【SR(スピードロイド)デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!新規カードが加わり大幅強化!

2021522日発売のデュエリストパック-疾風のデュエリスト編-にて、ユーゴの使用していた「スピードロイド」テーマに新規カードが加わり強化されます。

そこで今回は新規カードを採用した新たな「スピードロイド」デッキレシピとその回し方等を紹介していきたいと思います。

※コチラの内容は以前紹介した「スピードロイド」デッキレシピの新規カードが加わり、内容が変わっています。

【SR(スピードロイド)デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

SRアクマグネ」×1

SR赤目のダイス」×2

SRビーダマシーン」×2

SRマジックハウンド」×2

SRカールターボ」×2

SRタケトンボーグ」×3

SR電々大公」×2

SRベイゴマックス」×1

SR三つ目のダイス」×2

SR吹持童子」×1

SRダブルヨーヨー」×2

SRバンブーホース」×2

SRメンコート」×1

「風霊媒師ウィン」×2

魔法カード

SRルーレット」×3

「スピードリバース」×3

「スピードリフト」×2

「おろかな埋葬」×1

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

「墓穴の指名者」×2

罠カード

SRデュプリゲート」×2

エクストラデッキ

HSRコルク-10×1

HSRチャンバライダー」×1

HSRマッハゴー・イータ」×1

HSR魔剣ダーマ」×1

「スターダスト・チャージ・ウォリアー」×1

「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」×2

「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」×2

HSRカイドレイク」×1

「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」×2

「クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」×1

HSRCWライダー」×1

HSRGOMガン」×1

新規「スピードロイド」デッキの回し方・展開例を紹介!

デッキのコンセプトとしては、風属性・機械族で統一された「スピードロイド」モンスターを使うことでアドバンテージを稼いだり展開をしてシンクロモンスターへ繋ぎビートダウンをしていくというものです。

今回紹介したデッキレシピでは新規カードを全種採用した純構築にしていますが、デッキの構築や狙いたいコンボ等が別にある場合はどれを採用すべきか試行錯誤していくと良いかと思います。

デッキの回し方ですが、まずは「スピードロイド」モンスターを活用することでサーチ・リクルート・手札からの自己特殊召等を行っていきます。

SRビーダマシーン

召喚成功時にサーチ効果を持つSRビーダマシーン」

手札から容易に自己特殊召喚できるSRカールターボ」

手札からの自己特殊召喚効果に加えて自身をコストにすれば「スピードロイド」チューナー1体をリクルートすることも出来るSRタケトンボーグ」

墓地の自身をコストに「スピードロイド」チューナーを手札・墓地から特殊召喚できるSR電々大公」

等々展開に役立つ「スピードロイド」モンスターは様々です。

SRベイゴマックス

中でも自己特殊召喚効果とサーチ効果の両方を持っているSRベイゴマックス」は展開の起点として極めて優秀であり、その性能の高さから20215月現在でも制限カードに規制されているほどです。

風霊媒師ウィン

「風霊媒師ウィン」は手札の自身と風属性モンスター1体をコストにサーチ効果を使えるため、制限カードであるSRベイゴマックス」をサーチする手段として有用です。

SRマジックハウンド

新規カードですが、SRマジックハウンド」は召喚成功時の墓地肥やし効果を持つためSR電々大公」や同じく新規カードのSRデュプリゲート」の墓地肥やしをすることでその効果を使っていけます。

SRルーレット

同じく新規カードのSRルーレット」は運要素が絡みますが、序盤であれば高い確率で「スピードロイド」モンスター2体のリクルートが狙えるためシンクロ素材やリンク素材として使ったりと利用価値は高いです。

HSRコルク-10

その他にも蘇生効果が優秀なシンクロチューナーのHSRコルク-10や、素材指定が厳しい代わりにモンスター効果と魔法・罠カードの両方に強いレベル10シンクロモンスター「クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」

HSR/CWライダー

運次第で大量除去と大幅な自己強化も狙えつつ相手ターンには制圧力のある「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」等に切り替えられるレベル11シンクロモンスターHSRCWライダー」などいずれも強力な効果や高い攻守を持っているため切り札やフィニッシャーとして活躍が見込めるでしょう。

「クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」を使う展開例を紹介!

SRダブルヨーヨー

新規カード「クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」を使う具体的な展開例を1つ紹介します。

手札にSRベイゴマックス」+「SRダブルヨーヨー」がある場合に出来るコンボです。

手札のSRベイゴマックス」を自己特殊召喚し、特殊召喚成功時の効果でSRタケトンボーグ」をサーチ→

SRタケトンボーグ

手札からSRタケトンボーグ」を自己特殊召喚→

SRタケトンボーグ」の効果により自身をリリースすることでSR赤目のダイス」をリクルート→

SR赤目のダイス

SR赤目のダイス」の特殊召喚成功時の効果でSRベイゴマックス」のレベルを2に変更→

HSRコルク-10

SR赤目のダイス」とレベルが2になったSRベイゴマックス」を素材にHSRコルク-10をシンクロ召喚→

HSRコルク-10のシンクロ召喚成功時の効果で素材にしたSR赤目のダイス」SRベイゴマックス」を蘇生→

SR赤目のダイス」の効果によりSRベイゴマックス」のレベルを6に変更→

クリアウィング・シンクロ・ドラゴン

SR赤目のダイス」とレベルが6になったSRベイゴマックス」を素材に「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」をシンクロ召喚→

HSRコルク-10「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」を素材に「クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」をシンクロ召喚→

クリアウィング・ファスト・ドラゴン

SRダブルヨーヨー」を通常召喚し召喚成功時の効果で墓地から「HSRコルク-10を蘇生→SRダブルヨーヨー」HSRコルク-10を素材に「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」をシンクロ召喚出来ます。

結果的に「クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」を並べることが出来ました。

クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン

相手のデッキが高レベルモンスターを使うデッキであれば、「クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」の素材と最後に並べるモンスターを入れ替えると良いでしょう。

このコンボに必要な初期手札2枚からは別の盤面構築も可能であり、展開ルート次第ではHSRGOMガン」等を使うことで結果的に「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」2体並べることも可能ではあります。

SR吹持童子

こちらのコンボではSRダブルヨーヨー」の代わりにSRビーダマシーン」がある場合でも同じ最終盤面にでき、むしろSRビーダマシーン」だったなら途中でSR吹持童子」を使って手札消費を補える点でも優秀です。

魔法・罠カードとモンスター効果の両方に対応できる盤面にするか、それともモンスター効果への対処に特化した盤面にするか、相手のデッキや自分の残りの手札次第で使い分けていけば良いでしょう。

【SR(スピードロイド)デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!新規カードが加わり大幅強化!まとめ!

デュエリストパック-疾風のデュエリスト編-で強化された「スピードロイド」デッキレシピの紹介をしてきましたが、新規カードが加わったことで、展開力やシンクロ召喚に幅が広がり、制圧力の高いシンクロテーマになりました!

また、再録されたカードも多く、「風霊媒師ウィン」などの高額カードが今回のデッキレシピには入っていますが、「風霊媒師ウィン」を入れなくてもデッキとして回すことは十分可能ですし、「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」も、漫画を買えば手に入れることができます。

以前よりは組みやすいテーマになったので、「スピードロイド」デッキを作りたかったけど、中々作る機会がなかった人はこれを機にデッキを組んでみてはいかがでしょうか?

「スピードロイド」の関連記事はコチラ↓

2021年5月22日に発売予定のデュエリストパック -疾風のデュエリスト編-にて遊戯王ARC-Vに登場したユーゴの使用デッキが強化されます。...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -疾風のデュエリスト編- BOX CG1730

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする