「スプライト」テーマの特徴と相性の良いカード5選を紹介!2を主張とする雷族テーマ!!【遊戯王OCG】

2022年4月23日(土)に発売するPOWER OF THE ELEMENTSに新規テーマとして、「スプライト」テーマが収録されます。

「スプライト」テーマはレベル2の雷族テーマです。

ここでは、新規収録されるテーマである

「スプライト」と相性の特徴と相性の良いカード

を紹介していきます。

「スプライト」テーマの特徴を紹介!

POWER OF THE ELEMENTSに収録される「スプライト」テーマの中で判明しているのは、メインモンスター5種エクシーズモンスター1種リングモンスター1種魔法カード3種合計10種類になります。

「スプライト」テーマの特徴は大きく2つあります。

1つ目はメインモンスターはレベル2・雷族モンスターであること

2つ目は、自分フィールドにレベル2または、ランク2のモンスターが存在するときに特殊召喚する効果

この2点になります。

「スプライト」テーマの戦術は「スプライト」メインモンスター共通効果である1の効果で「スプライト」モンスターを展開し、ランク2エクシーズモンスター、ランク2モンスターを展開して、戦うビートダウンになります。

スプライト・ブルー
効果モンスター
星2/闇属性/雷族/攻1100/守1000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル2またはランク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「スプライト・ブルー」以外の「スプライト」モンスター1体を手札に加える。

スプライト・ジェット
効果モンスター
星2/闇属性/雷族/攻1300/守 700
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル2またはランク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「スプライト」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

まず、「スプライト」デッキを回すのに必要なエンジンとしては、サーチ効果を持つ「スプライト・ブルー」「スプライト・ジェット」のサーチ効果を使い、デッキを回していきます。

「スプライト・ブルー」は「スプライト」モンスターをサーチし、「スプライト・ジェット」は「スプライト」魔法・罠カードをサーチ出来ます。

効果モンスター
星2/闇属性/雷族/攻1400/守1400
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル2またはランク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカード以外の自分のレベル2・ランク2・リンク2のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力分アップする。

「スプライト・ピクシーズ」は自分のレベル2、ランク2.、リンク2のモンスターが戦闘を行うときに、このカードを手札から捨てることで、相手の攻撃力分攻撃力を上げられる「オネスト」の様な効果を持っていますので、このカードが手札にあれば、戦闘面においては有利に持っていけます。

また、「スプライト」テーマに限らず、レベル2、ランク2、リンク2を多用するテーマにも、採用が検討できる点も優秀です。

スプライト・レッド
効果モンスター
星2/炎属性/雷族/攻1200/守1800
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル2またはリンク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、
このカード以外の自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果を無効にする。
ランク2またはリンク2のモンスターをリリースして発動した場合、さらにそのモンスターを破壊できる。

スプライト・キャロット
効果モンスター
星2/炎属性/雷族/攻1000/守1900
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル2またはリンク2のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):相手が魔法・罠カードの効果を発動した時、
このカード以外の自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果を無効にする。
ランク2またはリンク2のモンスターをリリースして発動した場合、さらにそのカードを破壊できる。

「スプライト・レッド」「スプライト・キャロット」はそれぞれ、このカード以外のレベル2・ランク2・リンク2のモンスターをリリースすることで、「スプライト・レッド」は相手のモンスター効果、「スプライト・キャロット」は相手の魔法・罠カードを無効に出来ます。

「スプライト・レッド」「スプライト・キャロット」の2枚は相手の展開妨害に対して、リリースコストが必要になるものの、リンク2・ランク2モンスターをリリースすれば、更にそのカードを破壊できるので、状況に応じて、使うタイミングを見計らうと良いでしょう。

スプライト・エルフ
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/雷族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
レベル2・ランク2・リンク2のモンスターを含むモンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):このカードのリンク先のモンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地のレベル2モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、代わりにランク2またはリンク2のモンスター1体を対象とする事もできる。

ギガンティック・スプライト
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/雷族/攻1600/守1600
レベル2モンスター×2
このカードは自分フィールドのリンク2モンスターをレベル2モンスターとしてX召喚の素材にできる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターのいずれかをX素材としているこのカードの元々の攻撃力は倍になる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのX素材を1つ取り除き、デッキからレベル2モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時までお互いにレベル2・ランク2・リンク2のモンスターしか特殊召喚できない。

「スプライト」モンスターの特殊召喚効果を使い、リンク2の「スプライト・エルフ」「ギガンティック・スプライト」を召喚するのが「スプライト」デッキの流れとなります。

特に「スプライト・エルフ」にはリンク先のモンスターは相手の効果の対象にならない効果を持っているので、「ギガンティック・スプライト」「スプライト・エルフ」のリンク先に置くことで、「ギガンティック・スプライト」を、対象を取る、相手の除去などから守れます。

「ギガンティック・スプライト」はリンク2モンスターをレベル2扱いとしてエクシーズ素材にでき、融合、シンクロ、エクシーズ、リンクモンスターを素材にしていれば、元々の攻撃力を倍に出来るので、「スプライト」モンスターの効果を使って、展開すれば、簡単に3200の攻撃力になります。

「スプライト・エルフ」のリンク先にリンク2モンスター(融合・シンクロ・エクシーズ
でも可)を素材にした「ギガンティック・スプライト」

フィールドに「スプライト・レッド」「スプライト・キャロット」があれば、強固な盤面を作ることが出来ます。

スプライト・ガンマ・バースト
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドの全てのレベル2・ランク2・リンク2のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1400アップする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドのレベル2・ランク2・リンク2のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は相手ターン終了時まで1400アップする。

また、「スプライト」は戦闘面も強力で、先程解説した「スプライト・ピクシーズ」や速攻魔法である「スプライト・ガンマ・バースト」を使えば、大幅な攻撃力アップが図れます。

特に、「スプライト」モンスターを、展開し、「スプライト・ガンマ・バースト」を使い、相手に直接攻撃を仕掛けることが出来れば、大ダメージを与えることも可能です。

「スプライト」カードの中には「スプライト・スターター」「ギガンティック・スプライト」の様に「スプライト」カードの展開を助けてくれるカードもありますが、デメリットとして

このターン、レベル2、ランク2、リンク2しか特殊召喚出来ない

制約があるものもあるので、高リンクモンスターなどを展開する際は注意が必要です。

「スプライト」テーマと相性の良いテーマ・カードを紹介!

「イビルツイン」デッキ

「イビルツイン」テーマはレベル2である「Live☆Twin キスキル」「Live☆Twin リィラ」を展開し、リンク2である「Evil★Twin キスキル」「Evil★Twin リィラ」を展開します。

「Live☆Twin キスキル」「Live☆Twin リィラ」は「スプライト」の特殊召喚条件をクリア出来ますので、すぐにリンク2に繋いでいける点で相性が良いです。

特に、「Evil★Twin キスキル」「Evil★Twin リィラ」は打点が低いことがネックですが、「スプライト・ピクシーズ」「スプライト・ガンマ・バースト」で打点を上げれるのも、嬉しい点です。

「超雷竜ーサンダードラゴン」


遊戯王カード 超雷龍-サンダー・ドラゴン(スーパーレア) ソウル・フュージョン(SOFU) | 融合 闇属性 雷族

手札で雷族の効果が発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族効果モンスターをリリースした場合にエストラデッキから特殊召喚出来ます。

手札で発動できる「スプライト・ピクシーズ」がいる上に「スプライト」テーマは展開力に長けているので、条件をクリアするのは難しくないでしょう。

相手にサーチをさせない点も非常に強力なので、エクストラデッキに入れたいモンスターです。

ただし、一部「スプライト」カードの制約でこのカードが特殊召喚できないこともあるので、その点は注意が必要です。

「常夏のカミナリサマー」


遊戯王 SOFU-JP049 常夏のカミナリサマー (日本語版 スーパーレア) ソウル・フュージョン

雷族モンスター2体でリンク召喚できるリンク2モンスターです。

リンク2である点はもちろん、相手のターンに「スプライト・キャロット」「スプライト・レッド」を特殊召喚出来れば、相手を妨害するのに役立ちます。

「バッテリー・リサイクル」


遊戯王カード 【バッテリーリサイクル】 DE03-JP026-N ≪デュエリストエディション3 収録カード≫

1500以下の雷族2体をサルベージする効果を持つ通常魔法カードです。

素材で使った「スプライト」モンスターを回収できるのはもちろん、手札で捨てることで「オネスト」効果を発動できる「スプライト・ピクシーズ」を回収すれば、戦闘面で相手を牽制するのに役立ちます。

「地獄の暴走召喚」


DP2-JP025 SR 地獄の暴走召喚【遊戯王シングルカード】

相手フィールドにモンスターがいる場合に自分の攻撃力1500以下のモンスターが特殊召喚された時に発動できるカードです。

デッキから特殊召喚されたカードと同名モンスターをデッキ・手札・墓地から特殊召喚出来ます。

相手のモンスターフィールドに並ぶリスクがあるので、発動タイミングが重要になりますが、「スプライト」テーマは特殊召喚が容易なテーマなので、このカードを使えば、大量展開が狙えます。

まとめ

2022年4月23日(土)に発売するPOWER OF THE ELEMENTSに新規テーマとして、登場する「スプライト」テーマについて紹介して来ました。

「スプライト」テーマはレベル2・ランク2・リンク2を駆使して戦うテーマデッキで、戦闘面、妨害面でも強力なテーマかと思います。

今後、環境に入るかはまだ未知数ですが、強力なテーマデッキであることは間違いありません。

今回紹介したカード以外にも、他のリンク2モンスターやランク2モンスターの採用も検討できますので、是非気になる方はチェックしてみてください!

「スプライト」テーマについての別途関連記事はコチラ↓

2022年4月23日に発売予定の基本パック パワー・オブ・ジ・エレメンツにて新たに「スプライト」テーマが登場します。 ...
2022年4月23日に発売予定の基本パック パワー・オブ・ジ・エレメンツにて新たに「スプライト」テーマが登場します。 ...
先日発売した基本パック パワー・オブ・ジ・エレメンツにて登場した「スプライト」ですが、昨今の大会環境で次々と好成績を残しています。 ...
昨今の大会環境で活躍中のテーマデッキとして「スプライト」デッキが存在します。 「ガエル」や「イビルツイン」といったテー...


遊戯王OCGデュエルモンスターズ POWER OF THE ELEMENTS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1793


遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ 宝玉の伝説


遊戯王OCGデュエルモンスターズ DARKWING BLAST BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする