遊戯王の女性デュエリストがカードショップで楽しめる環境を作るために必要なことを考えてみた!




遊戯王OCGのユーザーは男性がほとんどですが、女性デュエリスト全くいないというわけではありません。

そんな女性デュエリストたちがカードショップでのデュエルを楽しめずにいるという声はたびたび聞くので、今回は女性デュエリストもカードショップで楽しめる環境というものについて書いていきます。

女性デュエリストは最近増えているが、女性デュエリストカードショップで楽しめない原因は?

「口をふさぐほどの光景を目の当たりにする女性社員」[モデル:土本寛子]

まずは女性デュエリストがカードショップで楽しめていない理由を挙げていきます。

・奇異の目を向けられる。

・陰口を言われた。

・「女のくせに」といった差別的な言葉を言われた。

・相手が女性だからとマナーが悪い。

・対戦中に露骨に煽ってくる。

・雰囲気が悪い

というのがいわゆる悪い意見の一部になります。

女性だから男性だからはともかくとして、単純にマナーが悪いのは同じゲームを遊ぶユーザーとしていかがなものかと思いますし、そういった理由で不快な思いをする人が少なからずいることは誠に残念です。

楽しめていない理由が分かったところで、次は改善点について考えていきます。

コチラの記事ではカードショップにおけるマナーについての体験談を元に考察や良くして行くにはどうしたら良いのか?を書いております。

遊戯王に限らずTCGをしている人なら、カードショップで行われているフリープレイのことをご存知でしょう。 今回はフリープ...

女性デュエリストが増える方法と男性諸君が心がけなければならないことは?

まずは前述した女性デュエリストが楽しめていない点を少なくすることで改善できるかと思います。

男性デュエリストの方が多いため、そこに女性デュエリストに奇異の目を向けてしまうというのは治すということ自体無理があります。

そのカードショップを利用している男性デュエリストからすれば単純に女性デュエリストは珍しいものだと思いますし、それこそ見慣れでもしない限り不可能だと思います。

陰口性差別的な発言単純にマナーが悪いことなので、相手が女性だからとか相手の身体的特徴がどうだからとか関係なしに相手に失礼です。

一人の人として最低限のマナーですので、これに関してはマナーを守れる人なら何の問題もないでしょう。

そういったことがマナーが悪いことであると分かっていないもしくはマナーが悪いと分かっていてしている人がいたなら注意するしかありません。

性別に関係なくカードショップでマナーの良い環境を作ることは大事ですし、カードゲームもゲームである以上一人でも多くの人が楽しく遊べることを目指すべきだと思います。

雰囲気が悪いということですが、これは男性デュエリストでもたまに感じるものです。

身だしなみを整えて来いとまで言いいませんが、最低限よそ向きの恰好で来るのがマナーかと思います。

露骨に清潔感がない人に近づきたいと考える人はいませんし、そういった見た目の配慮もカードショップのイメージアップに繋がるのではないでしょうか。

改善点の他に心がけなければいけないことも書かせていただきます。

普段カードショップを使っている男性デュエリストとしては、そこに女性デュエリストが来たら「女性が来るなんて珍しいな」と思ってしまうのは仕方がありません。

しかしここで大事なこととして、そう思うだけにすべきであるということです。

性別は違えどカードショップに来た以上誰であろうと「趣味が同じ人」に過ぎません。必要以上の干渉は相手を不快にさせますし、至極当然のこととして自分がされて嫌なことは止めましょう。

それにカードショップを使うユーザーとしてユーザーや店内の清潔感、カードショップ内の雰囲気の改善に協力するのは普通なことだと思います。

カードを買うだけであったり、フリースペースでデュエルをしてみたり、カードショップに人が来る目的は様々ですがより多くの人が気持ち良く過ごせるようにすることがユーザーとしての心がけとして必要なことなんじゃないかと感じます。

まとめ

女性デュエリストが少しでもカードショップで楽しめるように、ということで書かせていただきました。

カードショップの環境の改善や遊戯王ユーザーの心がけが良くなることに少しでも貢献出来たら幸いです。

私個人、一ユーザーとして「ルールを守って楽しくデュエル」遊戯王OCGを遊ぶ上で一番大事なことだと思っております。

ファンデッキとガチデッキなど、カードショップでのデュエルをする上では確執を作らないためにもある程度知っておいた方が良いことがあります。

今回の内容は性別に関してでしたが、同じ趣味を持って楽しんでいる人同士ですので、差別的な意見を持つのではなく相手の気持ちを汲み取って少しでも仲良くできるようになれたらいいなと思いました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする