「マギストス」デッキレシピの回し方を紹介!エクストラデッキのモンスターを装備して戦うテーマ!

「マギストス」はデッキビルドパック ジェネシス・インパクターズで登場した新規テーマの内の1つです。

エクストラデッキのモンスターを装備する効果や装備されることによって適用される効果を持つモンスター等がいるのが大きな特徴になっています。

そこで今回は「マギストス」デッキレシピとその回し方を紹介するので、パックを購入した人や興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

「マギストス」デッキレシピの紹介!

モンスターカード

「法典の大賢者クロウリー」×3

「絶火の大賢者ゾロア」×3

「結晶の大賢者サンドリヨン」×3

「聖魔の大賢者エンディミオン」×3

Emトリック・クラウン」×1

「増殖するG×2

「灰流うらら」×3

「エフェクト・ヴェーラー」×3

魔法カード

「三賢者の書」×3

「大いなる魔導」×3

「聖なる法典」×2

「絶火の祆現」×3

「墓穴の指名者」×2

「死者蘇生」×1

「おろかな埋葬」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

「法典の守護者アイワス」×2

EHERO アブソルートZero×1

「絶火の竜神ヴァフラム」×2

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」×1

「結晶の女神ニンアルル」×3

「聖魔の乙女アルテミス」×3

「水晶機巧-ハリファイバー」×1

「神聖魔皇后セレーネ」×1

「アクセスコード・トーカー」×1

スポンサーリンク

「マギストス」デッキの回し方を紹介!


まず始めにこのデッキのコンセプトですが、「マギストス」テーマの持つ特徴を存分に発揮させていくことでアドバンテージの獲得やモンスターの展開を行うことで融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚を駆使して勝利を目指すというものです。

デッキの回し方ですが、まずはデッキを動かす上でのキーカードとなる「マギストス」関連モンスターを使ってアドバンテージを稼いでいきます。

結晶の大賢者サンドリヨン

初手として理想的なカードとしては「結晶の大賢者サンドリヨン」があり、召喚・特殊召喚成功時に「マギストス」魔法・罠カード1枚をサーチできることからその後の展開に繋げていけます。

聖魔の乙女アルテミス

またリンク1「聖魔の乙女アルテミス」の存在は極めて重要であり、装備カードになっている場合の効果によって「マギストス」モンスター1体をサーチできるためハンドアドバンテージの獲得となります。

聖魔の大賢者エンディミオン

この効果によってエクストラデッキのモンスターを直接装備できる「聖魔の大賢者エンディミオン」等も間接的にアドバンテージ稼ぎができます。

絶火の大賢者ゾロア

モンスターの展開に適しているものとしては「絶火の大賢者ゾロア」がおり、1つ目の効果によりエクストラデッキのモンスターを自身に装備することで2の効果により手札・墓地の「マギストス」モンスター1体を特殊召喚できます。

結晶の女神ニンアルル

ただ展開するだけではなく、1の効果で「聖魔の乙女アルテミス」を装備すればサーチ効果で消費を抑えられますし、「結晶の女神ニンアルル」を装備すれば相手の魔法・罠カード除去を行えます。

三賢者の書

手札の「マギストス」モンスターは「三賢者の書」で特殊召喚できるため、シンプルに「マギストス」モンスターの展開に使うのも良いですし「聖魔の乙女アルテミス」の自身を装備カードにする効果の条件を満たす際にも有用です。

絶火の祆現

墓地の「マギストス」モンスターは「絶火の祆現」で蘇生できるため、「聖魔の乙女アルテミス」のリンク素材に使ったモンスターを蘇生したりすることでスムーズに展開出来ます。

「マギストス」モンスターを展開したら後は各種召喚方法に繋げていくことになります。

ヴァレルロード・S・ドラゴン

現状「マギストス」関連カードには制約を持つカードがないため、レベル8シンクロやランク4エクシーズに各種リンクモンスター等の汎用素材で出せるモンスターを種族や属性を気にせず利用することが出来るのは利点と言えます。

聖なる法典

また「聖なる法典」による融合召喚はその特性もあって、「マギストス」モンスターを装備した「マギストス」モンスターさえ用意できればそれだけで融合素材を確保できたことになるため消費が少なく済みます。

法典の守護者アイワス

融合召喚先となる「法典の守護者アイワス」は、自身を相手モンスターに装備することで効果の発動を封じつつ攻守を1000アップさせながらもコントロールを奪えるため強力です。

神聖魔皇后セレーネ

今回紹介したデッキレシピでは魔法カードの採用割合が多いことと展開効果を持つ「絶火の大賢者ゾロア」がチューナーであることを活かして、「水晶機巧-ハリファイバー」「神聖魔皇后セレーネ」や等のギミックを採用しています。

アクセスコード・トーカー

お互いのフィールド・墓地に魔法カードが計3枚以上あり、自分の墓地にレベル4の「マギストス」モンスターが1体以上いるという状況であれば、手札の「絶火の大賢者ゾロア」1枚から「アクセスコード・トーカー」まで繋げることが出来ます。

途中「結晶の大賢者サンドリヨン」「聖魔の乙女アルテミス」の効果を使うことでハンドアドバンテージの獲得も同時に狙える点はかなり優秀です。

法典の大賢者クロウリー

必ずしもエクストラデッキのモンスターに頼らなくてはいけないというわけでもなく、「法典の大賢者クロウリー」「絶火の大賢者ゾロア」「法典の守護者アイワス」を装備すればエース級の打点を得ることが出来ますし、「絶火の竜神ヴァフラム」を装備したモンスターなら「結晶の大賢者サンドリヨン」のように低火力であろうと戦闘時に相手モンスターを効果破壊出来るのでそういった運用法も覚えておくと良いでしょう。

「マギストス」デッキレシピの回し方を紹介!エクストラデッキのモンスターを装備して戦うテーマ!まとめ!

「マギストス」のデッキレシピについて紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

今回の構築は出来るだけ、「マギストス」の特徴を最大限に生かせる純構築の紹介でしたが、「シャドール」や「召喚獣」などの魔法使い族テーマとも相性が良く、注目が集まっています。

エクストラデッキのモンスターを装備するといった変わったタイプの魔法使い族テーマですが、種族や召喚方法の豊富さに恵まれていることもあり、今後も伸び代のあるテーマのではないでしょうか?

是非、「マギストス」デッキを組んでみたい方は参考にして見てください。

またコチラでは「マギストス」と相性の良いカードを紹介しておりますので、「マギストス」デッキを改造したい方は是非参考になれば幸いです↓

2020年9月12日に発売予定のデッキビルドパック ジェネシス・インパクターズにて登場する新規テーマ「マギストス」の一部の情報が判明...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズ BOX CG1692

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする