「御巫(みかんこ)」デッキレシピ2022の回し方・展開例!装備魔法を主軸とした儀式テーマ!

 

2022820日に発売するデッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズにて「御巫(みかんこ)」テーマが登場します。

 

そこで今回は

 

「御巫」デッキレシピやその回し方等について

 

紹介していきますので、デッキの構築を考えているという人は参考にしてみてください。

 

「御巫(みかんこ)」デッキレシピ2022の紹介!

 

モンスターカード

「剣の御巫ハレ」×3

「鏡の御巫ニニ」×2

「オオヒメの御巫」×3

「焔聖騎士-リナルド」×2

「チューン・ナイト」×1

「昇華騎士-エクスパラディン」×3

「壊星壊獣ジズキエル」×1

「原始生命態ニビル」×1

 

魔法カード

「伝承の大御巫」×3

「御巫の火叢舞」×2

「御巫の祓舞」×1

「御巫の水舞踏」×2

「御巫の誘い輪舞」×2

「儀式の準備」×3

「増援」×1

「脆刃の剣」×1

「『焔聖剣-デュランダル』」×3

「墓穴の指名者」×2

 

罠カード

「御巫かみくらべ」×1

「無限泡影」×3

 

エクストラデッキ

「虹光の宣告者」×2

「聖騎士の追想 イゾルデ」×2

IPマスカレーナ」×1

「灼熱の火霊使いヒータ」×1

「トロイメア・ケルベロス」×1

「トロイメア・フェニックス」×1

「トロイメア・ユニコーン」×1

「神聖魔皇后セレーネ」×1

「天威の鬼神」×1

「アクセスコード・トーカー」×1

「双穹の騎士アストラム」×1

「召命の神弓-アポロウーサ」×1

「ヴァレルソード・ドラゴン」×1

 

スポンサーリンク
 

「御巫(みかんこ)」デッキの回し方を紹介!

 

 

 

デッキのコンセプトとしては、「御巫」テーマの特徴でもある装備魔法カードを活用しながらも「御巫」モンスターでの反射ダメージを狙っていくことで勝利を目指すというものです。

 

 

今回紹介したデッキレシピでは「聖騎士の追想 イゾルデ」を採用した展開力と安定力を意識した構築にしていますが、相手フィールドに高火力モンスターを用意しやすくしたり、反射ダメージを増やすことでワンターンキル級のダメージを狙いやすくした構築にするというのも有りでしょう。

 

 

デッキの回し方ですが、まずはサーチ効果などで必要なカードを引き込んだりアドバンテージを稼いでいきます。

 

剣の御巫ハレ
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻 0/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが装備カードを装備していない場合
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になり、
装備している場合、このカードは戦闘では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
(2):このカードに装備カードが装備された場合に発動できる。
デッキから「御巫」装備魔法カード1枚を手札に加える。

 

「剣の御巫ハレ」は装備カードを装備した場合に「御巫」装備魔法カードをサーチでき、「剣の御巫ハレ」自体は炎属性・戦士族である故に「増援」「『焔聖剣-デュランダル』」でのサーチに対応しています。

 

御巫の水舞踏
装備魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターは効果では破壊されない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
装備モンスターとは元々のカード名が異なる「御巫」モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚し、
このカードをそのモンスターに装備する。
その後、このカードを装備していたモンスターを持ち主の手札に戻す。

 

装備魔法カードである「御巫の水舞踏」は手札・デッキから「御巫」モンスターを特殊召喚しつつも自身をそのカードに装備できるため、「御巫」モンスターを引っ張ってきつつもその効果を最大限活かす準備が整えられます。

 

オオヒメの御巫
儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻 0/守 0
「御巫神楽」により降臨。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
デッキから「オオヒメの御巫」以外の「御巫」カード1枚を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んで捨てる。
(2):このカードは戦闘では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
(3):自分・相手ターンに、自分の墓地の装備魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを装備可能なフィールドのモンスター1体に装備する。

 

儀式モンスターである「オオヒメの御巫」は手札で発動出来る効果でサーチ効果を持っていますし、「オオヒメの御巫」「儀式の準備」「虹光の宣告者」でのサーチに対応しています。

 

チューン・ナイト

 

今回紹介したデッキレシピでは「聖騎士の追想 イゾルデ」を出すためのギミックとして「昇華騎士-エクスパラディン」「チューン・ナイト」を採用しており、起点となる「昇華騎士-エクスパラディン」「増援」「『焔聖剣-デュランダル』」でサーチが可能です。

 

サーチカードでアドバンテージを稼ぎながらも、フィールドの準備を整えていきます。

 

伝承の大御巫
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「御巫」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「伝承の大御巫」以外の「御巫」カード1枚を墓地へ送る。

 

「オオヒメの御巫」は自身の効果でサーチが可能な「伝承の大御巫」を使えば手札から召喚条件を無視して特殊召喚できるため、通常の儀式召喚よりも消費を抑えてフィールドに出すことが出来ます。

 

 

装備カードを装備した「御巫」モンスターや「オオヒメの御巫」は戦闘耐性とダメージ反射効果を持つため、相手の高攻撃力モンスターに攻撃すれば大ダメージを与えることが狙えます。

 

 

また「オオヒメの御巫」はフリーチェーンで墓地の装備魔法カード1枚を装備可能なモンスターに装備できる効果を持つため、状況に応じた装備魔法カードを選ぶことで相手の行動妨害や反射ダメージの増加などが狙えます。

 

「御巫」モンスターのダメージ反射と「脆刃の剣」等を併せればワンターンキル級の大ダメージを叩き出すことも出来るため、一気に短期決戦を仕掛けることも視野に入るでしょう。

 

 

「御巫(みかんこ)」デッキの展開例!

昇華騎士-エクスパラディン

 

具体的な展開例を紹介します。

 

相手フィールドにモンスターが存在する後攻1ターン目以降を前提とし、手札に「昇華騎士-エクスパラディン」がある場合に出来るコンボです。

 

 

「昇華騎士-エクスパラディン」を通常召喚→

 

チューン・ナイト

 

「昇華騎士-エクスパラディン」の召喚成功時の効果でデッキから「チューン・ナイト」を自身に装備→

 

「チューン・ナイト」の効果で自己特殊召喚(特殊召喚成功時の効果は使わないこと)

 

聖騎士の追想 イゾルデ

 

「昇華騎士-エクスパラディン」「チューン・ナイト」を素材に「聖騎士の追想 イゾルデ」をリンク召喚→

 

「聖騎士の追想 イゾルデ」のリンク召喚成功時の効果で「昇華騎士-エクスパラディン」(2体目)をサーチ→

 

「聖騎士の追想 イゾルデ」の効果でデッキの「御巫の水舞踏」をコストにして「焔聖騎士-リナルド」をリクルート→

 

「焔聖騎士-リナルド」の特殊召喚成功時の効果で「御巫の水舞踏」をサルベージ→

 

「御巫の水舞踏」「焔聖騎士-リナルド」に装備→

 

「御巫の水舞踏」の効果で「剣の御巫ハレ」をリクルートして自身を装備し「焔聖騎士-リナルド」を手札に戻す→

 

御巫の火叢舞
装備魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・墓地から「御巫」モンスター1体を選んで特殊召喚し、このカードを装備する。
その後、相手の墓地からモンスター1体を選んで効果を無効にして相手フィールドに特殊召喚できる。
(2):装備モンスターは効果では破壊されない。

 

 

装備カードが装備された「剣の御巫ハレ」の効果で「御巫の火叢舞」をサーチ→

 

「焔聖騎士-リナルド」を自己特殊召喚(チューナー扱いになる)

 

虹光の宣告者

 

「剣の御巫ハレ」「焔聖騎士-リナルド」を素材に「虹光の宣告者」をシンクロ召喚→

 

「聖騎士の追想 イゾルデ」「虹光の宣告者」を素材にリンク3モンスターをリンク召喚→

 

墓地へ送られた「虹光の宣告者」の効果で「オオヒメの御巫」をサーチ→

 

「オオヒメの御巫」の効果で「伝承の大御巫」をサーチして「昇華騎士-エクスパラディン」(2体目)を捨てる→

 

「伝承の大御巫」を発動して手札の「オオヒメの御巫」を召喚条件を無視して特殊召喚→

 

 

 

墓地の「伝承の大御巫」の効果を発動し自身を除外してデッキから「御巫の誘い輪舞」を墓地へ送る→

 

 

「御巫の火叢舞」を発動して墓地の「剣の御巫ハレ」を蘇生して自身を装備できます。

 

 

結果的に

 

「御巫の火叢舞」を装備した「剣の御巫ハレ」+「オオヒメの御巫」+リンク3モンスター

 

を並べられました。

 

天威の鬼神

 

リンク3モンスターですが、相手フィールドに除去したいカードがあるなら「トロイメア・ユニコーン」、打点が欲しいなら「天威の鬼神」にすると良いでしょう。

 

 

このターンのバトルフェイズ、「剣の御巫ハレ」「オオヒメの御巫」で攻撃することにより相手に反射ダメージを与え、「オオヒメの御巫」の効果を使って墓地の「御巫の誘い輪舞」を相手モンスターに装備することでコントロール奪取、奪ったモンスターとリンク3モンスターで追撃を仕掛けることが狙えます。

 

 

このターンで相手のライフを削り切れなかった場合には、メインフェイズ2にリンク3モンスターとコントロール奪取したモンスターでリンク4モンスターに繋げたりすることも出来ます。

 

 

上記の運用はあくまでも「オオヒメの御巫」が手札に無い場合を前提とし、「オオヒメの御巫」を引き込みながらも展開していくコンボですので、初期手札に「オオヒメの御巫」(あるいは「儀式の準備」)が既にあったなら全く違う動きにすることも可能でしょう。

 

まとめ!!

 

「御巫(みかんこ)」デッキレシピを当サイトから紹介させていただきましたが、構築の参考になりましたでしょうか?

 

今回紹介した構築は「聖騎士の追想 イゾルデ」を採用した展開力と安定力を意識した構築でしたが、今回紹介したデッキタイプ以外にも、反射ダメージを利用した構築や儀式召喚をしやするために「魔神儀」を混ぜた構築などがあります。

 

「御巫(みかんこ)」テーマはイラストアドの高いテーマでありながら、装備魔法を駆使する儀式テーマということで、今までにない個性的なテーマですので、今回の紹介で参考や「御巫(みかんこ)」テーマを組むキッカケになって貰えたのであれば幸いです!!

 

 

「御巫(みかんこ)」テーマに関しての別途関連記事はコチラ↓

「御巫(みかんこ)」の影響で高騰が予想されるカード6選!人気テーマになること間違いなし?

「御巫(みかんこ)」の特徴と相性の良いカード7選を紹介!装備魔法を駆使する儀式テーマ!!


遊戯王OCGデュエルモンスターズ デッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズ BOX CG1830


遊戯王OCG PHOTON HYPERNOVA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください