「クシャトリラ」の影響で既に高騰・これから高騰が予想されるカードを紹介!

 

 

2022716に発売予定の基本パック ダークウィング・ブラストにて新規テーマ「クシャトリラ」が登場します。

 

 

「クシャトリラ」はレベル7モンスターを活用するテーマであり、ランク7エクシーズを出すことも可能なだけでなくメインデッキの「クシャトリラ」モンスターも強力な効果を持っているのが大きな特徴です。

 

 

そこで今回は「クシャトリラ」の影響で既にシングル価格が高騰しているカード、あるいはこれから高騰が予想されるカードを紹介していきます。

 

 

既に高騰しているカード等も今後高騰することが十分あり得るので、「クシャトリラ」に興味があるという人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

「クシャトリラ」の影響で既に高騰・これから高騰が予想されるカード!

「華信龍-ノウルーズ・エリーズ」


遊戯王 22PP-JP032 華信龍-ノウルーズ・エリーズ【シークレットレア】

 

 

 

レベルが7という点から「クシャトリラ」とはシナジーがあり、手札に来た場合でも「クシャトリラ・バース」でリリースなしで召喚することも狙えます。

 

 

自己蘇生したこのカードは除外されるもののエクシーズ素材にすれば回避できますし、「クシャトリラ」モンスターはさっさとエクシーズ素材にしてしまうのは惜しい性能をしているため、このカードはランク7エクシーズを出す際の素材用のモンスターとして活用していけます。

 

 

 

このカードはVジャンプの付属カードとして登場し、プレミアパック2022に再録された際にもレアリティが高かったため価格は上がりやすいカードでもあります。

 

 

「ダイナレスラー・パンクラトプス」(20226月現在では制限カード)


遊戯王 SOFU-JP009 ダイナレスラー・パンクラトプス (日本語版 ノーマル) ソウル・フュージョン

 

 

 

 

緩い条件で自己特殊召喚ができ、フリーチェーンで使える除去効果を持つことから汎用カードとしても有名なカードです。

 

 

「クシャトリラ」の自己特殊召喚効果を使ってからこのカードを出すとなる相手フィールドにモンスターが2体以上は必要となりますが、後述する「七星の宝刀」を使った運用もあるため併用することは難しくありません。

 

 

レベルが7という点も「クシャトリラ」と合わせやすいポイントですので、状況次第ではランク7エクシーズの素材としても利用していけます。

 

 

登場時はレアリティの低いカードでしたが、汎用性の高さから需要があることに加えて再録の際に高レアリティ仕様のものも登場したため、それらの価格は上がりやすいでしょう。

 

 

No.11 ビッグ・アイ」


【遊戯王シングルカード】 《プロモーションカード》 No.11 ビッグ・アイ ウルトラレア vb14-jp002

 

 

 

下記で紹介するランク7エクシーズモンスターもそうなのですが、「クシャトリラ」モンスターは制圧力としても十分機能する効果を持つことから、必ずしも展開したモンスターをランク7エクシーズに繋げるのが最善策とは限りません。

 

 

上記の「華信龍-ノウルーズ・エリーズ」のように「クシャトリラ」モンスター以外をエクシーズ素材に使う場合はともかく、「クシャトリラ」モンスターを素材に使ってランク7エクシーズを出す場合、「クシャトリラ」モンスターがフィールドからいなくなるという損失に見合うほどのメリットを得られるかがどうかが重要なポイントになります。

 

 

そこでこのカードですが、相手モンスター1体の永続的なコントロール奪取は昨今の環境でも強力であり、奪ったモンスター次第では戦況をひっくり返すことも可能でしょう。

 

 

ヴァリュアブルブックの付属カードとしての登場し、再録も完全受注生産品のみだったことから流通量があまり多くないため高騰が予想されます。

 

 

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク」


遊戯王OCG No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク ウルトラレア VJMP-JP075-UR Vジャンプ付録

 

 

 

トークンを可能な限り生成できる効果が特に強力で、自分フィールドに並べた最大6体のモンスターを利用してリンク召喚などに繋げていけます。

 

 

「クシャトリラ」テーマはランク7エクシーズを出せるとはいえ上記の特性もあってエクストラデッキを圧迫しないため、このカードから繋げる用のリンクモンスター等を複数採用することも難しくありません。

 

 

効果使用後は相手が受ける戦闘ダメージが0になるというデメリットはありますが、先攻1ターン目の制圧盤面構築のために使うのであれば気にならないでしょう。

 

 

このカードもレアリティが高く、リンク召喚の登場以降は特に需要が増えたカードでもあるため更なる価格高騰もあり得ます。

 

No.89 電脳獣ディアブロシス」


遊戯王カード CP17-JP045 No.89 電脳獣ディアブロシス(コレクターズレア)遊戯王VRAINS [COLLECTORS PACK 2017]

 

 

ランク7エクシーズである点や裏側表示で除外に関する効果を持つことから「クシャトリラ」とはシナジーがあるエクシーズモンスターです。

 

 

性能面での相性が良いだけでなくカードイラストの色合いも似ていることもあってか、「クシャトリラ」テーマの詳細が判明してすぐに高騰が始まったカードでもあります。

 

 

「クシャトリラ・ユニコーン」とこのカードを併せれば、相手のエクストラデッキのカードを計2枚も裏側表示で除外できるため、相手がしたいコンボのキーカードを予め潰しておくといった運用も可能です。

 

 

汎用ランク7エクシーズは優秀なカードも多いことからあまり注目されていませんでしたが、今回の「クシャトリラ」の情報判明以降着実と価格が上がっています。

 

 

「真紅眼の鋼炎竜」


遊戯王/第9期/5弾/CORE-JP054UR 真紅眼の鋼炎竜【ウルトラレア】

 

 

 

 

相手が魔法・罠・モンスター効果を発動する度に500ダメージを与えられるため、相手のライフが少なければ少ないほど拘束力が増す特性があります。

 

 

上記のランク7エクシーズモンスターのような展開や除去といった動きは出来ませんが、相手のライフが少なくなったデュエル終盤では相手の行動を厳しくロックできるという利点があります。

 

 

昨今では効果の発動を多用して展開や回転を行うことが普通となっているため、相手のデッキや残りライフ次第では切り返させることなく勝利することも狙えるでしょう。

 

 

一度も再録されたことが無い高レアリティのカードであるため、今後の高騰が予想されます。

 

 

「七星の宝刀」


遊戯王OCG 七星の宝刀 ノーマル SD29-JP029 遊戯王アーク・ファイブ [STRUCTURE DECK -マスター・オブ・ペンデュラム-]

 

 

 

レベル7モンスターをコストにして2枚ドロー出来る効果を持つ通常魔法カードであり、レベル7で統一された「クシャトリラ」ではドローソースとして利用できます。

 

 

 

通常ならこのカード自体の消費も含めて22交換となるのですが、除外されている「クシャトリラ」モンスターを特殊召喚できる手段がある「クシャトリラ」ではそれ以上のアドバンテージを稼ぐことが可能となります。

 

 

また自己特殊召喚してサーチ効果を利用した後の「クシャトリラ」モンスターをこのカードのコストにすれば、ドローしつつも自分フィールドを空けることで別の「クシャトリラ」モンスターを自己特殊召喚させることが出来たりと用途は幅広いです。

 

 

 

上記のように「クシャトリラ」とは非常に相性の良いカードであるため、中でもスーパーレアのものは今後も価格が上がることでしょう。

 

まとめ!!

 

2022年7月16日に発売される基本パック ダークウィング・ブラストに収録される「クシャリラ」テーマの影響で、高騰が予想されるカードを紹介してきましたが、今回紹介したカードの中には元々の価格が高いカードもあり、特にランク7エクシーズモンスターは価格が高騰しやすいでしょう。

 

「クシャトリラ」テーマを組もうか迷っている方や、「クシャトリラ」テーマを組む予定がある方は、是非、今回の内容を参考にしていただければ、幸いです!!

 

「クシャトリラ」テーマに関しての別途関連記事はコチラ↓

【クシャトリラデッキレシピ2022の回し方・展開例】大会でも戦えるガチ構築を当サイトから紹介!

「クシャトリラ」テーマの特徴と相性の良いカード3選を紹介!レベル7・サイキック族テーマ!

「クシャトリラ」の出張先テーマ5選!!混合構築でも強力なテーマ!

 

 

 


遊戯王OCGデュエルモンスターズ DARKWING BLAST BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す