遊戯王の笑える名(迷)言集!初代である遊戯王デュエルモンスターズ編!




原作含めてアニメでもそうですが、遊戯王には独特な言葉使いや不思議なセリフなどが多くあります。

中には思わず目が点になってしまったり笑えてしまうようなものもあり、今回はそんな遊戯王の名(迷)言を紹介していきたいと思います。

今回の迷言の選考基準は?

つい笑ってしまうようなセリフや、ボケてるわけでは無いのにツッコんでしまいたくなるようなセリフを集めてみました。

セリフだけでは面白さが伝わりにくい場合もあるので、簡単ですがそのシチュエーションも解説していきます。

遊戯王シリーズにはいろいろありますが、今回は初代でもある遊戯王デュエルモンスターズに絞って紹介させていただきます。

コチラの記事ではネタではない方の名シーン集を紹介しております!

長い間続いているアニメ遊戯王シリーズですが、ネタ的なセリフだけでなくカッコイイ名言も多く残しています。 今回はそんなア...

明日から使える!?初代遊戯王の数々の謎だったり腹筋崩壊な迷言集!

「攻撃するのは月だ!」

遊戯VS梶木戦にて、闇遊戯が「岩石の巨兵」を攻撃表示にして自分のカードである「魔性の月」を破壊するときに言ったセリフです。

この後は月を破壊したことにより梶木が使っていたフィールド魔法の「海」は干潮になってしまい、海に隠れていた魚モンスターが全て打ち上げられたという展開になります。

月の引力による海の満ち引きまで考えていたという、遊戯の俺ルールもとい博識さが勝敗を決めました。

自分のカードを攻撃するというとんでもないことを普通に言い出す遊戯にびっくりですし、それが通ってしまうというルールにも驚くばかりです。

このセリフを言う前にも相手モンスターではなくフィールドを攻撃したりと何食わぬ顔で信じられないことをするのが初期の遊戯王の不思議な展開でした。

スポンサーリンク

「何勘違いしてるんだ…?まだ俺のバトルフェイズは終了してないぜ」

遊戯VS羽蛾戦にて、勝利を確信した羽蛾に対して闇遊戯が放ったセリフです。

この後遊戯は連続攻撃を可能にする速攻魔法カード「狂戦士の魂(バーサーカーソウル)」を発動することで、羽蛾のライフが0になっても攻撃し続け杏に止められます。

完全にキレていたとはいえ、いっそ清々しいほどにオーバーキルを決める闇遊戯はいろんな意味で凄いです笑

バトルフェイズ中の特殊召喚や連続攻撃を可能にするカードを使う時などに使ってみると面白いかと思います。

「俺の身体は俺が一番よくわかる、完全復活、パーフェクト城之内さまだぜ!」

意識不明の状態から目覚めたばかりの城之内が遊戯のデュエルを見に行こうとした際、医者に止められた(当然でしょう)時に言い放ったセリフです。

顎をしゃくれさせた顔と一緒にネタ的な意味でもかなり有名になった面白いシーンです。

このセリフを言うときは顎をしゃくれさせるのもワンセットになります。

昔からネタにされ続ける面白いシーンでもあります。

「スゴイぞーカッコいいぞー!」

原作初期の海馬のセリフです。

彼が「青眼の白龍」を召喚した際、「青眼の白龍」あまりのカッコよさに興奮しすぎた結果発した不思議な言葉でもあります。

後の海馬と比べると到底考えられないセリフであり、興奮しすぎた故に語彙力まで危うくなっている辺り面白すぎます。

言葉自体がすでに面白く、その汎用性の高さからも度々ネタとして使われるセリフなのでどんどん使っていけます。

「貴様のおかげでレアカードに傷がついたわ!」

海馬が自分に向けられた拳銃にカードを投げ、撃鉄に投げたカードを挟むことによって発砲を防いだ直後のセリフです。

これにはやられたほうも「なっ…、なに!?」と言うしかありません。

言葉の端々から海馬社長の独特なセンスが滲み出ているセリフでもあり、ぶっ飛んだ行動も含めて海馬らしいです。

「トムの勝ちデース」

海馬の回想シーンにてペガサスが自分の代わりにデュエルをさせた少年、トムが勝った時のセリフです。

ペガサスはマインドスキャンでキースの手の内を読み、それをメモしたことで観客であったトムでも勝つことが出来たわけですが、ネタとしても多く使われて一躍有名なセリフになりました。

初心者の少年が全米チャンプであるキースに勝ったという強いインパクトにより、キースのことは「トムに負けた人」と呼ばれるようになったということも含めて面白いです。

「ヤバイって」

「これ以上食らったら冗談じゃなくやばいって」というセリフをアニメオリジナル乃亜編で闇遊戯がバーチャル世界なのにも関わらず現実での痛み以上に痛みを痛感した時に遊戯が発した言葉です。

コチラはどちらかと言うと知る人ぞ知るネタの一つで、遊戯が「ヤバイって」と言ったことが視聴者のツボにはまりネタとなりました。

「オレはカードで死ぬなら本望だ」

王国編で海馬が遊戯に負ける寸前で城の崖から身を投げようとした時に言った言葉です。

海馬はモクバを救う為王国に乗り込み、遊戯の動揺させようとし発した言葉でしたが、流石はカード漫画とあってカードはもはや命の削り合いと言うことをこの世界で感じ取った視聴者も多かったのではないでしょうか。

まとめ!

今回紹介したのは迷言の一部ですので、遊戯王デュエルモンスターズにはまだまだ面白い迷言があります。

ネタ的にも面白いので遊戯王が好きならアニメは楽しめるかと思います。

これを機に、遊戯王の原作やアニメを見直してみるというのも良いのではないでしょうか。

またコチラの記事ではその中でも特に頭のおかしいと思った名(迷)シーンの紹介を行っております。

どれも頭のおかしいシーンなので腹筋崩壊注意です(笑)

アニメ遊戯王シリーズでは度々視聴者を笑わせに来てる名(迷)シーンがあります。 ファンからはたびたびネタにされている沢山のシーンですが、...

コチラでは迷シーンを生み出した主役級のネタキャラについて紹介しております(笑)

アニメや映画、マンガなどでも視聴者や読者にネタにされる言動をしたキャラはネタキャラと呼ばれていろんな意味で愛されています。 今回はアニ...

コチラの記事では海馬の顎だったり、顎の内君だったりカオスな作画崩壊シーンの振り返りを行なっております「笑」

アニメでは度々作画崩壊が話題に上りますが、アニメ遊戯王シリーズも例外ではありません。 本来の意味での作画崩壊もそうです...