「ダイノルフィア」デッキレシピ2021の回し方を紹介!闇属性の恐竜族テーマ!

20211016に発売の基本パック バトル・オブ・カオスにて新規テーマ「ダイノルフィア」が登場しました!

そこで今回は「ダイノルフィア」デッキレシピとその回し方などについて紹介していきます。

「ダイノルフィア」デッキレシピ2021の紹介!

モンスターカード

「ダイノルフィア・テリジア」×3

「ダイノルフィア・ディプロス」×3

「魂喰いオヴィラプター」×2

「ダイナレスラー・パンクラトプス」×1

「究極伝導恐獣」×1

「天獄の王」×1

「灰流うらら」×3

魔法カード

「化石調査」×3

「巨大化」×1

「墓穴の指名者」×2

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「ダイノルフィア・ドメイン」×3

「ダイノルフィア・アラート」×2

「ダイノルフィア・ブルート」×2

「ダイノルフィア・シェル」×1

「ダイノルフィア・ソニック」×2

「ダイノルフィア・リヴァージョン」×2

「トラップトリック」×1

「イタチの大暴発」×2

「走魔灯」×1

「神の宣告」×3

エクストラデッキ

「ダイノルフィア・ケントレギナ」×3

「ダイノルフィア・ステルスベギア」×3

No.39 希望皇ホープ」×2

SNo.39 希望皇ホープONE×1

CNo.39 希望皇ホープレイ」×1

SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」×1

「エヴォルカイザー・ドルカ」×1

「エヴォルカイザー・ラギア」×1

「竜巻竜」×1

「クロシープ」×1

「ダイノルフィア」デッキの回し方を紹介!


デッキのコンセプトですが、「ダイノルフィア」テーマの最大の特徴でもある自分のライフを自ら削ることによって真価を発揮させていき勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピでは、「ダイノルフィア」テーマの特徴を最大限活かせるよう罠カードを多めに採用したメタビート軸の構築にさせていただきました。

恐竜族には「幻創のミセラサウルス」「ベビケラサウルス」「プチラノドン」「珠玉獣-アルゴザウルス」等を使った展開ギミックが存在するので、それらを駆使するビートダウン軸の構築にするのも有りでしょう。

デッキの回し方ですが、まずはサーチや墓地肥やし効果を使ってアドバンテージを稼いでいきます。

ダイノルフィア・テリジア
効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1500/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ダイノルフィア」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
自分のLPが2000以下の場合、さらにこのカードの攻撃力は500アップする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地から罠カード1枚を除外して発動できる。
自分の墓地から「ダイノルフィア・テリジア」以外のレベル4以下の「ダイノルフィア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

「ダイノルフィア・テリジア」は召喚・特殊召喚成功時にデッキから「ダイノルフィア」1枚をセットできるため、デッキ融合ができる「ダイノルフィア・ドメイン」を筆頭にした様々なカードを引き込んでいけます。

ダイノルフィア・ディプロス
効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1000/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ダイノルフィア」カード1枚を墓地へ送る。
自分のLPが2000以下の場合、さらに相手に500ダメージを与える。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地から罠カード1枚を除外して発動できる。
自分の墓地から「ダイノルフィア・ディプロス」以外のレベル4以下の「ダイノルフィア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

「ダイノルフィア・ディプロス」は召喚・特殊召喚成功時にデッキから「ダイノルフィア」カードを墓地へ送れるため、墓地で発動できる効果もある「ダイノルフィア」罠カードや上記の「ダイノルフィア・テリジア」を墓地肥やし出来ます。

「ダイノルフィア」下級モンスター2体は破壊されて墓地へ送られることをトリガーに互いを蘇生し合える特性があるため、あらかじめフィールドと墓地に用意しておけば蘇生し合うことで特殊召喚成功時の効果に繋ぎ継続的にアドバンテージを稼いでいけます。

魂喰いオヴィラプター

「魂喰いオヴィラプター」は召喚・特殊召喚成功時にレベル指定無しで恐竜族モンスターをサーチまたは墓地肥やしが出来るため、上記の「ダイノルフィア・テリジア」はもちろん、状況次第では「ダイナレスラー・パンクラトプス」「究極伝導恐獣」をサーチしてあれらの特殊召喚を狙えます。

化石調査

恐竜族のサーチと言えば欠かせないのが「化石調査」であり、上記の下級恐竜族モンスターをノーコストで引き込めるためフル投入することで安定力も増します。

ダイノルフィア・ドメイン
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、LPを半分払って発動できる。
自分の手札・デッキ・フィールドから、「ダイノルフィア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):自分のLPが2000以下で、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手の効果で発生する自分への効果ダメージは0になる。

「トラップトリック」は同名カードを2枚以上採用している通常罠カードをデッキから引き込めますので、「ダイノルフィア・ドメイン」を筆頭にした様々な通常罠カードを状況に応じて選ぶと良いです。

次に罠カードを活用することで自分の展開をしたり相手の戦術妨害を図っていきます。

「ダイノルフィア」罠カードは共通してライフ半分を発動コストに要するので、0にはならないとはいえ使えば使うほど自分のライフは減っていきます。

また墓地で発動できる効果として「ダイノルフィア」通常罠カードは効果ダメージを、「ダイノルフィア」カウンター罠カードは戦闘ダメージを0に出来るという特徴があるため、自分のライフがかなり減った後では特に重宝します。

最も優先的に使いたい「ダイノルフィア」罠カードが「ダイノルフィア・ドメイン」であり、デッキ融合効果によって「ダイノルフィア」融合モンスターを融合召喚していけます。

ダイノルフィア・ケントレギナ
融合・効果モンスター
星6/闇属性/恐竜族/攻4000/守 0
カード名が異なる「ダイノルフィア」モンスター×2
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は自分のLPの数値分ダウンする。
(2):自分・相手のメインフェイズに、LPを半分払い、
自分の墓地から「ダイノルフィア」通常罠カード1枚を除外して発動できる。
この効果は、その罠カード発動時の効果と同じになる。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の「ダイノルフィア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

ダイノルフィア・ステルスベギア
融合・効果モンスター
星6/闇属性/恐竜族/攻 0/守2500
カード名が異なる「ダイノルフィア」モンスター×2
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のLPが2000以下である限り、
自分は「ダイノルフィア」モンスターの効果及び、罠カードを発動するために払うLPが必要なくなる。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の「ダイノルフィア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

融合モンスターである「ダイノルフィア・ケントレギナ」は墓地の「ダイノルフィア」通常罠カードの効果をコピーする効果があるため、自身を融合召喚するために使った「ダイノルフィア・ドメイン」をコピーすれば再びデッキ融合することで「ダイノルフィア・ステルスベギア」を融合召喚できます。

ダイノルフィア・アラート
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):LPを半分払って発動できる。
レベルの合計が8以下になるように、自分の墓地から「ダイノルフィア」モンスターを2体まで選んで特殊召喚する。
このターン、自分は「ダイノルフィア」モンスターしか特殊召喚できず、
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃宣言できない。
(2):自分のLPが2000以下で、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手の効果で発生する自分への効果ダメージは0になる。

他にも、相手エンドフェイズに使えば次の自分のターンにはランク4エクシーズやリンク召喚に繋げられる「ダイノルフィア・アラート」

ダイノルフィア・ブルート
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):LPを半分払って発動できる。
自分フィールドの「ダイノルフィア」モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):自分のLPが2000以下で、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手の効果で発生する自分への効果ダメージは0になる。

「ダイノルフィア」モンスターを能動的に破壊しつつ相手フィールドのカードの除去も出来る「ダイノルフィア・ブルート」

ダイノルフィア・ソニック
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「ダイノルフィア」モンスターが存在し、
相手が魔法・罠カードを発動した時、LPを半分払って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、自分フィールドの「ダイノルフィア」モンスター1体を選んで破壊する。
(2):自分のLPが2000以下で、自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時に、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にする。

相手の魔法・罠カードの発動を無効にして破壊しつつ「ダイノルフィア」モンスターを能動的に破壊する「ダイノルフィア・ソニック」

ダイノルフィア・リヴァージョン
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「ダイノルフィア」融合モンスターが存在する場合、
LPを半分払い、自分の墓地からカウンター罠カード1枚を除外して発動できる。
この効果は、そのカウンター罠カード発動時の効果と同じになる。
(2):自分のLPが2000以下で、自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時に、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にする。

墓地の「神の宣告」の効果もコピーできる「ダイノルフィア・リヴァージョン」などがあるので、相手の戦術を妨害しつつも自分はアドバンテージを稼ぐという運用も可能です。

イタチの大暴発

また「イタチの大暴発」は相手プレイヤーに除去を強要するという特性上極めて除去性能が高く、自分のライフを能動的に減らすこのデッキなら相手フィールドのモンスターを一掃することも容易です。

「ダイノルフィア・ケントレギナ」は自分のライフが低ければ低いほど高い火力を発揮できますし、「ダイノルフィア・ステルスベギア」のバーン効果は相手モンスターが強力であるほど大きな数値が見込めます。

これらを積極的に活用していくことで、自分はアドバンテージを稼ぎながらも相手のライフを削っていけるでしょう。

まとめ!

「ダイノルフィア」テーマデッキレシピの紹介を当サイトで行ってきましたが、参考になりましたでしょうか?

今回は「ダイノルフィア」テーマの持ち味を活かすために、メタビートよりの「ダイノルフィア」カードを多く使った構築にしましたが、「ダイノルフィア」以外の汎用性の高い罠カードや恐竜族と相性の良いカードを採用した構築など、「ダイノルフィア」は構築の幅が広いのもポイントかと思います。

やや、中級者向けのテーマかと思いますが、使いこなすことが出来れば、間違いなく強力かつ、回していて楽しいテーマかと思いますので、是非デッキを組もうか迷っている方は、今回の構築を参考にしていただければ幸いです!!

「ダイノルフィア」と相性の良いカードの紹介はコチラ↓

2021年10月16日に発売予定の基本パック バトル・オブ・カオスにて登場する「ダイノルフィア」テーマの詳細が判明しました。 ...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1763

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする