「サイキック・リフレクター」の出張性能を改めて紹介!ギミックの内容と相性の良いテーマは?

皆さんは「サイキック・リフレクター」の出張セットについてご存知でしょうか。

消費を抑えてモンスターを展開できるギミックとして一時期は様々なデッキに採用された出張セットですが、昨今ではあまり見かけなくなりました。

今回はそんな「サイキック・リフレクター」の出張セットの性能や相性の良いテーマについて紹介していきたいと思います。

「サイキック・リフレクター」の出張ギミックを紹介!

サイキック・リフレクター

知らない人もいるかと思いますので、まずは「サイキック・リフレクター」の主張セットとその使い方について簡単に説明します。

出張セットに使われるのは主に「サイキック・リフレクター」「バスター・ビースト」「バスター・モード」3です。

基本的な動き方としては、「サイキック・リフレクター」を召喚または特殊召喚→

「サイキック・リフレクター」の効果で「バスター・ビースト」をサーチ→

「バスター・ビースト」の効果で手札の自身をコストに「バスター・モード」をサーチ→

「サイキック・リフレクター」の効果で手札の「バスター・モード」を相手に見せることで「バスター・ビースト」を蘇生してレベルを上げる、というものになります。

「バスター・ビースト」のレベルは4つまで上げられるため、レベル1チューナーの「サイキック・リフレクター」と併せてレベル6から9のシンクロモンスターをシンクロ召喚することも出来ますし、チューナーを含めたモンスターが2体並んだことで「水晶機巧-ハリファイバー」のリンク召喚に繋ぐことも可能です。

サーチした「バスター・モード」が手札に残ることから、実質的な手札消費枚数0でレベル6から9のシンクロモンスターか「水晶機巧-ハリファイバー」等のリンクモンスターを出すことができるギミックとして優秀です。

最初の「サイキック・リフレクター」「緊急テレポート」でリクルートしたなら通常召喚権も温存できるので、相手からの妨害を受けたとしても通常召喚権を使った展開でカバーすることが可能です。

初動となる「サイキック・リフレクター」を素早く用意するための手段としては、「緊急テレポート」「ワン・フォー・ワン」「バスター・スナイパー」があります。

「水晶機巧-ハリファイバー」からの展開は幅広く、手札に余った「バスター・モード」をコストにして自己蘇生できる「ジェット・シンクロン」を合わせたり、「幻獣機アウローラドン」「幻獣機オライオン」を使うことでトークンを展開して複数回シンクロ召喚したりと様々です。

一見良いこと尽くめな「サイキック・リフレクター」の出張セットですが、欠点もあります。

それは「バスター・ビースト」や「バスター・モード」を素引きした場合に手札事故になってしまうことです。

このギミックでは「バスター・ビースト」「バスター・モード」はデッキから引き込むことが前提となっているため、手札に来てしまった時点で本来の動かし方ができなくなってしまいます。

「バスター・ビースト」「バスター・モード」を複数枚採用すれば2枚目以降の「バスター・ビースト」「バスター・モード」をサーチすることでギミックを使うことは出来るものの、枚数を多く採用すればその分「バスター・ビースト」「バスター・モード」を素引きする可能性が上がるためプラスマイナスゼロになってしまいます。

「サイキック・リフレクター」の出張セットを使いたいという場合は、この欠点を把握した上で採用を検討することが重要になります。

スポンサーリンク

「サイキック・リフレクター」の出張セットと相性の良いテーマ4選!

「電脳堺」テーマ

レベルやランクが3の倍数のシンクロやエクシーズを駆使するサイキック族テーマです。

シンクロモンスターを出しやすい「サイキック・リフレクター」の出張セットは相性が良く、手札や状況に応じて「緊急テレポート」のリクルート先を変えられる点でもシナジーがあります。

また「サイキック・リフレクター」の出張セットがレベル6やレベル9のシンクロ召喚を狙えるという点も「電脳堺」では活かしやすいです。

当サイトでは「電脳堺」テーマのデッキレシピも紹介しております↓

2020年8月8日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジにて新規テーマ「電脳堺」の情報が判明しました。 既に「電脳堺」モン...

P.U.N.K.」テーマ

融合とシンクロを活用するテーマであり、レベル3の「P.U.N.K.」モンスターは地属性・サイキック族のチューナーで統一されているという特徴があります。

こちらも状況次第で「緊急テレポート」を使い分けられる点で相性が良く、「水晶機巧-ハリファイバー」等にも繋げられる「サイキック・リフレクター」の出張セットは戦術の幅を広げてくれます。

また「サイキック・リフレクター」の出張セットで出したレベル8シンクロモンスターとレベル3の「P.U.N.K.」モンスターを合わせれば、「P.U.N.K.」テーマの切り札であるUkP.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」をシンクロ召喚することも狙っていけます。

当サイトでは「P.U.N.K.」テーマのデッキレシピも紹介しております↓

2021年8月28日に発売したデッキビルドパック グランド・クリエイターズにて「P.U.N.K.」テーマが登場しました。 ...

「スターダスト」テーマ


「スターダスト」や「シンクロン」といった複数のカテゴリを扱うシンクロテーマです。

「サイキック・リフレクター」の出張セットで手札に加えた「バスター・モード」を使うことで、制圧力がある「スターダスト・ドラゴン/バスター」を出すことが無理なく組み込めることから相性が良いです。

「スターダスト・ドラゴン/バスター」は素引きしてしまうと事故になるという危険はありますが、制圧力の高さと打点の高さから狙う価値は十分にあるカードです。

シンクロ召喚に特化していることもあり、「バスター・スナイパー」の制約が気にならないというメリットもあります。

またこのテーマでは「ジャンク・シンクロン」などに優先的に召喚権を割きたいため、「サイキック・リフレクター」へのアクセスは「緊急テレポート」「ワン・フォー・ワン」を主に使うことで、相手の妨害効果を出張セットの方に打たせるという活用法も可能ではあります。

当サイトでは「スターダスト」テーマのデッキレシピも紹介しております↓

2021年4月17日に発売予定の基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて「スターダスト」テーマに新規カードが加わり強化されることが...

「不知火」テーマ


墓地や除外されているモンスターを活用するのが特徴のアンデット族シンクロテーマです。

このテーマでは墓地肥やし効果を持つカードも活用するため、予め「ゾンビキャリア」を墓地に送っておけば、あちらを自己蘇生しつつ手札に来てしまった「バスター・ビースト」「バスター・モード」をデッキに戻せるため「サイキック・リフレクター」のギミックを活用できます。

「妖神-不知火」は汎用素材で出せるため「サイキック・リフレクター」から繋げることも可能です。

「不知火」カードの中には使用後にアンデット族モンスターしか特殊召喚できなくなる制約があるカードもあるため、それらよりも先に「サイキック・リフレクター」の出張セットを使うよう意識した方が良いでしょう。

まとめ!

「サイキック・リフレクター」の出張セットについて紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

「サイキック・リフレクター」の出張セットの利点はなんと言っても、少ない消費からシンクロへ展開できるメリットですが、出張セットの宿命とも言える手札事故も弱点となります。

シンクロギミックである以上、「このターン〇〇しか特殊召喚できない」といったような制約の多いテーマとは相性が悪いので、どのテーマでも便利に使えると言ったギミックではない点は注意が必要です。

しかし、ギミックとしては優秀なので、デッキを組む際は是非、検討していただければと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする