「ヴァレット」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!新規カードが登場し大幅強化!?

2021717日に発売されるの基本パック バースト・オブ・デスティニーでは「ヴァレット」テーマに新規カードが加わります。

そこで今回は新規カードを採用した「ヴァレット」デッキレシピやその回し方を紹介していきたいと思います。

新規入り「ヴァレット」デッキレシピ2021の紹介!

モンスターカード

「ヴァレット・キャリバー」×1

「デュアルウィール・ドラゴン」×1

「ヴァレルロード・R・ドラゴン」×1

「アネスヴァレット・ドラゴン」×1

「ヴァレット・シンクロン」×2

「シェルヴァレット・ドラゴン」×1

「オートヴァレット・ドラゴン」×1

「ヴァレット・トレーサー」×3

「ヴァレット・リチャージャー」×1

「シルバーヴァレット・ドラゴン」×1

「マグナヴァレット・ドラゴン」×2

「メタルヴァレット・ドラゴン」×2

「エクスプロードヴァレット・ドラゴン」×1

「アブソルーター・ドラゴン」×3

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」×1

魔法カード

「ヘヴィ・トリガー」×1

「クイック・リボルブ」×3

「スクイブ・ドロー」×3

「ラピッド・トリガー」×1

「リボルブート・セクター」×2

「ヴァレル・サプライヤー」×2

「ベイオネット・パニッシャー」×1

「星遺物の守護竜」×2

「竜の霊廟」×1

「おろかな埋葬」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

エクストラデッキ

「ヴァレルロード・F・ドラゴン」×1

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」×2

「ヴァレルロード・X・ドラゴン」×1

「ストライカー・ドラゴン」×2

「ソーンヴァレル・ドラゴン」×1

「天球の聖刻印」×1

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」×1

「デリンジャラス・ドラゴン」×1

「ヴァレルコード・ドラゴン」×1

「スリーバーストショット・ドラゴン」×1

「ヴァレルロード・ドラゴン」×1

「ヴァレルソード・ドラゴン」×1

「ヴァレルエンド・ドラゴン」×1

新規入り「ヴァレット」デッキの回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては、「ヴァレット」モンスターを展開しそれらを素材にリンク召喚を筆頭にした各種召喚方法を駆使して勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピは召喚方法を全て取り入れたファンデッキに近い構築にしましたが、相手の手札誘発対策や汎用妨害カード等を採用しても良いかと思います。

デッキの回し方ですが、まずは「ヴァレット」モンスターやそのサポートカードを使うことで展開しながらもアドバンテージを稼いでいきます。

スクイブ・ドロー

「ヴァレット・ドラゴン」モンスターは戦闘・効果で破壊されたターンのエンドフェイズに自身と同名以外の「ヴァレット」モンスターをリクルートできる共通効果を持つため、「スクイブ・ドロー」は使いやすいドローソースとして機能します。

「クイック・リボルブ」はノーコストで「ヴァレット」モンスター1体をリクルートできるので、各種召喚方法に繋げるための素材を揃える上で重宝します。

ストライカー・ドラゴン

またレベル4以下のドラゴン族モンスター1体から出せるリンク1モンスター「ストライカー・ドラゴン」は「ヴァレット」モンスターを特殊召喚できる効果を持つ「リボルブート・セクター」をサーチできるため、その後の展開に繋げていけます。

ヴァレット・キャリバー
チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1700/守 100
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは闇属性リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札から「ヴァレット・キャリバー」以外のドラゴン族・機械族の闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

新規カード「ヴァレット・キャリバー」は闇属性リンクモンスターのリンク先に自己特殊召喚できるレベル4チューナーですのでシンクロ素材としてはもちろん

自身をリリースすることで手札の闇属性・ドラゴン族モンスターを特殊召喚できる効果により最上級モンスターである「デュアルウィール・ドラゴン」等の特殊召喚手段としても活用出来ます。

デュアルウィール・ドラゴン
効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、
自分の墓地のカード名が異なる「ヴァレット」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ラピッド・トリガー」または「ヘヴィ・トリガー」1枚を選んで手札に加える。

同じく新規カードの「デュアルウィール・ドラゴン」は自身をリリースすることで「ヴァレット」モンスターを展開出来たり、墓地の自身を除外することで融合効果を持つ「ラピッド・トリガー」または儀式魔法カードである「ヘヴィ・トリガー」のサーチが出来るため「竜の霊廟」等でデッキから墓地へ送るのも一つの手です。

ヴァレルロード・R・ドラゴン
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「ヘヴィ・トリガー」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
その後、このカードまたは自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を選んで破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地の、
「ヴァレル」モンスターまたは「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、対象のモンスターを手札に加える。

「ヴァレルロード・R・ドラゴン」は儀式モンスター故に他の召喚方法よりも消耗が激くなりがちですが、自己サルベージが可能なため墓地肥やしを間接的なサーチとして使ったりも出来るため状況次第で戦法を切り替えていけます。

ヴァレルロード・X・ドラゴン

リンク4以上の「ヴァレル」モンスターはいずれも高い性能を誇っているので序盤ではリンク召喚をメインに出していくと、後の「ヴァレルロード・S・ドラゴン」「ヴァレルロード・X・ドラゴン」を活かしていけるでしょう。

新規カード「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を出すための具体的な展開例を紹介!!

ヴァレット・トレーサー

新規カード「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を出すための具体的な展開例を紹介します。

手札に「ヴァレルロード・R・ドラゴン」+「ヘヴィ・トリガー」

「デュアルウィール・ドラゴン」でサーチできるため「竜の霊廟」「おろかな埋葬」でも可)+「ヴァレット・トレーサー」3枚があれば出来るコンボです。

「ヴァレット・トレーサー」を通常召喚→

「ヴァレット・トレーサー」を素材に「ストライカー・ドラゴン」をリンク召喚→

リボルブート・セクター

「ストライカー・ドラゴン」のリンク召喚成功時の効果で「リボルブート・セクター」をサーチ→

「リボルブート・セクター」を発動→

「ストライカー・ドラゴン」の効果で自身を破壊して「ヴァレット・トレーサー」をサルベージ→

「リボルブート・セクター」の効果で手札の「ヴァレット・トレーサー」を特殊召喚→「ヴァレット・トレーサー」の効果で「リボルブート・セクター」を破壊してレベル4以上の「ヴァレット・ドラゴン」モンスター1体をリクルート→

ヘヴィ・トリガー
儀式魔法
「ヴァレルロード・R・ドラゴン」の降臨に必要。
(1):レベルの合計が8以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、
またはリリースの代わりに自分の手札・フィールドの「ヴァレット」モンスターを破壊し、
手札から「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されず、
EXデッキから特殊召喚されたモンスターが発動した効果を受けない。

「ヘヴィ・トリガー」を発動して自分フィールドの「ヴァレット・トレーサー」とレベル4以上の「ヴァレット・ドラゴン」モンスターを破壊して「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を儀式召喚→

エンドフェイズに破壊された「ヴァレット・ドラゴン」モンスターの効果で「ヴァレット・ドラゴン」モンスターをリクルート出来ます。

「ヴァレルロード・R・ドラゴン」+「ヴァレット・ドラゴン」モンスターが並ぶため、「ヴァレルロード・R・ドラゴン」の効果で相手の特殊召喚を無効にして破壊し、「ヴァレット・ドラゴン」モンスターを破壊すればエンドフェイズには再び後続を出せます。

「ヘヴィ・トリガー」の効果によって「ヴァレルロード・R・ドラゴン」はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに対する耐性を持つため場持ちも期待できます。

ドラゴン・目覚めの旋律

「儀式の下準備」「ドラゴン・目覚めの旋律」を使えば手札消費2枚から「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を儀式召喚することも狙えますが、デッキの安定力などを踏まえた上で採用を検討すると良いかと思います。

「ヴァレット」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!新規カードが登場し大幅強化!?まとめ!

バースト・オブ・デスティニーで看板テーマとなった新規「ヴァレット」テーマデッキの紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回はなるべくた新規「ヴァレット」モンスターを活かしたデッキ構築にしてきましたが、汎用性の高いドラゴン族やエクストラデッキのモンスターを少し変えてみることで、リンク召喚が行いやすくなったり、デッキの対応力をあげることも十分に可能なテーマです。

リボルバーのファンとしては、今回の「ヴァレット」テーマの強化は非常に嬉しいですが、必須カードである「ストライカー・ドラゴン」が7月現在、高額カードなのがネックではあります。

今回の強化を機に「ストライカー・ドラゴン」の再録、ストラクチャーデッキーリボルバーが再販してくれると個人的には更に嬉しい次第でございますね!

<a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1291426&amp;p_id=170&amp;pc_id=185&amp;pl_id=4062&amp;url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2FB08ZZJYVGS” rel=”nofollow” referrerpolicy=”no-referrer-when-downgrade”><img src=”https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/516UTvmvFiS._SL500_.jpg” alt=”” style=”border: none;” /><br />遊戯王OCG デュエルモンスターズ BURST OF DESTINY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1742</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1291426&amp;p_id=170&amp;pc_id=185&amp;pl_id=4062″ alt=”” width=”1″ height=”1″ style=”border: 0px;” />

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする