罠カードをサーチ・デッキからセットできるカード一覧!!【遊戯王OCG】

遊戯王の罠カードは一部の例外を除いてセットしなければ発動できず、セットしたターンには発動できないというルールになっています。

その分強力な効果を持つカードも多いのが特徴であり、使うタイミングや状況次第では1枚で戦況をひっくり返すことも可能です。

今回はそんな罠カードをサーチしたりデッキから直接セットできるカードの中から汎用性のある物を選んで紹介していきたいと思います。

罠カードをサーチ・デッキからセットできるカード一覧!!

「不幸を告げる黒猫」

不幸を告げる黒猫

リバース時にデッキの罠カード1枚を選択してデッキトップに置くことが出来る下級モンスターです。

「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在すればデッキトップではなく手札に加えることも出来ます。

カテゴリも罠カードの種類も問わずにデッキから任意の罠カードを引き込むことが出来る数少ないカードの1枚です。

「王家の眠る谷-ネクロバレー」が無い場合はデッキトップに置くため、次の自分のターンでドローすることを踏まえた罠カードを選ぶと良いでしょう。

属性・種族・低い攻守から使いやすく、リバースモンスターである点もサポートカードの恩恵を受けられます。

「塊斬機ダランベルシアン」

レベル4モンスター2体以上でエクシーズ召喚できるランク4エクシーズモンスターであり、エクシーズ召喚成功時に自身のエクシーズ素材を4つ取り除くことでデッキから魔法・罠カード1枚を手札に加えられます。

好きな魔法・罠カード1枚のサーチという極めて強力な効果ではありますが、この効果を使うためにはエクシーズ素材となるレベル4モンスターを4体も展開しなくてはなりません。

レベル4モンスターを4体並べるというのはランク4エクシーズを主軸としたデッキでも容易ではなく消費が激しくなりやすいです。

また、優秀なサーチ効果を持つ故に「灰流うらら」等の相手の妨害カードの格好の標的になってしまうため「墓穴の指名者」等でケアすることが望ましいです。

「悪魔嬢リリス」

悪魔嬢リリス

自分フィールドの闇属性モンスター1体をコストにすることで、デッキから選んだ通常罠カード3枚の中からランダムに1枚を自分フィールドにセットできる効果を持ちます。

通常罠カード限定ですが、同名カード3枚を選べば確実に狙ったカードをデッキからセットすることが出来ます。

コストには自身を選ぶことも出来ますし、「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」発動下なら相手モンスターを使ってリリースの肩代わりすることも出来るためこの効果がフリーチェーンである点が活きてきます。

その他にも相手の魔法・罠カード全体除去にチェーン発動して「やぶ蛇」をセットするといった運用等も可能なので覚えておくと良いでしょう。

「トラップトリック」

トラップトリック

デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、そのカードと同名カード1枚を自分フィールドにセットできます。

この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動でき、このカードの発動後自分はターン終了時まで罠カードを1枚しか発動出来ません。

こちらも通常罠カード限定ですが、2枚以上デッキにあれば確実にデッキからセットできます。

デッキからセットした通常罠カードをセットしたターンにも発動できる点は非常に優秀な反面、複数枚積みできない制限カードや素引きなどをしてしまいデッキに1枚しか残っていない通常罠カードには対応できない点には要注意です。

The despair URANUS

The despair URANUS

自分フィールドに魔法・罠カードが存在せずこのカードのアドバンス召喚に成功した時、相手に永続魔法カードか永続罠カードかを選ばせて自分はその種類のカード1枚をデッキから魔法&罠ゾーンにセットできます。

罠カードの中では永続罠カード限定で尚且つ確実性に欠けるところはありますが、デッキから直接セットすることが出来ます。

このカード自体が最上級モンスターですのでアドバンス召喚が容易ではないだけでなく、効果を使うためには自分フィールドに魔法・罠カードが1枚もない必要があるためサーチする用の永続魔法・永続罠カードを複数採用している場合は逆に効果を使い辛くなってしまうという欠点があります。

またサーチするカードの種類は相手が選ぶため、優秀な永続魔法カードの採用もしておく必要があります。

「解放のアリアドネ」

解放のアリアドネ

戦闘・効果で破壊された場合にデッキからカウンター罠カード3枚を相手に見せ、その中から相手が選んだカード1枚を自分の手札に加えられます。

トリガーとなる破壊に関しては場所を問わないため、ペンデュラムゾーンにセットしたこのカードを自分のカードで破壊すれば能動的に効果を利用できます。

サーチできるのはカウンター罠カード限定であり相手に選ばせることになりますが、「悪魔嬢リリス」と同様に同名カード3枚を選べば確実に狙ったカードをサーチできます。

同名のカウンター罠カードを3枚積みしていなくともカウンター罠カードには「神の○○」シリーズ等の汎用性が高く強力な物もあるため、それらを選ばせた後に魔法・罠カードをセットするだけでも相手は警戒せざるを得なくなります。

罠カードをサーチ・デッキからセットできるカードまとめ!

今回は罠カードをデッキから持って来る手段となれるカードを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

いずれも発動条件などによって安易に使えるものではなく、サーチ候補に挙がりやすい「虚無空間」「神の○○」シリーズなどの汎用的な罠カードがそれだけ強力であることも窺えます。

サーチしたいのがテーマカードであるなら、「○○(カテゴリ名)」魔法・罠カード手札に加えるといった効果を持つカードはそこまで珍しくないのでそちらを探したほうが良いでしょう。

関連記事はコチラ!

遊戯王のルールでは罠カードは一度自分フィールドにセットしなければ発動できず、セットしたターンには発動できません。 発動...
罠カードの種類の内の一つにカウンター罠カードというものが存在します。 使い方によってはデュエルの勝敗を左右すると一手も過言では...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする