「@イグニスター」デッキレシピと回し方を紹介!!全ての召喚法を操り、勝利を目指せ!!サイバース族関連とも相性が良いのも魅力!!




20191012日に発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトでアニメ産のテーマである「@イグニスター」が登場します。

今回はそんな新規テーマ「@イグニスター」のデッキレシピやその回し方などを紹介していきます。

「@イグニスター」テーマに興味がある人やデッキを作りたいと思っている人は参考にしてみてください。

全ての召喚法を操るAiの「@イグニスター」デッキレシピの紹介!!

モンスターカード

「ピカリ@イグニスター」×3

「ブルル@イグニスター」×3

「ドヨン@イグニスター」×3

「アチチ@イグニスター」×3

「ヒヤリ@イグニスター」×3

「ドシン@イグニスター」×3

「ドンヨリボー@イグニスター」×3

「ウォーターリヴァイアサン@イグニスター」×1

「レディ・デバッガー」×2

魔法カード

「イグニスターAiランド」×3

Ai打ち」×1

Aiドリング・ボーン」×2

Aiラブ融合」×1

Aiの儀式」×1

「テラ・フォーミング」×1

「サイバネット・マイニング」×3

「才呼粉身」×1

「サンダー・ボルト」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

Aiシャドー」×1

エクストラデッキ

「リングリボー」×3

「ダークナイト@イグニスター」×2

「ファイアフェニックス@イグニスター」×2

「アースゴーレム@イグニスター」×1

「ウィンドペガサス@イグニスター」×2

「ライトドラゴン@イグニスター」×2

「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」×1

「サイバース・ウィキッド」×1

「トランスコード・トーカー」×1

スポンサーリンク

「@イグニスター」デッキの回し方と戦術を紹介!!

デッキの回し方ですが「@イグニスター」の基本的な流れとしては、リンク召喚を経由しながら大量展開→

各種召喚方法のモンスターを含めた有利盤面の構築(相手フィールドのカードの除去もこの部分に含まれます)

総攻撃もしくは高火力のモンスターで攻撃→勝利、という物になります。

イグニスターAiランド

フィールド魔法 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。 手札からレベル4以下の「@イグニスター」モンスター1体を特殊召喚する。

このターン自分は、元々の属性が同じモンスターを 「イグニスターAiランド」の効果で特殊召喚できず、 サイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

(2):このカードが墓地に存在する場合、 自分の墓地から「@イグニスター」モンスター1体を除外して発動できる。 このカードを自分フィールドにセットする。

デッキを回す上で重要なのはフィールド魔法「イグニスターAiランド」です。

「@イグニスター」モンスターを展開する上で他の何よりも優先すべきカードと言っても過言ではありません。

「イグニスターAiランド」の効果を最初から使えるかどうかはその後の展開に関わってくるので、出来るだけ最初の手札に素引きもしくは「テラ・フォーミング」によるサーチを行いたい所でもあります。

具体的な動きとしては、「イグニスターAiランド」でアドバンテージ獲得効果を持つ「@イグニスター」下級モンスターを特殊召喚し、リンク召喚をすることでメインモンスターゾーンを空けて再び「イグニスターAiランド」の特殊召喚効果の使用を図ります。

リンク・効果モンスター リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:左下/下/右下】

カード名が異なるモンスター3体 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。 自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。

(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。 自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

大量展開ないし各種召喚方法を使うためのもう一つのキーカードとなるのが「ダークナイト@イグニスター」です。

「ダークナイト@イグニスター」の効果を使うことで、「ダークナイト@イグニスター」+「@イグニスター」下級モンスター3体という状況にしやすく、各種召喚方法に繋げていけます。

リンク召喚以外の召喚方法も駆使しつつ高い展開力を持つこのデッキでは「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」のリンク召喚も視野に入り、複数個のカウンターを持つことで効果力を出してワンショットキルを狙うだけでなく相手ターン中の妨害要員としても機能します。

「@イグニスター」デッキの戦術例を紹介!

具体的な戦術例を紹介していきたいと思います。効果の詳細は省きつつ、カード名の「@イグニスター」は省略させていただきますのでご承知を。

手札に「イグニスターAiランド」「アチチ」「ドヨン」3枚がある場合に可能なコンボです。

「イグニスターAiランド」を発動しその効果で「アチチ」を特殊召喚→

「アチチ」の効果で「ブルル」をサーチ→

アチチ」を素材に「リングリボー」リンク召喚→

「イグニスターAiランド」の効果で「ブルル」を特殊召喚→

「ブルル」の効果でデッキの「ピカリ」を墓地に送る→

「ドヨン」を通常召喚してその効果で「ピカリ」をサルベージ→

3体で「ダークナイト」をリンク召喚→

「イグニスターAiランド」の効果で「ダークナイト」のリンク先に「ピカリ」を特殊召喚→

「ピカリ」の効果でAi」魔法・罠カードをサーチ(好きなもので可)しつつ「ダークナイト」の効果で墓地の「ドヨン」「ブルル」を蘇生→

「ブルル」「ドヨン」「ウィンドペガサス」をシンクロ召喚→「ブルル」の効果で「ドヨン」を蘇生→「ドヨン」「ピカリ」「ライトドラゴン」をエクシーズ召喚

この時点でフィールドには「ダークナイト」「ウィンドペガサス」「ライトドラゴン」3体が並び、好きなAi魔法・罠カード1枚をサーチしています。

「ウィンドペガサス」「ライトドラゴン」の効果を使えば相手の魔法・罠カードと表側表示のモンスターを3枚ずつ破壊が出来ます。

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード

ちなみにこの3体を素材に「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」を出せば効果によりカウンターが2つ乗り、直接攻撃で8000のダメージを与えてワンショットキルが可能です。

このコンボでは「@イグニスター」関連カードしか使用していませんが、「サイバース・ウィキッド」「トランスコード・トーカー」を使うのであれば最初の手札は「ピカリ」「アチチ」2枚からでも結果的に「ダークナイト」「ウィンドペガサス」「ライトドラゴン」3体を並べて除去後に「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」のワンキルが可能です。

「@イグニスター」デッキのもう一つの戦術例

才呼粉身

上記のものとは勝ち方が異なるもう一つの戦術例も紹介します。

手札に「ピカリ」「アチチ」「才呼粉身」3枚がある場合に可能なコンボです。

「ピカリ」を通常召喚してその効果により「イグニスターAiランド」をサーチ→

「ピカリ」を素材に「リングリボー」リンク召喚→

「イグニスターAiランド」を発動しその効果で「アチチ」を特殊召喚→

「アチチ」の効果で「ブルル」をサーチ→

「アチチ」「リングリボー」「サイバース・ウィキッド」をリンク召喚(汎用リンク2なら他のものでも可)

「イグニスターAiランド」の効果で「ブルル」を特殊召喚してその効果で「ドンヨリボー」を墓地へ送る→「サイバース・ウィキッド」「ブルル」「ファイアフェニックス」をリンク召喚

この盤面でバトルフェイズには「才呼粉身」で攻撃力を2倍にした「ファイアフェニックス」の効果ダメージを墓地の「ドンヨリボー」でさらに2倍にすることで、9200の効果ダメージを相手に与えられます。

「才呼粉身」を使った際に自分は2300ライフポイントを失いますが、ワンキルが出来ることを考えればローリスクかと思われます。

前述した戦術とは、勝利方法が効果ダメージであることや特殊召喚回数がこちらの方が少ないことなどの違いがある点は覚えておきましょう。

「@イグニスター」を改造するならどんなカードが相性が良い!?まとめ!!

純粋にサイバース族テーマとして考えるのであれば、サイバース族サポートカードを採用することで、展開力が増したり、対応力が上がるかと思います。

また、環境に対応するのであれば、儀式召喚を捨て、空いた枠に「イグニスターAiランド」の妨害への対抗策として、手札誘発モンスターや「墓穴の指名者」などの採用することで環境への対応力が上がるのでおすすめです。

また今回は「@イグニスター」デッキであることを最大限に活かすためにエクストラデッキのモンスターの大半を「@イグニスター」で固めましたが、他のサイバース族のリンク・融合・シンクロ・エクシーズモンスターを採用すればより対応力が上がるので、こちらも好きなカードを試してみると良いでしょう。

こちらでは他にも「@イグニスター」と相性の良いカードを紹介しているので、今回のデッキレシピを改造して見たいと感じたのであれば、ぜひ参考にしていただけると幸いです!

2019年10月12日に発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトに新規テーマとして「@イグニスター」が収録されます。 ア...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX


【アジア版】遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする