新規「シャドール」デッキレシピの紹介!!リバース・オブ・シャドールで強化された「シャドール」の回し方を解説!!

ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールが発売し、「シャドール」テーマが強化されました。

そこで今回はリバース・オブ・シャドールに収録された新規カードを使った新たな「シャドール」デッキレシピを紹介していきたいと思います。

リバース・オブ・シャドールで大幅強化!!「シャドール」デッキレシピの紹介!!

モンスターカード

「聖なる影 ケイウス」×1

「影霊の翼 ウェンディ」×3

「影依の巫女 エリアル」×1

「シャドール・ファルコン」×1

「シャドール・ヘッジホッグ」×2

「シャドール・リザード」×2

「シャドール・ドラゴン」×2

「シャドール・ビースト」×2

「シャドール・ハウンド」×1

「マスマティシャン」×1

「ウィッチクラフトゴーレム・アルル」×1

「ダイナレスラー・パンクラトプス」×1

「機巧蹄-天迦久御雷」×1

「増殖するG×2

魔法カード

「影依融合」×2

「神の写し身との接触」×3

「超融合」×2

「簡易融合」×1

「緊急テレポート」×2

「おろかな埋葬」×1

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「影光の聖選士」×2

「影依の原核」×2

「堕ち影の蠢き」×2

エクストラデッキ

「シャドール・ネフィリム」×1

「グラビティ・コントローラー」×1

「クロシープ」×1

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」×1

「エルシャドール・アプカローネ」×2

「エルシャドール・エグリスタ」×1

「エルシャドール・シェキナーガ」×2

「エルシャドール・ネフィリム」×2

「エルシャドール・ミドラーシュ」×3

「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」×1

スポンサーリンク

新規カードで強化された「シャドール」デッキレシピの回し方と戦術例を紹介!!

影依融合

デッキの回し方ですが、まずは融合召喚に必要なカードを集めていきます。

「影依融合」は状況次第でデッキから融合素材を選ぶことが出来るため、デッキの「シャドール」モンスター2体を融合素材にすればそれらの墓地で発動する効果も含めて大きなアドバンテージを稼ぐことが出来ます。

神の写し身との接触

以上のことから基本的には「影依融合」を使っていくことでアドバンテージの獲得をしつつ有利な盤面構築を狙えるのですが、速攻魔法であるゆえに使い勝手のいい「神の写し身との接触」や相手モンスターも融合素材に出来る「超融合」も適材適所で使っていくと良いでしょう。

「影依融合」等をサーチする手段としては「シャドール・ヘッジホッグ」のリバース効果などがありますが、ほとんどの「シャドール」融合モンスターが持つサルベージ効果を狙って「シャドール・リザード」で墓地に送っておくという手もありです。

エルシャドール・アプカローネ

手札に他の「シャドール」カードが必要ではありますが、「エルシャドール・アプカローネ」の墓地へ送られた場合の効果を使えば「影依融合」のサーチも可能です。

「シャドール」テーマでは「シャドール・ネフィリム」を使って融合召喚するという方法もあり、召喚条件はリバースモンスター2体という重めの縛りではありますが自身の効果により再利用が可能なので序盤でリンク召喚を狙っておく価値はあります。

影霊の翼 ウェンディ

とはいえ「シャドール」テーマ自体はそこまで展開力が高いわけではないので、2種類のリクルート効果を持つ新規カードの「影霊の翼 ウェンディ」を積極的に使っていくと良いでしょう。

また「影霊の翼 ウェンディ」はサイキック族ということを利用して「緊急テレポート」によるリクルートが可能ですので、手札に「緊急テレポート」「シャドール」モンスターがいれば「シャドール・ネフィリム」のリンク召喚を狙うことが出来ます。

新規カードを絡めた「シャドール」の戦術例を紹介!

緊急テレポート

新規カードを含めた戦術例をいくつか紹介します。

手札に「緊急テレポート」+「シャドール・リザード」+レベル4以下の「シャドール」モンスターの計3枚がある場合に出来るコンボです。

「緊急テレポート」を発動して「影霊の翼 ウェンディ」をリクルート→

レベル4以下の「シャドール」モンスターを通常召喚して「影霊の翼 ウェンディ」2体で「シャドール・ネフィリム」をリンク召喚→

「シャドール・ネフィリム」の効果で自身と手札の「シャドール・リザード」を素材に「エルシャドール・ミドラーシュ」を融合召喚→

「シャドール・リザード」の効果で「シャドール・ファルコン」を墓地へ送る→

「シャドール・ファルコン」の効果で裏側守備表示で自己蘇生が出来ます。

「エルシャドール・ミドラーシュ」の特殊召喚回数制限によってロックをかけつつ、仮に突破されても「シャドール・ファルコン」のリバース効果で「影霊の翼 ウェンディ」を裏側守備で蘇生→

「影霊の翼 ウェンディ」のリバース効果で「シャドール」モンスター1体リクルート(「影依融合」のサーチを考えれば「シャドール・ヘッジホッグ」が無難)

リクルートした「シャドール」モンスターのリバース効果……といった流れがありますのである程度までの状況なら耐え切って次の自分のターンでの切り返しを狙えます。

「マスマティシャン」+「影依融合」の2枚で出来るコンボ

影依融合

手札に「マスマティシャン」「影依融合」(「神の写し身との接触」でも可)2枚がある場合に出来るコンボです。

「マスマティシャン」を召喚しその効果により「影霊の翼 ウェンディ」を墓地へ送る→

「影霊の翼 ウェンディ」の効果で「シャドール・ヘッジホッグ」を裏側守備表示でリクルート→

「影依融合」を発動し「マスマティシャン」「シャドール・ヘッジホッグ」2体で「エルシャドール・シェキナーガ」を融合召喚→

「シャドール・ヘッジホッグ」の効果で自身と同名以外の「シャドール」モンスターをサーチが出来ます。

エルシャドール・シェキナーガ

「エルシャドール・シェキナーガ」は特殊召喚されたモンスターの効果発動を無効にして破壊できる上にステータスも高いため制圧力として期待できます。

またその効果により手札の「シャドール」カードを墓地へ送るため、「シャドール・ヘッジホッグ」でサーチした「シャドール」モンスターを手札から墓地へ送って効果発動を狙っていけます。

サーチした「シャドール」モンスター次第では様々な運用が狙える上に、「エルシャドール・シェキナーガ」が突破されても除外やバウンスでなければ墓地で発動する効果によって「影依融合」のサルベージをして切り返しの準備も出来ます。

どちらのコンボも先攻1ターン目であることを前提としていますが、後攻以降であれば「エルシャドール・ネフィリム」で墓地肥やし効果を使ってアドバンテージを稼ぎつつ攻勢に出たりと運用は変わってきます。

ストラク投票1位だった「シャドール」について!!まとめ!!

知っている人も多いかと思いますが、今回「シャドール」がストラクチャーデッキ化したのは以前行われた投票で見事1位に輝いたことが理由です。

投票で1位だったおかげなのか、これまでのように新規カード数枚の追加だけでなく「エルシャドール・ネフィリム」「エルシャドール・ミドラーシュ」が新規イラストになったり、エクストラデッキ含めテーマカードのほぼ全てが再録されていたりと非常にお得なストラクチャーデッキとなっています。

新規カードは性能もイラストアドも高いためファンにとって嬉しいストラクチャーデッキであるのはもちろんのこと、これまであまり興味を持っていなかった人も関心を抱くきっかけになったのではないかと思います。

またコチラではストラク3箱で作れる「シャドール」デッキレシピの紹介を行っております!

ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールが発売しました。 ストラクチャーデッキテーマ投票で見事1位に輝いた「シャドール...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドール