【デスピアデッキレシピ2021の回し方・展開例】を紹介!光属性・悪魔族と闇属性・天使族の融合テーマ!【遊戯王OCG】

2021417日に発売予定の基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて新規テーマ「デスピア」が登場します。

今回はそんな「デスピア」テーマのデッキレシピやその回し方等を紹介していきたいと思います。

【デスピアデッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「喜劇のデスピアン」×3

「悲劇のデスピアン」×3

「デスピアの導化アルベル」×3

「デスピアの大導劇神」×3

「アルバスの落胤」×3

「黒衣竜アルビオン」×1

「エフェクト・ヴェーラー」×2

「幽鬼うさぎ」×2

「守護天霊ロガエス」×1

魔法カード

「烙印劇城デスピア」×3

「烙印開幕」×3

「烙印の絆」×2

「白の烙印」×2

「闇の誘惑」×1

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×2

「テラ・フォーミング」×1

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「死魂融合」×1

「メタバース」×1

エクストラデッキ

「デスピアン・クエリティス」×3

「灰燼竜バスタード」×1

「痕喰竜ブリガンド」×1

「鉄駆竜スプリンド」×1

「烙印竜アルビオン」×2

「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」×1

「デスピアン・プロスケニオン」×1

「鳥銃士カステル」×1

「宵星の機神ディンギルス」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「リンクリボー」×1

「セキュア・ガードナー」×1

【デスピアデッキレシピ2021】の回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては、「デスピア」カードを主軸としてアドバンテージを稼ぎながらも融合召喚を行いビートダウンで勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピでは「烙印」魔法・罠カードという共通のシナジーがある「アルバスの落胤」関連カードも採用していますが、「召喚獣」や「ドラグマ」等の他テーマとの混合構築も可能ですのでそちらを検討してみるのも良いでしょう。

デッキの回し方ですが、まずは融合召喚するための準備を整えていきます。

アルバスの落胤

今回紹介したデッキレシピでは融合召喚する手段として「アルバスの落胤」「烙印劇城デスピア」「白の烙印」「死魂融合」を採用しています。

これらの内どれかを手札に引き込んだり発動することで融合召喚を狙えます。

デスピアの導化アルベル
効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

サーチ手段としては「デスピアの導化アルベル」「テラ・フォーミング」等があり、手札やフィールドの状況を踏まえながらも適した融合手段を引き込めます。

烙印開幕
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札を1枚選んで捨てる。
その後、デッキから「デスピア」モンスター1体を手札に加えるか守備表示で特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの融合モンスターが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

また「デスピアの導化アルベル」自体は「烙印開幕」でリクルートや「悲劇のデスピアン」でサーチが可能ですので、積極的に活用していくと良いでしょう。

デスピアの大導劇神
効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻3000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターが特殊召喚された場合、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):手札・フィールドのこのカードが融合召喚の素材になり、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

この時融合素材として積極的に使いたい「デスピアの大導劇神」も確保出来たならなお良いでしょう。

準備が整ったら融合召喚を行っていきます。

デスピアン・クエリティス
融合・効果モンスター
星8/光属性/悪魔族/攻2500/守2500
「デスピア」モンスター+光・闇属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベル8以上の融合モンスターを除く、フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「デスピア」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

デッキのエースとなる「デスピアン・クエリティス」は素材指定が緩いため出しやすいだけでなく、その強力な効果で自分・相手ターンともに活躍してくれます。

「アルバスの落胤」を使うことで各種「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターの融合召喚も狙えますし、「デスピアン・クエリティス」2の効果で「アルバスの落胤」をリクルートしたなら相手ターン中に相手モンスターを融合素材に巻き込むことも狙えるでしょう。

デスピアン・プロスケニオン
融合・効果モンスター
星11/光属性/悪魔族/攻3200/守3200
「デスピア」モンスター+光属性モンスター+闇属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、相手の墓地の融合・S・X・リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外するか、自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力の内、高い方の数値分のダメージを相手に与える。

「アルバスの落胤」を融合素材とすることで墓地融合が可能になる「白の烙印」を使えば消耗を抑えながら融合召喚が行え、手札誘発効果等で墓地に行っていた光属性モンスターも選ぶことで「デスピアン・プロスケニオン」の融合召喚も狙えます。

黒衣竜アルビオン
効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アルバスの落胤」として扱う。
(2):このカードが手札・墓地に存在する場合、
「アルバスの落胤」1体または「烙印」魔法・罠カード1枚を手札・デッキから墓地へ送って発動できる。
そのカードをどこから墓地へ送ったかによって以下の効果を適用する。
●手札:このカードを特殊召喚する。
●デッキ:このカードをデッキの一番下に戻す。
手札から戻した場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。

「黒衣竜アルビオン」「白の烙印」の墓地融合のサポートをしたり、墓地肥やしをしつつ手札交換が出来るため手札の良質化という面でも役に立ちます。

烙印の絆
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「アルバスの落胤」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが「アルバスの落胤」の効果を発動するために
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする

「烙印の絆」「アルバスの落胤」を特殊召喚して融合効果に繋げられる他にも、「白の烙印」などで除外された「アルバスの落胤」の再利用を図ったりも出来ます。

また既に「アルバスの落胤」が墓地や除外されている場合に「デスピアの導化アルベル」「烙印の絆」をサーチして発動すれば消耗を抑えつつランク4エクシーズへ繋げることも可能です。

【デスピアデッキレシピ2021】の展開例を紹介!

悲劇のデスピアン
効果モンスター
星1/闇属性/天使族/攻 400/守 400
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが効果で墓地へ送られた場合、または効果で除外された場合に発動できる。
デッキから「悲劇のデスピアン」以外の「デスピア」モンスター1体を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「烙印」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。

基本的な展開例を1つ紹介します。

手札に「烙印開幕」+「悲劇のデスピアン」2枚がある場合に出来るコンボです。

「烙印開幕」を発動して手札の「悲劇のデスピアン」を捨てて「デスピアの導化アルベル」を特殊召喚→

特殊召喚した「デスピアの導化アルベル」の効果で「烙印劇城デスピア」をサーチし、効果で墓地へ送られた「悲劇のデスピアン」の効果で「デスピアの大導劇神」をサーチ→

「烙印劇城デスピア」を発動→

「烙印劇城デスピア」1の効果で手札の「デスピアの大導劇神」とフィールドの「デスピアの導化アルベル」を素材に「デスピアン・クエリティス」を融合召喚→

融合素材となった「デスピアの大導劇神」を自身の効果で蘇生が出来ます。

結果的に「デスピアン・クエリティス」「デスピアの大導劇神」を並べることが出来ました。

後攻であったなら2体で攻撃が出来ますし、相手フィールドに攻撃力3000を超えるモンスターがいたなら「デスピアの大導劇神」を守備表示で出して「デスピアン・クエリティス」1の効果を使ってから攻撃すると良いでしょう。

「デスピアン・クエリティス」1の効果は「デスピアの大導劇神」も影響を受けてしまう点は要注意ですが、次の相手ターン中には「デスピアン・クエリティス」「デスピアの大導劇神」の効果によって戦闘とモンスター効果に対してある程度の制圧力を発揮してくれます。

また墓地に「烙印開幕」があるため「デスピアン・クエリティス」を効果破壊から1度守れますし、「デスピアン・クエリティス」が除去や戦闘破壊されたとしても「デスピアの導化アルベル」の自己蘇生が出来ます。

加えて「デスピアン・クエリティス」自身の2の効果もあるため「アルバスの落胤」をリクルートしてあちらの融合効果を使うことも狙えます。

【デスピアデッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!光属性・悪魔族と闇属性・天使族の融合テーマ!【遊戯王OCG】まとめ!

基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて登場した新規テーマ「デスピア」テーマデッキのサンプルレシピを紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

新規テーマ「デスピア」は光と闇、悪魔族と天使族の融合テーマということで、相性の良いカードが多い上に、環境でも活躍している「召喚獣」や強力な融合モンスターの多い「シャドール」と相性が良いので、構築次第では環境での活躍も期待できるテーマです。

「ドラグマ」とのストーリーにも関わってくるテーマであり、強力なテーマであることから、是非今回作っておきたいテーマデッキの1つでございます。

「デスピア」に関しての関連記事はコチラ↓

2021年4月17日に発売予定の基本パック、ドーン・オブ・マジェスティに収録される新規テーマ「デスピア」の情報が公開されました。 ...
2021年4月17日に発売予定の基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて新規テーマ「デスピア」が登場します。 「デス...
ドーン・オブ・マジェスティにて新たな融合テーマである「デスピア」が登場したことで、一部ではこれまで大会環境でも結果を残していた「召喚...
「教導(ドラグマ)」テーマと「デスピア」テーマの2つは、コンセプトやモンスターの属性が大きく異なります。 しかしそんな...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ DAWN OF MAJESTY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1725

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする