【ビートルーパーデッキレシピ2022の回し方・展開例】海外先行の昆虫族テーマがOCG化!

 

 

2022910に発売予定のワールドプレミアパック2022では、海外先行で登場していた「ビートルーパー」テーマが登場します。

 

 

そこで今回は

 

「ビートルーパー」デッキレシピやその回し方

 

などを紹介していきますので、興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

「ビートルーパー」デッキレシピ2022の紹介!

 

モンスターカード

「騎甲虫スカウト・バギー」×3

「騎甲虫スケイル・ボム」×3

「騎甲虫アサルト・ローラー」×1

「騎甲虫スティンギー・ランス」×3

「重騎甲虫マイティ・ネプチューン」×1

BF-必中のピン」×2

BF-毒針のニードル」×3

BF-早撃ちのアルバレスト」×2

「共振虫」×2

「ゴキポール」×2

「応戦するG×1

「粘糸壊獣クモグス」×1

「デビルドーザー」×1

「増殖するG×3

「灰流うらら」×3

 

魔法カード

「騎甲虫隊戦術機動」×1

「騎甲虫隊降下作戦」×1

「騎甲虫隊上陸態勢」×1

「墓穴の指名者」×2

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

 

罠カード

「騎甲虫空殺舞隊」×2

 

エクストラデッキ

「超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス」×1

BF-霊弓のアズサ」×1

BF-突撃のヴォウジェ」×1

BF-降魔弓のハマ」×1

No.3 地獄蝉王ローカスト・キング」×1

「甲虫装機 ピコファレーナ」×3

「騎甲虫アームド・ホーン」×3

「熾天蝶」×2

「大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス」×2

 

スポンサーリンク
 

「ビートルーパー」デッキの回し方を紹介!

 

 

デッキのコンセプトとしては、「ビートルーパー」を筆頭にした昆虫族モンスターを展開することで高打点のモンスターに繋ぐことでビートダウンで勝利を目指すというものです。

 

今回紹介したデッキレシピでは「ビートルーパー」に加えて「BF」モンスター等を採用して展開力を向上させた構築にしていますが、相手の制圧を重視するために妨害効果やロック効果を持った昆虫族モンスターを採用したり「クローラー」などの更に別の昆虫族テーマと併せるというのも有りです。

 

 

デッキの回し方ですが、まずは「ビートルーパー」を筆頭にした昆虫族モンスターを展開していきます。

 

騎甲虫スカウト・バギー
効果モンスター
星3/風属性/昆虫族/攻1000/守 300
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「騎甲虫スカウト・バギー」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。

 

「騎甲虫スカウト・バギー」は同名モンスターを特殊召喚する効果によって簡単にフィールドに昆虫族モンスター2体を用意できますし、「騎甲虫スケイル・ボム」は自己特殊召喚効果の条件が緩いため出しやすいです。

 

B・F―毒針のニードル

 

「ビートルーパー」の他には、BF-毒針のニードル」BF-必中のピン」をサーチしてあちらを自己特殊召喚すれば「騎甲虫スカウト・バギー」と同じく1枚の手札消費から昆虫族モンスター2体の用意が出来るため有用です。

 

 

「騎甲虫スティンギー・ランス」は召喚・特殊召喚成功時のサーチ効果も優秀ですが、フリーチェーンで墓地のカードをデッキに戻して自己特殊召喚できる点に注目すれば相手の墓地利用を妨害することも狙っていけます。

 

モンスターを展開したらリンク召喚をしていきながらも更なる展開に繋いでいきます。

 

騎甲虫アームド・ホーン
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:上/下】
昆虫族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
昆虫族モンスター1体を召喚する。
(3):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の昆虫族モンスター3体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

「騎甲虫アームド・ホーン」は手札の昆虫族モンスターを追加召喚出来る効果を持つため、BF-早撃ちのアルバレスト」などを出せればより多くのモンスターを展開することが可能です。

 

甲虫装機 ピコファレーナ

 

また「甲虫装機 ピコファレーナ」ならデッキから「共振虫」等を装備カードにでき、装備したモンスターをフィールドから離れさせることで「共振虫」の効果を使っていけるためアドバンテージを稼ぐ上でも積極的に狙いたい運用と言えます。

 

大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:上/下】
昆虫族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
昆虫族モンスター1体を召喚する。
(3):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の昆虫族モンスター3体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

モンスターを展開した後は、強固な耐性と高い攻撃力を持つ「大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス」を出したりすることで有利な盤面構築をしたり攻勢に出ていけます。

 

超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス
融合・効果モンスター
星11/地属性/昆虫族/攻4000/守4000
昆虫族モンスター×4
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、このカードは次の自分ターンの終了時まで他のカードの効果を受けない。
(2):自分・相手のバトルフェイズ終了時に、自分の墓地の攻撃力3000以下の昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

融合モンスターである「超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス」は素材の必要数の都合上消費がどうしても重くなりがちですが、出せれば計3ターンの間カード効果を受けない耐性を持つ攻守4000のモンスターとなるため切り札としてデュエルを決めに行くことも可能でしょう。

 

「ビートルーパー」デッキの展開例を紹介!

 

具体的な展開例を1つ紹介します。

 

先攻1ターン目を前提とし、

 

手札に「騎甲虫スカウト・バギー」+「騎甲虫スケイル・ボム」+手札コスト1

 

の計3枚がある場合に出来るコンボです。

 

騎甲虫スカウト・バギー
効果モンスター
星3/風属性/昆虫族/攻1000/守 300
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「騎甲虫スカウト・バギー」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。

 

「騎甲虫スカウト・バギー」を通常召喚→

 

騎甲虫スケイル・ボム
効果モンスター
星3/炎属性/昆虫族/攻1200/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに昆虫族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手フィールドのモンスターの効果が発動した時、自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

「騎甲虫スカウト・バギー」の召喚成功時の効果と手札の「騎甲虫スケイル・ボム」の効果をチェーンし、「騎甲虫スケイル・ボム」を自己特殊召喚して「騎甲虫スカウト・バギー」(2体目)をリクルート→

 

共振虫

 

「騎甲虫スカウト・バギー」2体を素材に「甲虫装機 ピコファレーナ」をリンク召喚→「甲虫装機 ピコファレーナ」のリンク召喚成功時の効果で手札1枚をコストにしてデッキから「共振虫」「騎甲虫スケイル・ボム」に装備→

 

騎甲虫アームド・ホーン
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:上/下】
昆虫族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
昆虫族モンスター1体を召喚する。
(3):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の昆虫族モンスター3体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

「甲虫装機 ピコファレーナ」「騎甲虫スケイル・ボム」を素材に「騎甲虫アームド・ホーン」をリンク召喚→

 

デビルドーザー

 

フィールドから墓地へ送られた「共振虫」の効果で「デビルドーザー」をサーチ→墓地の「共振虫」「騎甲虫スカウト・バギー」を除外することで手札から「デビルドーザー」を特殊召喚→

 

除外された「共振虫」の効果でデッキから「ゴキポール」を墓地へ送る→

 

ゴキポール

 

墓地へ送られた「ゴキポール」の効果で「応戦するGをサーチ→「騎甲虫アームド・ホーン」の効果で手札から「応戦するGを召喚→

 

 

「デビルドーザー」「応戦するGを素材に「甲虫装機 ピコファレーナ」2体目)をリンク召喚→

 

増殖するG

 

フィールドから墓地へ送られた「応戦するGの効果で「増殖するGをサーチ→

 

「甲虫装機 ピコファレーナ」(2体目)の効果で墓地の「甲虫装機 ピコファレーナ」「応戦するG」「ゴキポール」をデッキに戻して1枚ドロー→

 

「騎甲虫アームド・ホーン」「甲虫装機 ピコファレーナ」(2体目)を素材に「大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス」をリンク召喚→

 

墓地の「騎甲虫アームド・ホーン」の効果で墓地から「騎甲虫スカウト・バギー」「甲虫装機 ピコファレーナ」(2体目)「デビルドーザー」を除外して自己蘇生→

 

騎甲虫スティンギー・ランス
効果モンスター
星7/風属性/昆虫族/攻2400/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地の昆虫族モンスター1体と相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主のデッキの一番下に戻す。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ビートルーパー」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

「大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス」の効果で「騎甲虫アームド・ホーン」をリリースして「騎甲虫スティンギー・ランス」をリクルート→

 

「騎甲虫スティンギー・ランス」の特殊召喚成功時の効果で「騎甲虫空殺舞隊」をサーチ→

 

騎甲虫空殺舞隊
カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「ビートルーパー」モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに攻撃力3000以上の昆虫族モンスターが存在する場合、
自分エンドフェイズに自分の墓地から昆虫族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

 

「騎甲虫空殺舞隊」をセットが出来ます。

 

 

結果的に「大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス」+「騎甲虫スティンギー・ランス」を並べられ、「騎甲虫空殺舞隊」をセットでき、手札には途中でドローした1枚と「増殖するGが加えられました。

 

次の相手ターン、モンスター効果の発動を無効にして破壊できる「騎甲虫空殺舞隊」と手札の「増殖するGで行動を妨害することが狙えます。

 

既に「増殖するGが手札にある場合などであれば、コンボの途中「ゴキポール」の効果でサーチするのをBF-早撃ちのアルバレスト」にすれば、あちらの効果で蘇生した「騎甲虫スケイル・ボム」をフィールドに残すことが出来るため、盤面の制圧力をより上げることも可能です。

 

まとめ!

 

海外先行テーマである「ビートルーパー」テーマデッキの回し方・展開例を紹介してきましたが、構築の参考になりましたでしょうか?

 

「ビートルーパー」テーマは展開力のある昆虫族テーマで、今回は展開力のある昆虫族テーマである「B・F」テーマとの混合構築を紹介してきましたが、今回の構築はあくまでも一例ですので、他の昆虫族サポートカードや昆虫族を採用するのもアリです。

 

既にマスターデュエルでは実装済みのテーマですが、2022年910に発売予定のワールドプレミアパック2022で「ビートルーパー」がOCG化します。

 

「ビートルーパー」デッキを組む際に今回の内容を参考にしていただければ幸いです!!

 

「ビートルーパー」に関しての別途関連記事はコチラ↓

昆虫族汎用サポートカードを一覧で紹介!昆虫族デッキなら一考の価値あり!!【遊戯王OCG】【マスターデュエル】

「騎甲虫(ビートルーパー)」の特徴と相性の良いカード7選を紹介!海外環境で実績がある昆虫族テーマが上陸!

【騎甲虫(ビートルーパー)の対策・弱点・展開の止めどころ】を紹介!!【遊戯王マスターデュエル】


遊戯王OCGデュエルモンスターズ WORLD PREMIERE PACK 2022 BOX CG1834

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください