【ドラグマシャドール】デッキレシピを紹介!回し方や戦術は?

基本パックのライズ・オブ・ザ・デュエリストで登場した新規テーマ「ドラグマ」ですが、同パックで新規カードによって強化された「シャドール」テーマとの相性が注目されています。

そこで今回は話題の【ドラグマシャドール】デッキについて紹介していきます。

スポンサーリンク

今話題!?【ドラグマシャドール】のデッキレシピを当サイトから紹介!!

モンスターカード

「教導の聖女エクレシア」×3

「教導の騎士フルルドリス」×2

「教導の大神祇官(正確には祇の部首が「示」ではなく「ネ」)」×2

「シャドール・ヘッジホッグ」×3

「シャドール・リザード」×2

「シャドール・ドラゴン」×1

「シャドール・ビースト」×2

「影霊の翼 ウェンディ」×2

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

魔法カード

「天底の使徒」×3

「影依融合」×2

「神の写し身との接触」×2

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×3

「超融合」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

「サンダー・ボルト」×1

罠カード

「影依の偽典」×1

「無限泡影」×2

エクストラデッキ

「旧神ヌトス」×2

「エルシャドール・ネフェリム」×2

「エルシャドール・アプカローネ」×2

「エルシャドール・シェキナーガ」×1

「エルシャドール・ミドラーシュ」×2

「エルシャドール・エグリスタ」×1

「捕食植物キメラフレシア」×1

「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」×1

「転生炎獣アルミラージ」×1

「セキュア・ガードナー」×1

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」×1

スポンサーリンク

【ドラグマシャドール】の回し方と戦術は?

エルシャドール・ネフィリム

「ドラグマ」テーマの最大の特徴はエクストラデッキからモンスターを墓地へ送ることが容易なことです。

そんな「ドラグマ」の特徴を「シャドール」テーマの融合モンスターが共通で持つ墓地へ送られた場合に発動する効果のトリガーに使うというのが主な組み合わせ方になっています。

教導の聖女エクレシア

デッキを運用していく上で注意しなければならない点として、「ドラグマ」カードを有効に使うためのパーツである「天底の使徒」「教導の聖女エクレシア」には発動後そのターン中自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できなくなるという制約があるので、そのターン中に融合召喚をしたい場合は融合召喚を先にしてからそれらを使った方が良いです。

デッキの回し方ですが、「シャドール」テーマが持つ元々の特徴であるリバース効果と効果によって墓地に送られた場合の効果でデッキを回していきながらも「ドラグマ」関連カードを使ってより強固な盤面や相手ターン中の妨害を図っていきます。

「影依融合」の持つデッキ融合効果は変わらず強力であり、「ドラグマ」モンスターが共通で光属性なので、アドバンテージを稼ぎやすい「エルシャドール・ネフェリム」の融合召喚も容易なのは素直に有難いです。

「ドラグマ」と「シャドール」を合わせたギミックを2つ紹介!

教導の大神祇官

「ドラグマ」「シャドール」を合わせた具体的な戦術的ギミックを2つ紹介します。

まず1「教導の大神祇官」によるエクストラデッキからの墓地肥やしでアドバンテージを稼ぐ手段です。

手札に「教導の大神祇官」(「教導の大神祇官」をサーチできる「天底の使徒」か「教導の聖女エクレシア」でも可)通常召喚可能な攻撃力1000以下のモンスター手札誘発モンスターや「シャドール・ヘッジホッグ」で可なので今回は「シャドール・ヘッジホッグ」とします)ギミック中に捨てる用の手札の3がある場合に出来るギミックです。

シャドール・ヘッジホッグ

「シャドール・ヘッジホッグ」を通常召喚→

「シャドール・ヘッジホッグ」を素材に「転生炎獣アルミラージ」をリンク召喚→

セキュア・ガードナー

「転生炎獣アルミラージ」を素材に「セキュア・ガードナー」をリンク召喚→

墓地の「転生炎獣アルミラージ」を除外することで「教導の大神祇官」を特殊召喚→

エルシャドール・アプカローネ

「教導の大神祇官」の効果によりエクストラデッキから「エルシャドール・アプカローネ」もう1体を墓地へ送る「エルシャドール・アプカローネ」の効果によりデッキから「影依の偽典」をサーチしそれ以外の手札のカード1枚を捨てる→

「影依の偽典」をセット出来ます。

これで準備は完了で、次の相手ターンには「影依の偽典」による融合召喚を狙えます。

何を融合召喚できるかは初手でギミックを使ったのなら「エルシャドール・アプカローネ」と一緒に墓地へ送ったモンスターによって大分幅が変わってきますが、闇属性以外の「シャドール」融合モンスターを墓地に送ったなら2体目の「エルシャドール・アプカローネ」の融合召喚が出来ます。

影依の偽典

「影依の偽典」「エルシャドール・アプカローネ」を出せれば実質フリーチェーンで相手フィールドのカード1枚の効果を無効化できるため妨害としても有効です。

またこのギミックを使ったのが後攻であったのなら「エルシャドール・アプカローネ」と一緒に「旧神ヌトス」を墓地へ送れば相手フィールドのカードを除去することも狙えます。

またギミックの途中で「エルシャドール・アプカローネ」の効果で手札から捨てるカードに「シャドール」モンスターを選べば更なるアドバンテージの獲得も狙えるでしょう。

天底の使徒

2つ目のギミックですが、手札に「天底の使徒」+「シャドール」モンスター(「シャドール・ヘッジホッグ」「シャドール・リザード」「影霊の翼 ウェンディ」のいずれかであればどれでも可。今回は「影霊の翼 ウェンディ」とします)2枚がある場合に出来るギミックです。

「天底の使徒」を発動し「エルシャドール・アプカローネ」を墓地へ送り「教導の聖女エクレシア」をサーチ→

影霊の翼 ウェンディ

墓地へ送られた「エルシャドール・アプカローネ」の効果で「神の写し身との接触」をサーチして手札の「影霊の翼 ウェンディ」を捨てる→

「影霊の翼 ウェンディ」の効果により任意の「シャドール」モンスターをデッキからセット→

「教導の聖女エクレシア」を通常召喚してその効果により「教導の大神祇官」をサーチ→「神の写し身との接触」をセットが出来ます。

これで相手ターン中に「神の写し身との接触」によって「エルシャドール・ネフィリム」の融合召喚を狙えます。

エルシャドール・ネフィリム

「エルシャドール・ネフェリム」の墓地肥やし効果で何を送るかは自由ですので、「シャドール」モンスターを墓地へ送ってアドバンテージを稼いだり、「エルシャドール・ネフィリム」のサルベージ効果を見越して「影依の偽典」を墓地に送っておくのも手でしょう。

スポンサーリンク

【ドラグマシャドール】についてのまとめ!

「シャドール」デッキは融合モンスターが特殊召喚メタな効果を持っていることやサルベージ効果によって繰り返し融合召喚を出来るため長期戦に強い面があります。

それが今回の新規カード「影依の偽典」によって相手ターン中に墓地リソースの損失だけで融合召喚ができるようになり、「エルシャドール・アプカローネ」等と併せることで相手ターン中の妨害という面でも強化されました。

その反面、展開力がそこまで高くない上に融合モンスターも火力特化な性能ではないため相手が初手で高いステータスと強固な耐性を持つモンスターを出してきた際には切り返しが難しかったり一度「灰流うらら」等でコンボを止められると無防備な盤面を晒してしまいかねないという欠点もありました。

そんな「シャドール」デッキ「ドラグマ」の要素を合わせることで、アドバンテージ獲得能力の向上や相手カードの除去しやすさが上がるので弱点を補う形で強化がされます。

また種族が魔法使い族で同じという共通点もあるので、「シャドール」「ドラグマ」はある程度の自由度もある良い組み合わせかと思います。

関連記事はコチラ!

2020年4月18日発売予定の基本パック、ライズ・オブ・ザ・デュエリストで登場する新テーマ「ドラグマ」の関連カードの詳細が判明しました。 ...
ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールが発売し、「シャドール」テーマが強化されました。 そこで今回はリバース・オブ・...
ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールが発売しました。 ストラクチャーデッキテーマ投票で見事1位に輝いた「シャドール...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする