遊戯王のレベル4モンスターから汎用性が高く特殊召喚しやすいオススメを一覧で紹介!!




遊戯王においてレベル4モンスターは準アタッカーであったり展開の起点であったり、強力なエースに繋げるために必要だったりとその役割は大きいです。

今回はそんなレベル4モンスターの中から自身の効果により特殊召喚が可能なモンスターを紹介してきます。汎用性の高さも重視しますので、効果の条件や制約があったとしてもデッキを選ばずに使えるものを挙げさせていただきます。

あくまで自身を特殊召喚できる効果であることに焦点を絞ったので「ゴブリンドバーグ」等のような効果のモンスターは含めていないのでご承知おきください。

特殊召喚しやすいおすすめの汎用レベル4モンスターを紹介!

BF-精鋭のゼピュロス」

BF-精鋭のゼピュロス

デュエル中に1度自分フィールドの表側表示カード1枚を手札に戻すことで自己蘇生が出来、自分は400ダメージを受けます。

手札に戻すカードは表側表示なら何でも良いので、永続魔法や永続罠カードはもちろんフィールド魔法やモンスターも選択肢に入ります。発動時に効果がある永続魔法などであれば効果の再利用を狙いつつこのカードを蘇生できるため一石二鳥です。

Emトリック・クラウン」

Emトリック・クラウン

墓地に送られた場合に墓地のEmモンスター1体を攻守0にして蘇生し自分は1000ダメージを受ける効果を持っています。

蘇生するEmモンスターには自身も選べますので、1000ダメージさえ覚悟すれば蘇生して更なる展開に繋げることが出来ます。

スポンサーリンク

Emハットトリッカー」

Emハットトリッカー

フィールドにモンスターが2体以上存在すれば手札から特殊召喚できます。

モンスターの数はお互いのフィールドの合計を参照しているので、展開力の低いデッキでも先攻1ターン目以外であればこのカードの特殊召喚は容易です。

HC 強襲のハルベルト」

H・C 強襲のハルベルト

相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できます。

条件自体は「サイバー・ドラゴン」と同じであり、こちらはレベル4なので通常召喚も普通にできるため使い勝手が良いです。準アタッカー級の攻撃力で貫通効果も持っているので打点として期待することも出来ます。

「ヴェルズ・マンドラゴ」

ヴェルズ・マンドラゴ

相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に手札から特殊召喚できます。

レベル4「ダイナレスラー・パンクラトプス」と言える条件(こちらの方が登場は先ですが)であり、後攻であれば大抵の場合は特殊召喚ができます。

「ジュラゲド」

ジュラゲド

自分・相手のバトルステップに発動でき、自身を手札から特殊召喚して1000ライフポイント回復する効果を持ちます。

発動タイミングはバトルステップですが、相手ターン中でも出せるため1000ライフ回復できることも含めてもしもの時の壁としても使えます。自分のターンであればこのカードの攻撃力はそれなりにあるので打点として使った後のメインフェイズ2に各種召喚の素材にしたりできます。

フリーチェーンで自身をリリースして自分フィールドのモンスター1体を次のターン終了時まで強化も出来るので汎用性が高く使い勝手も良いです。

「トイナイト」

トイナイト

前述した「ヴェルズ・マンドラゴ」と同じ条件で手札から特殊召喚ができます。

属性・種族・攻守が違うので採用したいデッキによって使い分けると良いでしょう。同名モンスターを特殊召喚する効果もありますが複数枚積みが前提になります。

「フォトン・スラッシャー」

フォトン・スラッシャー

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚ができます。

相手モンスターの有無は関係ないので、先攻1ターン目でも特殊召喚が可能である点は有用です。

「俊足なカバ バリキテリウム」

俊足なカバ バリキテリウム

手札から特殊召喚ができ、この効果で特殊召喚した場合相手は自分または相手の墓地からレベル4モンスター1体を特殊召喚できます。

相手にメリットを与えないようにするためには先攻1ターン目であったりお互いの墓地にレベル4モンスターがいない状態であったりとある程度タイミングが狭められはしますが特殊召喚自体はノーコストであり条件も制約もないです。

レベル4「天威龍」モンスター

天威龍-マニラ

自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に手札から特殊召喚できます。

効果モンスターしか採用していないデッキでも前述した「フォトン・スラッシャー」と同じように使えるため特殊召喚は容易です。効果モンスター以外のモンスターを使うことで2つ目の効果に期待できるようになるのでセットで採用を検討しても良いでしょう。

「覇王眷竜ダークヴルム」

覇王眷竜ダークヴルム

このカードが墓地に存在し自分フィールドにモンスターが存在しない場合に自己蘇生が出来る効果を持っています。

このカード自体がペンデュラムモンスターなので、墓地に送るには手札・デッキからまたはエクシーズ素材として墓地へ送られる必要があります。

「覇王門」ペンデュラムモンスターをサーチできる効果もあるので一緒に使ってみるのも良いでしょう。

「妖精伝姫-シラユキ」

妖精伝姫-シラユキ

自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外することでフリーチェーンで自己蘇生が出来ます。

条件の難易度は高めですが、回転力の高いデッキであれば開始数ターン以内に整います。魔法・罠カードもカウントしていいためそうでなくともデュエル中盤以降なら条件を満たせます。

フリーチェーンで自己蘇生できるので状況に応じて特殊召喚するか否かを選んでいきましょう。

まとめ!

今回は汎用性に重きを置いて紹介したので、採用したいデッキによっては種族や属性などの条件または制約がある方が使いやすいことがあるでしょう。

シンクロにエクシーズ、リンク召喚をするにあたっても特殊召喚しやすいモンスターは重宝しますのでデッキ構築の参考になったなら幸いです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする