【ドール・モンスター】デッキの特徴と相性の良いカードを紹介!漫画版ゼアルからコロンの使用カードがOCG化!

20201214日~1220に受注受付が行われる完全受注販売のプレミアムパック2021にて、新たなカテゴリとして「ドール・モンスター」が登場することが判明しました。

「ドール・モンスター」は漫画版遊戯王ZEXALに登場したコロンの使用していたカード群であり、使用カードの「おもちゃ箱」No.22 不乱健」、キャラクター自身である「プリンセス・コロン」は既にカード化していました。

そこで今回は「ドール・モンスター」の特徴相性の良いカードを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【ドール・モンスター】の特徴を紹介!


「ドール・モンスター」と名の付くモンスターはレベル4・攻守0の通常モンスター2種類がいます。

デメット爺さん
効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「プリンセス・コロン」のX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地から攻撃力か守備力が0の通常モンスターを2体まで選び、
闇属性・レベル8モンスターとして守備表示で特殊召喚する。
(2):自分のXモンスターが、X素材としている通常モンスターを取り除いて効果を発動した場合、
そのXモンスター1体と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを破壊し、対象のXモンスターのランク×300ダメージを相手に与える。

人形の幸福
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「デメット爺さん」または「おもちゃ箱」1体を手札に加える。
(2):自分フィールドに「プリンセス・コロン」が存在する限り、
相手は攻撃力か守備力が0のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
デッキから「ドール・モンスター」カード1枚を墓地へ送る。
このターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

「ドール・モンスター」関連カードとして効果モンスターである「デメット爺さん」と、永続魔法カードの「人形の幸福」も本パックに同時収録されます。

「ドール・モンスター」2種は「おもちゃ箱」の効果の恩恵を受けられ、「おもちゃ箱」のレベルと攻守は「デメット爺さん」と同じであるためサポートカードを共有しやすくなっています。

おもちゃ箱

キーカードとなる「人形の幸福」「おもちゃ箱」「デメット爺さん」をサーチできるだけでなく、「おもちゃ箱」を能動的に破壊できる効果を持っているため非常に優秀な性能となっています。

宵星の機神ディンギルス

「おもちゃ箱」の効果でリクルートした通常モンスター2体でエクシーズ召喚を狙え、ランク4「プリンセス・コロン」「デメット爺さん」1の効果を合わせればランク8のエクシーズ召喚を狙うことも出来ます。

加えてランク8エクシーズモンスターの効果に対して「デメット爺さん」2の効果も利用することが出来れば相手モンスター1体を破壊しつつ相手に2400もの効果ダメージを与えられます。

「おもちゃ箱」のリクルート先は攻撃力または守備力が0の通常モンスターですので、「ドール・モンスター」2種だけでなく該当する通常モンスターも併せて利用することが出来るでしょう。

「ドール・モンスター」関連の理想的な動き方としては、手札に「人形の幸福」「デメット爺さん」あるいは「おもちゃ箱」のどちらかがあれば出来る運用があります。

ここで紹介するのは「人形の幸福」+「デメット爺さん」の場合とさせていただきます。

「人形の幸福」1の効果で「おもちゃ箱」をサーチ→

「人形の幸福」3の効果で手札の「おもちゃ箱」を破壊してデッキの「ドール・モンスター」1体を墓地へ送る→

破壊された「おもちゃ箱」の効果で「ドール・モンスター」2(攻撃力または守備力が0の通常モンスターなら他の物でも可)をリクルート→

プリンセス・コロン

「ドール・モンスター」2体で「プリンセス・コロン」をエクシーズ召喚しその効果で墓地の「おもちゃ箱」を蘇生→

「デメット爺さん」を通常召喚して1の効果を使って「プリンセス・コロン」のエクシーズ素材を1つ取り除いて墓地の「ドール・モンスター」2体を闇属性・レベル8として蘇生→

No.22 不乱健

蘇生した「ドール・モンスター」2体を使ってNo.22 不乱健」(汎用ランク8エクシーズでも可)が出来ます。

「人形の幸福」2の効果で「おもちゃ箱」「デメット爺さん」は攻撃対象から守られることに加えて「プリンセス・コロン」自身の効果もあるため、相手の攻撃対象はNo.22 不乱健」ないしランク8エクシーズモンスターに集中することになる点は覚えておくと良いでしょう。

神竜騎士フェルグラント

また出したランク8エクシーズがフリーチェーンで効果を使える「神竜騎士フェルグラント」等であれば、「デメット爺さん」2の効果と併せて自分のターンと相手のターンで1度ずつ相手モンスターをフリーチェーンで破壊しつつ2400ダメージを与えられます。

No.97 龍影神ドラッグラビオン

他にもNo.97 龍影神ドラッグラビオン」からNo.100 ヌメロン・ドラゴン」へ繋げて「デメット爺さん」2400ダメージを与えた後で攻撃力13000で攻撃してワンターンキルを狙ったりも可能です。

【ドール・モンスター】と相性の良いカードを紹介!

次は「ドール・モンスター」と相性の良いカードをいくつか紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

「レスキューラビット」

レスキューラビット

「おもちゃ箱」とは別に通常モンスターを展開する手段として使えます。

展開した通常モンスターは汎用ランクエクシーズに繋げるのも良いですし、既に墓地に「おもちゃ箱」があるなら「プリンセス・コロン」をエクシーズ召喚して蘇生を狙うのも有りです。

「おもちゃ箱」がカード名の異なるモンスター2体をリクルートするのに対し、こちらは同名モンスター2体をリクルートするという違いには要注意です。

「ラブラドライドラゴン」

ラブラドライドラゴン

「おもちゃ箱」のリクルート効果にはレベル指定が無いため、レベル6「ラブラドライドラゴン」もリクルートが可能です。

「ラブラドライドラゴン」はチューナーであるため、「人形の幸福」の制約と衝突しますがシンクロ召喚を狙えるようにもなります。

同じく「おもちゃ箱」でリクルートが可能なレベル6モンスターであるPSYフレーム・ドライバー」も併せればランク6エクシーズが狙えるためデッキを作る際には検討しても良いかと思います。

「予想GUY

予想GUY

レベル4以下の通常モンスターをリクルート出来るため、展開手段の一つとして有用です。

「ドール・モンスター」関連のデッキを作る場合は通常モンスターをある程度採用しなくてはならないことから事故率が懸念されるため、このカード等の展開手段を用意しておけば「人形の幸福」等が来ていなくても、汎用ランク4エクシーズなどで戦線を構築することが出来ます。

「ワンチャン!?」

ワンチャン!?

レベル1モンスターが存在する場合にレベル1モンスター1体をサーチ出来ます。

「おもちゃ箱」「デメット爺さん」は共にレベルが1ですので、このカードで手札に引き込むことが出来ます。

エンドフェイズに2000のダメージを受けますが、手札に「人形の幸福」「ワンチャン!?」2枚からでも先述した理想的な運用に繋げることが可能です。

まとめ!

プレミアムパック2021で「ドール・モンスター」と「プリンセス・コロン」に関するサポートカードがでたおかげで、ランク4とランク8のモンスターを展開することができる「ドール・モンスター」デッキを組むことができる様になりました。

「ドール・モンスター」関連のカードは数こそ少ないものの、デッキを組むとなれば、逆にデッキのスロットが空くので汎用カードを入れやすいのが利点であります。

他にも混合出来そうなテーマはあるのでは無いかと個人的には考えている次第です。

漫画版のカードではあるものの、漫画ファンの方であれば、是非組んでみたいデッキなのでは無いかと感じますし、私自身デッキを組む予定です(笑)

コチラでは当サイトで組んだ「ドール・モンスター」デッキレシピの紹介を行っております↓

プレミアムパック2021にて、「ドール・モンスター」カードが新たに登場しました。 「ドール・モンスター」は漫画版遊戯王ZEXA...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする