【ヴァンパイアデッキレシピ2021】回し方・相性の良いカードを当サイトから紹介!【遊戯王OCG】

先日発売したセレクション10で「ヴァンパイア」テーマに新規カードが新たに加わりました。

そこで今回は新規カードを採用した新しい「ヴァンパイア」デッキレシピ等について紹介していきたいと思います。

新規【ヴァンパイアデッキレシピ2021】の紹介

モンスターカード

「竜血公ヴァンパイア」×2

「ヴァンパイアの使い魔」×3

「ヴァンパイアの眷属」×3

「ヴァンパイア・ソーサラー」×3

「シャドウ・ヴァンパイア」×1

「ヴァンパイア・デューク」×1

「ヴァンパイア・フロイライン」×3

「ヴァンパイア・スカージレット」×2

「ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア」×1

「ユニゾンビ」×3

「馬頭鬼」×2

「灰流うらら」×2

魔法カード

「ヴァンパイア帝国」×1

「ヴァンパイア・デザイア」×1

「ヴァンパイアの領域」×2

「おろかな埋葬」×1

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「ヴァンパイアの支配」×3

「ヴァンパイア・アウェイク」×2

「大捕り物」×2

エクストラデッキ

「紅貴士-ヴァンパイア・ブラム」×2

「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」×3

No.24 竜血鬼ドラギュラス」×1

「リンクリボー」×2

「ヴァンパイア・サッカー」×3

「アドヴェンデット・セイヴァー」×2

「トロイメア・フェニックス」×1

「トロイメア・ユニコーン」×1

【ヴァンパイアデッキレシピ2021】回し方を紹介

デッキのコンセプトですが、墓地肥やしや蘇生効果を駆使しながら最上級「ヴァンパイア」モンスターや「ヴァンパイア」エクシーズモンスターでビートダウンを行っていくというものです。

今回紹介したデッキレシピは、カテゴリ名を参照にしてサポートを行うことが多い「ヴァンパイア」の動きを邪魔しないように出来るだけ純構築に近づけた「ヴァンパイア」デッキにさせていただきました。

デッキの回し方ですが、まずはサーチ効果等で状況に適したカードを引き込んでいきます。

ヴァンパイアの使い魔

「ヴァンパイアの使い魔」と「ヴァンパイアの眷属」はどちらも特殊召喚成功時にライフコストを払うことでサーチ効果の発動が可能です。

特にレベル1「ヴァンパイアの使い魔」「リンクリボー」の素材にしてから自己蘇生効果を使うことで手札の「ヴァンパイア」モンスターを墓地へ送りつつ「ヴァンパイア」モンスターのサーチも出来ます。

ヴァンパイア・ソーサラー

「ヴァンパイア・ソーサラー」もトリガーが相手依存ではあるもののサーチ効果を持っており、墓地で発動する効果は重用するため墓地肥やし効果等で早めに墓地に送っておくのも有りです。

ユニゾンビ

上記の下級「ヴァンパイア」モンスターだけでなく、使いやすい蘇生効果で有名な「馬頭鬼」を墓地へ送っておく手段としても「ユニゾンビ」は活用しやすいでしょう。

必要なカードが揃ったら上級・最上級「ヴァンパイア」モンスターを出していきます。

ヴァンパイア・デューク

上級・最上級「ヴァンパイア」モンスターは召喚成功時に真価を発揮するものも多いため、アドバンス召喚や「ヴァンパイア・ソーサラー」の効果でリリースなしで召喚することが望ましいです。

ヴァンパイアの領域

「ヴァンパイアの領域」は「ヴァンパイア」専用で召喚権を追加できるだけでなく、ライフコストが嵩みがちな「ヴァンパイア」においてライフ回復が見込めるため「ヴァンパイアの眷属」等で引き込んで早めに発動しておくと良いでしょう。

ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア

特殊召喚効果によってその後のエクシーズ召喚に繋げやすい「シャドウ・ヴァンパイア」「ヴァンパイア・デューク」「ヴァンパイア・スカージレット」だけでなく、装備カード化による除去と自己強化により高火力を得ることも狙える「ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア」も強力です。

竜血公ヴァンパイア

新規カードの「竜血公ヴァンパイア」は召喚成功時の効果で相手の墓地から蘇生したモンスターを使って「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」のエクシーズ召喚が狙えますし、1ターンに1度自分・相手の墓地に同名モンスターが存在するモンスター効果の発動を無効にできるため手札誘発モンスターや相手がデッキに複数枚積みしているキーカード等の妨害に役立ちます。

交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン

相手のモンスターを素材にすることで出しやすい上に除去効果を持つ「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」を活用したり、「ヴァンパイア・フロイライン」で戦闘を補助していくことで相手にビートダウンを仕掛けていけるでしょう。

今回採用を見送った「ヴァンパイア」テーマと相性の良いカードを一部紹介!

ここでは、今回残念ながら「ヴァンパイア」デッキを構築する際に採用を見送ったカードを一部紹介します。

今回のデッキを改造して遊びたい方は是非、参考にしていただければ幸いです。

「グローアップ・ブルーム」

グローアップ・ブルーム

「ヴァンパイア」ではレベル5以上のアンデット族モンスターを活用するため相性が良いです。

どこから墓地へ送られても良いため、墓地肥やし効果がそのままサーチ効果に繋がってくれます。

「アンデットワールド」があればサーチせずにリクルートも出来るので、特殊召喚先として有力な「死霊王 ドーハスーラ」とのセット採用も見込めます。

PSYフレームロード・Ω

PSYフレームロード・Ω

アンデット族デッキでは「不知火の隠者」+「ユニゾンビ」+「馬頭鬼」で出せることでお馴染みのレベル8シンクロモンスターです。

相手スタンバイフェイズに除外されているカード1枚を墓地に戻せるため蘇生効果を持つ「馬頭鬼」はもちろん、自己蘇生後は除外されてしまう「ヴァンパイアの使い魔」「ヴァンパイアの眷属」を墓地に戻して再利用を図ることも出来ます。

「アンデット・ネクロナイズ」

アンデット・ネクロナイズ

レベル5以上のアンデット族を駆使する「ヴァンパイア」では比較的使いやすいコントロール奪取カードです。

「精神操作」等と違い、コントロールを奪ったモンスターに何のデメリットも付かないため効果を使ったり攻撃に参加させられるのが大きな利点です。

そうでなくても「ヴァンパイア」では「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」のエクシーズ素材に出来るので使いやすいです。

今回紹介したデッキレシピではコントロール奪取カードとして、フリーチェーンで発動出来る罠カードであることから相手ターン中の妨害としても機能する「大捕り物」を採用しましたが、「アンデット・ネクロナイズ」等のコントロール奪取カードをどれくらい採用するかは実際に運用しながら試行錯誤すると良いでしょう。

【ヴァンパイアデッキレシピ2021】回し方・相性の良いカードを当サイトから紹介!【遊戯王OCG】まとめ!

「ヴァンパイア」デッキレシピ2020の紹介と回し方と今回採用を見送ってしまった相性の良いカードを一部紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

「ヴァンパイア」モンスターはアンデット族テーマなので、今回紹介した構築以外にも相性の良いカードやサポートが豊富な種族なので、このデッキ構築にこだわらなくても、強力なテーマです。

セレクション10の最後の強化枠として登場した「ヴァンパイア」ですが、個人的にはやはり、イラストがかっこいいので好きですね!(笑)

「ヴァンパイア」関連のカードは今から集めるのは少し大変かもしれませんが、是非今回の内容を見て、作りたいと思ったらチャレンジして見てくださいね!

アンデット族をサポートするカードの紹介はコチラ↓

遊戯王にはアンデット族という種族が存在し、その名の通りゾンビや妖怪なんかがモチーフになっているモンスターが属している種族になっていま...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする