は相手の攻撃モンスターをバウンスする効果を持ちます。

その性質上安定こそしませんが、1ターンでの発動回数制限もない上に上手く決まれば相手の攻撃モンスターを対象を取らないバウンスが出来るため除去方法としてはかなり強力です。

昨今では罠カードの採用率が減っているためモンスターか魔法かの2択になってしまうのが難点ではありますが、それを見越して敢えて罠カードを手札に持っておくというのも有りです。

「夢幻泡影」「レッド・リブート」といった手札から発動できる罠カードであれば腐ることも無いので相性が良いです。

「デモンズ・チェーン」

デモンズ・チェーン

フィールドの効果モンスター1体を対象にして発動でき、そのモンスターの攻撃を封じ効果も無効化します。

相手の高火力モンスターに使うことでその攻撃から自分を守ることも出来ますし、相手のコンボの起点となるモンスターに使うことで効果を無効化して妨害することも出来ます。

モンスター自体はフィールドに残るので、各種素材にされてしまうのが難点ですが、このカードをバウンス出来るカードと組み合わせることで、再利用することが出来る点が利点です。

「幻影霧剣」

幻影霧剣

「幻影騎士団」版「デモンズ・チェーン」で、墓地のこのカードを除外することで「幻影騎士団」モンスターを1体特殊召喚することができます。

「幻影騎士団」は他のテーマの出張として採用されることも多く、このカードも一緒に出張で採用されることが多いカードです。

1つ目の効果と2つ目の効果どちらも無駄のない効果で、「幻影騎士団」デッキでも出張カード、どちらで採用しても強力なカードであります。

「センサー万別」

センサー万別

お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターを表側表示で存在出来ない効果を持っている永続罠カードです。

種族統一テーマのデッキに対しては非常に強力なメタ効果を持っております。

コチラはモンスターをほとんど展開しない構築で、このカードを使えば、相手の動きを大きく制限することも可能です。

「光の護封霊剣」

光の護封霊剣

相手の攻撃宣言時に1度1000ライフ払うことで、その攻撃を無効にすることが出来ます。

また、墓地にあるこのカードを除外することで、このターン相手モンスターの直接攻撃を封じる効果を持っております。

攻撃無効のライフコストとして1000ライフは決して軽くはありませんが、万一このカードが破壊されても、墓地で除外する効果があるので、防御札としては優秀なカードです。

「闇の増産工場」

闇の増産工場

1ターンに1度、手札・フィールドのモンスターを墓地へ送ることで1枚ドローできる効果があります。

手札のモンスターを墓地へ送れば11交換になりますし、墓地で効果を発動するモンスターをコストにすれば更なるアドバンテージ稼ぎができます。

永続罠カードという特性上相手ターン中でも発動出来るため、相手の除去に合わせて使うことでサクリファイスエスケープしつつドローすることも狙えます。

「リビングデッドの呼び声」

リビングデッドの呼び声

言わずと知れたモンスター1体を攻撃表示で蘇生できるカードです。

蘇生先に攻撃力やレベル等の指定も無い上に蘇生したモンスターへのデメリットも無く、相手ターンでも発動できる故に非常に扱いやすいのが大きな魅力です。

ただしこのカードが破壊されれば蘇生したモンスターも破壊されてしまうという弱点があるため、破壊効果への対策を取ったり蘇生したモンスターに頼り切らずに他のモンスターの召喚素材などに使うという運用が現実的です。

汎用永続罠カード一覧!妨害やサポートなどデュエルを有利に運ぶカード集!【遊戯王】

デュエルを有利に運ぶ汎用罠カードについて紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

今回紹介したカード以外にも、強力な永続罠カードはまだまだありますが、今回紹介したカードはその中でも特に使いやすかったり強力なカードを紹介させていただきました。

パーミッションデッキやメタビートデッキでは、特に永続罠カードを使う機会が多いので、デッキを組む際は是非、今回紹介したカードの採用を検討して頂ければ幸いです。

罠カードに関しての関連記事はコチラ↓

遊戯王の罠カードは一部の例外を除いてセットしなければ発動できず、セットしたターンには発動できないというルールになっています。 ...
遊戯王のルールでは罠カードは一度自分フィールドにセットしなければ発動できず、セットしたターンには発動できません。 発動...
罠カードの種類の内の一つにカウンター罠カードというものが存在します。 使い方によってはデュエルの勝敗を左右すると一手も過言では...
遊戯王の罠カードの中には墓地から発動する効果を持つカードも存在します。 普通に使うにも一度セットしなければいけないため比較的強力な効果...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする