【デスピア堕天使デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!最近話題の混合デッキ!

登場してしばらく経つ、「デスピア」テーマですが、融合モンスター以外の「デスピア」モンスターは闇属性・天使族で統一されています。

そんな「デスピア」に同じく闇属性・天使族のテーマ「堕天使」を合わせた混合デッキが昨今話題になっています。

属性と種族という点からシナジーがあるのはもちろん「堕天使」は一年ほど前に強化された際に融合モンスターも登場したため、融合召喚をしやすい「デスピア」とはその点でも相性が良いです。

そこで今回は「デスピア」と「堕天使」の混合デッキレシピやその回し方等を紹介していきたいと思います。

【デスピア堕天使デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「悲劇のデスピアン」×2

「デスピアの導化アルベル」×3

「デスピアの大導劇神」×2

「堕天使スペルビア」×3

「堕天使ネルガル」×2

「堕天使イシュタム」×3

「堕天使ルシフェル」×1

「増殖するG×2

魔法カード

「烙印劇城デスピア」×3

「烙印開幕」×3

「堕天使の戒壇」×3

「堕天使の追放」×3

「トレード・イン」×2

「テラ・フォーミング」×1

「墓穴の指名者」×2

「おろかな埋葬」×1

「死者蘇生」×1

罠カード

「背徳の堕天使」×2

「魅惑の堕天使」×1

エクストラデッキ

「デスピアン・クエリティス」×2

「デスピアン・プロスケニオン」×1

「黎明の堕天使ルシフェル」×2

「宵星の機神ディンギルス」×1

No.23 冥界の霊騎士ランスロット」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「失楽の堕天使」×2

IPマスカレーナ」×1

「トロイメア・ユニコーン」×1

「双穹の騎士アストラム」×1

「召命の神弓-アポロウーサ」×1

「閉ザサレシ世界ノ冥神」×1

【デスピア堕天使デッキレシピ2021】の回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては、「デスピア」で融合召喚をしたりアドバンテージを稼ぎ、「堕天使」で展開をして盤面構築を行いビートダウンで勝利を目指すというものです。

堕天使イシュタム

今回紹介したデッキレシピは純「デスピア」に展開や回転をする上で優秀な「堕天使」カードを採用した構築にしていますが、「アルバスの落胤」関連を採用したり「堕天使」下級モンスターを採用したりするのも有りでしょう。

デッキの回し方ですが、「デスピア」は融合手段や融合素材の確保に使っていきます。

デスピアの導化アルベル

融合手段とは「烙印劇城デスピア」のことであり、「デスピアの導化アルベル」「テラ・フォーミング」でサーチしていきます。

烙印開幕

「烙印開幕」は必要な「デスピア」モンスターをサーチ・リクルートが出来るだけでなく、「悲劇のデスピアン」を墓地へ送ることであちらの効果で追加でサーチをしたり、墓地から蘇生したい「堕天使スペルビア」等を墓地へ送っておく手段としても有用です。

デスピアの大導劇神

融合素材にした場合に自己蘇生が出来る「デスピアの大導劇神」は出せれば盤面の制圧力が上がるため、サーチ効果やドロー効果で手札に引き込んでおきたいです。

「堕天使スペルビア」の効果で蘇生することも出来るので、予め墓地へ送っておくというのも有効です。

「堕天使」は墓地肥やしや手札交換による手札の良質化を図り、融合素材の確保や展開の準備を行っていきます。

堕天使スペルビア

自身と同名以外の「堕天使」カードなら何でもサーチできる「堕天使の追放」は便利ですし、手札交換が出来る「堕天使イシュタム」「トレード・イン」を使えば上記の「デスピア」関連カードを引き込みつつも蘇生したい「堕天使スペルビア」を事前に墓地へ送っておくといったことも狙えます。

黎明の堕天使ルシフェル

蘇生されることで更なる蘇生効果が使える「堕天使スペルビア」はモンスターを展開するための鍵になりますので、早めに墓地に送っておくことで「堕天使の戒壇」や後述する「黎明の堕天使ルシフェル」の効果で蘇生していけます。

また「堕天使」モンスターの特徴として墓地の「堕天使」魔法・罠カードの効果をフリーチェーンでコピーできる効果があります。

効果のみをコピーすることから発動条件を無視できるため、実質的にライフコストさえ払えばフリーチェーンで墓地の「背徳の堕天使」等の効果を使えます。

烙印劇城デスピア

「烙印劇城デスピア」や融合素材を確保したら融合召喚を行っていきます。

融合召喚先としては「デスピアン・クエリティス」が出しやすいのですが、「デスピア」と「堕天使」のシナジーが最も強く現れる点として「烙印劇城デスピア」「黎明の堕天使ルシフェル」を融合召喚出来ます。

「黎明の堕天使ルシフェル」は闇属性・天使族モンスター3体で融合召喚でき、攻守4000という切り札級の攻守に加えて自分フィールドの天使族モンスター全てに対象耐性を付与したり、お互いのメインフェイズに手札・墓地から天使族モンスター1体を特殊召喚できる効果を持ちます。

墓地から「堕天使スペルビア」を蘇生すればあちらの効果で更なる蘇生に繋がりますし、「デスピアの導化アルベル」を特殊召喚してサーチ効果へ繋げるというのも有りだったりと使い方は様々です。

【デスピア堕天使デッキレシピ2021】の展開例を紹介!

デスピアの導化アルベル

具体的な展開例を1つ紹介します。

手札に「デスピアの導化アルベル」+「デスピアの大導劇神」+「堕天使スペルビア」3枚がある場合に出来るコンボです。

「デスピアの導化アルベル」を通常召喚してその効果により「烙印劇城デスピア」をサーチ→「烙印劇城デスピア」を発動→

黎明の堕天使ルシフェル

「烙印劇城デスピア」1の効果でフィールドから「デスピアの導化アルベル」と手札から「デスピアの大導劇神」「堕天使スペルビア」を素材に「黎明の堕天使ルシフェル」を融合召喚→

融合素材となった「デスピアの大導劇神」の効果により自己蘇生→

「黎明の堕天使ルシフェル」3の効果により1000ライフを払って墓地の「堕天使スペルビア」を蘇生→

蘇生した「堕天使スペルビア」の効果で「デスピアの導化アルベル」を蘇生→

I:Pマスカレーナ

「堕天使スペルビア」「デスピアの導化アルベル」を素材にIPマスカレーナ」をリンク召喚が出来ます。

結果的に「黎明の堕天使ルシフェル」「デスピアの大導劇神」「IPマスカレーナ」を並べられました。

次の相手ターンのメインフェイズに「黎明の堕天使ルシフェル」3の効果で「堕天使スペルビア」を蘇生し、「堕天使スペルビア」の効果で「デスピアの導化アルベル」を蘇生すればあちらのサーチ効果へ繋げられます。

閉ザサレシ世界ノ冥神

加えてIPマスカレーナ」の効果を使えば自身と「堕天使スペルビア」「デスピアの導化アルベル」を合わせて「召命の神弓-アポロウーサ」をリンク召喚して制圧力を上げたり、更に相手モンスター1体も素材にすることで「閉ザサレシ世界ノ冥神」のリンク召喚も狙えます。

堕天使の追放

初期手札は3枚必要ですが、「堕天使スペルビア」「堕天使の追放」でサーチできます。

No.23 冥界の霊騎士ランスロット

「堕天使イシュタム」「トレード・イン」を使った結果3枚が手札に揃うこともありますし、手札交換時に「堕天使スペルビア」を墓地へ送れたなら残りの初期手札3枚の内1枠は「堕天使」か「デスピア」モンスターなら何でも良くなる上に「堕天使スペルビア」で蘇生できるモンスター次第ではIPマスカレーナ」ではなくランク8エクシーズを狙うことも可能でしょう。

【デスピア堕天使デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!最近話題の混合デッキ!まとめ!

「デスピア」と「堕天使」の混同テーマデッキについて紹介してきました。

「デスピア」と「堕天使」は天使族・闇属性という点や融合モンスターがいる点で、共通点があり、相性が良く、「堕天使」のデッキの回転力と「デスピア」の融合戦術は安定感があります。

「デスピア」は最近では大会でも見かける機会が多いので、「堕天使」デッキを組んでいる人は「デスピア」との混合で、デッキを組んでみてはいかかでしょうか?

「デスピア」デッキに関しての関連記事はコチラ↓

「教導(ドラグマ)」テーマと「デスピア」テーマの2つは、コンセプトやモンスターの属性が大きく異なります。 しかしそんな...
ドーン・オブ・マジェスティにて新たな融合テーマである「デスピア」が登場したことで、一部ではこれまで大会環境でも結果を残していた「召喚...
2021年4月17日に発売予定の基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて新規テーマ「デスピア」が登場します。 今回は...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ DAWN OF MAJESTY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1725

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする