遊戯王のカードショップのフリープレイはマナーは悪い?違反についてや経験談とこれからどうすればいいかをお話しします!

遊戯王に限らずTCGをしている人なら、カードショップで行われているフリープレイのことをご存知でしょう。

今回はフリープレイをしていた時に経験した体験談やマナーを良くするためにはどうすればいいか考えてみました。

フリープレイでマナーが悪いと思った事は何か?

まずは具体的にどんなことがあったのかを挙げていきます。

「開発メンバーとの会話が呪文だらけ開発メンバーとの会話が呪文だらけ」[モデル:OZPA Lala Max_Ezaki]のフリー写真素材を拡大

「試合中に身内と話している」

対戦相手がデュエル中なのに他の相手と話しているということがありました。

デュエル中の第三者との会話はルール違反のはずですがそちらの話で盛り上がっていました。

デュエル中の横やりは傍から見ていても嫌な思いをしますし、自分がされたら単純に不快に感じます。

 

「超絶怒涛のレッドカード超絶怒涛のレッドカード」[モデル:段田隼人]のフリー写真素材を拡大

「確認もせずにカードを触ってくる」

カードテキストを確認したかったんだと思いますが、何の確認もなしにカードを触られて驚いたのを覚えています。

相手のカードに触れるのは基本的に最初のカット&シャッフルくらいなものなので、それ以外の時に触られるとびっくりしますし不安にもなります。

パックのゴミを散らかす

特に新弾のパックが出た時にこの風景がデュエルスペースで目立つ時があります。

パックを開けること自体は問題ではありませんが、開けたパックのゴミをそのまま散らかして帰る人がたまにいます。

デュエルスペースは個人のものではなくみんなで使うものなので、過度に散らかしたりすると隣の人も気持ちいい思いはしませんし、散らかして帰るのはマナー違反なのはデュエルスペースだけでなく公共の場でも言えることです。

「パックを開けるな」とは言いませんがゴミはしっかり持ち帰るかお店の許可を得てお店の中で捨てて綺麗にしてからその場を去りましょう。

 

行動の宣言をしないで進めようとする

身内でデュエルをしていると「フェイズ」宣言をしないでデュエルを進めることは良くあるかと思います。

しかし身内以外とのデュエルで「フェイズ」の宣言や戦闘時などにカードの発動の有無などを確認しないで進めた際に、カードの効果の発動のタイミングなどが分からなくなり、効果の処理でトラブルになる事はよくあります。

こうなってしまうとせっかくの楽しいデュエルが台無しになってしまいます。

身内とのデュエルでもそうですがは「フェイズ」の宣言や効果発動の確認はトラブル防止の為にも心得ておく事をおすすめします。

 

「敬語が使えない、いきなりタメ語」

たまに敬語が全く使えないタイプの人に当たるのですがこれに対しては正直怒りしか覚えません。

様々な年齢層が集まるデュエルスペースですが、相手が年下や格下と思った瞬間や酷い時だと明らかに自分よりも年下の人にいきなりタメ口を叩かれたこともあります。

初めて当たる相手は友達では無いので例え相手が年下・年上 初心者・ベテランに関わらず初めて会う方に敬語を使うのはデュエルスペースだけでなく、社会の中でも最低限のマナーだと感じてしまいました。

 

 

「大好きなピザ味のポテチをパーティ開け大好きなピザ味のポテチをパーティ開け」のフリー写真素材を拡大

「飲食物を近くに置いているまたは食べている」

これは私の友人の体験談ですが、飲食物をテーブルに置いていたり食べたりする相手がいたそうです。

水分補給をするなとは言いませんが、もしもの場合を考えれば相手は不安になりますし嫌な気分になります。

「その企画いいね!その企画いいね!」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

「キレられる・舌打ちされる・こちらの使用デッキを否定、もしくは貶してくる」

デュエルで不利になった対戦者が不機嫌になるのを見たことがある人は他にもいるかと思います。

こちらの行動に対して舌打ちをされてこともありますし、相手の戦術にキレている人も見たことがあります。

更には相手のデッキをバカにしたりするのはプレイヤーとして恥ずべき行為だと思います。

 

「カードの扱いが悪い」

シャッフルが雑だったり、カードを叩きつけていたりと扱いが悪い人もいました。本人のカードをどう扱おうが勝手なのかもしれませんが、相手のデッキをシャッフルするときにファローシャッフル(シャッフルの種類の一つ。慣れていないと失敗することも多く、カード・スリーブを傷つける要因にもなる)は不快な気分にさせることもあります。

 

ファローシャッフル問題

先ほどでも提示したカードの扱いが悪いのと内容は重複しますが、許可なくファローシャッフル「カードの隙間と隙間に入れるシャッフルの事」をする人がいます。

スポンサーリンク

こちらは難しい問題であり、一部では

「ファローシャッフルの方が良くカードが混ざるし、スリーブはカードを傷つけない為にしてるものでシャッフルをしっかりしてもらう為のものだ!」

と言う声もありますが、高額な「キャラスリーブ」でこの様なシャッフルをされる事を嫌う人も多いのもまた事実です。

「個人的な意見になりますが、私はどちらかと言うとキャラスリーブ派なのでこのシャッフルを許可なくされるのは嫌です。」

どちらの意見も間違ってはいませんが、この「ファローシャッフル」に対して私個人の意見ですが対策が2つ程あります。

1つ目はスリーブの上にスリーブをする「二重スリーブ」で大事なスリーブを守ると言う方法

2つ目は相手に正直に「ファローシャッフルはして欲しくない」と言う意思を提示する事です。

「ファローシャッフル」で無くてもデッキをしっかり混ぜる方法はありますし、マナーの心得がある人なら大抵の場合、許可なしに「ファローシャッフル」を行うなんて事はしません。

しかし前者の考えの方もいるのも事実。

もし「ファローシャッフル」をされそうになった際は「ファローシャッフル」をして欲しくないと言う意志表示をし、山札を2つに分けてシャッフルし最後に1つの山札に合わせてシャッフル様ににしてもらうなどの意志表示をすれば大抵の場合は別のシャッフル方法に替えていただけるかと思います。

もしもその様な意思表示をしても相手が文句を言って来る様であれば店員を呼ぶか、その場でデュエルを中断する勇気も必要かと思います。

 

「常に手札をシャッフルしている」

サーチしたカードやドローしたカードを相手から見てどのカードか分からないよう、手札をシャッフルするという行為です。

この行為自体は悪いこととは思いませんが、余りにもしつこくしている場合やシャカパチ(手札のシャッフルを音を立ててすること。シャカシャカ・パチパチと音がする)をされると正直に言って目障りです。

急かされているように感じますし、傍から見てもなぜそんなことをしているのか謎に感じます。

 

マナーが悪いと感じた時の対策は?どうすればマナーが良くなる?

前述した体験談をもとにどんな対策や、どういったことに気を付ければいいか挙げていきます。自分はマナーが良いとは思わずに注意できているか改めて考えてみましょう。

 

「くさいので近寄らないでもらえますか!ストップ、ストップくさいので近寄らないでもらえますか!ストップ、ストップ」[モデル:竹田匡宏]のフリー写真素材を拡大

まず試合中に身内と話すということですが、基本的にルールで禁止されています。

デュエル内容に関係ないことを一言二言程度なら急用かもしれませんし構わないと思いますが、長話やデュエル内容については離さないようにしましょう。

対策としてはあんまり話しているようなら控えてもらうように言い、それでも止めてくれないなら店員を呼ぶしかないです。

相手のカードに触れるときですが、まず確認を取ることと扱いは丁寧にしましょう。これはシャッフルのことにも通じますが、相手の物に触れるわけですから相手が不快にならないようにするのは最低限の配慮かと思います。

シャッフルの種類に関してはファローシャッフルをするときには念のため、相手に確認したほうが良いかと思います。

デッキをよく混ぜるのは基本ですが、それで相手を嫌な気分にさせてはお互いに気持ちよくデュエルが出来ません。

シャッフルの仕方は他にもありますので幾つか知っておきましょう。

 

飲食物に関しては持ち込み禁止の所も多いですし、デュエルをする前にしまうように言いましょう。

それでも止めてくれないなら店員に言って片付けてもらう他ありません。

不機嫌になったり相手のデッキを貶すということですが、あくまでフリープレイだということを忘れてはいけません。

誰がどんなデッキを持ってきてデュエルをしてもルールに反しない限り問題はないのです。

相手の戦術が嫌だと思うことはありますが、デッキの相性などもありますので不満は表に出さないようにしましょう。

まとめ

フリープレイでマナーが悪いと思った体験談を書きましたが、もちろんそうでない方もたくさんいます。

TCGはゲームではありますが、自分と他者がゲームを通して繋がる以上ある種のコミュニケーションツールと言えます。

普段の会話と同じように相手が不快に思うようなことはしない。そのことに気を付けるだけでマナーは良くなるかと思います。

コチラの記事ではデュエルスペースを有料化することでマナー問題は解決するのかの考案と考察を行っております↓

カードショップのデュエルスペースが有料化していく?有料化の問題点やメリット・デメリットについて考えていきます!