遊戯王のエラーカードとはなに?エラーカードについての解説と高額で取引されたカードを紹介!




遊戯王にはエラーカードというものが存在することをご存知でしょうか?

メルカリ等でモノによってはかなりの高額が付いているエラーカードですが、今回はそもそもエラーカードとはどんなカードのことを指しているのかや驚くほど高い値段が付いたエラーカードについて書いていきます。

最近話題になったエラーカードってそもそも何?知らない方のために軽くおさらい!

ライジング・ランペイジのアジア版エラーカード高価買取されるということで話題になりました。

エラーカードとは、印刷ミスや裁断ミス等によって生まれたカードのことです。

製作側のミスであり、エラーであるためエラーカードと呼ばれています。

そのため希少性が高くレアリティの高さも合わせればかなり高い値段で取引されることになります。

印刷ミスや裁断ミスと言われてもピンとこない人のために具体例を挙げますと、

・カード名の文字が名前の文字枠から大きく外れてしまっている名前の字ずれ

・カードの枠となる黒い部分が一方向だけ無かったり異様に狭い枠ずれ

他にもカードに対してレリーフ加工がずれてしまったレリーフ加工ずれ等もエラーカードとなります。

他にも数多くの種類があるエラーカードですが、初期の頃から存在しいつの時代でもコレクター等の需要によって高値が付いています。

過去にエラーカードとなった高額カードになったカードたち!!

「蒼翠の風霊使いウィン」20thシークレットレアエラー

蒼翠の風霊使いウィン(20thシークレット仕様)

最近の話題になったカードであり、初期は40万を超えるほどの買取価格が付いていました。

価格が落ち着いた今では28万が最高買取価格のようですが、それでもとてつもない額です。

アジア版のライジング・ランペイジに収録されていたというエラーカードであり、最近特に話題になっていたカードでもあります。

20thシークレットレアは文字が赤色で効果テキストの部分に20thのマークが入っていることが特徴なのですが、エラーカードでは効果テキストに20thのマークが入っているのに文字がシークレットレア同様に銀色という特徴があります。

非常に希少であり、それに加えて20thシークレットレアのエラーカードということで期間限定といった部分もあるため高額で取引されることになったのだと思われます。

スポンサーリンク

「心変わり」パック閉じ跡エラー

心変わり

かなり初期のエラーカードですが、10万円という驚くほどのの価格で取引されました。

カードにパッケージ跡がくっきり残ってしまっているというエラーカードであり、このカード自体がウルトラレアであることも含めて希少性が非常に高いです。

パック閉じ跡エラーはたびたび登場しますが、そのカードのレアリティによっても価格が大きく異なります。

特にこの「心変わり」は初期のカード仕様でありつつもウルトラレアで、なおかつパック閉じ跡が一目で分かるほどくっきり残っています。

スポンサーリンク

「青眼の白龍」枠ずれエラー

青眼の白龍

こちらは3万円を超える価格で市場に流れたエラーカードです。

カードが枠から斜めにずれており、枠の幅が左右で大きく異なります。

カード自体もウルトラレアであるため希少性が更に上がりこういった価格で取引されたのだと思われます。

元々「青眼の白龍」はファンから人気の高いカードでもありますし、そういった理由からもコレクターの需要が高くなっていたようです。

「デーモンの召喚」ネームエラー

デーモンの召喚

こちらは2万円ほどの価格で取引されたエラーカードです。

知っての通りこのカードの本来のカード名は「デーモンの召喚」なのですが、エラーカードにはカード名の所に「レジェンド・デビル」と印刷されています。

カード名が間違って印刷されるという中々に珍しいエラーカードであるため高額になったのだと思われます。

ちなみに「デーモンの召喚」だけでなく「ハーピィレディ三姉妹」「レジェンド・デビル」表記されるエラーカードが存在し、そちらも高い値段で売買が行われていました。

スポンサーリンク

エラーカードについてのまとめ!

印刷ミスや裁断ミスによって生まれるエラーカードですが、希少性という点においてどれだけ高額で取引されるのか分かりましたでしょうか。

コレクターではない人からすればエラーカードじゃない方が嬉しいかと思いますが、稀に当たるかもしれませんしエラーカードは高く売ることが出来るということは覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする