【トライブリゲードデッキレシピ2021】の回し方と展開例を紹介!新規カードが増えているテーマ!

ライトニング・オーバードライブにて「トライブリゲード」に新規カードが登場しました。

前回の基本パックに引き続いての新規カードということで、「トライブリゲード」は「ドラグマ」等と同様に少しずつ確実に強化されているテーマでもあります。

そこで今回は新規カードを採用した「トライブリゲード」デッキレシピと回し方などを当サイトから紹介していきます。

【トライブリゲードデッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「鉄獣戦線 ケラス」×3

「鉄獣戦線 ナーベル」×3

「鉄獣戦線 フラクトール」×3

「鉄獣戦線 キット」×3

「レスキューキャット」×3

「超重禽属コカトリウム」×1

「獣王アルファ」×2

「灰流うらら」×3

魔法カード

「鉄獣の凶襲」×3

「鉄獣の戦線」×1

「鉄獣の邂逅」×1

「炎舞-「天キ」」×3

「墓穴の指名者」×2

「おろかな埋葬」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「鉄獣の抗戦」×3

「鉄獣戦線 血盟」×1

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

No.64 古狸三太夫」×1

「神騎セイントレア」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「転生炎獣アルミラージ」×1

「鉄獣戦線 塊撃のベアブルム」×2

「鉄獣戦線 徒花のフェリジット」×2

「戦華盟将-双龍」×1

「鉄獣戦線 銀弾のルガル」×2

「鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ」×2

「アクセスコード・トーカー」×1

「召命の神弓-アポロウーサ」×1

【トライブリゲードデッキレシピ2021】の回し方を紹介!


デッキのコンセプトですが、墓地リソースなどを活用して正規の方法や効果でリンクモンスターをエクストラデッキから特殊召喚するという「トライブリゲード」の特徴を活かしてデュエルを有利に進めるというものです。

今回紹介したデッキレシピでは、新規カードを積極的に活用するために純構築に近い形にさせていただきました。

デッキの回し方ですが、まずは「トライブリゲード」モンスターの共通効果を活かしたりモンスターの展開をしていくためにサーチや墓地肥やし行います。

鉄獣戦線 フラクトール

サーチ効果としては、「炎舞-「天キ」」の発動処理時の効果では墓地肥やし効果が優秀な「鉄獣戦線 フラクトール」をサーチできます。

鉄獣戦線 ナーベル

また「鉄獣戦線 ナーベル」の墓地へ送られた場合のサーチ効果も有用で、墓地肥やし効果が実質的なサーチ効果になるだけでなく墓地にいる「鉄獣戦線 ナーベル」は後に「トライブリゲード」モンスターの共通効果で除外するといった活用も出来ます。

鉄獣戦線 キット

墓地肥やし効果としては、手札から自身を捨てることで墓地肥やし効果を使える「鉄獣戦線 フラクトール」や墓地へ送られた場合に墓地肥やし効果を使える「鉄獣戦線 キット」が優秀です。

以上のサーチと墓地肥やしを合わせれば、「鉄獣戦線 フラクトール」「鉄獣戦線 キット」「鉄獣戦線 ナーベル」の順に使うことで墓地に「トライブリゲード」モンスター3体を溜めつつ「トライブリゲード」モンスター1(「鉄獣戦線 ナーベル」以外)のサーチが出来ます。

鉄獣戦線 徒花のフェリジット

墓地に獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを溜めたら「トライブリゲード」モンスターの効果を使ってリンクモンスターを展開していきます。

手札から獣族・獣戦士族・鳥獣族の下級モンスターを特殊召喚できる「鉄獣戦線 徒花のフェリジット」等を特殊召喚することで更にモンスターを展開でき、高リンクモンスターのリンク召喚なども狙っていけます。

鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ

エースであり切り札でもある「鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ」は高い攻撃力に加えて強力な除去効果を持っているため、自分のターンに出して攻勢に出たり「鉄獣の抗戦」等で相手ターン中に出して妨害を狙っていけるでしょう。

鉄獣戦線 塊撃のベアブルム

新規カードである「鉄獣戦線 塊撃のベアブルム」は手札コストを要する帰還効果と墓地へ送られた場合の「トライブリゲード」魔法・罠カードをサーチする手札交換効果があります。

帰還効果は手札コストに「トライブリゲード」モンスターを使うことでアドバンテージへと繋げられますし、「トライブリゲード」魔法・罠カードをサーチできる貴重な手段ですのでこちらの効果だけを頼りに活用するのも一つの手です。

新規カードを使った【トライブリゲードデッキレシピ2021】の展開例を紹介!

鉄獣戦線 フラクトール

新規カードを使った具体的な展開例を一つ紹介します。

先攻1ターン目であることを前提として、手札に「鉄獣戦線 フラクトール」+「トライブリゲード」モンスター(ここでは「鉄獣戦線 ケラス」と仮定します)カード1枚(何でも可)がある場合に出来るコンボです。

鉄獣戦線 キット

手札の「鉄獣戦線 フラクトール」の効果を使って手札の自身とデッキから「鉄獣戦線 キット」を墓地へ送る→

鉄獣戦線 ナーベル

「鉄獣戦線 キット」の効果によってデッキから「鉄獣戦線 ナーベル」を墓地へ送る→

「鉄獣戦線 ナーベル」の効果で「鉄獣戦線 ケラス」以外の「トライブリゲード」モンスター1(ここでは「鉄獣戦線 フラクトール」と仮定します)をサーチ→

「鉄獣戦線 ケラス」を通常召喚→

鉄獣戦線 徒花のフェリジット

「鉄獣戦線 ケラス」の効果を使って墓地の「鉄獣戦線 フラクトール」「鉄獣戦線 キット」を除外してエクストラデッキから「鉄獣戦線 徒花のフェリジット」を特殊召喚→

鉄獣戦線 塊撃のベアブルム

「鉄獣戦線 徒花のフェリジット」の効果を使って手札の「鉄獣戦線 フラクトール」を特殊召喚→「鉄獣戦線 ケラス」「鉄獣戦線 徒花のフェリジット」を素材に「鉄獣戦線 塊撃のベアブルム」をリンク召喚→

「鉄獣戦線 徒花のフェリジット」の効果による手札交換→

戦華盟将-双龍

「鉄獣戦線 フラクトール」の効果を使い墓地の「鉄獣戦線 ケラス」「鉄獣戦線 ナーベル」を除外して「戦華盟将-双龍」を特殊召喚→

鉄獣戦線 銀弾のルガル

「鉄獣戦線 フラクトール」「鉄獣戦線 塊撃のベアブルム」を素材に「鉄獣戦線 銀弾のルガル」をリンク召喚→

鉄獣の抗戦

「鉄獣戦線 塊撃のベアブルム」の効果により「鉄獣の抗戦」をサーチして手札のカード1枚をデッキボトムに戻す→

「鉄獣の抗戦」をセットが出来ます。

結果的に「鉄獣戦線 銀弾のルガル」「戦華盟将-双龍」がフィールドにおり、「鉄獣の抗戦」をセットした盤面になりました。

鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ

次の相手ターンには「鉄獣の抗戦」によって除外されている「トライブリゲード」モンスター4体を帰還させそれらを素材に「鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ」のリンク召喚が出来ます。

「鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ」の特殊召喚成功時の除去効果で相手の戦術を妨害できますし、リンク素材として使用した「鉄獣戦線 ナーベル」等の効果によるアドバンテージ獲得も狙えます。加えてフリーチェーンでバウンス効果を使える「戦華盟将-双龍」もいるため更なる妨害も可能です。

「鉄獣戦線 フラクトール」「炎舞-「天キ」」でサーチできますし、それ以外の初期手札の自由度も高いため初手に揃う可能性は十分にあるでしょう。

「トライブリゲート」デッキレシピを改造するなら?

炎星仙-ワシンジン

「トライブリゲート」と相性の良いテーマについて先ほど、少し触れましたが、「トライブリゲート」と組み合わせる候補として相性が良いのは、個人的な意見になりますが、「炎星」が有力かと思われます。

サーチなどのサポートが豊富な「炎星」とは展開面でも種族面でも相性が良いので、構築の際に試して見る価値はあるでしょう。

コチラでは「トライブリゲート」と相性の良いカードについて紹介しております!

2020年8月8日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジに収録される新規テーマ「鉄獣戦線(トライブリゲード)」についての情報が公...

「トライブリゲート」デッキレシピの回し方についてのまとめ!

「ドラグマ」との関連性の高いテーマということで、今回も強化されましたが、「ドラグマ」と「トライブリゲード」との戦いは今後も続くことが予想されますので、今後も強化されるテーマではないかと思います。

「トライブリゲード」も種類が増え、純構築も行やすくなりましたが、「十二獣」や「炎星」との混合構築も強力なので、デッキを改造する際は、是非参考にしてみてください!


遊戯王 ライトニングオーバードライブ 100パックセット


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ PHANTOM RAGE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする