「蟲惑魔」デッキレシピ2020の回し方を紹介!!新規カードが加わり、イラストアドも高いテーマデッキ!

エターニティ・コードで「蟲惑魔」テーマに新規カードが加わり強化されました。

そこで今回は新しくなった「蟲惑魔」デッキレシピやその回し方などを紹介していきたいと思います。

できるだけ純構築に近い形のデッキレシピを紹介しますのであらかじめご承知おきください。

新規カード入り「蟲惑魔」デッキレシピ2020の紹介!!

モンスターカード

「アトラの蟲惑魔」×1

「カズーラの蟲惑魔」×2

「ティオの蟲惑魔」×3

「トリオンの蟲惑魔」×3

「ランカの蟲惑魔」×2

「パラレルエクシード」×2

「増殖するG×2

魔法カード

「ハーピィの羽根帚」×1

「サンダー・ボルト」×1

罠カード

「蟲惑の落とし穴」×2

「時空の落とし穴」×2

「絶縁の落とし穴」×2

「電網の落とし穴」×2

「奈落の落とし穴」×2

「煉獄の落とし穴」×1

「串刺しの落とし穴」×1

「連鎖空穴」×1

「墓穴ホール」×2

「トラップトリック」×1

「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」×3

「やぶ蛇」×1

「神風のバリア -エア・フォース-」×2

「神の宣告」×1

エクストラデッキ

「アロメルスの蟲惑魔」×2

「フレシアの蟲惑魔」×3

「セラの蟲惑魔」×3

汎用ランク4エクシーズ適宜

スポンサーリンク

「蟲惑魔」デッキの回し方を紹介!

「蟲惑魔」モンスター「ホール」通常罠カード「落とし穴」通常罠カードを駆使することで相手モンスターの除去やコンボの妨害を行っていくことでデュエルを有利に進めていく、というのが主なコンセプトになっています。

メインデッキの「蟲惑魔」モンスターはいずれも「ホール」通常罠カード「落とし穴」通常罠カードの効果を受けず、エクストラデッキの「蟲惑魔」モンスターはエクシーズ素材を持っているときやリンク召喚された自身は罠カードの効果を受けない効果を持っています。

「蟲惑魔」モンスターはそれぞれ耐性効果以外にも召喚成功時や特殊召喚成功時など様々な効果を持っておりそれらを駆使してサーチや展開を行えます。

「ホール」通常罠カード「落とし穴」通常罠カードですが、種類は様々であり発動条件や除去方法なども異なるため状況に応じたカードを使っていくことで相手モンスターの除去などをスムーズに行えます。

デッキの回し方ですが、まずは「蟲惑魔」モンスターの効果を使ってデッキの回転やモンスターの展開していきます。

中でも「トリオンの蟲惑魔」は召喚成功時に「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をサーチできるため、相手のデッキ等に合わせた相性の良いカードを手札に引き込んで罠を仕掛けられます。

特殊召喚成功時には相手の魔法・罠カードの除去が出来たりとどちらの効果も使い勝手が良いため積極的に使いたい「蟲惑魔」モンスターです。

またリンクモンスターである「セラの蟲惑魔」も有用であり、通常罠カードが発動した場合に「蟲惑魔」モンスターをリクルートする効果を持っており、デッキから自身以外の「蟲惑魔」モンスターの効果発動時には「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をデッキからセットできます。

「蟲惑魔」モンスターのリクルートと「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚のデッキからセットを両方こなせるため優秀な性能です。

「フレシアの蟲惑魔」はエクシーズ素材を1つ取り除くことで、発動条件を満たした「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をデッキから墓地へ送ってその効果を適用できるため相手の戦術に合わせて一番相応しい除去や妨害を狙えます。

新規カードの「アロメルスの蟲惑魔」「蟲惑魔」モンスターの中では最高攻撃力を誇るため火力として貢献してくれる他、その効果によって「蟲惑魔」モンスターを蘇生したり「ホール」通常罠カード「落とし穴」通常罠カードで除去した相手モンスターを自分フィールドに出すことが出来るため強力なモンスターを奪って攻勢に出ることも可能です。

蠱惑魔デッキのコンボを紹介!

デッキを運用する上で覚えておきたいコンボがあるので紹介します。

自分の墓地に罠カードが存在せず、手札に「蟲惑魔」モンスター+「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」2枚がある場合に使用可能なコンボです。

「蟲惑魔」モンスターを通常召喚→

「蟲惑魔」モンスターを素材に「セラの蟲惑魔」をリンク召喚→

「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」をセットして発動→

「セラの蟲惑魔」の効果で「トリオンの蟲惑魔」をリクルート→

「トリオンの蟲惑魔」の効果が発動することで「セラの蟲惑魔」の効果が発動しデッキから「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をセット→

「トリオンの蟲惑魔」とレベル4モンスターになった「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」を素材に「フレシアの蟲惑魔」をエクシーズ召喚ができます。

結果的に「セラの蟲惑魔」「フレシアの蟲惑魔」2体を並べることができ、次の相手ターンには「セラの蟲惑魔」の効果でセットしたカードと「フレシアの蟲惑魔」の効果の2回分相手への妨害が可能です。

またセットしたカードと「フレシアの蟲惑魔」のどちらを使っても「セラの蟲惑魔」の効果発動へ繋がるので更なる展開や罠を張ることが出来ます。

最初に召喚した「蟲惑魔」モンスター「トリオンの蟲惑魔」であれば更にもう1「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カードをセット出来ているため3回の妨害も可能になります。

あくまで自分の墓地に罠カードがない状態で出来るコンボですので、このデッキではデュエル開始1ターン目でしか機会はないです。とはいえ先攻1ターン目にこのコンボが出来れば強力な妨害盤面の構築が出来るので覚えておいて損はないでしょう。

「蟲惑魔」デッキの現時点での評価は?まとめ!!

上記で紹介したコンボのように、「蟲惑魔」デッキは工夫次第で強力な妨害盤面の構築も出来ます。

「アロメルスの蟲惑魔」の登場で火力不足感の強かった「蟲惑魔」デッキは確実に強化されたと言えるでしょう。

とはいえ相手が先攻1ターン目でエースもしくは切り札級のモンスターを出してきた場合に対処が難しいという弱点は依然変わらずあります。

今回のデッキレシピでは「神風のバリア -エア・フォース-」を採用していますが、エースなどを出させないために「灰流うらら」等の手札誘発モンスターを多めに採用したり「ゴブリンドバーグ」等で展開力をあげて汎用ランク4エクシーズで対処できるようにしたりすると弱点が緩和されるかと思います。

相手を罠にかけて勝利を目指すというコンセプトはシンプルかつユニークですし、イラストアドの高さを含めて使っていて面白いテーマデッキと評価できるでしょう。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ETERNITY CODE BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする