「相剣」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!チューナーのトークンを使ってシンクロ召喚する幻竜族テーマ!

2021717日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて新規テーマ「相剣」が登場します。

そこで今回は「相剣」デッキレシピやその回し方などについて紹介していきたいと思います。

「相剣」デッキレシピ2021の紹介!

モンスターカード

「相剣師-莫邪」×3

「相剣師-泰阿」×3

「相剣軍師-龍淵」×3

「相剣瑞獣-純鈞」×2

「妖眼の相剣師」×1

「白の聖女エクレシア」×3

「天威龍-ヴィシュダ」×2

「灰流うらら」×3

魔法カード

「龍相剣現」×3

「大霊峰相剣門」×3

「強欲で貪欲な壺」×2

「封印の黄金櫃」×1

「墓穴の指名者」×2

罠カード

「瑞相剣究」×2

「相剣暗転」×3

「トラップトリック」×1

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

「相剣大師-赤霄」×3

「天威の龍鬼神」×2

「輝竜星-ショウフク」×2

「魔救の奇跡-ドラガイト」×1

「白闘気白鯨」×1

PSYフレームロード・Ω×1

「相剣大公-承影」×3

「フルール・ド・バロネス」×1

「炎斬機ファイナルシグマ」×1

「相剣」デッキの回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては、「相剣」テーマの特徴であるチューナートークンを生成してシンクロ召喚を行う動きをすることでビートダウンしていくというものです。

今回紹介したデッキレシピでは出来るだけ「相剣」カードの採用枚数を多くした構築にしていますが、「天威」や「竜星」など相性の良い他テーマとの混合構築にするのも有りです。

デッキの回し方ですが、まずはキーカードを引き込んでいきます。

龍相剣現
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「相剣」モンスター1体を手札に加える。
自分フィールドにSモンスターが存在する場合、
代わりに幻竜族モンスター1体を手札に加える事もできる。
(2):このカードが除外された場合、自分フィールドの、
「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

ノーコストで尚且つレベル指定も無く「相剣」モンスターをサーチできる「龍相剣現」は非常に優秀なため積極的に使っていきたいカードです。

強欲で貪欲な壺

ドローソースである「強欲で貪欲な壺」はデッキのカードを10枚除外するというコストは大きいですが、「相剣」デッキの切り札である「相剣大公-承影」は除外されているカードが多いほど戦闘で優位に立てるため大量除外を有効活用出来ます。

白の聖女エクレシア
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターの数より多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「相剣」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を特殊召喚する。
(3):このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

「白の聖女エクレシア」はモンスターの数が相手フィールドの方が多い場合に自己特殊召喚でき、自身をリリースすることで「相剣」モンスターをリクルート出来ます。

展開のための初動となれるカードが増えることでデッキの安定力が上がるだけでなく、自己特殊召喚が出来たなら通常召喚権を温存したままシンクロ召喚に繋げていくことも可能です。

しかし、このカードは「相剣」モンスターでも幻竜族モンスターでもないため各種「相剣」カードでサポートすることが出来ない点には注意が必要でしょう。

次にモンスターを展開していきます。

相剣師-莫邪
効果モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻1700/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を相手に見せて発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

展開の起点として最も使いやすいのは「相剣師-莫邪」です。

手札の「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスターを相手に見せるだけで「相剣トークン」を生成出来るため簡単にシンクロ召喚へ繋げていけますし、シンクロ素材となった場合に1枚ドローできるので実質的な手札消費枚数は0枚とすら言えます。

相剣師-泰阿
効果モンスター
星4/風属性/幻竜族/攻1800/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「相剣」カードまたは幻竜族モンスター1体を墓地へ送る。

相剣軍師-龍淵
効果モンスター
星6/炎属性/幻竜族/攻1200/守2300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
相手に1200ダメージを与える。

「相剣師-泰阿」「相剣軍師-龍淵」も「相剣トークン」を生成する効果を持っており、それらを使うことで積極的にシンクロ召喚を行っていけます。

シンクロ召喚先ですが、レベル8「相剣大師-赤霄」はシンクロ召喚成功時にデッキから「相剣」カード1枚をサーチあるいは除外が出来るため、サーチした「相剣」カードを使っていくことで更なる展開も図れます。

またフリーチェーンでフィールドのモンスターの効果を無効化する効果もあることから制圧力としても機能してくれる点はかなり有用です。

相剣大公-承影
シンクロ・効果モンスター
星10/水属性/幻竜族/攻3000/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されているカードの数×100だけ、このカードの攻撃力・守備力はアップし、
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力はダウンする。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード1枚を除外できる。
(3):カードが除外された場合に発動できる。
相手のフィールド及び墓地のカードをそれぞれ1枚ずつ選んで除外する。

切り札となる「相剣大公-承影」は除外されているカードの数だけ自己強化と相手モンスターの弱体化ができ、実質的な効果破壊耐性と除外をトリガーとした強力な除去効果を持っています。

相剣瑞獣-純鈞
効果モンスター
星6/地属性/幻竜族/攻2400/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分の幻竜族モンスターが、EXデッキから特殊召喚された相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを破壊する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
自分または相手の、フィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

相剣大師-赤霄
シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2800/守1000
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「相剣」カード1枚を手札に加えるか除外する。
(2):自分の手札・墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外し、
このカード以外のフィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

「相剣瑞獣-純鈞」をシンクロ素材に使うことで即座に除外効果を使ったり、「相剣大師-赤霄」のようなフリーチェーンでカードを除外できるカードと合わせれば相手ターン中の戦術妨害も可能です。

「相剣」カードはシンクロ召喚先を指定するような制約を持たないので、汎用レベル810シンクロモンスターの活用も見込めます。

後々「相剣師-泰阿」「相剣大師-赤霄」のコストに使うことも考えると幻竜族モンスターを使った方が良くはありますが、相手のデッキや状況に応じて判断していくと良いでしょう。

「相剣」デッキの展開例を紹介!

具体的な展開例を紹介します。

後攻1ターン目以降で相手フィールドにモンスターが1体以上いることを前提とし、手札に

「白の聖女エクレシア」+「相剣師-泰阿」or「相剣軍師-龍淵」(今回は「相剣師-泰阿」と仮定します)+「相剣」カード

3枚がある場合に出来るコンボです。

相手フィールドにモンスターの方が多いことで「白の聖女エクレシア」を自己特殊召喚→

「白の聖女エクレシア」2の効果を使い自身をリリースすることで「相剣師-莫邪」をリクルート→

「相剣師-莫邪」の特殊召喚成功時の効果で手札の「相剣」カードを見せて「相剣トークン」生成→

「相剣師-莫邪」と「相剣トークン」を素材に「相剣大師-赤霄」をシンクロ召喚→

シンクロ素材になった「相剣師-莫邪」の効果で1枚ドローし、「相剣大師-赤霄」のシンクロ召喚成功時の効果で「相剣軍師-龍淵」をサーチ→

「相剣軍師-龍淵」の効果で手札の「相剣」カードをコストに自己特殊召喚し、その後「相剣トークン」を生成→

「相剣軍師-龍淵」「相剣トークン」を素材に「相剣大公-承影」をシンクロ召喚→シンクロ素材になった「相剣軍師-龍淵」の効果で相手に1200ダメージ→

「相剣師-泰阿」を通常召喚→

「相剣師-泰阿」の効果で墓地の「相剣」カードを除外して「相剣トークン」を生成→

「相剣師-泰阿」「相剣トークン」を素材に「魔救の奇跡-ドラガイト」をシンクロ召喚→

シンクロ素材になった「相剣師-泰阿」の効果でデッキから「相剣」カード1枚を墓地へ送れます。

結果的に「相剣大師-赤霄」+「相剣大公-承影」+「魔救の奇跡-ドラガイト」を並べられました。

途中「相剣師-莫邪」の効果で1枚ドローしているので実質的な手札消費枚数は2枚と言えます。

「相剣大師-赤霄」2の効果を使えば相手モンスターの効果を無効化し、それをトリガーに「相剣大公-承影」の除去効果を使っていけます。

3体の総攻撃が通ればワンターンキルも狙えますし、攻撃を防がれた場合でもこの3体の盤面なら高い制圧力を発揮できます。

元々「相剣」デッキでは「相剣師-莫邪」+「相剣」カードの2から「相剣大師-赤霄」+「相剣大公-承影」or「フルール・ド・バロネス」の制圧力を意識した盤面を作れる(途中「相剣師-莫邪」の効果で1枚ドローしつつ「相剣軍師-龍淵」の効果で相手に1200ダメージ)ので、先攻1ターン目にはそちらのコンボを狙うのも良いでしょう。

まとめ!

バースト・オブ・デスティニーにて新規テーマ「相剣」が登場し、今回は「相剣」デッキレシピを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のデッキレシピは「相剣」の持ち味を活かすために、「相剣」カードを多く採用したデッキタイプにしましたが、「竜星」や「天威」などの組み合わせも強力な混合構築になることは間違えないでしょう。

エクストラデッキも環境に合わせたり、汎用シンクロを入れることで、対応力が上がるので、自分で好きなシンクロモンスターを入れてみるのも面白いかと思います。

幻竜族シンクロテーマということで、構築の幅は広いテーマかと思いますので、個人的にも是非、組みたいテーマです。

「相剣」テーマと相性の良いカードの紹介はコチラ↓

2021年7月17日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて「相剣」テーマの情報が公開されました。 テ...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ BURST OF DESTINY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1742

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする