「ふわんだりぃず」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!ゆるふわだけどガチテーマ!?

2021717日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて新たに「ふわんだりぃず」テーマが登場します。

特殊召喚を行わず効果による追加召喚を駆使する鳥獣族テーマであり、その性能はパックの発売前から注目されています。

今回はそんな「ふわんだりぃず」デッキレシピや回し方などを紹介していきたいと思います。

「ふわんだりぃず」デッキレシピ2021の紹介!

モンスターカード

「ふわんだりぃず×ろびーな」×3

「ふわんだりぃず×いぐるん」×3

「ふわんだりぃず×すとりー」×1

「ふわんだりぃず×とっかん」×1

「ふわんだりぃず×えんぺん」×2

「ふわんだりぃず×すのーる」×1

「烈風帝ライザー」×1

「灰流うらら」×3

魔法カード

「ふわんだりぃずと謎の地図」×3

「ふわんだりぃずと未知の風」×2

「テラ・フォーミング」×1

「強欲で金満な壺」×3

「強欲で謙虚な壺」×3

「翼の恩返し」×1

「封印の黄金櫃」×1

「墓穴の指名者」×2

罠カード

「ふわんだりぃずと夢の町」×1

「ふわんだりぃずと怖い海」×1

「無限泡影」×3

「虚無空間」×1

「ハーピィの羽根吹雪」×3

エクストラデッキ

ランク1エクシーズや汎用リンクモンスター適宜(基本的には「強欲で金満な壺」で除外する用になるので出来るだけ多く採用すること)

「ふわんだりぃず」デッキの回し方を紹介!

デッキのコンセプトとしては、「ふわんだりぃず」の持つ追加召喚効果を活用していくことでモンスターを展開しビートダウンで勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピではデッキの回転力と安定力も重視した構築になっていますが、汎用罠カードやロック効果を持った罠カードを更に採用して相手の動きを制限することに重きを置いた構築にするのも有りです。

デッキの回し方ですが、まずはサーチ効果やドロー効果を使うことで欲しいカードを引き込んでいきます。

ふわんだりぃず×ろびーな
効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

ふわんだりぃず×いぐるん
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

「ふわんだりぃず」デッキのキーカード「ふわんだりぃず×ろびーな」「ふわんだりぃず×いぐるん」はそれぞれ召喚成功時に指定されたモンスターをサーチしつつも追加召喚が出来るため、デッキの展開力や回転力を支える重要な役割を担っています。

強欲で謙虚な壺

「ふわんだりぃず」下級モンスターは効果を発動するターン自分は特殊召喚行えないという制約が付くため、手札の良質化を図れる「強欲で謙虚な壺」は制約が重なるため気兼ねなく使えます。

加えて特殊召喚できない以上エクストラデッキのモンスターも使わないため、「強欲で金満な壺」1:2交換の優秀なドローソースとして機能します。

翼の恩返し

また鳥獣族モンスターを展開する特性から「翼の恩返し」も使いやすく、「ふわんだりぃず」下級モンスターは除外されている自身を手札に戻す効果もあるため「封印の黄金櫃」は疑似的なサーチ手段としても利用可能です。

ふわんだりぃずと謎の地図
フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、
見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。
その後、見せたモンスターを召喚する。
(2):相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。
自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

フィールド魔法「ふわんだりぃずと謎の地図」1の効果を使えば、実質的にデッキの「ふわんだりぃず」下級モンスター1体をサーチしつつ「ふわんだりぃず」下級モンスターを効果で召喚出来るため早めに発動しておくことでデッキの安定力が格段に上がります。

次に「ふわんだりぃず」下級モンスター等の追加召喚効果を使っていくことで「ふわんだりぃず」最上級モンスターをアドバンス召喚していきます。

ふわんだりぃず×えんぺん
効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札を1枚除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

「ふわんだりぃず×えんぺん」はアドバンス召喚成功時に「ふわんだりぃず」魔法・罠カードをサーチできるだけでなく、相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターの効果発動を封じる効果もあるため自分はアドバンテージを稼ぎながらも高い制圧力を発揮していけます。

ふわんだりぃず×すのーる
効果モンスター
星10/水属性/鳥獣族/攻2900/守 800
(1):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

「ふわんだりぃず×すのーる」は自分モンスター全てに貫通効果を付与できるだけでなく、相手ターン中にフリーチェーンで特殊召喚されたモンスター全てを裏側守備表示に出来ます。これにより相手が展開したモンスターをエクシーズ・シンクロ・リンク素材として使えなくし、自分のターンには貫通効果でダメージを与えていけます。

ふわんだりぃずと夢の町
通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、
このカードを除外して発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

「烈風帝ライザー」「ふわんだりぃず×いぐるん」のサーチ効果や「ふわんだりぃず」カードによる追加召喚に対応しており、「ふわんだりぃずと謎の地図」「ふわんだりぃずと夢の町」等と併せれば相手ターン中の妨害手段としても期待できます。

「ふわんだりぃず」下級モンスターはフィールドから離れた場合除外され、除外されている状態で鳥獣族モンスターが召喚された場合に自身を手札に戻せる共通効果を持っています。

これによりアドバンス召喚のためのリリースに使われた「ふわんだりぃず」下級モンスターは即座に手札に戻り、次のターン以降で繰り返し展開をしたり「ふわんだりぃず」最上級モンスターの手札コストとして活用していけます。

「ふわんだりぃず」下級モンスターを展開しアドバンテージ獲得→

「ふわんだりぃず」最上級モンスターをアドバンス召喚→

リリースされた「ふわんだりぃず」下級モンスターを手札に戻す

という流れを繰り返し行うことで実質的にカードをほとんど消費することなく戦っていけるのが「ふわんだりぃず」の最大の魅力とも言えます。

「ふわんだりぃず」デッキの展開例を紹介!!

具体的な展開例を1つ紹介します。

先攻1ターン目であることを前提とし、手札に「ふわんだりぃず×ろびーな」がある場合に出来るコンボです。

「ふわんだりぃず×ろびーな」を召喚→

「ふわんだりぃず×ろびーな」の召喚成功時の効果で「ふわんだりぃず×いぐるん」をサーチし追加召喚→

「ふわんだりぃず×いぐるん」の召喚成功時の効果で「ふわんだりぃず×えんぺん」をサーチして「ふわんだりぃず×ろびーな」「ふわんだりぃず×いぐるん」をリリースして「ふわんだりぃず×えんぺん」を追加アドバンス召喚→

「ふわんだりぃず×えんぺん」の効果で「ふわんだりぃずと夢の町」をサーチし、鳥獣族モンスターの召喚に成功したことでリリースされて除外された「ふわんだりぃず×ろびーな」「ふわんだりぃず×いぐるん」を手札に戻す→

「ふわんだりぃずと夢の町」をセットします。

次の相手ターン、「ふわんだりぃずと夢の町」を発動して手札の「ふわんだりぃず×ろびーな」を召喚→

ふわんだりぃず×とっかん
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守1300
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

「ふわんだりぃず×ろびーな」の召喚成功時の効果で「ふわんだりぃず×とっかん」をサーチして「ふわんだりぃず×いぐるん」を追加召喚→

「ふわんだりぃず×いぐるん」の召喚成功時の効果で「烈風帝ライザー」をサーチして「ふわんだりぃず×ろびーな」「ふわんだりぃず×いぐるん」をリリースして「烈風帝ライザー」をアドバンス召喚→

烈風帝ライザー

「烈風帝ライザー」の効果でバウンスし、 鳥獣族モンスターの召喚に成功したことでリリースされて除外された「ふわんだりぃず×ろびーな」「ふわんだりぃず×いぐるん」を手札に戻し、レベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功したことで「ふわんだりぃずと夢の町」2の効果を使えば相手モンスター全てを裏側守備表示することも出来ます。

手札消費1枚から始まったのにも関わらず、次の相手ターンには「烈風帝ライザー」+「ふわんだりぃず×えんぺん」をフィールドに並べつつも「ふわんだりぃず×ろびーな」「ふわんだりぃず×いぐるん」「ふわんだりぃず×とっかん」が手札にあるという圧倒的なアドバンテージを獲得しています。

・「烈風帝ライザー」でのフィールドと墓地から計3枚のバウンス

・「ふわんだりぃずと夢の町」での裏側守備表示化

・「ふわんだりぃず×えんぺん」で特殊召喚された攻撃表示モンスターの効果発動封じ

初期手札にあった残り4枚のことも考えれば相手の行動をこれでもかと妨害し、次の自分のターンには一方的に攻めていくことも狙えるでしょう。

まとめ!

2021717日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーで収録された新テーマである「ふぁんだりぃず」デッキレシピを今回当サイトからも紹介させていただきましたが、「ふぁんだりぃず」は基本、通常召喚だけで戦っていくデッキなので、特殊召喚メタを無理なく採用できる点などは非常に強力かと思います。

また、特殊召喚を行わない分、少ない消費で展開出来る安定性は「大会で環境に入るのではないか?」とも噂されており、今後大会で見かける機会が増えるかも知れないですね。

メタカードを無理なく、採用できるテーマなので、今後はメタビート軸の「ふぁんだりぃず」を大会で見かける機会が多いかも知れません。

大会環境でどこまで、通用するテーマなのかはまだ分かりませんが、イラストも可愛らしく、遊戯王テーマのゆるかわ枠なので、興味のある方は是非、デッキを組んでいただければと思います!!

「ふぁんだりぃず」と相性の良いカードの紹介はコチラ↓

2021年7月17日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーで登場する新規テーマ「ふわんだりぃず」の情報が公開されました。 ...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ BURST OF DESTINY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1742