2024年7月環境で活躍が予想されるテーマデッキ5選!【遊戯王OCG】

2024年7月が始まったということで、今月の大会環境について予想していきたいと思います。

あくまで予想なので必ず当たるわけではありませんが、6月の大会環境の結果を踏まえた上で予想していくので、大会への参加を検討している方は参考にしてみてください。

▼今回紹介するテーマを組む▼

2024年7月の大会環境で活躍が予想されるテーマデッキ一覧!

「デモンスミス罪宝スネークアイ」デッキ

シナジーのある「罪宝」関連カードと「スネークアイ」テーマに汎用性の高い「デモンスミス」を組み合わせた構築です。

「罪宝スネークアイ」の高いアドバンテージ獲得能力によって優秀な汎用リンクモンスターに繋げたり、「デモンスミス」の動きでランク6エクシーズや「刻まれし魔ディエスイレ」を出すことでより幅広い戦術を駆使できたりできるのが強力です。

また展開力の高さから「閉ザサレシ天ノ月」を経由して「デモンスミス」の動きに繋ぐことも容易であり、手札消費枚数の少なさや利用できるコンボの選択肢の多さは相手からの妨害に対する貫通力に繋がるため先攻・後攻のどちらでも活躍できます。

7月からの規制改定では「スネークアイ・エクセル」「篝火」の規制が「罪宝スネークアイ」デッキの弱体化に繋がりますが、優秀な出張セットである「デモンスミス」でカバーできるため7月環境でも活躍が予想されます。

「デモンスミスユベル」デッキ

「ユベル」デッキに「デモンスミス」を組み込んだ構築であり、どちらも悪魔族をメインとしているという点でサポートカードを共有したりできる利点があります。

ダメージ反射やバーンを行えるだけでなく効果テキスト変更での制圧力もある「ユベル」に、繋ぐ先次第で更なる展開・制圧・高打点の用意も出来る「デモンスミス」を合わせることで対応力を大きく上げているのが強力なポイントです。

6月の大会環境でも活躍していたデッキであり、7月からの規制改定での影響もほぼ無いため引き続き活躍する可能性が高いです。

むしろ規制を受けずに済んだことは直接規制を受けた他の環境デッキと比べた場合に相対的な強化と言えるため使用率・戦績を更に伸ばすことも十分考えられるでしょう。

「デモンスミスR-ACE」デッキ

相手の行動をトリガーに動き、速攻魔法・通常罠カードに複数アクセスする動きが特徴の「R-ACE」に汎用性の高い「デモンスミス」を取り入れた構築です。

呼び名では省略されていますが、大会環境の「R-ACE」はキーカードである「R-ACEハイドラント」にアクセスしやすいよう「原罪宝-スネークアイ」やそのアクセス手段となる「黒魔女ディアベルスター」「蛇眼の炎燐」も採用する構築が主流になって久しいため、そこに「デモンスミス」を合わせているというのが正確な所です。

優秀なギミックである「デモンスミス」により展開力や制圧力に加えてコンボの貫通力も上がっているため、6月の大会環境でも度々好成績を残すほどのデッキパワーを発揮しました。

「R-ACE」にとっては「篝火」の準制限カード化が影響しているものの、弱体化はそこまで大きくないので、引き続き環境での活躍が見込めるでしょう。

「メメント」デッキ

自壊と墓地肥やしによって素早く墓地リソースを稼ぎながらも融合召喚をしたり切り札である「冥骸合竜-メメントラル・テクトリカ」に繋ぐのが特徴のテーマデッキです。

積極的に墓地肥やしをするための初動となれるカードが多く、攻守が極めて高い「冥骸合竜-メメントラル・テクトリカ」で攻勢に出られるのはもちろんのこと、「冥骸王-メメントラン・テクトリカ」「メメント・クレニアム・バースト」を利用することで、相手の行動妨害もしていけるのが優秀です。

また墓地肥やし手段が豊富なことから初動となれるカード以外はピン挿しでも十分機能するため、残りの枠には手札誘発カード等の汎用カードを多数採用できるのも大会環境では強みとなります。

7月からの規制改定の影響も無かったため、規制を受けたデッキと比べれば相対的に強くなることで大会環境での活躍の場を広げることが考えられます。

「メメント」デッキレシピの紹介はコチラ⬇︎

「メメント」デッキレシピ2023の回し方・展開例!古のモンスターがリメイクされたテーマ!

「Em」デッキ

効果ダメージに関する効果を活用するのが特徴の魔法使い族テーマデッキです。

6月下旬に発売したアニメーションクロニクル2024にて新規カードが登場したことで強化され、耐性を持ち3回攻撃によりアタッカーとしても優秀な「Emトラピーズ・ハイ・マジシャン」や同名モンスターの展開が可能な「Em影絵師シャドー・メイカー」などを利用した動きも強力です。

またペンデュラムモンスターが増えたことでペンデュラム召喚やペンデュラムサポートカードの利用もしやすくなったため、エクシーズ召喚に繋げる他にも、リンクや融合なども駆使するというトリッキーな戦い方も可能となります。

せっかく新規カードで強化されたテーマということで、個人的な願望も含めて予想に挙げさせていただきました。

「Em」デッキレシピの紹介はコチラ⬇︎

「Em(エンタメイジ)」デッキレシピ2024の回し方・展開例!7月環境ガチ構築!

まとめ!

2024年7月に活躍するテーマの傾向としては「デモンスミス」関連が筆頭に活躍が予想されるでしょう。

7月のリミットレギュレーションで弱体化したテーマは多いものの、「デモンスミス」に関しては規制を受けていないため、環境で見かける機会が多くなりそうです。

2024年7月に大会参加を検討している方は、「デモンスミス」に対してどのように対策を練っていくかがカギになるでしょう。

▼今回紹介したテーマを組む▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【PR】取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
【PR】取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す