新規【魔鍵デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!様々な召喚方法を駆使するテーマ!

2021717日に発売予定の基本パック、バースト・オブ・デスティニーにて新たな「魔鍵」カードが登場します。

儀式召喚と融合召喚を扱えた「魔鍵」テーマでしたが、今回の新規カードでシンクロ召喚とエクシーズ召喚も扱いやすくなりました。

今回はそんな新規カードを採用した「魔鍵」デッキレシピやその回し方等について紹介していきます。

新規入り【魔鍵デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「魔鍵銃士-クラヴィス」×3

「大魔鍵-マフテアル」×3

「メガロスマッシャーX×3

「マンジュ・ゴッド」×2

「レスキューラビット」×3

「魔鍵銃-バトスバスター」×3

「魔鍵砲-ガレスヴェート」×2

「灰流うらら」×3

魔法カード

「魔鍵-マフテア」×2

「魔鍵施解」×3

「魔鍵闘争」×1

「高等儀式術」×1

「簡易融合」×1

「予想GUY×3

「テラ・フォーミング」×1

「死者蘇生」×1

罠カード

「繋がれし魔鍵」×1

「魔鍵錠-解-」×2

「魔鍵錠-施-」×2

エクストラデッキ

「魔鍵召獣-アンシャラボラス」×3

「魔鍵召竜-アンドラビムス」×2

「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」×2

「魔王龍 ベエルゼ」×1

「餅カエル」×1

「魔鍵憑霊-ウェパルトゥ」×2

「バハムート・シャーク」×1

「深淵に潜む者」×1

「旋壊のヴェスぺネイト」×1

「天霆號アーゼウス」×1

新規「魔鍵」デッキの回し方を紹介!


デッキのコンセプトですが、「魔鍵」カードや通常モンスターを駆使することで儀式・融合・シンクロ・エクシーズと様々な召喚方法を使いビートダウンで戦っていくというものです。

今回紹介したデッキレシピでは「魔鍵」モンスターを主軸にしつつ儀式・融合・シンクロ・エクシーズの全てを採用していますが、安定力を重視していずれかの召喚方法に偏らせた構築にするのも有りです。

デッキの回し方ですが、まずはサーチ効果を使ってキーカードを手札に引き込みます。

魔鍵施解

サーチカードとして使いやすいのがフィールド魔法「魔鍵施解」であり、発動時の効果処理で好きな「魔鍵」モンスターをサーチ出来ます。

魔鍵銃-バトスバスター

レベル4儀式モンスターの「魔鍵銃-バトスバスター」は儀式召喚成功時に「魔鍵」カード1枚をサーチできるため、コンボの中継点として使うのにも適しています。

儀式召喚効果と融合効果の両方を持つ「魔鍵-マフテア」もこのデッキのキーカードであり、デッキから素材を使うことで消費を抑えながらも同時に墓地肥やしも狙っていけます。

大魔鍵-マフテアル

新規カードの「大魔鍵-マフテアル」は各種サーチカードのサーチ先の有力候補であり、召喚権を追加する効果と召喚成功時の蘇生効果によりシンクロ召喚とエクシーズ召喚をする上で非常に有用です。

魔鍵召竜-アンドラビムス

また「魔鍵」儀式モンスターと同じく「魔鍵」効果モンスターでもあるため、「魔鍵召竜-アンドラビムス」の融合素材としても使っていけます。

次に「魔鍵-マフテア」などを使って儀式召喚・融合召喚をしたり、展開したモンスターを素材にシンクロ召喚・エクシーズ召喚を行っていきます。

「魔鍵」儀式・融合・シンクロ・エクシーズモンスターはいずれも素材にしたモンスターあるいは墓地のモンスターの属性を参照する効果を持つため、素材を選ぶ際にはその点も意識して考えると良いでしょう。

魔鍵変鬼-トランスフルミネ

新規カードであるレベル8シンクロモンスター「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」は高い打点と複数回攻撃効果からメインアタッカーとなれるだけでなく、デッキから「魔鍵」魔法・罠カード1枚をセットしたり相手が召喚・特殊召喚したモンスターを破壊したりとアドバンテージ稼ぎや制圧力としても活用できる優秀なモンスターです。

「大魔鍵-マフテアル」を使えば容易に出せることもあって、その活躍機会は多いでしょう。

魔鍵憑霊-ウェパルトゥ

同じく新規カードであるランク4エクシーズモンスター「魔鍵憑霊-ウェパルトゥ」はエクシーズ召喚成功時のサーチ・サルベージ効果でハンドアドバンテージを稼げます。

加えてダメージステップ時に発動出来る除去効果は“相手に行為を強制する効果”であるため極めて除去性能が高く、自分の墓地に対応する属性のモンスターが必要ではあるものの『効果を受けない』というような耐性を持ったモンスターでも関係なく除去することが可能です。

新規「魔鍵」デッキの展開例を紹介!

マンジュ・ゴッド

新規カードを使った具体的な展開例を1つ紹介します。

後攻1ターン目以降を前提とし、手札に「魔鍵施解」+「マンジュ・ゴッド」+「大魔鍵-マフテアル」or「魔鍵砲-ガレスヴェート」(今回は「大魔鍵-マフテアル」と仮定します)3枚がある場合に出来るコンボです。

「魔鍵施解」を発動し1の効果により「魔鍵砲-ガレスヴェート」をサーチ→

「マンジュ・ゴッド」を通常召喚→

「マンジュ・ゴッド」の召喚成功時の効果により「高等儀式術」をサーチ→

魔鍵砲-ガレスヴェート

「高等儀式術」を発動しデッキから「魔鍵銃士-クラヴィス」「メガロスマッシャーX1体ずつ素材にして手札の「魔鍵砲-ガレスヴェート」を儀式召喚→

「大魔鍵-マフテアル」1の効果により召喚権を追加→追加した召喚権で「大魔鍵-マフテアル」を召喚→

「大魔鍵-マフテアル」の召喚成功時の効果で墓地から「魔鍵銃士-クラヴィス」を守備表示で蘇生→

魔鍵変鬼-トランスフルミネ

「大魔鍵-マフテアル」「魔鍵銃士-クラヴィス」を素材に「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」をシンクロ召喚→

「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」2の効果を発動しデッキから「魔鍵錠-解-」をセットが出来ます。

魔鍵錠-解-

結果的に「マンジュ・ゴッド」+「魔鍵砲-ガレスヴェート」+「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」を並べることができ、「魔鍵錠-解-」もセットできました。

自己強化効果により攻撃力が2900となった「魔鍵砲-ガレスヴェート」、モンスターへの2回攻撃が可能な「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」で攻勢に出ていけます。

次の相手ターンには「魔鍵砲-ガレスヴェート」2の効果、「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」3の効果、セットされた「魔鍵錠-解-」によって相手の行動を妨害していけます。

魔鍵憑霊-ウェパルトゥ

「魔鍵錠-解-」ではなく「魔鍵錠-施-」をセットしたならば、相手ターン中でも「魔鍵憑霊-ウェパルトゥ」のエクシーズ召喚か2体目の「魔鍵変鬼-トランスフルミネ」のシンクロ召喚が出来るため、状況や相手のデッキ次第で切り替えていくと良いでしょう。

新規【魔鍵デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!様々な召喚方法を駆使するテーマ!まとめ!

バースト・オブ・ディスティニーで新規カードが加わり、強化された「魔鍵」テーマデッキの紹介を行ってきましたが、参考になりましたでしょうか?

「大魔鍵-マフテアル」が加わったことで、シンクロとエクシーズが出来る様になり、全ての召喚方法に対応することができるようなりました!

「魔鍵銃士-クラヴィス」を起点に戦うテーマので、今回の構築以外にも、必要最低限のカードのみの採用で、後は汎用カードで固める構築や、通常モンスターや各召喚方法と相性の良いカードを採用してみるのも面白いかと思います。

カード1枚1枚の値段もとてつもなく、高いテーマではないので、作りやすいテーマなのも魅力の1つかと思います。

ストーリー性のあるカードなので、今後も新規カードの登場が期待出来るので、まだまだ強化や伸び代のあるテーマではないでしょうか?


遊戯王OCG デュエルモンスターズ BURST OF DESTINY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1742

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする