【テラナイトデッキレシピ2023の回し方・展開例】新規カード登場と「プトレマイオス」復帰で大幅強化!

2023114日に発売予定の基本パック サイバーストーム・アクセスでは「テラナイト」テーマに新規カードが登場します。

また20231月から適用される新リミットレギュレーションでは禁止カードであった「星守の騎士 プトレマイオス」が制限復帰するため、2つの点で「テラナイト」の強化に繋がります。

そこで今回は強化された「テラナイト」デッキレシピとその回し方などを紹介していきます。

「テラナイト」デッキレシピ2023の紹介!

モンスターカード

「星騎士 アルテア」×2

「星騎士 リュラ」×3

「星因士 アルタイル」×3

「星因士 デネブ」×3

「星因士 ベガ」×3

「星因士 ウヌク」×2

「星因士 シリウス」×1

「オネスト」×1

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

魔法カード

「星守の騎士団」×3

「天架ける星因士」×3

「増援」×1

「墓穴の指名者」×2

「死者蘇生」×1

罠カード

「神星なる因子」×3

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

「星騎士 セイクリッド・カドケウス」×3

「星守の騎士 プトレマイオス」×1

「煉獄の騎士 ヴァトライムス」×2

「星輝士 デルタテロス」×1

「星輝士 トライヴェール」×1

「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」×1

「セイクリッド・プレアデス」×2

「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」×1

「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」×1

「セイクリッド・トレミスM7×1

「天霆號アーゼウス」×1

新規「テラナイト」デッキの回し方を紹介!

デッキのコンセプトとしては、新規カードを活用しながらモンスターを展開し「テラナイト」や「セイクリッド」エクシーズモンスターを使ってビートダウンで勝利を目指すというものです。

星輝士 トライヴェール

今回紹介したデッキレシピでは採用していませんが、新規カードによって上がった展開力を活かしてFNo.0 未来皇ホープ」FNo.0 未来龍皇ホープ」のセットを採用したり、「星輝士 トライヴェール」等で自分のカードをバウンスすることが出来る点に注目して「リビングデッドの呼び声」「デモンズ・チェーン」等を採用するのも有りです。

デッキの回し方ですが、まずはモンスターを展開していきます。

星因士 アルタイル

「テラナイト」モンスターをサーチできる「星因士 デネブ」、「テラナイト」を蘇生できる「星因士 アルタイル」、手札の「テラナイト」モンスターを特殊召喚できる「星因士 ベガ」3種はアドバンテージを稼ぐ上で使っていけます。

星騎士 リュラ
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1200/守1600
このカード名はルール上「セイクリッド」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「星騎士 リュラ」以外の「テラナイト」、「セイクリッド」モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「テラナイト」魔法カード1枚を手札に加える。

新規カードである「星騎士 リュラ」は特に優秀で、「テラナイト」モンスターの召喚をトリガーに自己特殊召喚できるため展開要員になれるだけでなく、召喚・反転召喚・特殊召喚成功時には「テラナイト」魔法カードをサーチ出来るため同じく優秀な新規カードである「星守の騎士団」を引き込む手段としても重宝します。

星騎士 アルテア
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1300
このカード名はルール上「セイクリッド」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドの光・闇属性Xモンスターの数までフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分フィールドに「星騎士 アルテア」以外の「テラナイト」、「セイクリッド」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
このターン、自分はXモンスターでしか攻撃宣言できない。

新規カードの「星騎士 アルテア」は緩い条件で自己蘇生ができるため、「星因士 ウヌク」の墓地肥やし効果などを使って早い段階で墓地に送っておけば、自己蘇生→エクシーズ素材にする→エクシーズ素材として取り除く→自己蘇生、といった具合に展開要員として繰り返し使い回していけます。

星守の騎士団
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分の手札・墓地から「テラナイト」、「セイクリッド」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「テラナイト」、「セイクリッド」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターとはランクが異なる「テラナイト」、「セイクリッド」Xモンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

永続魔法カードである新規カード「星守の騎士団」は発動時の効果処理で手札・墓地から「テラナイト」か「セイクリッド」モンスターを特殊召喚でき、自分フィールドの「テラナイト」か「セイクリッド」エクシーズモンスターに重ねてランクの異なる「テラナイト」か「セイクリッド」エクシーズモンスターをエクシーズ召喚出来る効果もあるため、状況に応じて様々な「テラナイト」か「セイクリッド」エクシーズモンスターを駆使することも可能です。

状況次第では、1の効果で「テラナイト」か「セイクリッド」エクシーズモンスターを蘇生し、そのモンスターに2の効果を使って別の「テラナイト」か「セイクリッド」エクシーズモンスターに変えるといった運用も狙えるでしょう。

次に展開したモンスターを使ってエクシーズ召喚を行っていきます。

星騎士 セイクリッド・カドケウス
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/魔法使い族/攻2500/守1650
レベル4モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがX召喚に成功した場合、
自分の墓地の「テラナイト」、「セイクリッド」カードをそれぞれ1枚まで対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):手札・デッキから「テラナイト」、「セイクリッド」モンスター1体を除外し、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
この効果は、除外したそのモンスターの召喚成功時に発動する効果と同じになる。

新規カードである「星騎士 セイクリッド・カドケウス」は素材指定の都合上非常にエクシーズ召喚しやすく、サルベージによってハンドアドバンテージを稼いだり、効果コピーによって更なる展開に繋ぐことが出来ます。

星守の騎士 プトレマイオス
エクシーズ・効果モンスター(禁止カード、2023年1月1日から制限カード)
ランク4/光属性/戦士族/攻 550/守2600
レベル4モンスター×2体以上
(1):このカードのX素材を3つまたは7つ取り除いて発動できる。
●3つ:「No.」モンスター以外の、このカードよりランクが1つ高いXモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●7つ:次の相手ターンをスキップする。
(2):お互いのエンドフェイズ毎に発動できる。
自分のエクストラデッキの「ステラナイト」カード1枚を選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。

その他にも、全体バウンス効果が強力な「星輝士 トライヴェール」「セイクリッド・プレアデス」や「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」に繋げることが狙える「星守の騎士 プトレマイオス」を使うことでデュエルを有利に進めていけるでしょう。

新規「テラナイト」デッキの展開例を紹介!

星騎士 リュラ
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1200/守1600
このカード名はルール上「セイクリッド」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「星騎士 リュラ」以外の「テラナイト」、「セイクリッド」モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「テラナイト」魔法カード1枚を手札に加える。

新規カードを使った具体的な展開例を1つ紹介します。

先攻1ターン目を前提として、手札に「星騎士 リュラ」+「テラナイト」モンスター2枚がある場合に出来るコンボです。

「テラナイト」モンスターを通常召喚→

手札の「星騎士 リュラ」の効果で自己特殊召喚→

「星騎士 リュラ」の特殊召喚成功時の効果で「星守の騎士団」をサーチ→

「テラナイト」モンスターと「星騎士 リュラ」を素材に「星騎士 セイクリッド・カドケウス」をエクシーズ召喚→

星因士 デネブ

「星騎士 セイクリッド・カドケウス」2の効果でデッキから「星因士 デネブ」を除外してエクシーズ素材を1つ取り除いて効果をコピーし、「星因士 ウヌク」をサーチ→

「星守の騎士団」を発動して発動時の効果処理で手札から「星因士 ウヌク」を特殊召喚→

星因士 ウヌク

「星因士 ウヌク」の特殊召喚成功時の効果で「星騎士 アルテア」を墓地へ送る→

「星守の騎士団」の効果で「星騎士 セイクリッド・カドケウス」に重ねて「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」をエクシーズ召喚扱いで特殊召喚→

墓地の「星騎士 アルテア」の効果で自己蘇生→

「星因士 ウヌク」「星騎士 アルテア」を素材に「煉獄の騎士 ヴァトライムス」をエクシーズ召喚出来ます。

煉獄の騎士 ヴァトライムス

結果的に「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」+「煉獄の騎士 ヴァトライムス」、「星守の騎士団」を並べられました。

「煉獄の騎士 ヴァトライムス」の永続効果によってフィールドのモンスターは全て闇属性になり、「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」はターン1制限なしで闇属性モンスターの効果の発動を無効にして破壊できるため、2体が揃ったことで事実上2度までフィールドのモンスター効果の発動を無効にして破壊出来ます。

「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」にはエクシーズ素材を持っている場合に墓地肥やしとサルベージを妨害する効果もあるため、相手のデッキ次第ではかなり刺さるメタとして機能してくれるでしょう。

セイクリッド・プレアデス

また「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」の代わりに「セイクリッド・プレアデス」を出し、「煉獄の騎士 ヴァトライムス」の代わりに「星守の騎士 プトレマイオス」を出せば、次の相手ターンには2体の「セイクリッド・プレアデス」で相手の行動を妨害する盤面を作ることも可能です。

そちらコンボの場合、自分のターンに「セイクリッド・プレアデス」の効果で「星守の騎士団」を手札に戻しておけば、次の自分のターンに再び利用することも視野に入るでしょう。

まとめ!

基本パック サイバーストーム・アクセスで「テラナイト」テーマに新規カードが加わったのと、長い間禁止カードであった「星守の騎士 プトレマイオス」が2023年1月に制限復帰することで、「テラナイト」デッキは大幅に強化されました。

今回紹介した構築は新規「テラナイト」カードと汎用性の高いカードを中心に構築させていただきましたが、「星輝士 トライヴェール」の効果を活かして、汎用性の「リビングデッドの呼び声」「デモンズ・チェーン」を採用した構築も強力です。

ランク4枠には汎用性の高いエクシーズモンスターが多いので、環境や好みに合わせて、選んでみるのもいいでしょう。

1からデッキを構築する方や、既に組んでおり、強化を考えている方は是非参考にしていただければ幸いです。

▼「テラナイト」カードを探すなら▼

「テラナイト」と相性の良いカードの紹介はコチラ⬇︎

新規「テラナイト」と相性の良いカード7選!「セイクリッド」としても扱う新規カードが増えて強化されたテーマ!


遊戯王OCGデュエルモンスターズ CYBERSTORM ACCESS


遊戯王OCGデュエルモンスターズ SECRET UTILITY BOX



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す