「ライゼオル」と相性の良いカード7選!【遊戯王OCG】

2024年8月24日に発売予定のデッキビルドパック クロスオーバー・ブレイカーズにて登場する新規テーマの内の1種「ライゼオル」の情報が判明しました。

「ライゼオル」は光属性・炎族と炎属性・雷族のレベル・ランクが4のモンスターを活用するのが特徴のテーマです。

「ライゼオル」テーマと相性の良いカードを紹介していきます。

▼今回紹介するカードを探す▼

「ライゼオル」と相性の良いカード7選!

「幸魂」

幸魂

スピリット・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 400/守 900
このカードは特殊召喚できない。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
手札のスピリットモンスター1体の召喚を行う。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを手札に戻す。
(3):このカードがリリースされた場合、自分の墓地のスピリットモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを手札に加える。

1の効果で公開した自身を召喚すれば簡単に出せるレベル4モンスターとして使えるため、「ライゼオル・デュオドライブ」を筆頭にしたランク4エクシーズの素材として利用できます。

このカードの展開は効果による召喚であり特殊召喚ではないため、相手が「増殖するG」を使った場合など特殊召喚する回数を最低限に抑えたい際にも役立つ点が優秀です。

このカード単体でもランク4エクシーズの素材確保としては十分機能しますが、このカードのサーチが可能な「荒魂」とセットで採用することも検討できるでしょう。

「ライトロード・ビースト ウォルフ」

ライトロード・ビースト ウォルフ

特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻2100/守 300
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがデッキから墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。

デッキから墓地へ送られた場合に自己蘇生する効果を持つ「ライトロード」モンスターであるため、デッキからレベル4モンスターを墓地へ送って自己強化できる「パルマ・ライゼオル」と相性が良いです。

「パルマ・ライゼオル」効果でこのカードを墓地へ送れば2100の強化により攻撃力3300にもなるだけでなく、このカードが自己蘇生することで追撃も狙えます。

メインフェイズ2には並んだこれらで、ランク4エクシーズに繋ぐことも狙えます。

ただしこのカードはカードの効果でのみ特殊召喚できる特殊召喚モンスターであるため、手札に来た場合には「アイス・ライゼオル」を自己特殊召喚する際や「ノード・ライゼオル」の蘇生効果を使う際の墓地へ送るカードに充てるのも良いでしょう。

「クロノダイバー・リダン」

クロノダイバー・リダン

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイキック族/攻2400/守2000
レベル4モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
相手のデッキの一番上のカードをこのカードのX素材とする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。
その後、その種類によ以下の効果適用する。
●モンスター:このカードをエンドフェイズまで除外する。
●魔法:自分は1枚ドローする。
●罠:相手フィールドの表側表示カード1枚をデッキの一番上に戻す。

汎用ランク4エクシーズであり、2の効果はエクシーズ素材のカード種類に応じて使える効果が変わるのが大きな特徴です。

「ライゼオル」には「ライゼオル・プラグイン」「ライゼオル・ホールスラスター」など任意の「ライゼオル」カードを自分フィールドのランク4エクシーズモンスターのエクシーズ素材にする効果があるため、このカードに魔法・罠カードのエクシーズ素材を補給するためにも利用できます。

このカードはクロスオーバー・ブレイカーズに再録されることが既に判明しているため、持っていないという人も「ライゼオル」テーマカードと合わせて入手することが狙えるでしょう。

「No.41 泥睡魔獣バグースカ」

No.41 泥睡魔獣バグースカ

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/悪魔族/攻2100/守2000
レベル4モンスター×2
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎にこのカードのX素材を1つ取り除く。
取り除けない場合、このカードを破壊する。
(1):このカードがモンスターゾーンに攻撃表示で存在する限り、
このカードは相手の効果では破壊されず、相手はこのカードを効果の対象にできない。
(2):このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、
フィールドの表側表示モンスターは守備表示になり、守備表示モンスターが発動した効果は無効化される。

汎用ランク4エクシーズであり

  • 攻撃表示の場合は耐性
  • 守備表示の場合はロック効果

を発揮するのが最大の特徴です。

自分も影響を受けてしまうことには注意が必要です。「ライゼオル」はランク4エクシーズに特化しているため、相手の妨害によって自分が理想的な展開をできなかったという場合でも、レベル4モンスター2体さえ用意できたならこのカードを出すことで制圧を行えます。

モンスター効果を駆使する昨今においてこのカードのロック効果は強力です。

守備表示化の強制により防御も出来るため、状況次第では自分がピンチに陥った際の時間稼ぎ役としても機能してくれるでしょう。

「メレオロジック・アグリゲーター」

メレオロジック・アグリゲーター

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/サイバース族/攻2600/守3000
レベル9モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがX召喚した場合に発動できる。
EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードのX素材の数まで自分の墓地のモンスターを対象として発動できる。
対象のモンスターの数だけこのカードのX素材を取り除き、対象のモンスターをこのカードのX素材とする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。

墓地へ送られた場合に無効化効果を使えるため、「エクス・ライゼオル」でエクストラデッキから墓地へ送るカードにこのカードを選べば、フィールドの表側表示カー1枚の効果を無効化をしつつ展開することが狙えます。

またこのカードの3の効果はどこから墓地へ送られても使えるため、「ライゼオル・デッドネーダー」1の効果で墓地のこのカードをエクシーズ素材にしておき、「ライゼオル・デッドネーダー」の2や3の効果でエクシーズ素材のこのカードを取り除けば、+αで無効化を行うことも狙えます。

「篝火」

篝火

通常魔法(準制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからレベル4以下の炎族モンスター1体を手札に加える。

「ライゼオル」モンスターの内「アイス・ライゼオル」「エクス・ライゼオル」はこのカードのサーチに対応しているため、デッキの安定力を上げるサーチ札として利用できます。

「アイス・ライゼオル」はリクルート効果「エクス・ライゼオル」はサーチ効果を持つことからどちらもランク4エクシーズを複数体並べる展開コンボの起点になれるため、このカードでサーチできるのは有難いです。

「オーバーレイ・ネットワーク」

オーバーレイ・ネットワーク

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベルを持つモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで
効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターがX素材としているカード1枚を持ち主の手札に加える。

メインデッキの「ライゼオル」モンスターはレベルが4で統一されているため、このカードの1つ目の効果も使いやすく誓約に関しても「ライゼオル」モンスター効果が持つ制約と重なるため気になりません。

1つ目の効果で特殊召喚するモンスターは効果が無効化されてしまうものの蘇生にも対応しているため、序盤から終盤まで様々な状況でエクシーズ素材を確保するために活用できます。

2つ目の効果ではエクシーズ素材となっているカードを手札に戻せるので「ライゼオル」モンスターを再利用し、展開を狙えるのはもちろんのこと、「ライゼオル・プラグイン」と組み合わせて実質的に任意の「ライゼオル」カードをサーチ。「ライゼオル・デッドネーダー」と組み合わせ、任意のモンスターをサルベージする運用も可能です。

まとめ!

「ライゼオル」はランク4エクシーズモンスターのエクシーズ召喚に特化したテーマであり、特殊召喚しやすいレベル4モンスターや、汎用ランク4エクシーズモンスターと相性が良いです。

「ライぜオル」は自身の特殊召喚効果を使用すると「自分はランク4エクシーズモンスターしか特殊召喚できない」デメリットが発生するものの、逆に言えばエクストラデッキはランク4で固めるだけ十分なので、初心者や復帰組でも扱いやすいテーマと言えるでしょう。

「ライぜオル」テーマを組む予定の方は、是非今回紹介したカードの採用を検討してみていただければと思います。

▼今回紹介したカードを探す▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【PR】取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
【PR】取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す