【スプリガンズデッキレシピ】の回し方を紹介!ブレイジング・ボルテックスからの新規テーマ!

「スプリガンズ」は20201031日に発売予定の基本パック、ブレイジング・ボルテックスにて登場する新規テーマです。

そこで今回は「スプリガンズ」デッキレシピとその回し方について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「スプリガンズ」デッキレシピの紹介!

モンスターカード

「スプリガンズ・ロッキー」×3

「スプリガンズ・ピード」×3

「スプリガンズ・バンガー」×3

「スプリガンズ・キャプテン サルガス」×3

「アルバスの落胤」×3

「惑星探査車」×3

UFOタートル」×1

「スクラップ・リサイクラー」×1

魔法カード

「スプリガンズ・ウォッチ」×3

「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」×3

「テラ・フォーミング」×1

「天底の使徒」×2

「おろかな埋葬」×1

罠カード

「スプリガンズ・コール!」×3

「スプリガンズ・ブラスト!」×3

「戦線復帰」×3

「トラップトリック」×1

エクストラデッキ

「鉄駆竜スプリンド」×3

「灰燼竜バスタード」×2

「痕喰竜ブリガンド」×2

「ギアギガントX×2

「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」×3

「宵星の機神ディンギルス」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「ユニオン・キャリアー」×1

「スプリガンズ」デッキレシピの回し方を紹介!

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/機械族/攻1600/守2500
レベル8モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手のモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、
その数だけ、指定したゾーン及びその前・後・隣のゾーン(モンスターゾーン・魔法&罠ゾーン)に存在するカードの中から、
相手のカードを選んで破壊する。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
このカードをエンドフェイズまで除外する。

デッキのコンセプトですが、「スプリガンズ」テーマの特徴でもある「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」で出した「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」にエクシーズ素材を補充することで相手カードの除去を行いながらビートダウンを行っていくというものです。

アルバスの落胤

今回紹介したデッキレシピではシナジーの強い「アルバスの落胤」「アルバスの落胤」を融合素材に指定する融合モンスターも採用していますので、積極的に利用していくことでデッキの回転や相手の妨害なども狙っていけます。

大砂海ゴールド・ゴルゴンダ
フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの「スプリガンズ」Xモンスターの攻撃力は1000アップする。
(2):自分フィールドに「スプリガンズ」Xモンスターが存在しない場合、
手札から「スプリガンズ」カード1枚を捨てて発動できる。
EXデッキから「スプリガンズ」Xモンスター1体を特殊召喚する。
(3):自分フィールドの表側表示のXモンスターが効果でフィールドから離れた場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは攻撃できない。

デッキの回し方ですが、まず何より優先すべきは「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」の発動をすることです。

展開力が高くない「スプリガンズ」では、エースである「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」を出す手段は「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」に頼ることになります。ですので「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」を発動しやすくすることが「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」の出しやすさに直結します。

スプリガンズ・ウォッチ
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1枚を手札に加える。
自分のフィールドゾーンに「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が存在する場合、
代わりに以下の効果を適用できる。
●デッキから「スプリガンズ」モンスター1体を手札に加え、
デッキから「スプリガンズ」モンスター1体を墓地へ送る。

「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」のフル投入はもちろんのこと、テーマカードでもある「スプリガンズ・ウォッチ」でのサーチを狙ったり「テラ・フォーミング」「惑星探査車」でも引き込めます。

「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」を発動したら、その2の効果を使い手札の「スプリガンズ」カード1枚をコストにしてエクストラデッキから「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」を特殊召喚します。

この時コストには「スプリガンズ」モンスターを選ぶと無駄がありません。

「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」を出したら、メインデッキの「スプリガンズ」モンスターの共通効果を使うことで手札・フィールド・墓地の自身をエクシーズ素材として補充します。

エクシーズ素材を補充したことで「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」対象を取らない破壊効果が使えるようになり、素材の数や相手のフィールド次第では複数枚除去することも可能です。

スプリガンズ・キャプテン サルガス
効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻1500/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):相手ターンに、自分フィールドのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):このカードを素材として持っている「スプリガンズ」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードの攻撃力は500アップする。

また「スプリガンズ・キャプテン サルガス」をエクシーズ素材として持つことで、「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1の効果と併せて「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」の攻撃力は3100となるため火力としても期待できます。

他にもエクシーズ素材を残した「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」「スプリガンズ・キャプテン サルガス」を並べることで、相手ターン中にフリーチェーンで除去が出来るため妨害としても機能してくれます。

灰燼竜バスタード

「アルバスの落胤」は手札コストとして「スプリガンズ」モンスターを使えば後で有効活用できますし、自分のターンであれば相手のエース級のモンスターを融合素材として除去しつつ「灰燼竜バスタード」の融合召喚を狙いやすいでしょう。

鉄駆竜スプリンド
融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+このターンに特殊召喚された効果モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのこのカードの位置を、
他の自分のメインモンスターゾーンへ移動する。
その後、移動したこのカードと同じ縦列の他の表側表示のカードを全て破壊できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「スプリガンズ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

相手ターン中に「アルバスの落胤」を特殊召喚すれば相手の妨害をしつつ「鉄駆竜スプリンド」の融合召喚も狙えるため、墓地に「アルバスの落胤」を用意してから「スプリガンズ・コール!」「戦線復帰」等を使うと良いでしょう。

これらの蘇生カードは先述した「スプリガンズ・シップ エクスブロウラー」「スプリガンズ・キャプテン サルガス」を並べる際にも有用ですので腐りにくいです。

天底の使徒

また「天底の使徒」では「アルバスの落胤」をサーチしつつ「鉄駆竜スプリンド」をエクストラデッキから墓地へ送れるため、「鉄駆竜スプリンド」2の効果でエンドフェイズに「スプリガンズ」モンスターのサーチ・リクルートを狙えます。

「アルバスの落胤」を融合素材に指定する融合モンスターを活用していくことで「スプリガンズ・コール!」「スプリガンズ・ブラスト!」の真価を発揮させられるので、「スプリガンズ」の動きと併用して「アルバスの落胤」も使っていくことでより強力な運用が出来るでしょう。

【スプリガンズデッキレシピ】の回し方を紹介!ブレイジング・ボルテックスからの新規テーマ!まとめ!

当サイトから「スプリガンズ」デッキレシピの紹介でしたが、「スプリガンズ」デッキは展開力こそ高くはないものの、火力の出しやすいテーマであり、機械族テーマなのでサポートカードも豊富に存在するので、今回のデッキレシピを改造する際は「リミッター解除」などを採用し、火力を上げて見ても良いでしょう。

今回の新規テーマなので、今後も新規カードが登場し、強化される事が予想されるテーマですので、興味のある方は是非組んで遊んで見ていただければと思います。

コチラでは「スプリガンズ」テーマと相性の良いカードを紹介しておりますので、デッキを構築する際は参考にしていただければ幸いです↓

2020年10月31日発売予定の基本パック、ブレイジング・ボルテックスにて収録される新規テーマ「スプリガンズ」の詳細が判明しました。...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ BLAZING VORTEX BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1702

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする