「マナドゥム」デッキレシピ2023の回し方・展開例!「ヴィサス=スタフロスト」と関りのあるシンクロテーマ!

2023114日に発売予定の基本パック サイバーストーム・アクセスでは、新規テーマ「マナドゥム」が登場します。

「マナドゥム」は能動的に自分のカードを破壊することで展開に繋いだり、特定のステータスを持つモンスターをサポート出来る効果を活用するのが特徴的です。

そこで今回は「マナドゥム」デッキレシピやその回し方などを紹介していきたいと思います。

「マナドゥム」デッキレシピ2023の紹介!

モンスターカード

「マナドゥム・ヒアレス」×3

「マナドゥム・ミーク」×3

「マナドゥム・リウムハート」×3

「ヴィサス=スタフロスト」×3

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

魔法カード

「伍世壊摘心」×3

「伍世壊心像」×3

「伍世壊=カラリウム」×3

「クシャトリラ・オーバーラップ」×1

「増援」×1

「テラ・フォーミング」×1

「墓穴の指名者」×2

「抹殺の指名者」×1

罠カード

「伍世壊砕心」×2

「伍世壊浄心」×2

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

「ヴィサス=アストラウド」×1

「スターダスト・チャージ・ウォリアー」×1

「ゴヨウ・ガーディアン」×1

「メタファイズ・ホルス・ドラゴン」×1

「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」×1

「アクセルシンクロ・スターダスト・ドラゴン」×1

「スターダスト・ドラゴン」×1

「マナドゥム・プライムハート」×2

「フルール・ド・バロネス」×1

「相剣大公-承影」×1

「氷水啼エジル・ギュミル」×1

「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」×1

「トロイメア・ケルベロス」×1

「トロイメア・フェニックス」×1

「マナドゥム」デッキの回し方を紹介!

デッキのコンセプトとしては、「マナドゥム」テーマの展開力を活かしてシンクロ召喚を行うことでビートダウンを行っていくというものです。

今回紹介したデッキレシピではあくまでも「マナドゥム」をメインとした構築にしていますが、「マナドゥム」カードの多くは特定のステータスのモンスターをサポート出来ることから一部の「スケアクロー」「ティアラメンツ」「クシャトリラ」等と混ぜることも可能です。

特に「スケアクロー」はフィールド魔法カードへのアクセスのしやすさ等から「マナドゥム」と相性が良いので、実現したい展開ルートなどに合わせてそれらを組み合わせるのも有りでしょう。

デッキの回し方ですが、まずはキーカードを引き込んでいきます。

マナドゥム・リウムハート
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの、「マナドゥム」モンスターまたは攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「マナドゥム・リウムハート」以外の「マナドゥム」カード1枚を手札に加える。

「マナドゥム・リウムハート」は召喚・特殊召喚成功時に「マナドゥム」カードをサーチできる効果を持っていますし、「伍世壊=カラリウム」は発動時の効果処理で「ヴィサス=スタフロスト」か「マナドゥム」モンスターのサーチが、その「伍世壊=カラリウム」「伍世壊摘心」でのサーチが可能となっています。

伍世壊心像
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の「マナドゥム」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を相手に見せて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをターン終了時までチューナーとして扱う。

また「伍世壊心像」22の手札交換が出来るため、キーカードや汎用カードを手札に引き込む上でも活用していけます。

キーカードを引き込んだらモンスターを展開していきます。

ヴィサス=スタフロスト

「マナドゥム」チューナーは「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500守備力2100のモンスターが存在すれば自己特殊召喚できる効果を持つため、シンクロ素材となるモンスターを並べられます。

また「マナドゥム」チューナーは破壊された場合に同名モンスターをリクルートできる効果を持つため、「伍世壊摘心」「ヴィサス=スタフロスト」等の自分フィールドのカードを能動的に破壊する効果と合わせることでより多くのアドバンテージを稼ぐことが狙えます。

伍世壊=カラリウム
フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「マナドゥム」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの光属性モンスターの攻撃力は、自分フィールド・墓地のチューナーの数×100アップする。
(3):自分フィールドの表側表示のチューナーが戦闘・効果で破壊された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

加えて「伍世壊=カラリウム」は破壊されたチューナーを蘇生する効果を持つため、上記の「マナドゥム」チューナーを能動的に破壊するコンボと併せることでモンスターを更に並べることができます。

次に展開したモンスターを使ってシンクロ召喚を行っていきます。

「マナドゥム」テーマの切り札である「マナドゥム・プライムハート」は素材指定の都合上チューナーモンスターのみでもシンクロ召喚が可能なため、並べた「マナドゥム」チューナーをまとめてシンクロ素材にすることで複数回の攻撃で攻勢に出ることが出来ます。

マナドゥム・プライムハート
シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3000/守3000
チューナー1体以上+光属性モンスター1体
(1):このカードは、このカードのS素材としたチューナーの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。
(2):「マナドゥム」チューナーを素材としてS召喚したこのカードは、相手の効果の対象にならない。
(3):S召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を選んで特殊召喚する。

「マナドゥム・プライムハート」の他にも様々な汎用シンクロモンスターを扱えるため、強力なシンクロモンスターを状況に応じて使い分けることでデュエルを有利に進められるでしょう。

「マナドゥム」デッキの展開例を紹介!

マナドゥム・リウムハート
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの、「マナドゥム」モンスターまたは攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「マナドゥム・リウムハート」以外の「マナドゥム」カード1枚を手札に加える。

具体的な展開例を1つ紹介します。

手札に「マナドゥム・リウムハート」+「マナドゥム」チューナー(今回は「マナドゥム・ヒアレス」と仮定します)2枚がある場合に出来るコンボです。

「マナドゥム・リウムハート」を通常召喚→

「マナドゥム・リウムハート」の召喚成功時の効果で「伍世壊摘心」をサーチ→

マナドゥム・ヒアレス
チューナー・効果モンスター
星2/地属性/天使族/攻 0/守2000
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500/守備力2100のモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「マナドゥム・ヒアレス」1体を特殊召喚する。
この効果を発動したターンのバトルフェイズ中、自分フィールドのSモンスターの攻撃力は500アップする。

手札の「マナドゥム・ヒアレス」を自己特殊召喚→

「伍世壊摘心」を発動し「マナドゥム・ヒアレス」を破壊して「伍世壊=カラリウム」をサーチ→

破壊された「マナドゥム・ヒアレス」の効果で「マナドゥム・ヒアレス」(2体目)をリクルート→

「伍世壊=カラリウム」を発動し、発動時の効果処理で「ヴィサス=スタフロスト」をサーチ→

「マナドゥム・ヒアレス」(2体目)を破壊して手札の「ヴィサス=スタフロスト」を自己特殊召喚→

破壊された「マナドゥム・ヒアレス」(2体目)の効果と「伍世壊=カラリウム」3の効果をチェーンし、「マナドゥム・ヒアレス」(2体目)を蘇生し「マナドゥム・ヒアレス」(3体目)をリクルートが出来ます。

結果的に「伍世壊=カラリウム」の発動下で「マナドゥム・リウムハート」+「ヴィサス=スタフロスト」+「マナドゥム」チューナー×2を並べられました。

フルール・ド・バロネス

これが先攻1ターン目であったなら、「スターダスト・チャージ・ウォリアー」を経由させることでハンドアドバンテージを稼ぎつつも「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」「フルール・ド・バロネス」等の制圧力のあるシンクロモンスターに繋げられます。

相剣大公-承影

これが後攻以降であったなら、「ヴィサス=スタフロスト」+「マナドゥム」チューナー×2を素材にすることで3回攻撃が可能かつ「伍世壊=カラリウム」により攻撃力3400となった「マナドゥム・プライムハート」で攻めたり、「相剣大公-承影」「ヴィサス=アストラウド」を並べることで相手のフィールド・墓地のカードを除去しつつ一気に攻勢に出ることも狙えるでしょう。

まとめ!

今回の構築は「マナドゥム」+「ヴィサス=スタフロスト」の純構築を紹介してきましたが、「スケアクロー」「ティアラメンツ」「クシャトリラ」などのテーマとの混合構築も面白いでしょう。

また、エクストラデッキに関しても、ある程度自由が聞くので自分の好みや環境に合わせてシンクロモンスターを採用することで、対応力を上げることができます。

デッキのスロットは圧迫しますが、「ジャンク・スピーダー」を採用することで、「マナドゥム・プライムハート」は驚異の4回攻撃が可能になり、1キルも視野に入ります。

今回紹介したデッキレシピはあくまでも純構築に近い構築ですが、「マナドゥム」の持ち味を活かした構築になっておりますので、これからデッキを組む予定の方は参考にしていだだければ幸いです。

「マナドゥム」テーマと相性の良いカード5選!「ヴィサス=スタフロスト」と関わりのあるテーマ!

「マナドゥム」の影響で高騰が予想されるカード5選!「スターダスト」関連のカードの需要UP!?


遊戯王OCGデュエルモンスターズ CYBERSTORM ACCESS


遊戯王OCGデュエルモンスターズ RARITY COLLECTION -QUARTER CENTURY EDITION-



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す