【ガエルスプライトデッキレシピ2022の回し方・展開例】環境でも戦えるガチ構築を当サイトからも紹介!

先日発売した基本パック パワー・オブ・ジ・エレメンツにて登場した「スプライト」ですが、昨今の大会環境で次々と好成績を残しています。

このままいけば大会環境を席巻するのではないかとまで噂されており、今話題の注目株と言えます。

そこで今回は「スプライト」と「ガエル」の混合構築である、通称

「ガエルスプライト」デッキレシピやその回し方

などについて紹介していきます。

「ガエルスプライト」デッキレシピ2022の紹介!

モンスターカード

「スプライト・ブルー」×3

「スプライト・ジェット」×3

「スプライト・レッド」×2

「スプライト・キャロット」×2

「鬼ガエル」×3

「魔知ガエル」×1

「粋カエル」×1

「深海のディーヴァ」×3

「ドロール&ロックバード」×1

「エフェクト・ヴェーラー」×3

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

魔法カード

「スプライト・スターター」×3

「スプライト・スマッシャーズ」×1

「金満で謙虚な壺」×2

「墓穴の指名者」×2

「抹殺の指名者」×1

罠カード

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

「ギガンティック・スプライト」×2

「餅カエル」×1

「キャット・シャーク」×1

「神騎セイントレア」×1

「ダウナード・マジシャン」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「転生炎獣アルミラージ」×1

「スプライト・エルフ」×2

「暗影の闇霊使いダルク」×1

「トロイメア・ケルベロス」×1

「水晶機巧-ハリファイバー」×1

IPマスカレーナ」×1

「トロイメア・ユニコーン」×1

「ガエルスプライト」デッキの回し方・展開例を紹介!

デッキのコンセプトとしては、「スプライト」と「ガエル」を組み合わせることで強力な制圧盤面を構築したり不利な戦況を一気に切り返すことで勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピは大会環境での使用を想定したガチ構築ですが、大会環境で好成績を残している「スプライト」デッキには「イビルツイン」と混合構築にしたものもあります。

デッキの回し方ですが、まずはモンスターを展開していきます。

深海のディーヴァ
「スプライト」モンスターは共通の自己特殊召喚効果を持つ故に展開が簡単であり、今回紹介したデッキレシピで採用している「深海のディーヴァ」も召喚権を使う代わりに同名モンスターをリクルートすることで素早くランク2エクシーズやリンク2モンスターに繋げられます。

粋カエル

また「鬼ガエル」「粋カエル」や、「粋カエル」の自己蘇生のためのコストにするための2体目以降の「鬼ガエル」を墓地へ用意するための起点として活用できます。

次にエクシーズやリンク召喚を行っていきます。

ギガンティック・スプライト

「ギガンティック・スプライト」は任意のレベル2モンスターをリクルートできるため、「鬼ガエル」や状況に応じた「スプライト」モンスターを特殊召喚できます。

更なる展開に繋げられると同時に早い段階で効果を使うことでお互いにかかる制約によって相手の「原始生命態ニビル」を防げる点も優秀です。

餅カエル

「鬼ガエル」「粋カエル」を並べれば「餅カエル」をエクシーズ召喚でき、「餅カエル」はその効果により高い制圧力を発揮できます。

また、「餅カエル」の妨害効果はエクシーズ素材を持っていなくても使えるため、「スプライト・エルフ」で蘇生して使い回すという運用も優秀です。

キャット・シャーク

自分が先攻を取ったのであれば「餅カエル」「スプライト・レッド」などを並べて制圧盤面を構築し、自分が後攻であれば攻撃力を倍化させた「ギガンティック・スプライト」「ギガンティック・スプライト」の攻撃力を更に倍化できる「キャット・シャーク」を使ったりして切り返していけます。

「ギガンティック・スプライト」のリクルート効果には制約があるため、ランク・リンクが2以外の「トロイメア・ユニコーン」「天霆號アーゼウス」を出したい際には注意が必要です。

スポンサーリンク

「ガエルスプライト」デッキの展開例を紹介!

スプライト・スターター

具体的な展開例を1つ紹介します。

先攻1ターン目を前提とし、手札に「スプライト・スターター」がある場合に出来るコンボです。

スプライト・ブルー

「スプライト・スターター」を発動して「スプライト・ブルー」をリクルート→

「スプライト・ブルー」の特殊召喚成功時の効果で「スプライト・ジェット」をサーチ→

手札の「スプライト・ジェット」1の効果で自己特殊召喚→

「スプライト・ジェット」の特殊召喚成功時の効果で「スプライト・スターター」(2枚目)をサーチ→

ギガンティック・スプライト

「スプライト・ブルー」「スプライト・ジェット」を素材に「ギガンティック・スプライト」をエクシーズ召喚→

「ギガンティック・スプライト」の効果でエクシーズ素材を1つ取り除いて「鬼ガエル」をリクルート→

「鬼ガエル」の特殊召喚成功時の効果でデッキから「粋カエル」を墓地へ送る→

スプライト・エルフ

「ギガンティック・スプライト」「鬼ガエル」を素材に「スプライト・エルフ」をリンク召喚→

「スプライト・エルフ」の効果で「鬼ガエル」を蘇生→

「鬼ガエル」の特殊召喚成功時の効果でデッキから「鬼ガエル」(2体目)を墓地へ送る→

墓地の「粋カエル」の効果で墓地の「鬼ガエル」(2体目)を除外して自己蘇生→

「粋カエル」「鬼ガエル」を素材に「餅カエル」をエクシーズ召喚→

「スプライト・スターター」(2枚目)をセットできます。

結果的に

「スプライト・エルフ」+「餅カエル」+セットした「スプライト・スターター」

が並びました。

次の相手ターンには「スプライト・スターター」を発動して「スプライト・レッド」or「スプライト・キャロット」をリクルートし、相手スタンバイフェイズには「餅カエル」の効果で「魔知ガエル」をリクルートします。

そうなれば盤面は

スプライト・エルフ」+「スプライト・レッド」or「スプライト・キャロット」+「餅カエル」+「魔知ガエル」

となります。

「餅カエル」の妨害効果は名称指定が無いため、自身をコストにして妨害効果を使った後に「スプライト・エルフ」の効果で「餅カエル」を蘇生すれば再び「餅カエル」の妨害効果を使えます。

スプライト・キャロット

また「スプライト・レッド」or「スプライト・キャロット」の効果を使えばそれぞれ対応したカードに対する制圧力を発揮できますし、「魔知ガエル」がいることで攻撃力が高くない「スプライト・エルフ」を相手の攻撃から守れます。

上記の最終盤面なら上手くいけば計3度も相手の行動を妨害できますが、手札消費が1枚な上に召喚権も使用していないため極めて優秀なコンボと言えます。

まとめ!

2022年4月現在、大会環境で結果を出し続けている「スプライト」と「ガエル」の混合構築である「ガエルスプライト」デッキレシピを当サイトでも紹介させていただきましたが、大会環境や時期によって、採用するカードの調整余地はまだまだありますので、その時期の環境に合わせた構築をしていくといいでしょう。

「スプライト」は非常に展開力と制圧力の高いテーマですが、それに加えて「ガエル」を採用することで、制圧力の高い「餅カエル」をエクシーズ召喚しやすくなりました。

展開力も非常に高く、汎用性カードを入れるスロットを確保しやすい混合テーマであり、しばらくは大会環境で見かけることが多いかと思います。

「スプライト」テーマを組もうと思っている方や、大会に出る予定のある方は是非、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。

「スプライト」テーマに関しての別途関連記事はコチラ↓

2022年4月23日に発売予定の基本パック パワー・オブ・ジ・エレメンツにて新たに「スプライト」テーマが登場します。 ...
2022年4月23日に発売予定の基本パック パワー・オブ・ジ・エレメンツにて新たに「スプライト」テーマが登場します。 ...
2022年4月23日(土)に発売するPOWER OF THE ELEMENTSに新規テーマとして、「スプライト」テーマが収録されます...
昨今の大会環境で活躍中のテーマデッキとして「スプライト」デッキが存在します。 「ガエル」や「イビルツイン」といったテー...


遊戯王OCGデュエルモンスターズ POWER OF THE ELEMENTS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1793


遊戯王OCGデュエルモンスターズ DARKWING BLAST BOX


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -輝石のデュエリスト編- BOX CG1799


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ANIMATION CHRONICLE 2022 BOX CG1810