汎用性が高くオススメなリンク1モンスターを紹介!

遊戯王にリンク召喚が実装してから時が経ち、数多くのリンクモンスターが登場してきました。

そこで今回はリンクモンスターの中でもリンク1モンスターについて紹介してきたいと思います。

リンクが1だからと侮るなかれ、手軽に出せるということはそれだけで強みになるのです。

オススメの汎用リンク1モンスター

リンクリボー

「リンクリボー」

レベル1モンスターを素材に出せるリンク1モンスターで、自身をリリースすることで相手の攻撃モンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする効果と自分フィールドのレベル1モンスターをリリースすることで自己蘇生する効果を持ちます。

トークンなどで簡単にリンク召喚できるうえに、実質相手の攻撃を1回無効にする効果が非常に使い勝手が良いです。

また一度リンク召喚しておけば、その後のターンで自分フィールドに出したトークンを闇属性・サイバース族効果モンスターとして変えられるため、更なるリンク召喚の助けになります。

リンク・スパイダー

「リンク・スパイダー」

通常モンスター1体が召喚条件で、自身のリンク先に手札からレベル4以下の通常モンスターを特殊召喚できる効果があります。

効果を上手く使うにはデッキを選びますが、こちらも「リンクリボー」と同じくトークンを素材に簡単に出せます。

こちらはレベルが2以上でも問題ないため、「ブラック・ローズ」によって生成されたローズトークンや「幻獣機」テーマで生成する幻獣機トークンもリンク素材に使える点が用途の違いになります。

「ダンディライオン」等のトークンを2体以上生成する効果と「リンク・スパイダー」「リンクリボー」を組み合わせることで、サイバース族効果モンスター2体という盤面が揃いますのでバリエーションが多く存在するリンク2モンスターへと繋げられます。

サクリファイス・アニマ

「サクリファイス・アニマ」

トークン以外のレベル1モンスターを素材にすることで出せ、リンク先に存在するモンスターを自身に装備して装備したモンスターの攻撃力分自身の攻撃力を上げる効果を持ちます。

スポンサーリンク

上記の2つと違いトークンを使うことは出来ませんが、墓地に送られた時または除外された時に特殊召喚できる「ドット・スケーパー」や自己蘇生効果を持つ「グローアップ・バルブ」「ワン・フォー・ワン」で特殊召喚したモンスター等を使えば出すこと自体は難しくありません。

効果を使うためのリンク先は上で、相手モンスターの位置に依存する効果ではありますが除去効果としては強力です。

手札に「壊獣」モンスターが存在すれば相手フィールドの厄介なモンスターを除去しつつ、出した「壊獣」モンスターを「サクリファイス・アニマ」で装備すれば高い攻撃力が得られます。

副話術士クララ&ルーシカ

「副話術士クララ&ルーシカ」

リンク素材は通常召喚されたモンスター1体で、メインフェイズ2にしかリンク召喚出来ないという制約があります。

メインフェイズ2にしかリンク召喚出来ない制約はやや重いですが、通常召喚していれば好きなモンスターをリンク素材として墓地へ送れるということになります。

墓地へ送られた時に効果を発動する「クリッター」「ゴブリンゾンビ」等と相性が良いので、サーチ効果を発動するためのトリガーとして使うと良いです。

問題点として「副話術士クララ&ルーシカ」の攻撃力は0なので何かしらの防御手段やメインフェイズ2の内に他のリンクモンスターの素材にするなりしておきましょう。

閃刀姫-カガリ

「閃刀姫-カガリ」

リンク素材が炎属性以外の「閃刀姫」モンスターということで汎用リンクモンスターには見えないですが、運用方法はデッキを選ばないため出張モンスターとして環境でも度々使われています。

特殊召喚時に墓地の「閃刀」魔法カードを手札に加える効果が便利です。

まずこのカードをリンク召喚する方法としては「閃刀機-ホーネットビット」によって生成された閃刀姫トークンを使うことが主になります。

条件を満たせばアドを稼げる「閃刀起動-エンゲージ」も出張しやすいのでデッキ圧縮の意味も含めて採用してみても良いかと思います。

効果で墓地からサルベージするカードですが、墓地に魔法カードが3枚以上存在しデッキに他に「閃刀」カードを入れているなら「閃刀起動-エンゲージ」で更なるアド稼ぎができ、デッキに他に「閃刀」カードがないなら「閃刀機-ホーネットビット」を使って召喚権を使わずにモンスター2体を並べて更なる展開に繋げましょう。

まとめ

汎用性の高いリンク1モンスターを紹介しましたが、どれも使い道などが微妙に異なるので自分のデッキと一番相性の良いカードを採用してみると良いかと思います。

同じく汎用素材で汎用効果を持つ「転生炎獣アルミラージ」もオススメにしようかと思いましたが、これを書いている時点では先行発売すらしてないので自重させていただきました。

「転生炎獣アルミラージ」については販売以降に加筆したいと思います。

リンクモンスターは成長し続けているだけあって今後も汎用カードが増えると考えると楽しみな次第です。