遊戯王「ローズドラゴン」デッキレシピと回し方を紹介!十六夜アキの「ローズ・ドラゴン」が美しく舞う!




ヒロインパックレジェンドデュエリスト編−4が発売して数日になりましたね!

今回のパックは歴代の女性デュエリスト達のテーマが大幅に強化された嬉しい内容となっております!

その中でも特に「ローズ・ドラゴン」は新しくテーマ化しており、話題性が高いのではないでしょうか?

今回は当サイトで組んだ「ローズ・ドラゴン」のデッキレシピの紹介をして行きたいと思います!

十六夜アキファン必見デッキか!?

レジェンドデュエリスト編4で追加された十六夜アキのカード達

今回追加されたカードは以下の通りとなります!

・ガーデン・ローズ・メイデン

・闇薔薇の妖精

・レッドローズ・ドラゴン

・冷薔薇の抱香

・漆黒の薔薇の開華

次は簡単にカード説明の方をして行きたいと思います。

ガーデン・ローズ・メイデン

ガーデン・ローズ・メイデン

シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/植物族/攻1600/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の、「ローズ・ドラゴン」モンスターまたはドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

(1)の効果は特殊召喚成功時にデッキか墓地から「ブラック・ガーデン」をサーチする効果です。

特殊召喚時に発動できる効果なので、蘇生カードでも問題なく効果を発動できます。

(2)の効果は墓地のこのカードを除外する事で、墓地の「ローズ・ドラゴン」かドラゴン族シンクロモンスターを1体を特殊召喚する効果を持っております。

ライフポイントの半分を払うコストは痛いですが「おろかな重葬」と相性が良く、直接墓地に送る事でも効果を発揮できドラゴン族シンクロモンスターは強力なカードが多いので、このカードの効果は積極的に活かしていきたい効果です。

また「ブラック・ガーデン」で呼び出したトークン2体をコストに出せるので、(1)の効果とも相性が良いのも優秀なモンスターです。

シンクロ召喚後は場にいても力を発揮しないので更なるシンクロ召喚の素材にしてしまうか、リンク召喚の素材にしてしまうといいでしょう。

闇薔薇の妖精

闇薔薇の妖精

効果モンスター
星2/闇属性/天使族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):チューナーが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

チューナーが特殊召喚された時に特殊召喚できるモンスターで、自己蘇生効果を持つ「グローアップ・バルブ」やチューナーを特殊召喚できる「水晶機巧−ハリファイバー」と相性が良く、リンク召喚の展開補助をしてくれるモンスターです。

また手札かフィールドのカードを墓地に送ることで、このカードをトップデックかボトムに戻す事ができます。

これにより、再利用が容易なモンスターとなっております。

レッドローズ・ドラゴン

レッドローズ・ドラゴン

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
手札・デッキから「レッドローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
このカードが「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合には、
さらに「冷薔薇の抱香」または「漆黒の薔薇の開華」1枚をデッキから手札に加える事ができる。

シンクロ素材に使用された場合に発動できる効果を持っており手札かデッキから同名以外の「ローズ・ドラゴン」モンスターを特殊召喚できます!

現時点でですと「ブルーローズ・ドラゴン」「ホワイト・ローズドラゴン」が効果の対象となります。

「ホワイトローズ・ドラゴン」と併用することで、「ブラックローズ・ドラゴン」がシンクロしやすいのもこのカードの魅力です!

「ブラックローズ・ドラゴン」か植物族のシンクロ素材にしようされこのカードが墓地に落ちた場合「冷薔薇の抱香」または「漆黒の薔薇の開華」1枚をデッキから手札に加える事ができます!

冷薔薇の抱香

冷薔薇の抱香

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●植物族:このターンのエンドフェイズに、自分はデッキから2枚ドローし、
その後手札を1枚選んで捨てる。
●植物族以外:デッキからレベル4以下の植物族モンスター1体を手札に加える。

「レッドローズ・ドラゴン」でサーチできるカードの1枚で自分フィールドの表側表示のモンスターを墓地に送る事で、送った種族の種類によって効果が変わります。

植物族を墓地に送れば「エンドフェイズ時にデッキから2枚ドローしその後手札を1枚捨てる」手札入れ替え効果になり

植物族以外の場合ですと「デッキからレベル4以下の植物族モンスターをサーチ」することができます!

速攻魔法なので基本的にはサクリファイスエスケープでの運用が主になるでしょう!

相手ターンで使うことを考えると、植物族を墓地に送った場合のエンドフェイズに発動するラグはそこまで気にはならないかと思われます。

植物族以外を墓地に送った場合のレベル4以下の植物族のサーチ効果は制限カードである「ローン・ファイア・ブロッサム」「ダンディ・ライオン」をサーチすることができます!

漆黒の薔薇の開華

漆黒の薔薇の開華

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):お互いのフィールドゾーンのカード及び墓地のフィールド魔法カードの数まで、
自分・相手フィールドに「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの、
「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードをデッキの一番下に戻す。
この効果で除外したモンスターは次のスタンバイフェイズにフィールドに戻る。

コチラも「レッドローズ・ドラゴン」でサーチできるカードの1枚で

お互いのフィールド魔法の数まで、自分・相手の場に「ローズ・トークン」を生成する効果を持っております!

ただ単にトークンを生成するだけなら、「スケープ・ゴート」でも十分ですが、このカードで呼び出した「ローズ・トークン」800の倍数を持っている点と植物族なので「アロマセラフィー・ジャスミン」のリンク素材などに使えます!

(2)の効果は墓地に存在する場合に「ブラックローズ・ドラゴン」か植物族を対象に取ることで、対象のカードを除外し、このカードをボトムに戻します。

この効果を使えば「ブラックローズ・ドラゴン」全体除去から免れることができます!

また除外した「ブラックローズ・ドラゴン」メインモンスターゾーンに戻る点もこのカードの長所となっております!

次は当サイトで組んでみた「ローズ・ドラゴン」デッキレシピを紹介したいと思います!

「ローズ・ドラゴン」デッキレシピ

モンスター

・ホワイトローズ・ドラゴン×3

・レッドローズ・ドラゴン×3「新規」

ブルーローズ・ドラゴン×1

・マスマティシャン×3

・闇薔薇の妖精×2「新規」

・ローンファイア・ブロッサム×1

にん人×1

・椿姫 ティタニアル×1

デブリ・ドラゴン×1

・ダンディ・ライオン×1

・スポーア×1

・グローアップ・バルブ×1

ジェット・シンクロン×1

・亡龍の戦慄ーデストルドー×1

・増殖するG×2

魔法

・ブラックガーデン×2

・超栄養太陽×2

・冷薔薇の抱香×2「新規」

・ハーピィの羽根帚×1

貪欲な壺×1

・おろかな埋葬×1

・ソウル・チャージ×1

・死者蘇生×1

・漆黒の薔薇の開華×1「新規」

・ポリノシス×1

・神の宣告×2

・神の警告×2

エクストラデッキ

・クリスタルウイング・シンクロ・ドラゴン×1

ヴァレルロード・S・ドラゴン×1

・ブラックローズ・ドラゴン×2

月華竜 ブラックローズ×1

ガーデン・ローズ・メイデン×1

・メリアスの木霊×1

・ファイア・ウォール・ドラゴン×1

・ヴァレル・ロード・ドラゴン×1

トロイメア・ユニコーン×1

トロイメア・ゴブリン×1

・トロイメア・フェニックス×1

・アロマセラフィー・ジャスミン×1

・彼岸の黒天使 ケルビーニ×1

・水晶機巧−ハリファイバー×1

リンクリボー×1

カード解説

ホワイトローズ・ドラゴン

ホワイトローズ・ドラゴン

vジャンプの付属として付いて来た「ローズ・ドラゴン」モンスターでドラゴン族か植物族が特殊召喚された際にこのカードを手札から特殊召喚することができます。

このカードが召喚に成功した場合墓地から同名カード以外の「ローズ・ドラゴン」モンスターを墓地から特殊召喚できます。

「ブラックローズ・ドラゴン」をそのまま特殊召喚することもでき「レッドローズ・ドラゴン」を特殊召喚すればそのままレベル7のモンスターをシンクロ召喚することができます。

またこのカードがシンクロ素材に使用され墓地に落ちた場合デッキからレベル4以上の植物族モンスターを墓地に送ることができます。

マスマティシャン

マスマティシャン

レベル3地属性であり、レベル4以下のモンスターを墓地に送れるなど植物族のと相性が良く「メリアスの木霊」の素材になる事も出来ます。

その場に応じて、必要なモンスターを墓地に送れる優秀なモンスターです。

デブリ・ドラゴン

デブリ・ドラゴン

召喚成功時に攻撃力500以下のモンスターを墓地から特殊召喚することができます。

このデッキではレベル3の500以下の植物族が複数枚いるので特殊召喚先には困る場面は少ないかと思います。

また「ダンディ・ライオン」とは相性が良く、レベル7をシンクロ召喚、又はリンク召喚してトークンを2体生成するなどと行った動きができます。

亡龍の戦慄-デストルドー

亡龍の戦慄−デストルドー

レベル7シンクロを即座に特殊召喚できるモンスターとして採用。

このデッキのキーカードである「ブラックローズ・ドラゴン」を即座に対応シンクロ召喚することができます。

ブラック・ローズ・ドラゴン

ブラックローズ・ドラゴン

このデッキのキーカードで、フィールドにシンクロ召喚した場合に、全てのカードを破壊するリセット効果を持っております。

このデッキでは「ローズ・ドラゴン」を主軸に動くためこのカードの存在は非常に重要になってきます。

また新規収録された「漆黒の薔薇の開華」と組み合わせることで、このカードを破壊から守ることが出来るなど相性が良いのも特徴です。

もう一つの効果は守備表示のモンスターの攻撃力を0にする効果ですが、この効果を発動する場合墓地の植物族を除外しなければならず、このデッキでは墓地の植物族を再利用する機会が多いのと、除外された植物族を再利用するカードが入っていない為、効果を使用する場合は、無闇に使うのではなく、状況を見て効果を発動するといいでしょう。

メリアスの木霊

メリアスの木霊

このデッキでは地属性レベル3のモンスターが多く効果もこのデッキと非常に相性が良い為採用。

「ダンディ・ライオン」をエクシーズ素材に効果で素材を墓地に送るか、このカードの効果で、「ダンディ・ライオン」を墓地に送れば、即座に場にこのモンスターと「綿毛トークン」を生成でき、3体のモンスターを場に揃えることが出来ます。

ファイアウォール・ドラゴン

ファイアウォール・ドラゴン

通所「F・W・D」の名で有名な強力なリンクモンスターですが、このデッキではモンスターを展開しやすく、リンク召喚を多用する場面が多い為相互リンクする事で力を発揮する「トロイメア」リンクモンスターを多く採用しており、このモンスターも相互リンクする事で力を発揮する為相性が良く効果も強力です。

又このデッキの弱点である破壊耐性を持つモンスターは「ブラックローズ・ドラゴン」の破壊効果ではどうにもならない場面が多く、このカードの持つバウンス効果は、このデッキの弱点をカバーしてくれます。

アロマセラフィ-ジャスミン

アロマセラフィ–・ジャスミン

植物族モンスター2体でリンク召喚できるモンスターでリンク先のモンスターをリリースすることでデッキから好きな植物族を特殊召喚することが出来ます。

この効果で攻撃力の高い「椿姫ティタニアル」やさらにリンク召喚に繋げるのであれば「ダンディ・ライオン」などを特殊召喚すると良いでしょう。

ライフの多い時に効果を適用できる効果は、ライフをコストにする「神の〜」シリーズと相性が悪い為、こちらの効果は割り切るか、「神の〜」シリーズを抜いて違う妨害罠カードを入れるといいでしょう。

トロイメア・フェニックス

トロイメアモンスター

このデッキでは、特殊召喚手段が豊富であり、モンスターが展開しやすく、リンク召喚する機会が多く、相互リンクしやすい為「トロイメア」リンクモンスターを採用。

水晶機巧-ハリファイバー

水晶機巧−ハリファイバー

シンクロ主体のこのテーマではやはり相性が良いですね(笑)

デッキから「グローアップ・バルブ」「スポーア」「ジェット・シンクロン」を主に特殊召喚します。

特に新規カードである「闇薔薇の妖精」の特殊召喚効果と相性が良く、このカードと特殊召喚したチューナーと「闇薔薇の妖精」を合わせればリンク4モンスターをリンク召喚出来たりとこのデッキでもやはり用途が広いのが特徴です。

ブラック・ガーデン

ブラックガーデン

このデッキのもう一つのキーカード「ガーデン・ローズ・メイデン」の効果でサーチ出来るフィールド魔法です。

他のフィールド魔法と比べると非常にクセが強いのが特徴です。

召喚、特殊召喚したモンスターの攻撃力と守備力が半分になり、召喚した側から見て相手のフィールドに「ローズ・トークン」を生成します。

「ローズ・トークン」はリンク素材としても優秀ですが、このデッキでは800の倍数のモンスターが多く、後半の効果を活かしやすいのもこのデッキと相性の良い所です。

また「ローズ・トークン」「超栄養太陽」のコストや「ポリノシス」のコストとしても使いやすいのも嬉しい所です。

超栄養太陽

超栄養太陽

このデッキでは「ローズ・トークン」をはじめとするレベル2植物族モンスターを採用しており、このカードで制限である「ローン・ファイア・ブロッサム」を特殊召喚出来ます。

「ローズ・ドラゴン」デッキの回し方と戦い方は?

ホワイトローズ・ドラゴン

「ホワイトローズ・ドラゴン」を筆頭に「レッドローズ・ドラゴン」を特殊召喚し、「ブラックローズ・ドラゴン」をシンクロ召喚しつつ「レッドローズ・ドラゴン」の効果でアドバンテージを稼いで行きます。

またこのデッキでは、特殊召喚方法が豊富な点を活かしリンク召喚で強力なモンスターを展開しやすいのもこのデッキの魅力です。

・「ブラックローズ・ドラゴン」による破壊

・「植物族」の豊富な特殊召喚

・「ブラック・ガーデン」による妨害

これらの動きがこのデッキの主な動きとなります

「ローズ・ドラゴン」デッキを改造するなら?

閃珖竜 スターダスト

改造するなら「ガーデン・ローズ・メイデン」で特殊召喚できるドラゴン族シンクロモンスターを他に採用して見てもいいでしょう。

例えばですが、リンクモンスターを挟む必要がありますが「閃竜 スターダスト」なら「ブラックローズ・ドラゴン」の破壊効果から守れたりとドラゴン族シンクロモンスターは強力なモンスターが多いので、好みや環境によって色々試して見ると良いでしょう。

またデッキ構築も「ローズ・ドラゴン」に特化し、植物族の割合を減らし回転率を上げるカードを足して見てもいいでしょう。

減らすのであれば「椿姫 ティタニアル」は手札に来ると事故要因になるので抜いてしまってもいいでしょう。

またコチラの」記事では「ローズ・ドラゴン」と相性の良いカード達を紹介しておりますのでデッキを強化したい方はコチラの記事もどうぞ↓

以前から存在しましたが種類が少なすぎることもあって注目されていなかった「ローズ・ドラゴン」カードですが、デュエリストパック-レジェンドデュエ...

「ローズ・ドラゴン」デッキレシピのまとめ

レッドローズ・ドラゴン

今回は「レジェンドデュエリスト編4ー」でカテゴリー化した「ローズ・ドラゴン」デッキレシピの紹介でした。

発売から数日が経ってしまいましたが、アキらしい新規カードが多く、非常に面白いテーマなのでは無いかと思いました。

アキファンは是非デッキを組んで遊んでみることをオススメ出来るほど面白いテーマデッキです!

コメント

  1. シィーナ より:

    ホワイトローズのS素材で発動する効果は植物族レベル4以上ですよー

    • kata-0003 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      そうですね、正しくは植物族4以上ですね、
      すみませんでした。
      訂正しておきます。

  2. 妖精 より:

    ホワイトローズはレベル4以上を墓地に送りますなのでこのレシピだど結構使いにくい効果のような気がします

    • kata-0003 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      そうですね、こちら側のミスでした。
      正しくはレベル4以上になりますので、コチラの効果については割り切ってしまうのが手かと思われます。
      上級植物を入れても事故の要因になることが多いことが予測されるので、前半の特殊召喚能力に重点を置いた方が良い気が回してみて自分は感じました