【遊戯王マスターデュエル】初イベントで自爆デッキが流行!?自爆デッキについての考察と改善点は?

遊戯王マスターデュエルでは2022220日現在イベントとしてエクシーズフェスティバルが開催しています。

独自のレギュレーションが適用されているエクシーズフェスティバルですが、自爆デッキというものがユーザーの間で流行しています。

今回はそんな自爆デッキについて紹介と考察をしていきます。

遊戯王マスターデュエルで自爆デッキが流行中!?自爆デッキについて紹介!


まず自爆デッキについてよく知らないという人に向けて簡単に紹介します。

自爆デッキとは、

自爆の名の通り“より早く自分のライフを0にする”ことに特化したデッキ

のことを指します。

ライフコストを払うカードやデメリットとして自分がダメージを受けるカードを多用することで、手札次第では先攻1ターン目で自分のライフを0にして敗北することが可能になっています。

具体的にどんなカードが使われているのかというと、

発動条件なしでライフを半分払う「サイバネティック・フュージョン・サポート」

2000ライフをコストに自己特殊できる「ガーベージ・ロード」

「コザッキー」が存在しない場合に自壊して2500のダメージを受ける「G・コザッキー」

デッキトップからカードを3枚墓地へ送りその中の魔法・罠カードの数×1000ダメージを受ける「デステニー・デストロイ」

などが特に多いです。

ライフコストを払うカードを使って自分のライフをある程度まで減らし、残りを自分がダメージを受ける効果を使って0にする。

というのが自爆デッキの主な動き方になっています。

当然ですが自爆をすれば自分がデュエルで敗北することになります。

ではなぜそんな自爆デッキが流行したのかについてですが、一番大きい理由

イベントのポイント報酬を手に入れるための時間効率を求めた結果

だと思います。

エクシーズフェスティバルではデュエルで敗北した時にもポイントが貰える仕様となっており、手に入れたポイントの累計数に応じてジェムなどの報酬が貰えるようになっています。

この点に注目して『勝つか負けるか分からないデュエルを時間をかけてするより、少ない時間で確実に負けた方が効率が良い』という意見が生まれ、それを安定して実行するためのデッキとして自爆デッキが作られたようです。

また中には

『エクシーズ召喚に大して関心は無いもののイベントの報酬は欲しいので、手早く報酬を手に入れるために低レアリティのカードで作れる自爆デッキを使う』

という人もいるようです。

これを受けた運営は勝利時のポイントを増やすという対応を行いました。

これにより

『ポイントが多いなら勝ちに行った方が良い』

と思い自爆デッキをやめた人がいる一方で、

『負けた時のポイントが変わらないのなら効率自体は変わらない』

と思い目的の報酬を手に入れるまで自爆デッキを使い続ける人もいます。

2022221日では運営が対応する前よりは減ったものの一定数はいる、というのが現状になっています。

スポンサーリンク

自爆デッキについて個人的な意見と今後望む改善点はある?


自爆デッキについてですが

個人的には良くないとは思うものの今回のイベントに限っては仕方ない面が強いようにも感じています。

ある意味ではデュエルを放棄している自爆デッキを嫌う気持ちも分かりますが、報酬のみを求めて時間効率を上げたいという気持ちも分からないでもないです。

実際エクシーズ召喚やエクシーズテーマに感心が無い人にもエクシーズをメインにしたガチデッキを作ることを推奨するのは違うような気もしますし、だからといって『なら報酬は諦めろ』と言うのも酷な話です。

そのためにレンタルデッキがあるとも言えますが、工夫されたマイデッキが相手では勝てる可能性が低い上に勝ったとしてもポイントが少ないため、やる気が落ちてしまったり『それなら自爆デッキの方が良い』という意見も少なくないです。

遊戯王やデュエルに不慣れな初心者のためにも敗北時にポイントが貰える仕様には賛成ですが、敗北時のポイントがある以上今回のような自爆デッキの効率が良くなってしまうのは難しい所です。

自爆デッキは規制が難しく、今回のイベントで使われているカードをピンポイントで禁止にすることは出来るでしょうが、そうなった場合は別のライフコストを払うカードやデメリットとして自分がダメージを受ける効果を持つカードを使うだけになりそうでもあります。

かといってそういったカード全般を規制すると、意図せず一部のテーマデッキの動きを妨害してしまうことにもなりかねません。

個人的には、自爆デッキと同様エクシーズ召喚を一切行わないテーマデッキが参加していることにもあまり良い気分はしません。

結局のところどんなデッキを使おうが自由と言われればそれまでですが、何のためのエクシーズフェスティバルなのか分からなくなるという意味ではどちらもあまり変わりません。

今後の改善点ですが、今回のエクシーズフェスティバルでの自爆デッキに対して、今後新たなイベントをする際に運営がどのような対応を取るかは今のところ未知数です。

前述もした通り自爆デッキを規制するのは簡単とは言い辛いため、カードを規制するのかイベントのルールの方を調整するのかという判断も難しいでしょう。

極端な話をすれば敗北時に得られるポイントが無くなれば自爆デッキは消えるのでしょうが、それでは初心者などが可哀想なので実現して欲しくはありません。

自爆デッキの規制と直接は関係が無いかもしれませんが、

個人的にはレンタルデッキはレンタルデッキ同士とマッチングするようにした方がもっと楽しめるのではないかと思います。

レンタルデッキよりもマイデッキの方が勝利時の報酬が多いこと自体は別に良いのですが、問題はレンタルデッキではマイデッキに勝つことがかなり難しい故にいいカモのようになっていることです。

以上のことからレンタルデッキをこれ以上強くするよりも、マイデッキとはマッチングを完全に分けてしまう方が良いように思います。

スポンサーリンク

まとめ!

自爆デッキについての考察と今後について、紹介してきましたが、自爆デッキについては、恐らく考えることは人それぞれかと思いますので、この場でひとけりに

「自爆デッキを使う人は悪」

とは言い切れませんし、自爆デッキはまさに、今回のイベントの穴をついた様な戦術だったのではないかと、個人的には感じました。

エクシーズフェスティバルに参加することで、特典がもらえるというのは、参加者にとっては嬉しい特典ですが、裏を返してしまえば、

「いかに効率良く周回し、報酬を回収するか?」

フォーカスされてしまうことは仕方のないことなのかも知れません。

しかし、今回はまだ初イベントということもありますので、今後どの様に改善されていくのかに期待していきたいところです。

今回の関連記事はコチラ↓

遊戯王マスターデュエルでは初のイベントとなるエクシーズフェスティバルが2022年2月17日から開催しています。 エクシ...
数多くのユーザーがプレイしている遊戯王マスターデュエルですが、楽しめている人がいる一方ではつまらないと感じている人もいます。 ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする