コードトーカーデッキレシピの紹介!サイバース族デッキがガチに!?マスターリンクで大幅強化!先行ハンデスコンボの解説も!




シューティングコード・トーカー

今回、サイバース族テーマのストラクチャーデッキ!

マスターリンクが発売した事で、水属性のコードトーカーモンスター「シューティングコードトーカー」が登場した事で、6属性全てのコードトーカーモンスターが揃い、サイバース族デッキも熱いところですね!!

やはり主人公テーマはかっこいいですが、今回はかっこいいだけでなく、強力な新規サイバース族も登場し、リンク召喚が非常に強化されました!

そして今回サイバース族は先行4ハンデスという恐ろしい武器を手にしてしまいました(汗)

今回はマスターリンク発売という事で

新規カードの紹介と、6属性全て揃ったコードトーカーデッキの紹介をしていきたいと思います!

今回デッキに入るマスターリンクで新規収録されたカード

シューティングコード・トーカー

シューティングコードトーカー

今回のマスターリンクの表紙のリンクモンスターであり水属性のコードトーカーモンスター!

戦闘に特化した効果を持っており、リンク先のモンスター数だけ攻撃でき、1体のみの戦闘の場合、ダメージ計算時に400ダウンしてしまい、攻撃力1900での戦闘になってしまうデメリットを持っております!

リンクの向きの都合上攻撃回数は最大で3回となっております!

相手に小型モンスターが多い時に役に立つ効果で、バトルフェイズ後も破壊したモンスターの数だけドロー出来るので、手札消費の激しいリンク召喚主体のデッキでは嬉しい効果を持っております!

トークバック・ランサー

トークバックランサー

レベル2以下のサイバース族2体でリンク召喚出来るリンクモンスターで、自身以外のサイバース族をリリースすることで墓地のコードトーカーモンスターをこのカードのリンク先に特殊召喚する事が出来ます!

後に解説するハンデスコンボで必要な1枚となります!

マイクロ・コーダー

マイクロコーダー

このカードの登場でサイバース族は大幅に強化されたのではと思う1枚です!

手札からリンク素材に出来るお手軽と、リンク素材に使用され墓地に送られた際に、サイバネット魔法、罠でカードを手札に加えることが出来ます!

サイバネット魔法、罠も今回優秀なカードが増え、リンク召喚した後も、サーチ出来る効果を持っているので、非常に無駄のないモンスターです!

今後も、サイバネット魔法、罠カードは増える事が予想されるので、今後も期待出来るモンスターです!

3枚必須!

コード・ラジエーター

コードラジエーター

こちらも手札からリンク召喚を行えるモンスターでコードトーカーモンスターのリンク素材に使用された際に、相手のモンスターの攻撃力を0にし、相手モンスターの効果を無効にする事が出来ます!

またフィールドでリンク素材にされた場合は、攻撃力を0にし、効果を無効に出来るモンスターを2枚にする事が出来る為、

シューティングコードトーカーと非常に相性の良いカードになっております!

レイテンシ

レイテンシ

墓地からこのカードが加わった際に、特殊召喚出来る能力とリンク素材に使用された際に1枚ドロー出来る効果を持っております!

1ターンに1度の制約が付いているものの、除外などのデメリットが存在するわけでないので、別ストラクチャーデッキに収録されている、ROMクラウディアプロフィビットスネークなどで上手くいけば何回も使い回し、ドローする事が出来ます!

プロフィビット・スネーク

プロフィビットスネーク

サイバース版オネストの様な効果を持っており、こちらはダメージステップ時に手札に戻すことが出来ます!

このカードが墓地に存在する時に、サイバース族が戦闘で相手モンスターを破壊し墓地に送った時に、自分の墓地カードを除外する事で、レベル4以下のサイバース族をサルベージする事が出来ます!

このカードも墓地からサルベージ出来ますので、このカードを戻す事で相手を牽制する事が出来ます!

サイバネット・コーデック

サイバネットコーディック

コードトーカーモンスターがエクストラデッキから特殊召喚された際に、そのモンスターと同じ属性のサイバース族をデッキからサーチする事が出来ます!

サイバース族の弱点であった、手札の消費をこのカードである程度抑える事が出来ます!

基本の動きはコードトーカーをリンク召喚して、闇属性サイバース族をサーチし、その後、異なる属性コードトーカーモンスターをリンク召喚しリンク召喚した属性のサイバース族をサーチする事で、

連続してサーチを行う事が出来る優秀なカードです!

デメリットであるサイバース族しか特殊召喚出来ないデメリットもサイバース族のデッキでは気にならない点も利点でございます!

サイバネット・オプティマイズ

サイバネットオプティマイズ

自分メインフェイズにサイバースを召喚出来る効果を持っているので、サイバースガジェットの効果など、召喚で反応する効果を持つモンスターの効果を発売させる事が出来ます!

コードトーカーモンスターが戦闘を行う際の、補助能力もなかなか優秀です!

サイバネット・コンフリクト

サイバネットコンフリクト

コードトーカーモンスターが存在する時に発動出来るカウンター罠カードで

モンスターの効果、魔法、罠カードが発動した場合、その発動を無効にして除外する事が出来ます!

また次のターンの終了時まで、除外したカードと元々のカード名が一緒のカードの発動を封じる事が出来る効果を持っているので、複数持っていたとしても、その発動を無効に出来る点は非常に優秀なカウンター罠カードです!

マイクロコーダーの効果でサーチ出来る、サイバネット罠カードなので、サーチし

相手を牽制するのにも役に立ちます!

次はこのカード達を使ったデッキレシピを召喚していきたいと思います!

デッキレシピ

モンスター

・マイクロコーダー×3(新規)

・コードラジエーター×2(新規)

・レイテンシ×1(新規)

・プロフィビットスネーク×1(新規)

・レディ・デバッカー×3

・サイバース・ガジェット×3

・サイバース・コンバーター×1

・バランサー・ロード×1

・バックアップセキュレタリー×1

・ROMクラウディア×1

・SIMMタブラス×1

・フォーマッド・スキッパー×1

・ガベージコレクター×1

・ドットエスケーパー×1

・シーアーガイバー×1

・サイバース・マジシャン×1

・増殖するG×3

魔法

・サイバネット・コーディック×3(新規)

・サイバネット・オプティマイズ×1(新規)

・サイバネット・バックドア×1

・サイバネット・リチューアル×1

・貪欲な壺×1

・ワンフォーワン×1

・ソウルチャージ×1

・死者蘇生×1

・ハーピィの羽根帚×1

・サイバネット・コンフリクト×3(新規)

エクストラデッキ

・トポロジックガンプラードラゴン×1

・ファイヤーウォールドラゴン×1

・シューティングコードトーカー×1(新規)

・エンコードトーカー×1

・エクスコードトーカー×1

・トランスコードトーカー×1

・コードトーカー×1

・サイバースウィッチ×1

・バイナルソーサレス×1

・リンクリボー×2

・トークバックランサー×1(新規)

・セキュアガードナー×1

・リンクディザイブル×1

カード解説

新規カード解説は上記で行いましたので、既存のカード解説となります!

レディ・デバッガー

レディデバッカー

このデッキで必須となるモンスターで、召喚成功時に、レベル3以下のサイバース族モンスターをデッキからサーチする事ができ、マイクロコーダーをサーチする事で、即座にリンク召喚とサイバネット魔法、罠カードをサーチする事が出来ます!

後に解説するハンデスコンボで必要な1枚

サイバース・ガジェット

サイバースガジェット

解説なしでも必須モンスターと分かるくらい優秀なモンスター!

このデッキでは、召喚扱いで場に出せる、効果カードが多い為、非常に相性がいいモンスターとなっております!

バランサーロード

バランサーロード

召喚扱いでサイバース族を場に出せる、展開要因の要で、除外効果も新規収録されたプロフィビットスネークとのコンボで効果を起動出来る為採用!

フォーマッド・スキッパー

フォーマッドスキッパー

リンク素材として、墓地に送られた際に、レベル5以上のサイバース族をデッキからサーチする効果を持っております!

後に解説するハンデスコンボに必要な1枚

SIMMタブラス

SIMMタブラス

フォーマッドスキッパーのサーチ先として採用!

手札から特殊召喚でき、墓地のモンスターもサーチ出来ます!

フォーマッドスキッパーとの相性の良く、後に解説するハンデスコンボで必要な1枚

シーアーカイバー

シーアカイバー

手札、墓地に存在する時にリンク先モンスターの先にモンスターが召喚された際に特殊召喚出来ます!

サイバネットコーディックシューティングコードトーカーが新規収録された事でこのカードをサーチし容易に特殊召喚出来るようになりました!

後に解説するハンデスコンボに必要な1枚

トポロジック・ガンブラー・ドラゴン

トポロジックガンプラードラゴン

ハンデスコンボの要の張本人!

サイバネットコーディックなどの効果の都合上、サイバース族以外のリンクモンスターは極力採用したくないのですが、このカードはサイバース族であり、このデッキでエクストラリンク、ハンデスコンボを行える為、採用!

後に解説するハンデスコンボの要

ファイアウォール・ドラゴン

ファイア・ウォール・ドラゴン

通称FWD

7月の改定を潜り抜けたカードの1枚。

禁止になってもいいレベルなのですが主人公のエースモンスターという事でそうはいかなかったのでしょう、、

リンク召喚主体のデッキでは、非常に強化な効果を持っており、今まで様々なコンボを生み出して来たモンスターですが、今回は計4枚ハンデスを生み出してしまいました!

後に解説するハンデスコンボの要の1枚

トポロジックガンプラのドラゴンを使ったハンデスコンボ

必要な初期手札

・必要な手札3枚
サイバネットコーデック効果モンスター1体特殊召喚出来るモンスター1体

動かし方

サイバネットコーデック発動し効果モンスター通常召喚し、効果モンスターを特殊召喚

その効果モンスター2体で右上EXゾーンにコードトーカーを特殊召喚します。

マイクロコーダーをサーチします。

コードトーカーと手札マイクロコーダーで、トランスコードトーカーを特殊召喚しコーデック効果ドットスケーパーをサーチ&マイクロコーダー効果でサイバネットオプティマイズをサーチして発動します。

トランスコードトーカーの効果でコードトーカーを墓地より特殊召喚します。

オプティマイズの効果を利用してドットスケーパーを通常召喚しドットスケーパーコードトーカーエンコードトーカーリンク召喚でコーデック効果でフォーマッドスキッパーサーチしドットスケーパー効果で墓地から特殊召喚します。

ドットスケーパーエンコードトーカー

FWDトランスコードコードトーカーのリンク先にリンク召喚します。

トランスコードトーカー1体でセキュアガードナーFWDの左に特殊召喚しFWD効果でフォーマッドスキッパーを特殊召喚します。

フォーマッドスキッパー1体でリンクリボーFWDの上にリンク召喚。

フォーマッドスキッパー効果でSIMMタブラスサーチします。

SIMMタブラス効果で墓地のレベル4サイバース回収&FWDの右にSIMMタブラスを特殊召喚。

リンクリボーSIMMタブラスバイナルソーサレスFWDの右にリンク召喚します。

FWDの効果で先ほど回収したレベル4サイバースを手札から特殊召喚しレベル4サイバースリンクディサイプルFWDの上にリンク召喚します。

FWDがこの状態で相互リンクが3枚あるので、回収効果を使って墓地のドットスケーパーフォーマッドスキッパーマイクロコーダーを回収。

リンクディサイプルバイナルソーサレスシューティングコードトーカーFWDの右にリンク召喚します。

コーデック効果でシーアーカイバーをサーチ&FWD効果でドットスケーパーを手札から特殊召喚し、ドットスケーパー左上のEXモンスターゾーン(FWDの上じゃない方)トークバックランサーを特殊召喚します。

トークバックランサー効果でセキュアガードナーをリリースして、墓地のトランスコードトーカートークバックランサーリンク先(下)に蘇生します。

FWD効果でシーアーカイバーを特殊召喚します。

シーアーカイバーシューティングコードトーカートポロジックガンブラーFWDトランスコードトーカーの間にリンク召喚しFWD効果で手札のフォーマッドスキッパーFWDの右に特殊召喚。

フォーマッドスキッパーリンクリボーFWDの上に特殊召喚しFWDの効果で手札のマイクロコーダーを特殊召喚します。

この手順で進めることで盤面が

EXリンクトークバックランサートランスコードトーカートポロジックガンブラー・FWD・リンクリボー

フィールドにマイクロコーダー

トポロジックガンブラーの効果で2枚ハンデスし次の相手ターンで墓地のリンクリボー効果を使って、マイクロコーダーをリリースして、FWDのリンク先にリンクリボーを蘇生して、トポロジックガンブラーで互いに2枚ハンデスで、計相手の手札4枚ハンデスする事が出来ます!

または以下の初手2枚でもハンデスコンボが可能です、

初期手札2枚

手札、「レディデバッカーサイバネットコーディック

レディデバッカーを召喚します。

レディデバッカーの効果でバックアップセキュレタリーをサーチし手札のサイバネットコーディックを発動します。

レディデバッカーバックアップセキュレタリーでリンク素材にし、コードトーカーをリンク召喚します。

サイバネットコーディックの効果発動

対象をコードトーカーにし闇属性であるマイクロコーダーサーチします。

マイクロコーダーの効果で手札のこのカードと場のコードトーカーをリンク素材にしトランスコードトーカーをリンク召喚します。

サイバネットコーディックの効果発動し対象をトランスコードトーカーにしチェーンで、素材にしたマイクロコーダーの効果で、サイバネットオプティマイズをサーチします。

その後、サイバネットコーディックの効果処理でドットエスケーパーをサーチします。

トランスコードトーカーの効果でトランスコードトーカーの矢印下にコードトーカーを墓地から特殊召喚します!

手札に加えたサイバネットオプティマイズを発動し手札に加えたドットエスケーパーを通常召喚します。

コードトーカードットエスケーパーを素材にエクスコードトーカートランスコードトーカーの矢印下にリンク召喚します。

エクスコードトーカーがリンク召喚した事で、サイバネットコーディックの効果が発動と墓地に送られたドットエスケーパーの効果が発動し、ドットエスケーパーを特殊召喚します。

その後サイバネットコーディックの効果で光属性のサイバース族、フォーマッドスキッパーをデッキからサーチします。

ドットエスケーパーエンコードトーカーを素材にFWDトランスコードトーカーの矢印下にリンク召喚します。

次にトランスコードトーカー1枚を素材に、セキュアガードナーFWDの矢印左にリンク召喚します。

トランスコードトーカーがリンク素材になりフィールドを離れた事でFWDの効果が発動しサーチしておいたフォーマッドスキッパーを手札から特殊召喚します。

フォーマッドスキッパー1体を素材にリンクリボーFWDの矢印上のエクストラモンスターゾーンにリンク召喚します。

リンク素材となり墓地に送られた、フォーマッドスキッパーの効果が発動。

デッキからレベル5SIMMタブラスをサーチしそのままSIMMタブラスの効果で墓地のレディデバッカーを対象にSIMMタブラスFWDの矢印右に特殊召喚します。

そしてSIMMタブラスリンクリボーをリンク素材にしFWDの矢印右にバイナル・ソーサレスをリンク召喚します。

FWDのフィールドから離れた時効果が発動しレディデバッカーを特殊召喚します。

レディデバッカーをリンク素材にリンクディザイブルFWDの矢印上、エクストラモンスターゾーンにリンク召喚します。

これによりFWD

矢印左、セキュアガードナー

矢印上、リンクディザイブル

矢印右、バイナルソーサレス

となり相互リンクが3つとなり、FWDの効果発動で自分の墓地から回収するのが

レベル1モンスター

マイクロコーダー、ドットエスケーパー、フォーマッドスキッパーを墓地から手札に加えます。

その後、リンクディザイブルバイナルソーサレスをリンク素材にシューティングコードトーカーFWDの矢印右にリンク召喚します。

FWDのフィールドから離れた時、効果とシューティングコードトーカーがリンク召喚された事でサイバネットコーディックの効果が発動し、水属性サイバース族のシーアーガイバーをサーチしFWDの効果で手札のマイクロコーダーを特殊召喚します。

マイクロコーダー1体をリンク素材に

トークバックランサーをエクストラモンスターゾーン(この時必ずFWDの上のエクストラモンスターゾーンではなく、反対側にリンク召喚する事)

にリンク召喚し、トークバックランサーの効果でセキュアガードナーをリリースし墓地からトランスコードトーカートークバックランサーの下に特殊召喚します。

FWDのフィールドから離れた効果が発動しシーアーガイバーを手札から特殊召喚します。

シーアーガイバーシューティングコードトーカーをリンク素材にトポロジックガンプラードラゴントランスコードトーカーFWDの真ん中の空いてるモンスターゾーンにリンク召喚します。

FWDのフィールドから離れた時、効果で、手札のドットエスケーパーを特殊召喚し、ドットエスケーパーをリンク素材にリンクリボーFWDの上のエクストラモンスターゾーンにリンク召喚します。

これによりエクストラリンクが成立します!

ドットエスケーパーがリンク素材になり場から離れたので、FWDの効果で手札のフォーマッドスキッパーを特殊召喚します。

トポロジックガンプラードラゴンがエクストラリンク状態なので、効果で相手は手札を2枚選んでハンデスしターン終了。

相手のドローフェイズ、メインフェイズに自分の場のフォーマッドスキッパーをリリースし、墓地のリンクリボーFWDの矢印右に特殊召喚します。

これによりトポロジックガンプラドラゴンの効果が発動し、自身の手札を2枚捨て相手は手札を2枚選んで捨てます。

これにより、自分、相手のターンで合計4枚ハンデスが成立し、最終盤面は

左にエクストラモンスターゾーンに

トークバックランサーその下にトランスコードトーカーその右にトポロジックガンプラードラゴンその右にFWDその上と右にリンクリボーが1体ずついる盤面になります。   

この盤面で相手が攻撃してきた場合、エクストラモンスターゾーンのリンクリボーを墓地に送らず、モンスターゾーンのリンクリボーを墓地に送ることで、エクストラリンクを解除せずに済み耐久力のある盤面であることがこの盤面の利点です!

非常に長くなりましたが先行エクストラリンクの例は以上の通りになります!

改造するなら?

今回解説したのはあくまでもエクストラリンクのコンボの一部です!

他にも既存のサイバース族を使い、様々なルートから先行エクストラリンク出来る手段がサイバース族にはございます!

はっきり言いますと、サイバネットコーディック優秀過ぎます!(笑)

そしてファイア・ウォール・ドラゴン

君は悪さしかしない、、、(苦笑)

今後も融合サイバースが登場する事が決定しており、専用融合もサイバネット・フュージョンサイバネット魔法カードなので、マイクロコーダーサーチする事ができ、今後色々なサイバース族デッキが組めることが期待できます!

融合と来て、シンクロ、エクシーズと来ることにも期待したいですね!

まとめ

今回マスターリンクで6属性全てコードトーカーモンスターが揃い、

コードトーカーデッキが組めるようになりました!

今回、残念ながら採用に至らなかったカードも多々ありますが、今後も様々なサイバース族が登場する事が期待できるので、今回採用出来なかったカードがいずれ輝く時が来るかも知れませんね!

ファイア・ウォール・ドラゴンに関しては今回のハンデスコンボの件もあり、

禁止レベルでおかしくないモンスターですが、主人公が使うエースモンスターという事で、中々禁止カードにするのは個人的に難しいと感じてしまいます、、

これがまだ、EMモンキーボート見たいな立ち位置だったらネタに出来たのですが、今回の主人公エースモンスターは強過ぎましたね(汗)

少し長くなってしまいましたが、遊戯王ヴレインズもまだ始まって物語もこれからですので、今後と新しいサイバースモンスターに期待したいところですね!!

また当サイトでは、今回紹介したマスターリンクの3箱バージョンの記事も紹介しております!

「予算的に今回のデッキ厳しいよ~(´;ω;`)」という方でも作れるマスターリンク3箱ですが、マスターリンクの切れ味を楽しめるデッキとなっております↓

今回紹介するのは、6月23日に発売したマスターリンクの3箱合体のデッキレシピを紹介しようと思います! 今回このストラクチャーデ...

またVジャンプから新たなサイバースが登場したことでコチラのデッキが一層強化されました!!!↓

Vジャンプから新たなサイバースモンスター! コードジェネレーターが登場しました! 現在放送中、遊戯王ヴレ...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする