「コード・トーカー」デッキレシピ2020の回し方を紹介!Playmakerのサイバース族テーマ!

アニメ遊戯王VRAINSの主人公、Playmakerこと藤木遊作が使用していたのが「コード・トーカー」デッキです。

「コード・トーカー」とはサイバース族で統一されたリンクモンスター群であり、「コード」と名の付くモンスターや「サイバネット」と名の付く魔法・罠カードには「コード・トーカー」専用のサポート効果を持つ物もあります。

そんな「コード・トーカー」デッキレシピ回し方について紹介していきます。

今回紹介するのはあくまでPlaymakerのファンデッキになっていますので、「灰流うらら」を筆頭にした汎用カードの採用は控えていることは予めご了承ください。

スポンサーリンク

「コード・トーカー」デッキレシピ2020の紹介!

モンスターカード

「マイクロ・コーダー」×3

「ドングルドングリ」×1

「ドットスケーパー」×1

「サイバース・コンバーター」×1

「リンク・インフライヤー」×1

「プロフィビット・スネーク」×1

「コード・ジェネレーター」×2

「レディ・デバッガー」×3

「バックアップ・セクレタリー」×1

「ウィジェット・キッド」×2

「フレイム・バッファロー」×1

「シーアーカイバー」×1

「コード・ラジエーター」×1

「サバ―ス・ガジェット」×2

「コード・エクスポーター」×1

「リンクスレイヤー」×1

「デグレネード・バスター」×1

「パラレルエクシード」×2

魔法カード

「サイバネット・コーデック」×3

「サイバネット・マイニング」×3

「サイバネット・オプティマイズ」×1

「ワン・フォー・ワン」×1

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

「貪欲な壺」×1

罠カード

「サイバネット・コンフリクト」×2

「リミット・コード」×1

エクストラデッキ

「リンクリボー」×1

「トークバック・ランサー」×1

「リンク・ディサイプル」×1

「リンク・ディヴォーティー」×1

「コード・トーカー」×2

「コード・トーカー・インヴァート」×2

「スプラッシュ・メイジ」×1

「アップデート・ジャマー」×1

「シューティングコード・トーカー」×1

「パワーコード・トーカー」×1

「エクスコード・トーカー」×1

「トランスコード・トーカー」×1

「アクセスコード・トーカー」×1

スポンサーリンク

「コード・トーカー」デッキレシピ2020の回し方は?

アクセスコード・トーカー

まずこのデッキのコンセプトはエースとなる「コード・トーカー」モンスター達を使って自分に有利な盤面構築を行い勝利を目指すというものです

エクストラデッキのリンクモンスターのほとんどが「コード・トーカー」モンスターになることから対応力はやや落ちるものの、その分展開力と回転力の高さは大会環境と比べても遜色がない。

デッキの回し方ですが、まずはアドバンテージの獲得に繋がるキーカードを積極的に使用していきます。

サイバネット・コーデック

このデッキの最大の特徴であり中心となるキーカードは「サイバネット・コーデック」です。

エクストラデッキから「コード・トーカー」モンスターが特殊召喚されたことをトリガーに対応する属性のサイバース族モンスター1体をサーチできるため、「サイバネット・コーデック」発動下で「コード・トーカー」モンスター展開していくことでより大きなアドバンテージを獲得し更なる展開に繋がります。

「サイバネット・コーデック」を駆使するためにも属性の異なる「コード・トーカー」モンスターとそれに対応した属性のサイバース族モンスターを採用するのは必須になります。

マイクロ・コーダー

「サイバネット・コーデック」を筆頭にした便利な「サイバネット」カードをサーチするのに使えるのが「マイクロ・コーダー」です。

手札から「コード・トーカー」モンスターのリンク素材になれるためサーチ効果を使いやすいのも大きな利点です。

レディ・デバッガー

「サイバネット・コーデック」「レディ・デバッガー」でサーチすることでスムーズにリンク召喚に繋げられますし、他にも展開や回転に有用なサイバース族モンスターは「サイバネット・マイニング」でサーチすることが出来ます。

メインデッキのモンスターのほとんどは特殊召喚効果を持つものを採用したので、初動の展開に使ったり効果でのサーチ後すぐに特殊召喚してリンク素材に使用したりといった運用が安定してできます。

シューティングコード・トーカー

リンク召喚した「コード・トーカー」モンスターも様々で、モンスターを戦闘破壊することでドロー効果を使える「シューティングコード・トーカー」

パワーコード・トーカー

フィールドのモンスター1体の効果を無効化したり攻撃力倍化で高火力を出せる「パワーコード・トーカー」

エクスコード・トーカー

リンク先のモンスターに耐性付与と攻撃力強化が出来る「エクスコード・トーカー」

トランスコード・トーカー

蘇生効果を持ち相互リンク状態で耐性付与&強化が出来る「トランスコード・トーカー」

アクセスコード・トーカー

そしてチェーンを組ませずに自己強化と対象を取らない破壊効果を使える「アクセスコード・トーカー」は有用です。

プレイング次第では上記の「コード・トーカー」モンスターを複数体展開することもそう難しくないため、強固な盤面等を構築してから積極的にバトルで相手のライフを削っていくと良いでしょう。

「コード・トーカー」デッキを改造するなら?

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード

「コード・トーカー」デッキを改造するのであれば、儀式・融合・シンクロ・エクシーズ召喚の出来る構築にすることで、playmakerらしいデッキになります。

「コード・トーカー」デッキは選択肢が多いが故に、採用するサイバース族モンスターが多いのが難点ではありますが、採用するカードを厳選すれば「サイバース・クロック・ドラゴン」の融合素材である「クロック・ワイバーン」「サイバネット・フュージョン」を採用したりすることは十分に可能です。

特に「サイバース・クロック・ドラゴン」であれば火力も出やすく「コード・トーカー」デッキの火力を手助けしてくれるモンスターになります。

また、ファン構築寄りにはなりますが、儀式・融合・シンクロ・エクシーズ召喚が一通り出来る構築にすれば「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の採用も検討することが可能です。

ガチ構築寄りにするかアニメファン寄りにするのかで別れるテーマデッキなので、自分の好みによって採用するカードを変えてみると良いでしょう。

「コード・トーカー」デッキレシピ2020の回し方を紹介!Playmakerのサイバース族テーマ!まとめ!

「コード・トーカー」デッキはとにかく「サイバネット・コーディック」を使い、各属性の「コード・トーカー」モンスターを次々リンク召喚していくデッキですが、回し方と主役となるカードさえ、分かってしまえば、中級者でも使いやすいデッキテーマと感じます。

また、Playmakerといえば「デコード・トーカー」ですが、エクストラデッキの枠や闇属性は「コード・トーカー」で間に合う上に、「デコード・トーカー」の効果を通しても活かせる盤面がほとんどない為、採用を見送る構築がほとんどなのが事実です。(この辺がデッキを構築していて、本当に厳しいところ)

しかし、通してもPlaymakerのキャラデッキを再現したいのであれば、エクストラデッキを確保して1枚いれてトライしてみるのも良いでしょう(私は入れてる勢です(笑))

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする