【聖刻デッキレシピ2021】回し方・動きの戦術例の紹介!【遊戯王OCG】

セレクション10で新規カードが登場したことにより「聖刻」テーマは強化されることになりました。

種族と属性のサポートが豊富な上に色々なテーマの混合構築が見られる「聖刻」テーマですが、今回の構築はなるべく「聖刻」の特徴を活かせる様に混合構築ではなく、純構築の紹介です。

そこで今回は新規カードを採用した新たな「聖刻」デッキレシピやその回し方などを紹介していきます。

新規【聖刻デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「聖刻龍-ドラゴンゲイヴ」×3

「聖刻龍-アセトドラゴン」×3

「聖刻龍-ネフテドラゴン」×2

「聖刻龍-シユウドラゴン」×3

「聖刻龍-トフェニドラゴン」×3

「神龍の聖刻印」×2

「ラブラドライドラゴン」×1

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」×1

「灰流うらら」×3

「増殖するG×2

魔法カード

「創造の聖刻印」×3

「召集の聖刻印」×3

「星呼びの天儀台」×2

「モンスター・ゲート」×1

「墓穴の指名者」×2

「死者蘇生」×1

罠カード

「無限泡影」×3

「反射の聖刻印」×2

エクストラデッキ

FNo.0 未来皇ホープ」×1

FNo.0 未来龍皇ホープ」×1

「聖刻龍王-アトゥムス」×3

「迅雷の騎士ガイアドラグーン」×2

「聖刻天龍-エネアード」×1

「聖刻神龍-エネアード」×1

「銀河眼の光波竜」×1

「銀河眼の極光波竜」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「天球の聖刻印」×2

「ヴァレルソード・ドラゴン」×1

【聖刻デッキレシピ2021】回し方・動きの戦術例を紹介!


デッキのコンセプトですが、「聖刻」テーマの展開力を活用しエクシーズ召喚を素早く行うことで強力なエクシーズモンスターで勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピでは純構築に近い「聖刻」デッキにしましたが、「聖刻」は「カオス」や「ギャラクシー」等の他テーマとの相性も良いので複合構築を検討出来ます。

召集の聖刻印

デッキの回し方ですが、まずはエクシーズ素材の確保に必要なカードを手札に引き込んでいきます。

「召集の聖刻印」は好きな「聖刻」モンスター1体をサーチできるため、安定力向上やデッキ回転力という意味でも非常に優秀なカードです。

星呼びの天儀台

また「星呼びの天儀台」は手札・フィールドのレベル6モンスターをデッキに戻すことで2枚ドローが出来るため22交換で手札の質を向上させることが狙えます。

次にエクシーズ素材となる「聖刻」モンスターの展開を行っていきます。

聖刻龍-トフェニドラゴン

「聖刻」モンスターはリリースされた時にデッキからドラゴン族・通常モンスター1体を手札・デッキ・墓地から特殊召喚する効果を持っているため、「聖刻」モンスターをリリースする効果と併せることで展開しながらアドバンテージを稼いでいけます。

特殊召喚先の範囲が広いことから除外されてない限りはドラゴン族・通常モンスターの特殊召喚が狙えるのは大きな特長です。

具体的な運用は後述しますが、自分フィールドのモンスターをリリースして特殊召喚する効果で「聖刻」モンスターをリリースすることにより、リリースされた「聖刻」モンスターの効果と合わせて計2体の特殊召喚ができるためエクシーズ素材を確保できます。

素材が揃ったらエクシーズ召喚を行うことで更なる展開をしたり攻勢に出ていきます。

聖刻龍王-アトゥムス

「聖刻」デッキではトップレベルに出しやすい「聖刻龍王-アトゥムス」はドラゴン族モンスター1体を攻守0にしてリクルート出来る効果を持っているため、新たな「聖刻」モンスターや「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」をリクルートすることで更なる展開を狙えます。

創造の聖刻印

リクルート効果使用後は自身が攻撃できなくなってしまいますが、「迅雷の騎士ガイアドラグーン」を重ねて出したり「創造の聖刻印」を使うことでデメリットを気にしなくて済みます。

展開した後はランク8の「聖刻」エクシーズモンスターや他の強力な効果を持つエクシーズモンスターを使うことでビートダウンを狙っていけます。

また出しやすいリンク2モンスターである「天球の聖刻印」は相手ターン中にフリーチェーンでバウンス効果を使えることから妨害としても機能してくれます。

「聖刻」デッキの新規カードを使った戦術例を1つ紹介!

聖刻龍-アセトドラゴン

新規カードを使った具体的な戦術例を1つ紹介します。

先攻1ターン目と仮定して、手札に「創造の聖刻印」+「聖刻龍-アセトドラゴン」+「聖刻龍-シユウドラゴン」3枚がある場合に出来るコンボです。

「聖刻龍-アセトドラゴン」を自身の効果によりリリースなしで妥協召喚→

聖刻龍-シユウドラゴン

「聖刻龍-アセトドラゴン」をリリースすることで手札の「聖刻龍-シユウドラゴン」を特殊召喚→

リリースされた「聖刻龍-アセトドラゴン」の効果によりデッキから「ラブラドライドラゴン」をリクルート→

聖刻龍王-アトゥムス

「聖刻龍-シユウドラゴン」「ラブラドライドラゴン」を素材に「聖刻龍王-アトゥムス」をエクシーズ召喚→

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

「聖刻龍王-アトゥムス」の効果を使いエクシーズ素材を1つ取り除いて「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」をリクルート→

迅雷の騎士ガイアドラグーン

「聖刻龍王-アトゥムス」を素材に「迅雷の騎士ガイアドラグーン」をエクシーズ召喚→

「創造の聖刻印」を発動して「迅雷の騎士ガイアドラグーン」を素材に「聖刻龍王-アトゥムス」2体目)をエクシーズ召喚→

「聖刻龍王-アトゥムス」(2体目)の効果を発動してエクシーズ素材となっている「聖刻龍王-アトゥムス」(1体目)を取り除いてドラゴン族モンスター1体(何でも可)をリクルート→

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」の効果を発動し墓地の「聖刻龍王-アトゥムス」(1体目)を蘇生→

2体の「聖刻龍王-アトゥムス」を素材にFNo.0 未来皇ホープ」をエクシーズ召喚→

FNo.0 未来龍皇ホープ

FNo.0 未来皇ホープ」を素材にFNo.0 未来龍皇ホープ」をエクシーズ召喚→

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」とドラゴン族モンスターを素材に「天球の聖刻印」をリンク召喚出来ます。

長くなってしまいましたが、結果的に「天球の聖刻印」FNo.0 未来龍皇ホープ」を並べることができたのでFNo.0 未来龍皇ホープ」破壊耐性を持つことも含めて優秀な制圧盤面の構築が出来ました。

輝白竜 ワイバースター

今回紹介したデッキレシピでは採用してませんが、「天球の聖刻印」の素材に使うドラゴン族モンスターを「星杯の守護竜」「輝白竜 ワイバースター」等にすれば更なる展開を行うことも可能でしょう。

【聖刻デッキレシピ2021】回し方・動きの戦術例の紹介!【遊戯王OCG】

新規カード入りの「聖刻」デッキレシピの紹介でしたが、参考になりましたでしょうか?

「聖刻」テーマは純構築でも十分に強いテーマですが、相性の良いテーマが多いので、個人的に混合構築も非常におすすめですので、デッキを改造する際は色々試してみることをおすすめします。

今後も相性の良いテーマやカードが増えることが予想されるテーマであり、伸び代のある点も「聖刻」テーマの魅力であり、長所でしょう!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする