【蟲惑魔デッキレシピ2021】の回し方・展開例・相性の良いカードを紹介!新規カードで再び強化!

ライトニング・オーバードライブにて「蟲惑魔」テーマに新規カードが加わり、テーマデッキは強化されました。

イラストアドの高さという点ではかなり前から注目されていたテーマデッキですが、今回の新規により更にカードプールが増え性能の高いカードも多くなったため、デッキの強さにおいても注目され始めています。

そこで今回は新規カードを採用した「蟲惑魔」デッキレシピやその回し方などを紹介していきたいと思います。

【蟲惑魔デッキレシピ2021】の紹介!!

モンスターカード

「ジーナの蟲惑魔」×3

「アトラの蟲惑魔」×1

「カズーラの蟲惑魔」×1

「ティオの蟲惑魔」×3

「トリオンの蟲惑魔」×3

「ランカの蟲惑魔」×2

「リセの蟲惑魔」×2

「パラレルエクシード」×2

「灰流うらら」×3

魔法カード

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

「サンダー・ボルト」×1

「金満で謙虚な壺」×2

罠カード

「蟲惑の落とし穴」×2

「時空の落とし穴」×2

「絶縁の落とし穴」×1

「電網の落とし穴」×2

「奈落の落とし穴」×2

「煉獄の落とし穴」×1

「連鎖空穴」×1

「墓穴ホール」×2

「ナチュルの神星樹」×1

「神の宣告」×1

エクストラデッキ

「アロメルスの蟲惑魔」×2

「フレシアの蟲惑魔」×2

「セラの蟲惑魔」×3

「クラリアの蟲惑魔」×2

汎用ランク4エクシーズ適宜

【蟲惑魔デッキレシピ2021】の回し方を紹介!


このデッキのコンセプトは、「蟲惑魔」モンスターと「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードを駆使することで相手の戦術を妨害することでデュエルを有利に進めていくというものです。

デッキの回し方ですが、まずは「蟲惑魔」モンスターの効果を使ってデッキの回転やモンスターの展開していきます。

「トリオンの蟲惑魔」は召喚成功時に「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をサーチできるため、相手のデッキ等に合わせた相性の良い「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カードのセットが狙えます。

奈落の落とし穴

相手のデッキが分からない場合は「時空の落とし穴」「奈落の落とし穴」等の汎用性が高い物を選ぶと良いでしょう。

ランカの蟲惑魔

「ランカの蟲惑魔」は召喚成功時に「蟲惑魔」モンスターをサーチできるため、状況に応じたモンスターを引き込めます。

ジーナの蟲惑魔

中でも新規カードである「ジーナの蟲惑魔」をサーチすればあちらの自己特殊召喚効果を使って展開も可能です。

ティオの蟲惑魔

展開面では召喚成功時に「蟲惑魔」モンスターを蘇生できる「ティオの蟲惑魔」、手札からの自己特殊召喚効果を持つ「ジーナの蟲惑魔」が有用になります。

「蟲惑魔」モンスターを展開した後はエクシーズ召喚やリンク召喚を行っていきます。

セラの蟲惑魔

リンク1である故に最も出しやすい「セラの蟲惑魔」は通常罠カードや「蟲惑魔」モンスター効果の発動をトリガーにアドバンテージを稼いでいけるためかなり優秀です。

クラリアの蟲惑魔

新規カードであるリンク2モンスター「クラリアの蟲惑魔」は発動した「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードを再びセットできるという驚異的な効果を持っており、使い切りだった罠カードを再利用出来るだけでも大きなアドバンテージ獲得となります。

加えてエンドフェイズにはリクルート効果も持っているため、その後の展開面でも貢献してくれます。

アロメルスの蟲惑魔

「フレシアの蟲惑魔」「アロメルスの蟲惑魔」もいるように、メインデッキの「蟲惑魔」モンスターはレベル4で統一されていることからランク4エクシーズを狙えます。

パラレルエクシード

今回紹介したデッキレシピでは、リンク召喚をトリガーにレベル4モンスターを2体並べられる「パラレルエクシード」も各種ランク4エクシーズへ繋げるために採用しています。

罠カードで相手の行動を妨害するコンセプトの都合上、「蟲惑魔」デッキでは相手が先攻1ターン目でエース級以上のモンスターを展開してくるという状況を苦手としています。

灰流うらら

「灰流うらら」等の手札誘発モンスターで防ぐというのも有効ですし、「パラレルエクシード」などを使って「蟲惑魔」以外の汎用ランク4エクシーズに繋げることで戦闘や除去効果で突破するという運用も有りです。

【蟲惑魔デッキレシピ2021】の展開例を1つ紹介!

ティオの蟲惑魔

新規カードを使った具体的な展開例を一つ紹介します。

先攻1ターン目であることを前提として、手札に

「ティオの蟲惑魔」+「ジーナの蟲惑魔」+「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード

3枚がある場合に出来るコンボです。

ジーナの蟲惑魔

罠カードをセット→

「ジーナの蟲惑魔」の効果でセットしたカードをコストに自己特殊召喚→

「ジーナの蟲惑魔」を素材に「セラの蟲惑魔」をリンク召喚→

「ティオの蟲惑魔」を通常召喚してその効果により「ジーナの蟲惑魔」を蘇生→

セラの蟲惑魔

「ティオの蟲惑魔」の効果発動をトリガーに「セラの蟲惑魔」の効果を発動して好きな「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をデッキからセット→

「ティオの蟲惑魔」「ジーナの蟲惑魔」を素材に「クラリアの蟲惑魔」をリンク召喚→

クラリアの蟲惑魔

エンドフェイズに「クラリアの蟲惑魔」の効果で「ティオの蟲惑魔」を蘇生→

「ティオの蟲惑魔」の効果により最初に墓地へ送った「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カードをセットできます。

結果的に「セラの蟲惑魔」「クラリアの蟲惑魔」「ティオの蟲惑魔」3体に加え、最初の手札にあった「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚+デッキからセットした任意の「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚の2枚がセット出来ています。

セラの蟲惑魔

次の相手ターンにはセットしたカードで相手の行動を妨害しつつ、それをトリガーに「セラの蟲惑魔」の効果で「蟲惑魔」モンスターをリクルートさせられます。

発動した「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カードは「クラリアの蟲惑魔」の効果でセットし直せるため使い回していけます。

「ティオの蟲惑魔」の効果で墓地からセットしたカードは次の自分のターンのエンドフェイズに除外されてしまうため、「クラリアの蟲惑魔」の効果でセットし直すのは「セラの蟲惑魔」の効果でデッキからセットした罠カードの方にすると良いでしょう。

今回採用を見送った「蟲惑魔」と相性の良いカードを紹介!

次は今回、残念ながら採用を見送った「蟲惑魔」デッキと相性の良いカードを何枚か紹介していきます。

今回、紹介したデッキを改造や強化する際は是非、参考にしていただければ、幸いです。

「スターライト・ロード」

スターライト・ロード

「蟲惑魔」リンクモンスターを活用した際、特殊召喚効果や罠カードの再利用などから自分フィールドのカードが多くなりやすいです。

盤面が強固になるほど有利になるのが「蟲惑魔」デッキですが、相手に一掃効果を使われてはそれまでのアドバンテージ稼ぎが水の泡となり一気に不利になってしまいます。

そのためのケア手段として「スターライト・ロード」は有用で、複数枚除去を無効にするだけでなく特殊召喚した「スターダスト・ドラゴン」はエース級の打点と破壊効果を無効に出来る(蘇生制限を満たしていないため使い切りになりますが)ことも有難いです。

「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」

幻影騎士団シェード・ブリガンダイン

レベル4モンスターとなれる罠カードですので、ランク4エクシーズの素材などとしても重宝します。

墓地に罠カードが無ければセットしたターンに発動出来ますが、罠カードの多い「蟲惑魔」デッキでは条件を満たせるのはデュエル開始1ターン目だけになるでしょう。

1ターン目限定ではありますが、「セラの蟲惑魔」のリクルート効果を能動的に素早く発動出来る点は魅力的ですので採用する価値は十分にあるでしょう。

「王宮の勅命」

王宮の勅命

「ハーピィの羽根帚」を筆頭にした魔法カードへの対策手段として相性が良いです。

「蟲惑魔」デッキでは相手のモンスターへは「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードで対処できるため、魔法カードをロックすることで相手の行動を厳しく制限できます。

このカードや「魔封じの芳香」を採用する場合、自分のデッキに入れる魔法カードは必要最低限に絞った方が良いでしょう。

「無限泡影」

無限泡影

前述もした「蟲惑魔」が苦手としている、相手の先攻1ターン目の展開を妨害する際に役立ちます。

「灰流うらら」等の手札誘発モンスターと違い「墓穴の指名者」で無効にされない点も大きいです。

最序盤以外でも通常罠カードである故に「セラの蟲惑魔」のトリガーとして使えるため腐りにくいのも利点です。

「蟲惑魔」デッキの現時点での評価は?まとめ!!

上記で紹介したコンボのように、「蟲惑魔」デッキは工夫次第で強力な妨害盤面の構築も出来ます。

相手が先攻1ターン目でエースもしくは切り札級のモンスターを出してきた場合に対処が難しいという弱点は依然変わらずあります。

エースなどを出させないために「灰流うらら」等の手札誘発モンスターを多めに採用したり「ゴブリンドバーグ」等で展開力をあげて汎用ランク4エクシーズで対処できるようにしたりすると弱点が緩和されるかと思います。

相手を罠にかけて勝利を目指すというコンセプトはシンプルかつユニークですし、イラストアドの高さを含めて使っていて面白いテーマデッキと評価できるでしょう。


アジア版 遊戯王 LIGHTNING OVERDRIVE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) 1BOX 30パック入り

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする