【クシャトリラデッキレシピ2022の回し方・展開例】大会でも戦えるガチ構築を当サイトから紹介!

 

 

2022716に発売予定の基本パック ダークウィング・ブラストにて新たなテーマとして「クシャトリラ」が登場します。

 

 

「クシャトリラ」はテーマカードの種類こそ少ないですが、その性能の高さから多くのユーザーから注目を集めています。

 

 

今回はそんな

 

「クシャトリラ」デッキレシピやその回し方

 

などを紹介していきます。

 

「クシャトリラ」デッキレシピの紹介!

 

モンスターカード

「クシャトリラ・フェンリル」×3

「クシャトリラ・ユニコーン」×3

「クシャトリラ・オーガ」×2

「悲劇のデスピアン」×1

「デスピアの導化アルベル」×3

「アルバスの落胤」×1

「デスピアの凶劇」×1

「ダイナレスラー・パンクラトプス」×1

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

「エフェクト・ヴェーラー」×2

 

魔法カード

「クシャトリラ・バース」×2

「烙印融合」×2

「烙印開幕」×1

「赫の烙印」×2

「七星の宝刀」×1

「金満で謙虚な壺」×2

「墓穴の指名者」×2

「抹殺の指名者」×1

 

罠カード

「クシャトリラ・プリペア」×1

「夢幻泡影」×3

 

エクストラデッキ

「赫灼竜マスカレイド」×1

「烙印竜アルビオン」×2

「深淵竜アルバ・レナトゥス」×1

「神炎竜アルビオン」×2

「氷剣竜ミラジェイド」×1

「捕食植物ドラゴスタペリア」×1

「ガーディアン・キマイラ」×1

「クシャトリラ・シャングリラ」×1

No.89 電脳獣ディアブロシス」×1

No.11 ビッグ・アイ」×1

「暗影の闇霊使いダルク」×1

「神聖魔皇后セレーネ」×1

「アクセスコード・トーカー」×1

 

スポンサーリンク
 

「クシャトリラ」デッキの回し方・展開例を紹介!

 

 

 

デッキのコンセプトとしては、「クシャトリラ」テーマの動きをメインとしながらも「烙印」テーマを合わせることで戦線の維持等を行い戦っていくというものです。

 

 

今回紹介したデッキレシピでは「クシャトリラ」カードの種類の数が少ないことや大会環境での使用を想定していることもあって「烙印」との混合構築にしましたが、「クシャトリラ」のみに焦点を当てて特殊召喚しやすいレベル7モンスターを採用したり、レベル7モンスターを出しやすい別のテーマと合わせるのも有りでしょう。

 

 

デッキの回し方ですが、まずは「クシャトリラ」カードを使って展開などをしていきます。

 

 

「クシャトリラ」モンスターは共通で自分フィールドにモンスターが存在しない場合に自己特殊召喚ができ、起動効果でそれぞれ種類の異なる「クシャトリラ」カードをサーチすることが出来ます。

 

 

特に最序盤では簡単に手札の「クシャトリラ」モンスターを出せるため、展開しつつもサーチ効果を使うことでハンドアドバンテージを稼いでいけます。

 

 

また「クシャトリラ」モンスターは相手のモンスター効果の発動または自身の攻撃宣言をトリガーにしてそれぞれの場所から相手のカードを裏側表示で除外する効果を持っているため、相手の行動を妨害したり切り返しを狙う上でも利用していけます。

 

 

「クシャトリラ」魔法・罠カードは「クシャトリラ」モンスターをフィールドに並べる上で重宝する効果を持っているため、展開した「クシャトリラ」モンスターで戦ったり「クシャトリラ」モンスターを使ってランク7エクシーズに繋ぐことが狙えます。

 

クシャトリラ・シャングリラ
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/炎属性/サイキック族/攻 0/守3000
レベル7モンスター×2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
デッキから「クシャトリラ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):相手のカードが裏側表示で除外される度に、
使用していないメインモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

 

現状唯一の「クシャトリラ」エクシーズモンスターである「クシャトリラ・シャングリラ」は「クシャトリラ」モンスターをリクルートする効果だけでなく、裏側表示での除外をトリガーに相手フィールドの使用されていないゾーンを使用不能にできます。

 

No.89 電脳獣ディアブロシス

 

 

これにより「クシャトリラ・シャングリラ」が存在する状態で「クシャトリラ」モンスターやNo.89 電脳獣ディアブロシス」の効果を複数回使えば相手のモンスターゾーンをほとんど使用不能にすることでモンスターを並べることすら出来なくすることも可能です。

 

 

「クシャトリラ・シャングリラ」によって相手の展開を封じられたなら、後は一方的に勝利することも狙えるでしょう。

 

烙印融合

 

 

「烙印」関連についてはもはや言わずもがなではありますが、デッキ融合のできる「烙印融合」やフリーチェーンで除去効果を使いつつハンドアドバンテージの確保が出来る「氷剣竜ミラジェイド」など、71日から適用される新リミットレギュレーションによる規制を受けてこそいるものの今でも十分動けます。

 

 

「クシャトリラ」モンスターはエクシーズ素材にせずとも利用価値が十分あるため、状況次第では「クシャトリラ」モンスターと「烙印」関連カードを使った動きでより制圧力の高い盤面を作ることも出来るでしょう。

 

「クシャトリラ」デッキの展開例を紹介!

クシャトリラ・ユニコーン
効果モンスター
星7/風属性/サイキック族/攻2500/守2100
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「クシャトリラ」魔法カード1枚を手札に加える。
(3):このカードの攻撃宣言時、または相手がモンスターの効果を発動した場合に発動できる。
相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで裏側表示で除外する。

 

 

「クシャトリラ」テーマの基本的な展開例を1つ紹介します。

 

 

先攻1ターン目を前提とし、

 

手札に「クシャトリラ・ユニコーン」+「クシャトリラ・ユニコーン」以外の「クシャトリラ」モンスターの2

 

がある場合に出来るコンボです。

 

 

手札から「クシャトリラ・ユニコーン」を自己特殊召喚→

 

クシャトリラ・バース
永続魔法
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分はレベル7モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
Xモンスター以外の「クシャトリラ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):相手が魔法カードの効果を発動した場合に、
自分フィールドに「クシャトリラ」モンスターが存在していれば、
相手の墓地のカード3枚を対象として発動できる。
そのカードを裏側表示で除外する。

 

 

「クシャトリラ・ユニコーン」の効果で「クシャトリラ・バース」をサーチ→

 

 

「クシャトリラ・バース」を発動→

 

 

「クシャトリラ・バース」の効果で手札の「クシャトリラ」モンスターをリリース無しで召喚→

 

「クシャトリラ」モンスターの効果で該当する「クシャトリラ」カードをサーチ→

 

「クシャトリラ・ユニコーン」と「クシャトリラ」モンスターを素材に「クシャトリラ・シャングリラ」をエクシーズ召喚できます。

 

 

結果的に「クシャトリラ・シャングリラ」と「クシャトリラ・バース」を並べられました。

 

 

途中1枚サーチできているため、実質的な手札消費枚数は1枚となります。

 

 

次の相手のスタンバイフェイズ時、「クシャトリラ・シャングリラ」の効果でデッキから「クシャトリラ・フェンリル」をリクルートできます。

 

 

 

これにより、相手のモンスター効果の発動をトリガーとして「クシャトリラ・フェンリル」の効果で相手フィールドの表側表示のカードを除外でき、それをトリガーとして「クシャトリラ・シャングリラ」で相手フィールドの使用してないゾーンを使用不能にできます。

 

 

「クシャトリラ・シャングリラ」の効果で自分フィールドのカードを2度まで戦闘・効果破壊から守れますし、「クシャトリラ・バース」の3の効果を使えたなら墓地利用を妨害しつつも「クシャトリラ・シャングリラ」の効果で使用不能ゾーンを増やせます。

 

 

「クシャトリラ・シャングリラ」を自分のターンまで維持できたなら、「クシャトリラ・シャングリラ」の効果で更に「クシャトリラ」モンスターをリクルートして「クシャトリラ」モンスターを並べられるため、そのまま打点として使ったりNo.89 電脳獣ディアブロシス」のエクシーズ召喚に繋いだりすることで「クシャトリラ・シャングリラ」の効果により更に相手の使用不能ゾーンを増やすことも狙えます。

 

 

このコンボは初期手札が

 

「クシャトリラ・フェンリル」+「クシャトリラ・バース」

 

でも可能ですし、残り手札次第では「烙印」関連の動きをすることでより強力な盤面構築も図れるでしょう。

 

まとめ!!

 

「クシャトリラ」デッキレシピを当サイトで紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今回は現環境でも戦えるガチ構築を紹介して来ました。

 

制圧力に長けている「烙印」と「クシャトリラ」を合わせることで、相手を妨害しつつ、「クシャトリラ」の特殊召喚効果を使い、エクストラデッキのモンスターで戦っていくのが、このデッキの使い方になります。

 

今回紹介したのは「烙印」との混合でしたが、「烙印」関係のカードを抜くことで、メインデッキとエクストラデッキに枠が空くので、そこに汎用妨害カードや汎用ランク7モンスターやリンクモンスターを入れる構築もアリです。

 

 

「クシャトリラ」は汎用性の高いテーマ群なので、今後色々なテーマへの出張で活躍するテーマなので、是非作っておいて損はないテーマかと思います!!

 

 

「クシャトリラ」テーマに関しての別途関連記事はコチラ↓

「クシャトリラ」の出張先テーマ5選!!混合構築でも強力なテーマ!

「クシャトリラ」テーマの特徴と相性の良いカード3選を紹介!レベル7・サイキック族テーマ!

「クシャトリラ」の影響で既に高騰・これから高騰が予想されるカードを紹介!


遊戯王OCGデュエルモンスターズ DARKWING BLAST BOX


遊戯王 25th ANNIVERSARY ULTIMATE KAIBA SET


遊戯王OCG PHOTON HYPERNOVA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください