【烙印エルドリッチデッキレシピ2022の回し方・展開例】大会環境でも使えるガチ構築を当サイトからも紹介!

「エルドリッチ」は登場してから長きにわたって大会環境で活躍しているテーマであり、それ故に若干の規制も受けています。

昨今では破竹の勢いで使用率と成績を上げている「スプライト」に押されてはいるものの、大会環境で活躍している期間の長さもあって、文句無しに環境デッキと言えるテーマデッキの内の1つでもあります。

そこで今回は、規制を受けて以降は特に多くなった

「烙印」との混合構築である「烙印エルドリッチ」デッキとその回し方

などを紹介していきます。

「烙印エルドリッチ」デッキレシピ2022の紹介!

モンスターカード

「黄金卿エルドリッチ」×3

「アルバスの落胤」×2

「デスピアの導化アルベル」×1

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

魔法カード

「黒き覚醒のエルドリクシル」×1

「白き宿命のエルドリクシル」×1

「呪われしエルドランド」×2

「烙印融合」×3

「強欲で金満な壺」×3

「金満で謙虚な壺」×1

「墓穴の指名者」×1

罠カード

「紅き血染めのエルドリクシル」×2

「黄金郷のコンキスタドール」×3

「黄金郷のワッケーロ」×2

「永久に輝けし黄金郷」×1

「スキルドレイン」×3

「手違い」×1

「サモンリミッター」×1

「群雄割拠」×1

「虚無空間」×1

「無限泡影」×1

エクストラデッキ

「神炎竜ルベリオン」×1

「烙印竜アルビオン」×3

「氷剣竜ミラジェイド」×3

「捕食植物ドラゴスタぺリア」×1

「セイクリッド・プレアデス」×1

「超弩級砲塔列車グスタフ・マックス」×1

「リンク・スパイダー」×1

「ヴァンパイア・サッカー」×1

「照耀の光霊使いライナ」×1

「暗影の闇霊使いダルク」×1

「トロイメア・フェニックス」×1

スポンサーリンク

「烙印エルドリッチ」デッキの回し方を紹介!

デッキのコンセプトとしては、「烙印」関連によってデッキの弱点をカバーしたり安定力を向上することで、メタビート軸の「エルドリッチ」デッキとして罠カードで相手の行動を妨害しながら戦っていくというものです。

今回紹介したデッキレシピは大会環境での使用を想定したものですが、対戦する相手のデッキがある程度絞られるのであればサイドデッキ等にそれ用のメタカードを採用しておくというのも有りでしょう。

デッキの回し方ですが、基本的にはメタビート軸の「エルドリッチ」デッキと同じであり、「烙印」はそれに+αで様々な点で補助する形になります。

黄金卿エルドリッチ

まず「エルドリッチ」部分としては、「黄金郷」カードや「エルドリクシル」カードでサポートしてエースである「黄金卿エルドリッチ」を引き込んだり相手カードの除去を行ったりしていきます。

また「黄金卿エルドリッチ」と相性が良い「スキルドレイン」等の汎用ロックカードを使うことで相手の行動を強力にロックしていくことも狙えます。

「烙印」部分としては、デッキ融合ができる「烙印融合」を使うことで「黄金卿エルドリッチ」を墓地に送りつつも融合モンスターを出していけます。

強力な融合モンスターで戦うのはもちろん、墓地へ送った「黄金卿エルドリッチ」の効果を使って更に打点を上げたり「黄金郷」カードの性能を発揮させていけます。

また「エルドリッチ」は罠カードを活用する都合上、自分が先攻を取った際には罠カードをセットすればいいものの後攻を取った際にはどうしても動きが遅れるという欠点もあります。

「烙印」カードなら「黄金卿エルドリッチ」を出す準備をしつつも高打点で強力な効果を持つ融合モンスターも出していけるため、自分が後攻になった際にも戦えるのは大きな利点です。

氷剣竜ミラジェイド

サーチが難しいロックカードや「烙印融合」等のキーカードを引き込みやすくするためにも、今回紹介したデッキレシピでは「強欲で金満な壺」「金満で謙虚な壺」を採用していますが、3枚積みしていることからも分かるように「烙印竜アルビオン」「氷剣竜ミラジェイド」融合召喚先として活用するため除外されないようにしたいところです。

ロックカードや「黄金郷」カード等で相手の行動を妨害しつつも、自分は「黄金卿エルドリッチ」や融合モンスターを使って攻めていくことでデュエルを有利に運べるでしょう。

「烙印エルドリッチ」デッキの展開例を紹介!

烙印融合

具体的な展開例を紹介していきます。

手札に

「烙印融合」+魔法・罠カード

2枚がある場合に出来るコンボです。

「烙印融合」を発動してデッキの「アルバスの落胤」「黄金卿エルドリッチ」を素材に「烙印竜アルビオン」を融合召喚→

「烙印竜アルビオン」の融合召喚成功時の効果でフィールドの自身と墓地の「アルバスの落胤」を素材にして「氷剣竜ミラジェイド」を融合召喚→

手札の魔法・罠カードを自分フィールドにセット→墓地の「黄金卿エルドリッチ」の効果でセットした魔法・罠カードをコストに自己サルベージしその後自身を特殊召喚が出来ます。

結果的に

「氷剣竜ミラジェイド」+自身の効果で強化された「黄金卿エルドリッチ」

を並べられました。

これが後攻ターン以降であれば2体で攻勢に出られますし、これが先攻1ターン目であったなら残り手札にロック系の罠カードがあればセットしたり、あるいは手札誘発モンスターやフィールドの「氷剣竜ミラジェイド」の効果で次の相手ターンに妨害を仕掛けていけます。

初期手札の魔法・罠カードが「黄金郷」や「エルドリクシル」カードであったなら、それらの墓地で発動する効果を使用することで損失を取り戻しつつ盤面をより強化できるでしょう。

まとめ!

2022年5月現在環境で、大会環境入りしている「黄金卿エルドリッチ」+「烙印融合」を織り交ぜた構築である「烙印エルドリッチ」テーマデッキを当サイトから紹介してきましたが、大会環境はその時によって変わってくるものですので、今回紹介したデッキレシピを大会環境や時期に合わせて、上手く調整していくといいでしょう。

「エルドリッチ」テーマも既に、何度か規制を受けているテーマではあり、「エルドリッチ」テーマに限らず、最近では「烙印〇〇」といった混合構築が大きく見受けられる為、今後「烙印エルドリッチ」も何かしらの規制対象になる可能性は0ではないでしょう。

「エルドリッチ」テーマが規制を受けてしまい、構築に迷われている方や、大会に出場予定の方は、是非今回の内容が少しでも参考になれば幸いです!!

「エルドリッチ」テーマに関しての別途関連記事はコチラ↓

2021年1月現在、大会環境でも活躍している「エルドリッチ」デッキが注目を集めています。 そこで今回は、1月適用のリミ...
コレクションパック2020が発売し、「ヌメロン」関連のカードが遂に登場したことでその性能を含めて話題となっています。 ...


遊戯王OCGデュエルモンスターズ POWER OF THE ELEMENTS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1793


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ ALBA STRIKE


遊戯王 / 黄金卿エルドリッチ(ウルトラ)/ DBSS-JP027 / デッキビルドパック 「シークレット・スレイヤーズ」