【セリオンズデッキレシピ2022の回し方・展開例】を紹介!今後需要が高まるテーマかも!?

2022115日に発売した基本パック ディメンション・フォースでは「セリオンズ」テーマが登場しました

そこで今回は「セリオンズ」デッキレシピやその回し方などについて紹介していきたいと思います。

「セリオンズ」デッキレシピ2022の紹介!

モンスターカード

「セリオンズ“ブルズ”アイン」×1

「セリオンズ“リーパー”ファム」×2

「セリオンズ“デューク”ユール」×2

「セリオンズ“リリー”ボレア」×3

「セリオンズ“キング”レギュラス」×3

「ローンファイア・ブロッサム」×2

「惑星探査車」×3

「灰流うらら」×3

「増殖するG×2

魔法カード

「円盤闘技場セリオンズ・リング」×3

「無尽機関アルギロ・システム」×3

「セリオンズ・チャージ」×3

「テラ・フォーミング」×1

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×2

「抹殺の指名者」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「セリオンズ・クロス」×3

「セリオンズ・スタンダップ」×1

エクストラデッキ

汎用ランク78エクシーズモンスターや汎用リンクモンスターを適宜

「セリオンズ」デッキの回し方・展開例を紹介!


デッキのコンセプトとしては、「セリオンズ」モンスターを展開しながらも自身や装備モンスターによって付与された効果を駆使しながらも高い打点で戦っていくというものです。

今回紹介したデッキレシピではメインである「セリオンズ」を活用するために「セリオンズ」カードを出来るだけ多く採用し、エクストラデッキにもあまり頼らない構築にしました。

しかし「セリオンズ」カードには制約が付くものも特に無く、墓地さえ用意できれば召喚権を使用せずにモンスターを展開できることから、「勇者トークン」等の出張セットを併せたり他テーマと混合構築にしたりと様々な工夫が可能です。

デッキの回し方ですが、まずは「セリオンズ」モンスターを展開するための準備を整えていきます。

「セリオンズ」モンスターの持つ共通の自己特殊召喚効果を簡潔に言うなら、

自身を特殊召喚して「セリオンズ」モンスターまたは自身と同じ種族のモンスター1体を装備する

というかなりシンプルなものです。

つまり「セリオンズ」モンスターを墓地に送れさえすれば、それだけで手札の「セリオンズ」モンスターの自己特殊召喚効果を使うための条件が整うことになります。

無尽機関アルギロ・システム

ですので準備と言っても「セリオンズ」モンスターを墓地に送るだけですので、「セリオンズ・チャージ」で手札の「セリオンズ」モンスターをコストにして手札交換をしたり、「無尽機関アルギロ・システム」「おろかな埋葬」で墓地肥やしをすればその後の展開に使いたい「セリオンズ」モンスターの用意も同時に出来ます。

準備が出来たら「セリオンズ」モンスターを展開していきます。

手札の「セリオンズ」モンスターを共通の自己特殊召喚効果で特殊召喚し、墓地から装備したのが「セリオンズ」モンスターであればそちらの効果によって攻撃力アップと効果付与がされます。

元々持っている固有効果に加えて装備モンスターの固有効果も使えるようになるため、好きな方を選んで使っていくことで相手のカードを除去したり更なるアドバンテージを稼いだりしていけます。

その際、「セリオンズ」モンスターの固有効果にはカード名ターン1指定があり、この回数指定には装備カードとして付与した効果が使用された場合も含まれるという注意点があります。

例えば

「セリオンズ」モンスターAが装備している「セリオンズ」モンスターBによって付与された固有効果を使用した場合には、効果を発動したのは「セリオンズ」モンスターAであっても「セリオンズ」モンスターBの固有効果を使用したことになるため、その後2体目の「セリオンズ」モンスターBをフィールドに出したとしても「セリオンズ」モンスターBは同じターン中には固有効果を使用することができない

ということです。

セリオンズ“リリー”ボレア

サーチ効果を持つ「セリオンズ“リリー”ボレア」は特に有用で、更なるサーチでデッキを回せる「円盤闘技場セリオンズ・リング」や制圧力向上のために使える「セリオンズ・クロス」を引き込めます。

「セリオンズ」デッキのエースモンスターである「セリオンズ“キング”レギュラス」は万能に使える制圧力を持つ上に元々の攻撃力が最も高いためアタッカーとしても活躍してくれます。

展開した「セリオンズ」モンスターで強力な盤面を構築したり、除去効果を使った後に攻撃したりなどしていくことでデュエルを有利に進められるでしょう。

「セリオンズ」デッキの展開例を紹介!

惑星探査車

具体的な展開例を1つ紹介します。

先攻1ターン目を前提とし、手札に「無尽機関アルギロ・システム」+「惑星探査車」+「セリオンズ」モンスター3枚がある場合に出来るコンボです。

「無尽機関アルギロ・システム」を発動してデッキから「セリオンズ“リリー”ボレア」を墓地へ送る→

「惑星探査車」を通常召喚→

円盤闘技場セリオンズ・リング

「惑星探査車」の効果で自身をコストに「円盤闘技場セリオンズ・リング」をサーチ→

セリオンズ“キング”レギュラス

「円盤闘技場セリオンズ・リング」を発動し、発動時の効果処理で「セリオンズ“キング”レギュラス」をサーチ→

「セリオンズ“キング”レギュラス」の効果で手札から自己特殊召喚して墓地の「セリオンズ“リリー”ボレア」を装備→

セリオンズ・クロス

装備された「セリオンズ“リリー”ボレア」に付与された効果を使うことで、「セリオンズ“リリー”ボレア」をコストに「セリオンズ・クロス」をサーチ→

「セリオンズ・クロス」をセット→

「セリオンズ」モンスターの効果で手札から自己特殊召喚して墓地の「セリオンズ“リリー”ボレア」を装備できます。

結果的に

「セリオンズ“キング”レギュラス」+「セリオンズ“リリー”ボレア」を装備した「セリオンズ」モンスターを並べられ、「円盤闘技場セリオンズ・リング」が発動されており「セリオンズ・クロス」がセット

されています。

「セリオンズ“キング”レギュラス」の効果と「セリオンズ・クロス」の効果で制圧力を発揮できますし、「セリオンズ・クロス」は墓地に「無尽機関アルギロ・システム」があることで両方の効果を選択できるため強力です。

セリオンズ“リーパー”ファム

初期手札の「セリオンズ」モンスターが「セリオンズ“キング”レギュラス」だった場合には、「円盤闘技場セリオンズ・リング」でサーチするのを「セリオンズ“キング”レギュラス」以外の「セリオンズ」モンスター(「セリオンズ“リーパー”ファム」がお勧め)にすれば問題なく上記と同じ最終盤面を作れるでしょう。

セリオンズ“デューク”ユール

初期手札の「セリオンズ」モンスターが「セリオンズ“リーパー”ファム」であればバウンス効果によって更に盤面の制圧力を上がりますし、「セリオンズ“デューク”ユール」であれば効果破壊耐性付与により場持ちを上げられます。

まとめ!

「セリオンズ」テーマデッキの紹介を行なってきましたが、今回の構築は純構築で紹介させていただきましたが、効果自体は非常に優秀で、召喚権を使わないテーマの上に種族に関連した効果を持っているので、使いやすい「セリオンズ」モンスターを軸にして、デッキを改造してみるのもいいでしょう。

非常に効果がシンプルなテーマデッキなので、比較的初心者や復帰組でも使いやすいテーマかと思います。

今後も新規カードが期待できるテーマなので、気になる方は組んでおいて損のないテーマデッキなのではと思います!!

「セリオンズ」テーマデッキと相性の良いカードの紹介はコチラ↓


遊戯王OCGデュエルモンスターズ HISTORY ARCHIVE COLLECTION BOX CG1782


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ DIMENSION FORCE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1779


遊戯王OCGデュエルモンスターズ デッキビルドパック タクティカル・マスターズ BOX CG1787

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする