【エクソシスターデッキレシピ2022の回し方・展開例】新規が加わり強化されたエクシーズテーマ!

2022423に発売されたの基本パック パワー・オブ・ジ・エレメンツにて「エクソシスター」テーマが強化されました!

「エクソシスター」は相手の墓地利用を妨害したりそれをトリガーとして自分の盤面を強化する動きが特徴的なエクシーズテーマであり、そのイラストアドの高さなどから人気もあります。

そこで今回は新規カードで強化された「エクソシスター」デッキレシピやその回し方などを紹介します。

新規「エクソシスター」デッキレシピ2022の紹介!

モンスターカード

「エクソシスター・マルファ」×3

「エクソシスター・エリス」×3

「エクソシスター・ステラ」×3

「エクソシスター・イレーヌ」×2

「エクソシスター・ソフィア」×2

「絶火の大賢者ゾロア」×3

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

魔法カード

「エクソシスター・パークス」×3

「エクソシスター・アーメント」×1

「エクソシスター・ガルペディベル」×1

「オーバーレイ・ネットワーク」×1

「墓穴の指名者」×2

「抹殺の指名者」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「エクソシスター・リタニア」×3

「エクソシスター・バディス」×3

「無限泡影」×2

エクストラデッキ

「エクソシスター・ミカエリス」×3

「エクソシスター・カスピテル」×2

「エクソシスター・ジブリーヌ」×1

「エクソシスター・アソフィール」×1

「結晶の魔女サンドリヨン」×1

「結晶の女神ニンアルル」×1

No.41 泥睡魔獣バグースカ」×1

「エクソシスターズ・マニフィカ」×2

「天霆號アーゼウス」×1

「聖魔の乙女アルテミス」×2

スポンサーリンク

新規「エクソシスター」デッキレシピ2022の回し方・展開例を紹介!


まずデッキコンセプトとしては、「エクソシスター」カードを活用して相手の墓地利用を防いだりしていきながらもエクシーズモンスターで勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピでは新規カードを活かすためにも「エクソシスター」カードの採用枚数を多めにした構築にしていますが、「エクソシスター」罠カードを駆使する上で相性が良い「ラビュリンス」等の別テーマと併せるというのも有りでしょう。

デッキの回し方ですが、まずは素材となるモンスターを展開していきます。

エクソシスター・エリス

展開要員としては、自分フィールドに「エクソシスター」モンスターがいる場合に自己特殊召喚できる「エクソシスター・エリス」、手札の「エクソシスター」モンスターを特殊召喚できる「エクソシスター・ステラ」があります。

エクソシスター・マルファ

新規カードである「エクソシスター・マルファ」は自分フィールドにモンスターが存在しない場合またはエクシーズモンスターのみの場合、手札から自己特殊召喚しデッキから「エクソシスター・エリス」を特殊召喚できます。

召喚権を使用することなくモンスターを展開を出来るため、展開要員として極めて優秀なカードとなっています。

制約の存在には注意が必要ですが、「エクソシスター」エクシーズモンスターを重ねて出す効果もトリガーが自分のカードでも良いことから使い勝手が段違いに良いためその点も非常に優秀です。

絶火の大賢者ゾロア

今回紹介したデッキレシピで採用している「絶火の大賢者ゾロア」はレベル4の魔法使い族モンスターを特殊召喚する効果を持つため「エクソシスター」モンスターを展開できますし、自身の効果で装備した「聖魔の乙女アルテミス」の効果を使えば別の「絶火の大賢者ゾロア」をサーチして次のターンの展開に備えられるため便利です。

次に展開したモンスターでエクシーズ召喚を行っていきます。

エクソシスター・カスピテル

使いやすい除去効果と「エクソシスター」魔法・罠カードをサーチする効果を持つ「エクソシスター・ミカエリス」は優先して出したいエースモンスターであり、「エクソシスター」モンスターをサーチできる「エクソシスター・カスピテル」なら更なる展開に繋ぐことも狙えます。

エクソシスターズ・マニフィカ

上記の「エクソシスター・マルファ」の登場により、「エクソシスター」デッキは自分のターンにエクシーズモンスターを複数体並べる難易度が大きく下がったため、「エクソシスター」エクシーズモンスター2体でエクシーズ召喚できる切り札「エクソシスターズ・マニフィカ」も出しやすくなりました。

「エクソシスターズ・マニフィカ」2回攻撃が可能な高攻撃力モンスターであるだけでなく、フリーチェーンで使える対象を取らない除外効果や相手の効果発動をトリガーにエクシーズ素材としているエクシーズモンスターと入れ替われる効果を持ちます。

エクソシスター・ミカエリス

攻勢に出る際はもちろん、「エクソシスター・ミカエリス」と入れ替わることであちらの効果で更に除去を行う動きは制圧力としても機能するため、切り札に相応しい攻防ともに優れたカードです。

新規「エクソシスター」デッキレシピ2022の展開例を紹介!

エクソシスター・マルファ

次に具体的な展開例を紹介します。

先攻1ターン目を前提とし、手札に

「エクソシスター・マルファ」+「絶火の大賢者ゾロア」

2枚がある場合に出来るコンボです。

エクソシスター・エリス

「エクソシスター・マルファ」の効果で自己特殊召喚して「エクソシスター・エリス」をリクルート→

「エクソシスター・マルファ」「エクソシスター・エリス」を素材に「エクソシスター・ミカエリス」をエクシーズ召喚→

「エクソシスター・ミカエリス」の効果でエクシーズ素材を1つ取り除いて「エクソシスター」魔法・罠カード1枚をサーチ→

「絶火の大賢者ゾロア」を通常召喚→

聖魔の乙女アルテミス

「絶火の大賢者ゾロア」の効果で自身を対象にしてエクストラデッキの「聖魔の乙女アルテミス」を装備→

「マギストス」モンスターを装備した「絶火の大賢者ゾロア」の効果で「エクソシスター・ミカエリス」がエクシーズ素材として取り除いて「エクソシスター」モンスターを蘇生→

装備されている「聖魔の乙女アルテミス」の効果で「絶火の大賢者ゾロア」2体目)をサーチ→

「絶火の大賢者ゾロア」と「エクソシスター」モンスターを素材に「エクソシスター・カスピテル」をエクシーズ召喚→

「エクソシスター・カスピテル」の効果でエクシーズ素材を1つ取り除いて「エクソシスター」モンスター1体をサーチ→

「エクソシスター・ミカエリス」「エクソシスター・カスピテル」を素材に「エクソシスターズ・マニフィカ」をエクシーズ召喚できます。

結果的にフィールドには「エクソシスターズ・マニフィカ」がおり、

手札には任意の「エクソシスター」魔法・罠カード1枚+任意の「エクソシスター」モンスター1体+「絶火の大賢者ゾロア」(2体目)を引き込めています。

エクソシスター・リタニア

「エクソシスター」魔法・罠カードとして「エクソシスター・リタニア」をサーチしてセットしておけば、次の相手ターンには「エクソシスターズ・マニフィカ」の除去効果・「エクソシスターズ・マニフィカ」の効果で入れ替わった「エクソシスター・ミカエリス」の除去効果・「エクソシスター・リタニア」の除去効果で3回の除去を構えることが出来るため相手の展開を大きく妨害していけるでしょう。

「エクソシスター」モンスターとして「エクソシスター・マルファ」(2体目)をサーチしておけば、次の自分のターンにはもう一度同じ動きをすることも可能になるため、「エクソシスター・ミカエリス」「エクソシスターズ・マニフィカ」の除去効果や「エクソシスターズ・マニフィカ」2回攻撃で攻勢に出られるでしょう。

まとめ!

2022年4月23日に発売されたパワー・オブ・ジ・エレメンツで新規「エクソシスター」が登場したことで、「エクソシスター」テーマは強化されました!

「エクソシスター」テーマはイラストアドが高いテーマということで、人気のあるテーマでしたが、「エクソシスター・マルファ」「エクソシスター・リタニア」が登場したことで、展開力が強化されました!

この2枚の効果を使うには制約に気を付ける必要性はありますが、純構築だったり、発動する場面を限定すると割り切っているのであれば、混合構築でも採用を検討できるほど優秀な新規カードなのではないかと個人的には感じます。

今回の強化を機に「エクソシスター」デッキを組もうか迷っている方や、強化したい方は是非参考にしていただければ嬉しいです!

「エクソシスター」テーマに関しての別途関連記事はコチラ↓

2021年8月28日に発売予定のデッキビルドパック グランド・クリエイターズにて登場する新規テーマの3種類目、「エクソシスター」テー...


遊戯王OCGデュエルモンスターズ POWER OF THE ELEMENTS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1793


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック グランド・クリエイターズ BOX CG1758

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする