【LL(リリカル・ルスキニア)デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!新規カードが加わり、本格テーマ化!!

本日2021522日に発売したデュエリストパック-疾風のデュエリスト編-にて、遊戯王ARC-Ⅴに登場した瑠璃の使用テーマLL(リリカル・ルスキニア)」に新規カードが加わり強化されました。

そこで今回は新規カードを採用した新しい「LL」デッキレシピとその回し方等について紹介していきます。

【LL(リリカル・ルスキニア)デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

LL-コバルト・スパロー」×3

LL-サファイア・スワロー」×3

LL-セレスト・ワグテイル」×3

LL-ターコイズ・ワーブラー」×3

LL-ベリル・カナリー」×3

D.D.クロウ」×1

「金華猫」×2

「ジェスター・コンフィ」×3

「ドットスケーパー」×1

魔法カード

LL-バード・コール」×3

LL-バード・サンクチュアリ」×3

「簡易融合」×1

「ワンチャン!?」×3

「脆刃の剣」×3

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

LL-比翼の麗鳥」×1

「ハーピィの羽根吹雪」×1

「アームズ・コール」×1

エクストラデッキ

LL-インディペンデント・ナイチンゲール」×1

「サウザンド・アイズ・サクリファイス」×1

LL-アセンブリー・ナイチンゲール」×2

LL-アンサンブルー・ロビン」×2

LL-プロム・スラッシュ」×2

LL-リサイト・スターリング」×3

FNo.0 未来皇ホープ」×1

FNo.0 未来龍皇ホープ」×1

「キキナガシ風鳥」×1

「天霆號アーゼウス」×1

新規「LL(リリカル・ルスキニア)」デッキの回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては、風属性・鳥獣族で統一された「LL」モンスターを筆頭にした様々なレベル1モンスターを展開することでランク1エクシーズに繋ぎ、ビートダウンで勝利を目指していくというものです。

今回紹介したデッキレシピでは出来るだけ純構築に近いものにしていますが、「トライブリゲード」や「シムルグ」等の相性の良いテーマと合わせた混合構築にするのも有りかと思います。

デッキの回し方ですが、まずは「LL」モンスターや各種レベル1モンスターを使ってサーチ効果でアドバンテージを稼いだり特殊召喚で展開していきます。

メインデッキの「LL」モンスターは、自身あるいは自身に加えて「LL」モンスターを特殊召喚できる効果を持つもの、特殊召喚成功時にサーチや更なる特殊召喚へ繋がる効果を持つものの2種類がおり、前者で後者を特殊召喚することでアドバンテージを稼ぎつつ展開を行っていけます。

LL‐バード・コール

新規カードであるLL-バード・コール」は「LL」モンスターのサーチか墓地肥やしが出来るだけでなく、その後手札から「LL」モンスターを特殊召喚できるためデッキの回転とその後の展開に大いに役立つ便利カードです。

LL-バード・サンクチュアリ

同じく新規カードのLL-バード・サンクチュアリ」は効果を使用後のLL-リサイト・スターリング」LL-アセンブリー・ナイチンゲール」の下に重ねてエクシーズ素材にしたり出来ますし、このデッキでなら比較的容易にドロー効果を使えるためハンドアドバンテージ獲得にもつながってくれます。

金華猫

各種の特殊召喚効果を使うことで召喚権を温存したままレベル1モンスターを出せたなら、「ワンチャン!?」「金華猫」をサーチして通常召喚すればあちらの蘇生効果で多数のレベル1モンスターを展開していけます。

LL-リサイト・スターリング

展開したモンスターを使ってのエクシーズ召喚先ですが、サーチ効果を持つLL-リサイト・スターリング」は展開の中継点としても有用ですし、LL-アセンブリー・ナイチンゲール」はエクシーズ素材を多数抱えることで連続直接攻撃で大ダメージを与えに行けます。

LL-プロム・スラッシュ

新規カードのLL-アンサンブルー・ロビン」はターン1制限の無い除去効果によって制圧力として活躍してくれますし、LL-プロム・スラッシュ」は魔法・罠カードを除去することでLL-アセンブリー・ナイチンゲール」の攻撃を安全に通せるようになります。

FNo.0 未来皇ホープ

エクシーズモンスターを並べることが難しくないことからFNo.0 未来皇ホープ」からFNo.0 未来龍皇ホープ」へ繋げることも出来ますし、直接攻撃できるLL-アセンブリー・ナイチンゲール」「天霆號アーゼウス」とも相性が良いため、これら「LL」以外のエクシーズモンスターも活用していけば対応力にも期待していけるでしょう。

LL」カードのみを使った具体的な展開例を紹介!!

LL」カードのみを使った具体的な展開例を1つ紹介します。

LL-ターコイズ・ワーブラー

後攻1ターン目以降であることを前提とし、手札にLL-ターコイズ・ワーブラー」+「LL-セレスト・ワグテイル」+「LL-バード・サンクチュアリ」orLL-バード・コール」(今回は「LL-バード・サンクチュアリ」と仮定します)3枚がある場合に出来るコンボです。

自分フィールドにモンスターが存在しないことで手札からLL-ターコイズ・ワーブラー」を特殊召喚→

LL‐セレスト・ワグテイル

LL-ターコイズ・ワーブラー」の特殊召喚成功時の効果で手札のLL-セレスト・ワグテイル」を特殊召喚→

LL-セレスト・ワグテイル」の特殊召喚成功時の効果でLL-バード・コール」をサーチ→

LL-リサイト・スターリング

LL-ターコイズ・ワーブラー」LL-セレスト・ワグテイル」を素材にLL-リサイト・スターリング」をエクシーズ召喚→

LL-コバルト・スパロー

LL-リサイト・スターリング」2の効果によりエクシーズ素材のLL-セレスト・ワグテイル」を取り除いてLL-コバルト・スパロー」をサーチ→

LL-バード・コール」を発動してLL-サファイア・スワロー」をサーチし、手札からLL-コバルト・スパロー」を特殊召喚→

LL-コバルト・スパロー」の特殊召喚成功時の効果でLL-ベリル・カナリー」をサーチ→

LL-サファイア・スワロー

LL-サファイア・スワロー」の効果で手札の自身とLL-ベリル・カナリー」を特殊召喚→

LL-サファイア・スワロー」「LL-コバルト・スパロー」「LL-ベリル・カナリー」を素材にLL-アセンブリー・ナイチンゲール」をエクシーズ召喚→

墓地のLL-セレスト・ワグテイル」の効果で自身をLL-アセンブリー・ナイチンゲール」のエクシーズ素材にする→

LL-バード・サンクチュアリ

LL-バード・サンクチュアリ」を発動し、1の効果でLL-リサイト・スターリング」とそのエクシーズ素材1つをLL-アセンブリー・ナイチンゲール」の下に重ねてエクシーズ素材とする→

LL-バード・サンクチュアリ」2の効果で1枚ドローが出来ます。

結果的にエクシーズ素材を6つ持ったLL-アセンブリー・ナイチンゲール」を用意できました。

LL-アセンブリー・ナイチンゲール

LL-ベリル・カナリー」LL-コバルト・スパロー」を素材にしてエクシーズ召喚したLL-アセンブリー・ナイチンゲール」は攻撃力が200上がり相手効果の対象にならずコントロールを変更できなくなっています。

バトルフェイズに入り、攻撃力が1400となったLL-アセンブリー・ナイチンゲール」6回直接攻撃することで計8400ダメージによりワンターンキルが成立します。

相手に攻撃を防がれるなどしてワンターンキルが出来なくてもLL-アセンブリー・ナイチンゲール」はフリーチェーンで耐性を得る効果を持っていますし、LL-コバルト・スパロー」によって付与された耐性も含めてかなり場持ちが良いため防御面でも優秀です。

まとめ!!

疾風のデュエリスト編で「LL」カードの種類が増えたことで、テーマとして本格的にデッキが組めるようになった点と、ワンキル力や戦術面でも安定して戦えるテーマとなりました。

鳥獣族・レベル1テーマということで、今回採用したカード以外にもサポートカードが豊富なので、環境に合わせてそれらを採用したりしていくこともできるので、自分に合う「LL」デッキを構築していただければと思います。

アニメでは出番の少ないヒロインキャラではありましたが、個人的には好きなヒロインの1人なので、今回の強化は嬉しいと感じております!


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -疾風のデュエリスト編- BOX CG1730

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする