【深淵の獣(ビーステッド)デッキレシピ2022の回し方・展開例】「烙印」軸を構築を当サイトから紹介!!

 

 

先日発売した基本パック ダークウィング・ブラストにて「深淵の獣(ビーステッド)」テーマが登場しました。

 

 

「ビーステッド」は光・闇属性をメインとしたドラゴン族テーマであり、「アルバスの落胤」関連のイラストストーリーにも深く関わっています。

 

 

今回はそんな

 

「ビーステッド」テーマに「烙印」要素を採用したデッキレシピやその回し方

 

などを紹介していきます。

 

「深淵の獣(ビーステッド)」デッキレシピ2022の紹介!

 

モンスターカード

「深淵の獣サロニール」×3

「深淵の獣ドルイドヴルム」×3

「深淵の獣マグナムート」×3

「深淵の獣ルベリオン」×3

「深淵の獣アルバ・ロス」×1

「赫の聖女カルテシア」×2

「アルバスの落胤」×1

「鉄獣鳥 メルクーリエ」×1

「デスピアの導化アルベル」×3

「黒衣竜アルビオン」×1

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

「エフェクト・ヴェーラー」×1

 

魔法カード

「復烙印」×2

「烙印融合」×2

「烙印開幕」×1

「失烙印」×1

「烙印の気炎」×1

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×2

 

罠カード

「烙印の獣」×2

 

エクストラデッキ

「深淵竜アルバ・レナトゥス」×1

「神炎竜ルベリオン」×2

「氷剣竜ミラジェイド」×2

「烙印竜アルビオン」×2

「デスピアン・クエリティス」×1

「赫灼竜マスカレイド」×1

「ガーディアン・キマイラ」×1

「捕食植物ドラゴスタペリア」×1

「フルール・ド・バロネス」×1

「聖刻龍王-アトゥムス」×1

「迅雷の騎士ガイアドラグーン」×1

「天霆號アーゼウス」×1

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

「深淵の獣(ビーステッド)」デッキの回し方を紹介!

 

 

デッキのコンセプトとしては、「烙印」関連の墓地肥やしやアドバンテージ稼ぎを利用することで「ビーステッド」テーマをより動きやすくしビートダウンで勝利を目指すというものです。

 

 

今回紹介したデッキレシピでは「ビーステッド」カードも「烙印」関連カードを多めに採用していますが、狙いたいコンボや戦術を絞り採用するカードの枚数を必要最低限にすることで残りの枠を汎用カードにするというのも有りでしょう。

 

 

デッキの回し方ですが、まずは墓地を肥やしていきます。

 

 

闇属性の「ビーステッド」モンスターはその特性上、お互いの墓地に光属性や闇属性のモンスターが1体でもいないとただの上級モンスターとなってしまうため、墓地の肥えていない最序盤で能動的に動くには自分から墓地を肥やす必要があります。

 

 

もし相手が光属性か闇属性のモンスターを使用するデッキであれば、相手の墓地リソースを奪いながらも「ビーステッド」モンスターを出せます。相手のデッキや動き方次第では、蘇生やサルベージを妨害しながらも自分は「ビーステッド」モンスターを展開する、という動きを相手の先攻1ターン目からでも可能となっています。

 

深淵の獣ルベリオン

 

「深淵の獣ルベリオン」は手札の自身をコストにして「ビーステッド」モンスターをサーチできるため、墓地肥やしとデッキの回転力向上の両方で貢献してくれます。

 

 

「烙印」関連カードの中でも特に優秀な「烙印融合」はデッキ融合によって墓地肥やしをしながら融合召喚することが可能ですので、強力な融合モンスターを出しつつ闇属性の「ビーステッド」モンスターを出すための墓地コスト確保が狙えます。

 

 

次に「ビーステッド」モンスターを出していきながら強力な盤面構築を図っていきます。

 

 

闇属性の「ビーステッド」モンスターは自己特殊召喚効果とは別にそれぞれ固有の効果を持っており、それらを利用することでアドバンテージを稼いでいけます。

 

烙印の獣

 

光属性の「ビーステッド」モンスターの中でも「深淵の獣ルベリオン」は比較的簡単に特殊召喚でき、「烙印」永続魔法・永続罠カードをデッキから表側表示で置く効果により「復烙印」「烙印の獣」を引き込めます。

 

「ビーステッド」をサポートできる「復烙印」「烙印の獣」の両方を揃えることが出来れば、相手の召喚・特殊召喚をトリガーにターン1制限なしで「ビーステッド」モンスターを蘇生したり、1ターンに1度「ビーステッド」モンスターをリリースすることで相手フィールドのカードを除去することが出来ます。

 

その際、闇属性の「ビーステッド」モンスターの固有効果も狙っていけば、相手の展開妨害をしつつもより大きなアドバンテージを稼ぐことが可能となります。

 

氷剣竜ミラジェイド

 

上記の「ビーステッド」の動きに「氷剣竜ミラジェイド」等も併せた強力な盤面を作ることで、相手の動きを抑えつつも自分は継続してアドバンテージを得ることで戦況を有利に運べるでしょう。

 

「深淵の獣(ビーステッド)」デッキの展開例を紹介!

デスピアの導化アルベル

 

具体的な展開例を1つ紹介します。

 

先攻1ターン目を前提とし、手札に

 

「デスピアの導化アルベル」+「深淵の獣ルベリオン」+手札コスト1

 

の計3枚がある場合に出来るコンボです。

 

烙印融合

 

「デスピアの導化アルベル」を通常召喚して「烙印融合」をサーチ→

 

 

「烙印融合」を発動してデッキから「アルバスの落胤」「鉄獣鳥 メルクーリエ」を素材に「神炎竜ルベリオン」を融合召喚→

 

神炎竜ルベリオン

 

「神炎竜ルベリオン」の効果で手札コスト1枚を捨ててフィールドの自身と墓地の「アルバスの落胤」を素材としてデッキに戻し「氷剣竜ミラジェイド」を融合召喚→

 

手札の「深淵の獣ルベリオン」の効果で自身をコストに「深淵の獣マグナムート」をサーチ→

 

「深淵の獣マグナムート」の効果で墓地の「鉄獣鳥 メルクーリエ」を除外して手札から自己特殊召喚→

 

黒衣竜アルビオン

 

除外された「鉄獣鳥 メルクーリエ」の効果と「深淵の獣マグナムート」の特殊召喚成功時の効果をチェーンし、エンドフェイズのサーチを予約し「黒衣竜アルビオン」をサーチ→

 

「深淵の獣マグナムート」をリリースすることで墓地から「神炎竜ルベリオン」を特殊召喚→

 

「神炎竜ルベリオン」の効果でデッキから「烙印の獣」を魔法&罠ゾーンに表側表示で置く→

 

手札の「黒衣竜アルビオン」の効果でデッキから「復烙印」を墓地へ送り、自身をデッキボトムに戻して1枚ドロー→

 

深淵の獣マグナムート

 

 

エンドフェイズに「深淵の獣マグナムート」の効果による任意のドラゴン族のサーチと「烙印の獣」の効果で墓地の「復烙印」を魔法&罠ゾーンに表側表示で置けます。

 

 

結果的にモンスターゾーンには

 

「デスピアの導化アルベル」+「深淵の獣ルベリオン」+「氷剣竜ミラジェイド」

 

を並べられ、魔法&罠ゾーンには

 

「烙印の獣」+「復烙印」

 

を並べられました。

 

次の相手ターンには、

 

「氷剣竜ミラジェイド」の効果での除去

「復烙印」の効果での「ビーステッド」モンスターの蘇生

「烙印の獣」の効果での除去

 

が狙えるため相手の展開を妨害していけるでしょう。

 

途中「黒衣竜アルビオン」「深淵の獣マグナムート」の効果で計2枚のカードを手札に引き込めているため、実質的な手札消費枚数は1枚となります。

 

「深淵の獣マグナムート」でのサーチ先としては、共通効果によって条件を満たしていればフリーチェーンで自己特殊召喚できる上にフィールドから墓地へ送られれば除去効果も使える「深淵の獣ドルイドヴルム」が有力な候補となるでしょう。

 

初期手札に「復烙印」「深淵の獣サロニール」があったなら、それらを「神炎竜ルベリオン」の手札コストにすることで墓地に「復烙印」を用意できるため、「黒衣竜アルビオン」の効果でデッキから墓地へ送るカードを別のものに出来ます。

 

赫の聖女カルテシア

 

もし残り手札に「赫の聖女カルテシア」があったのであれば、「深淵の獣ルベリオン」でサーチするのを「深淵の獣サロニール」に変え、「黒衣竜アルビオン」の効果で墓地へ送るのを「アルバスの落胤」に変えることで、「烙印の獣」「復烙印」を揃える盤面を変えないまま「赫の聖女カルテシア」の自己特殊召喚も可能になります。

 

「赫の聖女カルテシア」を出しておくことで、フリーチェーンで「デスピアン・クエリティス」「赫灼竜マスカレイド」「ガーディアン・キマイラ」等の融合召喚をすることも狙えるでしょう。

 

まとめ!

 

「深淵の獣(ビーステッド)」デッキレシピを紹介してきましたが、「深淵の獣(ビーステッド)」の強い点は、光属性と闇属性のドラゴン族テーマなので、今回採用したカード以外にもサポートカードに困らない点や、「烙印」軸であれば「氷剣竜ミラジェイド」「デスピアン・クエリティス」などの強力な融合モンスターの召喚が狙える点です。

 

今回の構築以外にも「カオス」軸で組んでみたり、汎用カードを多く採用し、環境で使うことを想定した構築など、構築の幅が広いのも「深淵の獣(ビーステッド)」の長所かと思います。

 

「深淵の獣(ビーステッド)」デッキをこれから組もうか迷っている方や、組む予定のある方は是非今回のデッキレシピを参考にしていただければ幸いです!

 

「深淵の獣(ビーステッド)」に関しての別途関連記事はコチラ↓

「深淵の獣(ビーステッド)」の影響で高騰が予想されるカードを一覧で紹介!デッキを作るなら確保しておきたい!

 

「深淵の獣(ビーステッド)」と相性の良いカード8選を紹介!デッキを組むなら集めておくべきカード多数!?


遊戯王OCGデュエルモンスターズ DARKWING BLAST BOX


【アジア版】ダークウィングブラスト(1BOX分)遊戯王

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください